FC2ブログ

僕の出会ったギター達(26)

【番外編】

 所有する175系のギターの紹介が全部終わったところで、音の違いをもう少しわかりやすく説明するために、何本かのギターを弾き比べながら動画を撮ろうと思いましたが、色々な楽器を弾き比べているうちに自分でもわからなくなってきてしまいました。

 「いい音ってなんだろう?」「良い楽器ってなんだろう?」ってことをあらためて考え込んでしまいました。ここでのギターの音についてはアンプを通さない楽器本来の生音のことをさします。また、ソリッドのようにアンプに通して音を鳴らすことが前提であるギターは除外です。

 僕は今まで紹介してきたように、175の形状をしたギターを複数本所有しています。形は似ていますが、それぞれの楽器の生音は随分違います。それこそ「別の種類の楽器」と言って良いほど隔たりがあるものもあります。個性があるからこそ、何本も買う意味がありますw

 全てが同じ値段で、外観もほぼ同じであれば「みんな違ってみんな良い」でジャンジャンなのですが、ここで厄介なことがいくつか絡んでくるので、話がややこしくなります。

 まずは「ブランド・イメージ」です。
「ギブソン」や「フェンダー」「ヤマハ」と言った、それこそうちのカミさんでも知ってるようなメーカーの場合は「XXXさん製作」と言ったギターと「聞いたこともないようなメーカー」の2本弾き比べた時に、もし後者の方が気に入ったとして、果たして何も迷わず後者を買うだろうか?ブランドで「聴こえ方」にも影響与える気がします。

 「ルックス」が与える影響はどうでしょう?
「形状は気に入ったが、音がイマイチ」の楽器と「音は素晴らしいが、変な形」の場合。あるいは「新品で音がイマイチ」と「ボロボロの中古だが音は抜群」の場合はどうですか?

  総合評価ともいうべき「価格」です。
 「なんでこの楽器にこんな値段が!」「こんなに安く手に入れられるなんて!」と思うことはありませんか?この総合評価の価格が自分の総合評価と違ってしまう事がままあるので困ってしまいます。

 ギター(楽器)てのは人間と一緒なのかなと思ったりします。

 楽器の形状や見た目は、やはり「イケメンや美女」音は「性格」ブランドは「職業」かなw

 「イケメン」や「美女」には定義がありません。周りにいる人の「好み」でその人は「イケメン」や「美女」になります。そして、好む人が多い場合は一般的にその人は「イケメン」や「美女」と呼ばれます。

 色々な性格の人がいます。「良い性格」「悪い性格」という言い方をします。絶対的なものではないですが、「人間として絶対に許されない」性格もあると思います。音と同じじゃないですか?

 職業に貴賎はありません。でも、人気のある職業や評価の高い職業ってのがあります。これ、ギターで言えば「ブランド」ですよね?

 あ、違いは、人間には「中古」ってのがないことですね。あと「価格」もつきませんね。

 つまんないことを考えてないで、次回はちゃんと175系楽器の生音比較」をやろうと思いますw。


 IMG_2195.jpg

 
 




僕の出会ったギター達(25)

【 Gibson Memphis 1959 ES-175 VOS 2012(3)】

 今回はアンプ音をお聴かせします。

IMG_2711.jpg

 いつものようにDV Mark Littleのつまみは中位、リバーブは2位ですかね。

 この楽器、ピックアップはおなじみのギブソン57Classicです。



 「期待通りのヴィンテージトーンを出力。エアー感のあるクリアで抜けの良いトーンは、ジャズのみならずブルースやロック等でもお使い頂けるかと思います。」

 これは購入先のギタプラのHPのこの楽器についての楽器メモに書いてあった内容です。ピックアップを通した音の「ビンテージトーン」というのは僕には正直まだわかっていません。一方、生音はまるで違うことはよくわかります。フルアコの場合はライブではもちろんアンプ音で聴かせるのですが、ソリッドと違って生音が多少ブレンドされてお客様には聴こえているはずです。弾いている僕自身にはもっと聴こえています。特にボリュームを絞って、半々くらいのバランスになった時にこのビンテージトーンてのが際立つのだと思っています。

 もちろん、このアンプ音が悪いというわけではないです。誤解しないように!ギブソンPU特有の、コードをザッと弾いた時のなんとも言えぬエアー感やマイルドな感じは健在ですし、P-90とは全く違うものであります。そして何と言ってもパワフルです。

 僕の中では、この175はトリオやカルテットでの大きな音量でも安心して満足できる音が出せて、一方、もう一本のビンテージ175(P90)はデュオやソロで使っていきたい、そんなふうに考えています。

 今回で現在所有の175系楽器の紹介は終わりです。次はもう少し比較しながら、突っ込んだ話をしていく予定です。

 お楽しみに!

僕の出会ったギター達(24)

【 Gibson Memphis 1959 ES-175 VOS 2012(2)】

IMG_2711.jpg


 写真の楽器、今回は生音をお聴かせします。



 2012年に生まれた楽器、まだ7歳の誕生日を迎えたばかりの楽器ですが、1959年のES-175を再現した楽器ということもあってか、生音も結構ビンテージっぽいです。僕的にビンテージの音っていうのは「硬質で乾いた音」の事です。特に1〜3弦の音が新しい楽器とまるでサウンドカラーが違うと思っています。僕の所有するビンテージ楽器、1952年製のES-175に比較的近い感じです。スペックを再現した結果ビンテージ・サウンドになるのか、そこまで考えて制作しているかはわかりません。

 一方で5、6弦を弾いた時はしっかりと箱鳴りがします。弦を張ったばかりの時は硬質な感じが多少気になり、少し「暴れ馬」みたいな感じがしますが、数週間くらい経つと落ち着いてきて味が出てきます。そして、ネック中央くらいでコードをザッと鳴らした時の何とも言えない「鳴り」が生まれてきます。

 前回も書きましたが、この楽器はライブ前のリハ後、アクシデントからネックとヘッドの間に大きな亀裂が入り、1ヶ月ほどリペアに出していました。心配していた音に関しては全く問題なく、それどころが1から3弦の鳴りがかえってよくなったのでは?と思わせるくらいです。

 次回はアンプ音です。

僕の出会ったギター達(23)

【 Gibson Memphis 1959 ES-175 VOS 2012(1)】

 今年の7月の購入した楽器です。右隣は僕が購入前にお店のHPに掲載されていた写真です。

IMG_2711.jpg pj_9120_1.jpg

 僕のブログを読んでいただいている方はご存知かとは思いますが、僕はずっとES-175及びその形状をしたギターをずっと買い求めていて、今もその気持ちは変わりません。それぞれのギター、音はそれぞれ個性があって色々ですが、ボディの形状に関しては、欧米の人間に比べ小柄な日本人の僕が立って演奏して、ギターが大きく感じないのはこの大きさが限界かなと思います。

 今回は例によってルックスのみのお話。

IMG_2710.jpg IMG_2674.jpg


 中古で購入しました。175の1PUモノの購入熱が絶頂の時に、例のギタプラに現れた運命のギターwです。購入当時、別のお店とヤフオクで175の1PUモノが出ていて迷っていました。ヤフオクのブツは試奏ができず問題外でしたが、もう1本は都内のショップのもので、試奏までしました。まずまずの音で値段も多少安かったので、最後の最後まで迷いましたが、結局この楽器を買うに至りました。

 1959年のスペックを再現したモデルで、16インチ幅のラミネイト・メイプルボディに、ローズウッドを貼り合わせたマホガニーネックです。

 この楽器を購入する大きな決め手となったことに、ネックシェイプがあります。写真ではわかりにくいと思いますが、グリップの頂点をフラットに成形した「Dシェイプ」で、全体的に肉厚でしっかりとした握り心地で、明らか他の楽器と違います。この楽器を購入するために手放したレスポールカスタムの握りに近い感じで、指が長い僕にはぴったりです。

 ヘッドの塗装も、つや消しな仕上げで気に入っています。ついでのボディも、もう少しツヤがなければ嬉しかったんですけどね。

IMG_3130.jpg IMG_3126.jpg

 そして極め付けはフレットです。元オーナーさんによりステンレスフレット?に打ち直しされているようで、音の立ち上がりも良く、弾き心地が抜群です。僕のメインギター「ES-175 NT 1991」は一度もフレット打ち直しはしていないので、6〜7割の残位なのですが、最初にこの楽器(1991)を弾いた後にES-175 VOS 2012の方を弾くと指先に当たる感触がまるで違います。指先のツボを押されているような感触がたまりません。

  実は1ヶ月ほどこの楽器を入院させていました。2ヶ月ほど前にライブリハ後の転倒事故でネックとヘッドの間に亀裂が入ってしまったのです。悲しい出来事なので思い出したくもないですが、現在はリペアも完了し、写真ではわからない程度にはなったのですが、今でも傷口を見ると胸が痛みます。

IMG_3128.jpg IMG_3127.jpg

 
 次回は生音をお聴かせします。

僕の出会ったギター達(22)

【 Gibson ES-175 1952 (2)】

IMG_3027.jpg


 生音とアンプ音の両方をお聴かせしようと思います。まずは生音からです。下の様な感じです。



 弦の張替え時期でもあり、あまり良い音がしてないですか?僕はこのぐらいの感じの音の方が、実は落ち着いていて好みですが、実際に購入の決め手になった音はこんな感じの音ではなく、下の動画の最小の30秒くらいめでの音でした。これは購入する時の試奏動画です。



 どうですか?多分張替えて間もない頃の弦ですね。硬質な音ですが4〜6弦を弾いた時にブンブン鳴って、「これかビンテージのサウンドか!」と思ったものです。体に振動が伝わってきますし、明らか製作したばかりの楽器とは違います。そして、音量がむちゃくちゃ大きくて、まるで「フォークギター」の様に感じました。

 上の動画の30秒以降はアンプ音です。アンプは僕と同じDV Markなので、今までの動画の他の楽器たちの音とも比較できます。

 P90のサウンドはほんと素晴らしいです。音の分離が良く、和音を鳴らすと一つ一つの音がはっきり聞こえてきます。ハンバッカーのような音の集合体ではなく、一音一音の連なりみたいな感じですか?うまく言えないですが、ハムバッカーはうどんでP90は蕎麦ですかねw

 最後の動画は以前Facebookにもアップした動画。とにかく、このギターにはリバーブやディレイを軽くかける以外にまるでエフェクターなど必要はありません。


プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR