FC2ブログ

僕の出会ったギター達(21)

【 Gibson ES-175 1952 (1)】

 僕の所有している楽器の中では一番高価なギター、しかも唯一のビンテージ楽器です。

IMG_3027.jpg

 もともとES-175のハム1PUを探し持てめていた時に、たまたまお得意のギタープラネットのホームページで下の写真に目を奪われw、何度も試奏し、色々迷った挙句今年の春に手に入れた素晴らしい楽器です。

IMG_2163.jpg

 音については次回にご紹介するとして、今回はルックスについてだけ。

 上の2枚の写真を比べると随分と色味が違いますが、自然光の中では上の写真の色に近いです。とにかく、ボディ表面、裏面共に傷はほとんど無く、びっくりするくらい綺麗です。そして、塗装が濃い部分にはウェザーチェックが程良く入っていて、まさしくビンテージの貫禄です。

IMG_3029.jpg IMG_3031.jpg IMG_3034.jpg

 ヘッドはそれなりに傷や塗装剥げがあります。塗装ハゲには、マジックを塗ってごまかしていますw。一箇所ボディ側面にひどく傷がありますが、楽器を持った時に下になる部分なので目立ちませんし、ここにも色を入れて買った時よりは目立たなくしました。深い傷なので、目立たなくするにはパテ埋めが必要と思いますが、そこまでするつもりもありませんし、このおかげで僕にも手に入れることができる値段になってくれていると諦めています。

IMG_3032.jpg IMG_3033.jpg

 もともとルックス的にはP-90はあまり好きではなかったのですが、ルックスなんてどうでも良いと思えるくらいの素晴らしい生音だったので購入しました。

 初期スペックということで、19フレット仕様ですが、あまり不都合は感じません。モホガニーネックのローズウッド指板です。ピックガードはもともとありませんでした。あったところで僕はどうせ外しますので、問題なしです。

 次回は生音をお聴かせします。

IMG_2199.jpg IMG_2197.jpg



 

僕の出会ったギター達(20)

【 Fender Japan Telecaster NT 1984~1987年(2) 】

 前回の投稿でたくさんの「いいね」をいただいて、少々ビックリしています。ありがとうございます。そして、改めてテレキャスターという楽器と国産楽器の人気にびっくりしています。

IMG_3036.jpg


 さて、今回はソリッド・ギターですので、特に生音をお聴かせすることはしないで、アンプ音にいきなり行こうと思います。そのかわり、フロント、センター、リアの順に全てのピックアップの音をお聴かせします。

 アンプはいつものDV-Mark Littleでトーンは全て中位です。リバーブを少しだけかけてます。ギター側のトーンは9〜10でほぼ目一杯です。



 少しでも良い音を届けたかったのですが、残念ながら若干弦が死んでおります。張り替えた後、数日のものでしたらもっとカラッとした良い感じと思います。一応ジャズ屋なもので(笑)、少し太めの1弦012位の弦を張っていて、弦高は極めて高いです。したがって、かなり弾きにくいです。ロック屋の人はもしかしたら、まともに弾けないかもしれません(笑)。でも、フルアコに負けない音の太さとパンチを出すためにあえてこの様なセッティングにしています。一時、014からのセットを貼っていたこともありましたが、こうするとなんか箱鳴りみたいな感じが出て、まさにジャズトーンになったりします。でも、左手が慢性疲労状態になるのでやめました。

 最後に、テレキャスターなのでマイク・スターンっぽくエフェクトかけてやってみましたがw、やはり生音に近づけるためにはかなりエフェクトのセッティングを考えないと勝てませんね。今の状態ではかけない方が良いかもです。



 このテレキャスター、国産楽器の素晴らしさやテレキャスターという楽器の魅力を改めて教えてくれた楽器でもあり、「レスポール最高!」と言っていた僕が、レスポール全部売っ払って、ES-175収集に奔走している今でも絶対に手放さない楽器なのであります。

僕の出会ったギター達(19)

【 Fender Japan Telecaster NT 1984~1987年 】

 現在所有の唯一のソリッドギターであるフェンダー・ジャパンのテレキャスターです。

IMG_3036.jpg

 これは毎度のギタープラネット購入ではなく、まだ僕が御茶ノ水あたりを徘徊するw様になる以前の数年前に近所のギター・ショップ(ギターズ・マーケット)で購入したものです。

 この楽器については詳しくはわかりませんが、ヘッドのシリアルがE +6桁でネック下に大文字で「MADE IN JAPAN」の表記はフジゲン製の1984〜1987年製のようです。

IMG_3037.jpg IMG_3044.jpg


 もともと僕の中でのソリッド・ギターと言えば、レスポール、SG、ストラト、テレキャスの4種類で、後はあんまり興味ありません。そして、この4種類にはそれぞれ明確なイメージを持っていて、レスポールは「ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ」、SGは 「ミック・ボックス、エリック・クラプトン」ストラトは「リッチー・ブラックモア、ジェフ・ベック」、そしてテレキャスは誰かと言えば「竹田和夫(クリエイション)」なのです。昨年まではこの4種類を売ったり買ったりと、それはもう落ち着きがなく大変でしたがw、今現在はなんとソリッドはこのテレキャス1本なのです。

 もともとお気に入りの順番は「レスポール、SG、ストラト、テレキャス」で、テレキャスは一番下だったのですが、このテレキャスを唯一のソリッド・ギターとして残しているのは、それだけ素晴らしい楽器なのです。音については、次回の紹介にするとして、今回はルックスのみの紹介にとどめます。

 一箇所だけ(下写真)塗装剥げ、くすみがある以外は非常に綺麗な楽器です。ボディ裏も傷もほとんどなく、木目がとても綺麗です。

IMG_3039.jpg IMG_3042.jpg


 購入するときにピックガードが傷だらけでしたので、お店のマスターにお願いして、ジャンク品で飾ってあったテレキャスターのものと換えてもらいましたので綺麗です。また、セレクターのプラスティックはなかったので、後で買い足しました。

IMG_3043.jpg

 次回は音を紹介しますが、かなり良い感じに鳴ります。これが数万円とはとても思えない音がしますので、お楽しみに!

僕の出会ったギター達(18)

【 Greco N60 Natural1979(3)】

 今回はこのグレコN60のアンプ音ですね。下の動画です。



いつものようにアンプはDV-Mark Littleでコントロールは全て中位です。リバーブを多少かけています。ギター側はフロントPUでトーンが8位と思います。
 生音同様に実に素直な音です。ピックアップの詳細は不明ですが、カバーにGrecoのロゴがないので、Greco純正のものではないなだと思います。この素直な音をどう受け取るかだと思います。「ニュートラルで使い道の幅が広い」「安定の一本」と受け取るのか「個性がない」「おとなしい」と受け取るかによって大きく評価が分かれるところと思います。

 僕の所有する楽器のうちでは、以前紹介した「Orville by Gibson」に近い気がしますね。同じ日本製であることが理由だとしたら、もしかしたらこういう感じの音が当時の日本製楽器コピーモデルの特性なのかもしれません。最近の日本製はずいぶんと個性的になってはきている気がしますが....。以前紹介したトーカイなんかはずいぶんと個性的です。

 Orvilleを所有していなければ、結構ライブでの出番は多かったかもしれません。残念ながら今のところ出動の機会がありませんが、「安定の一本」であることに変わりはありません。

IMG_2898.jpg

僕の出会ったギター達(17)

【 Greco N60 Natural1979(2)】

 1979年製の175コピーモデル、日本が誇るグレコの楽器「N60」、今回は生音をお聴かせします。

IMG_2898.jpg


 皆さんの印象はどうですか?台風の関係で雨の音が入っているかもですがw。



 僕の印象は「癖のない素直な音」です。1979年製ですから、もう40年以上経っているのですが、オールドの音やビンテージの音というよりむしろ未だ買ったばかりの新品ギターのようです。そして、音量もあまり大きくありません。以前紹介した同じ日本楽器のトーカイ楽器とは異質です。あっちはすごく「繊細な音」、こちらは「優しい音」というのでしょうか(日本語表現は難しいですね)。同じナチュラルのGibson ES-175を所有しているのですが、そっちに比べてもっと優しくまろやかな音です。アメリカ人と日本人の違いなのでしょうかw。

 いろいろ書きましたが、多分この「素直な」「優しい」「まろやか」ってのは「メイプル3ピースのネック」の特徴なのかもしれません。所有のES-775がそんな感じですから。一般的にはメイプルネックというと「すっきりタイト」のイメージのようですが、僕が持っている2本はともにそれとはちょっと印象が違います。ただ、「音の芯がある」のは間違いないです。スパゲティのアルデンテのような。これが、マホガニーとの違いなのかもですね。

 日本のギターってのは素晴らしいですね。ギブソンとは違った良さを確実に持っています。

 次回はアンプ音をお聴かせします。
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR