FC2ブログ

マイナー・コンバージョン・コンセプト(7)

【C6 → Am7(1)】

 このコーナーの導入として実はすでに説明済みの部分ですが、繰り返し説明しますね。(3)の譜面と文章を下にコピペしておきますね。

↓↓↓

 左側はC6のコードです。構成音は下からC、E、G、Aです。同じ構成音で並び順を買えて見ます。最低音のルートCを一番上にあげて、逆に一番上の6度のA音、これを一番下に持って行って並び順を下からA、E、G、Cにします。最低音A音をルートと考えると、Am7コードになります。

 要するに、同じ音の構成なのだから、同じに考えて良いでしょう?つまり、C6コードはAm7で考えたって同じことでしょう?!って訳です。

 CCF20180821.jpg

 こんな理由からC6はAm7に置き換えて考えることができます。

 下の動画をみてください。C6のコードでAm7で使用可能なA ドリアンスケールやフレーズを弾いています。



 A ドリアンスケールの音は、これまた以前説明しましたが、念のため。

A Dorian Scale

  動画や譜面を見て何か気がつきませんでしたか?そうです。F#の音ですね。単純に考えると、C6はドレミファソラシド弾けば合うわけなので、F#の音がちょっと違和感ですよね。もう少し具体的に言うと、F#音は♭5thのテンションになるから、おや?って思うわけです。

 マイナー・コンバージョン的発想をしない方は多分F#音を弾く時は「♭5thを弾いてテンション感を出すぞ!」と考えて弾くのでしょう。一方、マイナー・コンバージョン的発想の僕は「C6→Amにコンバージョンして、♭5thを弾くからAドリアン・スケールを選択!」ってなるわけです。

 「Aドリアン・スケールを選択!」の「選択」の意味はこういう事です。Aマイナーで使えるマイナー・スケールはドリアンだけではなく、ナチュラル・マイナー、メロディック・マイナー他色々とあります。もしテンション感を出したくなく、ただのドレミファを弾こうと思った場合は「ドリアンではなくナチュラル・マイナーを選択」すれば、F#音ではなくF音となります。


 パット・マルティーノの場合は、基本全てドリアンで弾くことが多いので、上記の様にF#音が含まれていることがほとんどですね。

 C6なんてドレミファ・・・弾けば合うのに、なぜわざわざマイナーにコンバージョン??って思うでしょう。以前も書いた様に、これだけ見れば確かに無駄なことの様ですが、「他のコードについても全てマイナーで考える」という統一感がこのコンバージョンの目的ですのでお忘れなく!!


 質問を受け付けます!コメントやメッセージ、メール等で送ってください。

 

マイナー・コンバージョン・コンセプト(6)

【ドリアン・スケール】

 マイナー・コンバージョンを取り入れていくにあたってマイナー・スケールの運指や音を把握すること、その中でも「ドリアン・スケール」の理解が不可欠です。下にキーがAの時のドリアン・スケールの音を確認するために譜面を載せておきます。

A Dorian Scale


 そして、動画をご覧ください。



 この動画では最初は譜面の音程でゆっくりと2回上昇下降、そして1オクターブ上で同じく上昇下降、最後に2オクターブ連続して上昇下降をしています。

 色々なポジションが考えられますが、まずは動画でのポジションが基本となりますので、しっかりと弾けるようになってください。運指に関しては、動画の通りでなくとも良いと思います。僕は比較的小指を使いますが、小指をあまり使わない方もいらっしゃると思いますので。正解はありません。
 なぜこのポジションが基本かと言うと、「フレットのど真ん中」で右(上)にも左(下)にもいける一番使い道の多い場所だからです。

 このスケール、音で絶対に注目して欲しいのは6番目の音「F#音」です。この音が「F音」はただのマイナー・スケール(ナチュラル・マイナー)です。この6番目の音「F#音」こそがドリアン・スケールの特徴的な音で、今後も非常に重要になってきますので、耳になじませておく必要があります。

次回はこのA ドリアン・スケールを使って、コンバージョンを行ってみます。

 お楽しみに!

 

マイナー・コンバージョン・コンセプト(5)

【マイナー・コンバージョン・コンセプトとはどんなコンセプトか?(4)】

「なんで(メジャーではなく)マイナーにコンバージョンするのか?」

 について書こうと思います。

 先に言っておきたいのは、「メジャーに置き換えて考えてはいけないのか?」ってことなのですが、答えは「いけないことなどありません」です。もっと言ってしまうと、「フリジアン」だろうと「リディアン」だろうと「ミクソリディアン」だろうと何に置き換えて考えたって良いのです。問題は「全て一つのスケールに置き換えることによって脳みそから指までの伝達経路を簡素化する」ことが重要なのであって、「マイナースケールに置き換える」ことが目的なのではありません。

 じゃ、なんで「マイナースケール」にコンバージョンするのでしょう?

 
ここからはあくまで想像です。

 一つはペンタトニックスケールの存在ですがあるのではと思います。ロックに代表されるギター・ミュージックでこのスケールを知らない人はいないでしょう。ある意味、メジャー・スケール(イオニアン、ドレミファソラシド)よりも有名です。マイナーだろうとメジャーだろうとキーがわかれば、このスケールで、ほとんどの曲のソロは弾けてしまいます。下の図をご覧ください。Cのキーでのペンタトニックとマイナー・コンバージョンで一番の使用頻度の高いドリアン・スケールを指板上に表してみます。ペンタトニックは黒丸です。それに◎の6度(A音)と9度(D音)を足すとドリアン・スケールの出来上がりです。ほぼ同じ運指、ポジションで弾けてしまうので、ある意味ギタリストにとっては、このマイナー(ドリアン)の運指というのが身近でなじみのあるものだったのではと考えます。
CCF20180904.jpg
 もう一つは、「インプレッション」「ソー・ホワット」など、ジャズの有名なモード奏法もドリアン・スケールをベースに書かれた楽曲です。コード一発のジャズの楽曲はドリアン・モードで書かれたものが大変多いです。やはり、最初の理由と同様に、ジャズ・サウンドとして馴染みのあるスケールやサウンドであることも理由の一つなのではと思います。

 さて、今までの解説で「マイナー・コンバージョン・コンセプト」がどのようなコンセプトが大体理解できたと思います。

 それでは、次回から実戦に入っていきます。

 お楽しみに!

マイナー・コンバージョン・コンセプト(4)

【マイナー・コンバージョン・コンセプトとはどんなコンセプトか?(3)】

 今回は「そもそも何でコンバージョンするのか(どんなメリットがあるのか)?)について書いてみようと思います。

 導入の時にも書きましたが、目的はひとつ「ショートカット」「思考回路の一本化」ってやつです。
 
 どういうことかって言うと、大概の理論書、少なくとも僕が30年ほど前にジャズの理論書やギター教則本の理論編の部分を読むと下のようなことが書いてあります。

【アベイラブル・ノート・スケール】

 C△7は イオニアン、Dm7はドリアン、Em7はフリジアン、F△7はリディアン、G7はミクソリディアン、Am7はエオリアン、Bm7♭5はロクリアン


 この辺から僕はどの理論書を読んでも付いていけなくなりました。

 「スケールを7種類も覚えられない!」

 もちろん7種類とは言っても、CDEFGAB(ドレミファソラシ)、Cから始めればCイオニアン、Dから始めればDドリアン、Eから始めればEフリジアンスケールなので(これに気が付いたのも随分と後ですが.....)厳密には7種類ではなく、言ってみれば1種類のようななのですが、それにしてもコードを見るたびに「C△7だからCイオニアン、Em7だからEフリジアン....」は大変です。この思考回路は下のような感じです。

 「コードを認識→7つのスケールの中から1つを選択する➡️選択されたスケールを弾く」です。



 一方、マイナーコンバージョンは下のような感じです。

 G7はDm7に置き換えてDドリアン、Bm7(♭5)もDm7に置き換えてDドリアン...(ここではなぜ置き換えられるかは説明しません)。ここの例でいうとどれもDm7に置き換えてDドリアンに弾いています。上と同じく思考回路を書くと下のような感じです。

 「コードを認識→全てXXm7に置き換え➡️XXドリアン・スケールを弾く」



 さあ、両方の考え方、どっちが難しいと思います?あ、上の矢印の違いは「→」は頭の中で置き換え、「➡️」は頭から身体(指)への置き換えです。

 アベイラブル・ノート・スケールの場合は最初の「→」で7つのスケールを頭の中で一つ選択し、それを「➡️」で身体(指)に伝達します。当然選ばれたスケールによって、ギターでは指板上の運指は全部違って来ます。➡️で伝達された運指の種類はスケールの種類の数分、つまり7種類もあります。

 一方、マイナー・コンバージョンは最初の→で色々なコードをXXm7に置き換えするわけで、この置き換えパターンは何種類もありますから、アベイラブルの場合と同じで記憶しなければいけないケースは何種類もあります。ここのめんどくささはあまり変わらないかもしれません。ところが「➡️」からが全くシンプルです。全てm7に置き換えたわけですから、ドリアン・スケールの運指(まー、色々なマイナー・スケールの置き換えがありますが、ここでは説明しません。)で全て弾けてしまいます。極端な言い方をしてしまいますと、ドリアン・スケールの運指さえ知っていれば、ギターの場合、フレットの平行移動で全てのコードが弾けてしまいます。

 これが「マイナー・コンバージョン・コンセプト」の最大のメリットです。


 「選択された7種類のスケールを弾き分ける」のと「全て1種類のスケール(運指)で弾く」

 どっちが簡単かは明白ですよね?!



  随時質問を受け付けております!

 お気軽にどうぞ!

【ギターレッスンします】
自宅およびSkypeでのレッスンを行なっています。
興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。
内容は「マイナー・コンバージョン・コンセプト」に限りません。
一般的なジャズギターなら対応できます。
今時のとんがったサウンドはダメかもしれません(笑)。

IMG_0794.jpg



  

 

続きを読む

マイナー・コンバージョン・コンセプト(3)

【マイナー・コンバージョン・コンセプトとはどんなコンセプトか?(2)】

 前回予告した3つのこと「上の様なコンバージョンがなぜ可能か?」「そもそも何でコンバージョンするのか(どんなメリットがあるのか)?」「なんで(メジャーではなく)マイナーにコンバージョンするのか?」のうち今回は最初の質問について書こうと思います。但し、ここでは簡単な導入解説に限らせてもらいます。なぜかと言うと「上の様なコンバージョンがなぜ可能か?」の詳細の説明はまさしく「マイナー・コンバージョン・コンセプト」の本筋の説明になってしまうからです。ここでは「ふーん」って思ってもらうだけにとどめたいと思います(笑)。

 下の譜面をご覧ください。

 CCF20180821.jpg

左側はC6のコードです。構成音は下からC、E、G、Aです。同じ構成音で並び順を買えて見ます。最低音のルートCを一番上にあげて、逆に一番上の6度のA音、これを一番下に持って行って並び順を下からA、E、G、Cにします。最低音A音をルートと考えると、Am7コードになります。

 要するに、同じ音の構成なのだから、同じに考えて良いでしょう?つまり、C6コードはAm7で考えたって同じことでしょう?!って訳です。

 これからこのコンセプトについて細かく解説していくことになりますが、全ては上のような考え方が根底にありますし、これ以上でも以下でもありません。

 上の説明でもピンとこない譜面の読めないギタリストの皆さん(笑)、ご心配なく!これからは、もっと細かく、そして譜面だけでなくギターの指板図を使ってわかりやすく説明していきますから大丈夫です。頑張ってついてきてくださいね!

 次回は「そもそも何でコンバージョンするのか(どんなメリットがあるのか)?」「なんで(メジャーではなく)マイナーにコンバージョンするのか?」についての解説をします。

 お楽しみに!

【ギター教えます】
 このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」「マイナー・コンバージョン・コンセプト」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」等のご希望の方に自宅(東京都杉並区)もしくはSkypでレッスンを行なっています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。
 

 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR