FC2ブログ

僕の出会ったギター達(9)

【Gibson ES-775 1990年製(3)】

IMG_2645.jpg


 それでは上の写真のES-775のアンプ音を聴いていただきたいと思います。



 皆さんはどういう感想を持たれるでしょうか?

 使用してるアンプがDV-MARKということもあるのでしょうが、すごく甘いトーンです。アンプのトレブル、ミッド、ベースは中位ですが、ギターのトーンはフル10です。それでこの音ですから驚きです。同じ甘い音でも、一番初めに紹介した91年製のナチュラルES-175のようなギター側のトーンを絞った「こもり系」とは少し違っていて、低音はペタっとした感じ、高音はコツンと芯がある感じです。ここが、もしかしたら「ネックが3ピースのメイプルネックでエボニー指板」が理由なのかもしれませんね。また、アンプ音の特徴が生音の時の音の個性そのままです。やはり、アンプ増幅しているからといっても生音の鳴りがいかに大事かがこれでわかると思います。そして、フルアコの場合はソリッド・ギター以上に生音というのがいかに大切かがわかります。主に低音弦を弾いた時の箱鳴り感もこんなiphoneで録音した動画でも充分伝わると思います。 

 「甘くて芯があるトーン」で最高の楽器だと思います。今までは自宅で弾くだけだったのですが、ここ最近はライブに実験的に投入しています。

 この楽器を買ってからは、もう安物の楽器を買うことは卒業しました。そして、ソリッド・ギターももう終わりにしました。

 次は、「オービル・バイ・ギブソンの175」を紹介していきたいと思います。

 お楽しみに!

僕の出会ったギター達(8)

【Gibson ES-775 1990年製(2)】

0eb46ab50050c5331ede16170634cf482c6c6d.jpg


 それでは生音をお聴かせしますね。



 この楽器、決め手はアンプの増幅した音がなんとも「ギブソン!」だったことが理由でした。ふくよかで、暖かで、日本の楽器のような繊細さはないのですが、いかにもアメリカっていうか、そんな感じでした。ところが、自宅に持ち帰って弾き続けるにつけ、むしろ生音の素晴らしさにびっくりしてしまいます。

 以前紹介した91年製の175の生音や今後紹介する予定のビンテージ175のどれとも全く違います。91年の175の生音は「スティール弦の音」というか、金属的な音がしますし、ビンテージものはもっとトレブリーで乾いた音、そして音量が大きいです。一方、この775は「しっとりした音」です。表面は丸みのある感じですが芯があります。特に1〜3弦はコツンした感じがあり、ステール弦の特徴であるキンキンした感じは皆無です。4〜6弦はペタっとした感じです。他の楽器の生音と比べ、とても個性的です。ただ、弱点ではないですが、音量はとても小さいです。ですが、しっかり箱鳴り感が身体に伝わってきます。

 この「しっとりとした音」は、775という楽器の特徴なのか、この個体の特徴なのかはわかりません。ただ、この際立った生音のおかげで、今後は絶対に手放すことはできない楽器と感じていて、僕の中での評価は購入当初よりは随分と高くなっています。

 次回はアンプ音をお聴かせします。

 

僕の出会ったギター達(7)

【Gibson ES-775 1990年製(1)】

僕は下の写真の楽器「ES-775 1990年製」に出会うまでは、そもそも「ES-775」という型番の楽器が存在することを知りませんでした。

IMG_0951 3


 この楽器との出会いと購入の経緯については、またまた僕のブログ「ギター購入騒動記(54)〜(59)」を読んでいただければわかりますが、とにかく突然の出会いでありました。

 音の方は次回以降に詳しく書いていきます。今回はルックスや材質等のハード面です。

 特徴をいくつか、まず金属部分は全てゴールド・パーツです。またヘッドやネック、ブリッジ等のインレイは175の上位機種という位置付けで、多少ゴージャスな感じになっています。でも、僕は正直この辺はあまり好みじゃありません。175と同じで、シルバー・パーツでインレイも同じなら良かったのにと思います(笑)。そして、ネックは3ピースのメイプルネックでエボニー指板です。この辺がマホガニー・ネックでローズウッド指板が基本の175との大きな違いです。指板は黒っぽく、弾いていると明らかに硬さがある気がします。また、フロント・ピックアップが175と違ってネックに密着するほど上に付いています。175との音の差に現れているのはこれが理由かどうかはわかりません。

IMG_2638.jpg IMG_2639.jpg IMG_2642.jpg IMG_2648.jpg

 中古で購入ですが、ボディは表裏面ともに大きな傷はなく綺麗でした。表面には多少のウェザーチェックが入っていて、それがいい感じです。側面の木目もイカしています。

IMG_2649.jpg IMG_2641.jpg IMG_2640.jpg IMG_2643.jpg


 買ってから変更を加えたことが3つあります。まず、ピックガードは当然外しました。そして、最近はGK-3ピックアップをつけています。そして、何よりも一番大きな変更はテールピースを「ギザギザ・テールピース」に変えてます。不器用なくせに自分でやりました。オリジナルのテールピースは大嫌いです(笑)。下の写真が今現在の姿です。

IMG_2645.jpg IMG_2650.jpg

 音については次回以降にお聴かせしますが、希少な楽器ということ、アンプ音がいかにも「ギブソン!」という感じだったことが購入の決め手でしたが、家で生音で弾くにつけ、なんともそれが素晴らしいことに気がついてしまうのでした。

 次回はその生音をお聴かせします!

僕の出会ったギター達(6)

【 Tokai FA-GP C/BLD(3)】

7911c9d1cd33a460fb52f8c6dd9afab098d297.jpg


 少し間が開いてしまいましたが、名器Tokai FA-GP C/BLDのアンプ音です。最初紹介した楽器1991年製ギブソンES-175のの記事に書いたとおり、アンプはDV-Mark Littleを使用し、Tr5、Mid5、Bass5の中位です。もちろんこの楽器はフロントピックアップしかありません。



 どう思いますか?生音について、僕は90点をつけたのですが、アンプ音については評価が難しいのです。

 この楽器の音はすごくデッド(残響が少ない)です。ギブソン系の楽器のアンプ音は膨よかな丸みがある場合が多いです。したがって、誰が弾いても比較的骨太な音がします。リバーブをかけなくとも平気な場合が多いです。そして、自分のテクニックの未熟さを隠してくれます。でも、この楽器はすごく正直です。自分が素のまま出てしまいます。そういう意味では、この楽器は実は上級者向きかもしれません。もっとも、家で弾く場合は生音で弾く場合も多いので、あまり気にしなくても良いのですかね?

 僕はこの楽器、デュオやトリオの時にメインで使っています。ピアノがいるカルテットでは、バンド全体の音も大きく、ギターのボリュームも結構上げますが、デュオやトリオの時は生音が聴こえるくらいに下げて弾くことが多く、自慢の生音がアンプ音にブレンドされて、素晴らしい音になってくれます。そして、軽くディレイやリバーブをかけることで、デッドな感じを補うようにしています。また、動画の後半はギターのトーンを半分以下くらいに絞って弾いていまが、こんな感じにジム・ホールのような「こもり系」の音にする方がこの楽器は良い気がします。

 色々書きましたが、素晴らしい楽器であることは間違いありません。

 残り少ないですから、早めにギタープラネットにGO!です(笑)!

僕の出会ったギター達(5)

【 Tokai FA-GP C/BLD(2)】

7911c9d1cd33a460fb52f8c6dd9afab098d297.jpg


それでは生音です。まずは下の動画を確認してみてください。




 どうですか?みなさんはどんな感想をもちましたか?

 僕の得点は「90点」です。

 この生音だけで購入を決意し、しかもこの時は後に紹介予定のES-775という30万以上の楽器を購入をするタイミングでありながら、それでも買わずにいられなかった、そんな素晴らしい生音です。その時の状況は「ギター購入騒動記(56)〜(59)」あたりを読んでいただければお分かりいただけると思います。

 僕はこの楽器の生音を「鈴虫の音」と読んでいます。

 理由は次の通り。

 弦を弾いて出た音というよりも「ピックが弦をこすって出た音」のような感じです。1〜3弦はスティール弦の音ではありますが、鈴虫の羽をこすったようなカサカサとしたこすったような音も合わせて聴こえて来ます。4〜6弦は新しい弦を張ってもビンビンいうことなく、角が取れた音で「コン」とか「ポン」って感じですか?

 生音量はかなり小さいです。びっくりするくらい小さいです。でも、いかにも日本人が作ったと思わせる繊細で「行き届いた音」と思います。

 このギターはデュオやトリオで、そしてアンプ音だけではなく生音が聞こえるような小さなお店の時にだけ登場させるように僕は決めています。

 他のコーナーの動画として録画した演奏でこのギターを使った「All The Things You Are」を参考までに貼っておきます。この演奏を聴けば、このギターの生音の良さがわかっていただけるのではと思います。



 次回はアンプ音です。

 お楽しみに!
 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR