FC2ブログ

マイナー・コンバージョン・コンセプト(20)

【Diminishのコンバージョン(1)】 

 ちょっと間が空いてしまいました。今回から少し応用編という感じです。以前の講座が理解できている前提ですから、曖昧な人は復習しておいてください。


 何回かに渡ってディミニッシュについて僕なりの考え方を話していこうと思います。

 例えば「オール・ザ・シングズ・ユー・アー」とか「ドナ・リー」とかのサビ後のテーマに使われてますよね。オール・ザ・シングズを例にちょっと話します。

 進行はこんな感じです。「D♭△7ーD♭m7(G♭7)ーCm7ーBdimーB♭m7....」の太字の部分です。

 僕の場合はこのディミニッシュはコンバージョンしないで弾くケースが実は大体8割です。どう弾くかと言うと、まんまディミニッシュのスケールを乗降もしくは下降するか、このスケールをベースにしたお決まりフレーズを弾くかです。あるいは、テンポが早い時は、Cm7ーBm7ーB♭m7....のように半音進行でマイナー・スケールで降りて来ます。何故かと言うとディミニッシュ・スケールをベースにしたお決まりフレーズは運指が比較的難しく、テンポが速い時に指が回らない時が多いからです。

 下に一応ディミニッシュ・スケールの音を下に並べておきます。短3度づつの音列で1オクターブ内に4つの音しかありません。具体的にはB-D-F-A♭です。譜面は2オクターブ書いてあります。

Diminish.jpg
 残りの2割はどう考えて弾いているかと言うと、マイナー・コンバージョンで考えます。僕はこのB DiminishをFm7と考えて、Fドリアン・スケールを中心にフレーズを組み立てます。

 何でFm7にコンバージョンできるのでしょう??

 B Diminish ≒ B♭7 → Fm7 という発想です。

 ディミニッシュが半音下の7thコードの代理和音(?)として使われることは知っている人も多いと思います。簡単に音で説明するとC7の音はC・E・G・B♭です。一方、D♭DiminishはD♭・E・G・B♭です。ルートのCとD♭が違うだけで、残りの3つの構成音が一緒だからです。したがって、相互に代理として機能するわけです。だったら、もう一歩進んで、今まで説明して来たように B♭7→ Fm7 にコンバージョンして考えられるわけです。

 こっから先、どんどん考えを発展させていきます。


 お楽しみに!

 
 


 
 

マイナー・コンバージョン・コンセプト(19)

【まとめ】

 一旦今までのマイナー・コンバージョンについて整理してみようと思います。

(1)C → Am

(2)D7 → Am

(3)G7 → A♭m 

(4)Dm7(♭5)→ Fm

 話を簡素化するため、あるいは理論的に逃げ道を作るために敢えてテンションは記入してません。テンションまで含めて説明を始めてしまうと話がややこしくなります。
 
 何回かにわたって動画を使って説明してきましたが、まとめるとこの4つのことを理解しやすいように色々と説明してきたわけです。

(1)について
 割と一般的で、知っている人も多いですよね。ポイントはAmにコンバージョンして、Aナチュラル・マイナーを弾けばドレミ・・・をラから始めた「ラシドレミフアソ」になりますが、あえてAドリアンを選択すると「ラシドレミファ#ソ」となって、F#が入ってきます。F#音はCのコードでいうと♭5のテンションになりますので、「おや?」と思わせるので、上手く使ってください。

(2)について
 ドミナント7thじゃない7thコードでは一般的なコンバージョンです。AmをAドリアンで弾けば、構成音はDのミクソリディアンになりますので、理論書通り「7thコードはミクソリディアンで弾けます。」の通り理にかなっています。D7をDペンタでばかり弾いている方にはおすすめのコンバージョンですね。

(3)(4)について
 マイナー・コンバージョン・コンセプトのキモになる部分です。特に(3)はジャズを始めて一番最初に挫折する「オルタード・スケール」を頭の中でショートカットができる考え方です。「ドミナント7thはオルタード」とは考えず「ドミナント7thは半音上のマイナー」と頭に叩き込んでおけば、おのずとオルタードを弾けます。また、マイナー7th♭5の切ないサウンドも「単三度上のマイナー」を弾けば一発解決です。

 以上今回は今まで解説してきたことをまとめてみました。「ん?」と思った人は、過去の解説投稿をご覧になってみてください。あるいは質問もどんどん受け付けます!

 次回からは、応用編のコンバージョンを解説していきます。

 お楽しみに!

IMG_0794.jpg
 

マイナー・コンバージョン・コンセプト(18)

【 Am7(♭5) - D7(♭9) - Gm7 】

今回は目新しいコンバージョンではありません。いわゆるマイナーⅡⅤⅠです。

 まずはサウンドの確認のため弾いてみます。下の動画を参照ください。



 このマイナーⅡⅤⅠってのは意外にくせものです。なぜかというとGマイナーペンタでタラタラと弾いていれば、とりあえず弾けちまうからです。ⅡⅤⅠという動きを無視して、とにかくGm一発で弾いてしまいがちです。もちろん一発が悪いわけじゃないです。下の動画を見てください。Gドリアン一発で弾きまくっております。と言いつつ指癖で多少ⅡⅤっぽく弾いちゃってますが(笑)。



 でも、毎回これではワンパターンでつまらないと思いますので、ところどころコード感を出していくように弾き分けたいと思います。

 Am7(♭5)がCm7(Cドリアン)、D7(♭9)がE♭m7(E♭ドリアン)にコンバージョンできることはすでに以前の講座で説明してますよね。なぜ?と思う人は、過去の解説をもう一度よく読んでくださいね。Gm7はコンバージョン不要です。

 Am7(♭5) - D7(♭9) - Gm7は結果としてCm7 - E♭m7 - Gm7にコンバージョンできます。下の動画をご覧ください。それぞれのコードのところでマイナーの「レミソシレ」と弾いています。ミとシは♭ですよ。下のようにフレットずらしで同じフレーズを弾いています。たったのこれだけでコード感がでますよね?



 
 最後にマイナー・コンバージョンを前提にして適当に弾いてみました。マルティーノ風のできあがりです。



IMG_1405.jpg

マイナー・コンバージョン・コンセプト(17)

【 F#m7(♭5)→ Am 】

 昨年から2回にわたって「Dm7(♭5) → Fm 」を説明して来ました。「マイナー7thフラット5th」はロック出身のギタリストには馴染みがないコードで、ジャズを勉強している方々が挫折する部分でもあるのでしつこく解説しているのでありますが、今回は実践として、思いつきでいい題材を見つけたので締めくくろうと思います。

 パット・マルティーノのアルバム「コンシャスネス」の中の楽曲に「Willow」という曲があります。何とも言えないダークな雰囲気の曲なのですが 、そのダークな雰囲気を醸し出している理由としてこの曲のイントロ、インタールード部分が挙げられます。なんとF#m7(♭5)一発のリフとコード・サウンドです。このコード・サウンドに乗って、彼は得意のAm7(Aドリアン・スケール)で縦横無尽に弾きまくっています。

 最初、何でAマイナーで弾きまくってしっくりいくのかが理解できませんでした。「マイナー7thフラット5thはロクリアン」と理論書には書いてありますが、ロクリアン・スケールなんてさっぱりわかりません。のちにマイナー・コンバージョンの概念がわかってから、「Amで弾けばいいんだ!」と頭の中がスッキリしました。

 下の動画がそのイントロ部分をモチーフにして弾いてみた例ですので、参考にしてみてください。思いつき&やっつけで撮ったので、ところどころリズムが乱れたりしてますがお許しください。そして、この動画を見た後は必ずパットの演奏を必ず聴いてみてくださいね。僕の演奏の百倍はすごいですから。いや、比較になりませぬ。

 今年もこの講座よろしくお願いします!



PAT-w-Gibson-21.png

マイナー・コンバージョン・コンセプト(16)

【 Dm7(♭5) → Fm (2)】

 前回「Dm7(♭5) をFmにコンバージョンして、Fドリアン・スケールで弾く」についてスケールで解説しましたが、今回はこれを「音符やスケールは苦手」の人のために指板を使った解説を捕捉しておきます。

 まず下の図1、図3、図5といったように、左側の指板図を縦に眺めてください。

CCF20181230.jpg


 みなさんが知っている「マイナー7thフラット5th」と言えば、代表格はこの3種類と思います。赤字はいずれもルートD音です。あ、図3のルート音を赤くするのを忘れました。4弦の12フレットがD音ですね。

 上の図1→図2から解説していきます。図1の4、3、2弦の黒丸、Fmの4、3、2弦の黒丸の位置と一緒ですよね。赤丸のD音鳴らさなきゃFmってわけです。

 次、図3→図4ですけど、図3に6弦13フレットのF音(図4の赤丸)を足しますよ、こうするとFm6になるわけですね。

 最後はちょっとワンクッション入ります。図5のD音弾かないで、代わりに6弦6フレットのB♭音を足すと図6のようになりますよね。これ、みなさんが知っている(?)B♭7の押さえ方ですよね。以前解説したように、ドミナントじゃない7thの時に「D7(9) → Am6」とコンバージョンできると解説しましたよ。だったら、B♭7→ Fm6が成り立つわけで、結果、Dm7(♭5)→ B♭7 → Fm6となり、Dm7(♭5)はFmにコンバージョンできるわけです。

 ところどころマイナー7thとマイナー6thを混在して書いてしまっていますが、ここでは要は「マイナーにコンバージョンできる」くらいに簡単に考えてください。

 僕も音符やスケールってのはすごく苦手ですし、特にロック出身のギタリストの方々は今の解説のように、音名ではなく「物理的な指板の位置」で説明した方がわかりやすいのではと考え、あえて今回のように説明してみました。

 最後に下の動画はルーパーでDm7(♭5)を鳴らし、このサウンド上でFm、Fドリアンスケールを使い弾きまくっていますので、参考にしてください。

 今年度は、一旦ここまでですね。

 みなさん、良いお年を!そして、この講座、来年もよろしく!!

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR