FC2ブログ

ギター購入騒動記(132)

2020年7月23日(木)久々にギタープラネットへ!

 この日、次男の通う駿台予備校の保護者会があったので御茶ノ水に出かけましたので、帰りに当然ギター・プラネットに寄りました。

 いつものSさんと楽しく情報交換しました。壁に目をやると、以前Sさんから聞いていた「パット・マルティーノ・シグネチャー・モデル」が入荷していました。

IMG_3506.jpg

 「入荷したら是非武田さんに弾いていただきたいですね!」なんて言われていましたが、この日は試奏しませんでした。購買意欲がある程度落ち着いてしまったのが大きな理由なのですが、正直、この楽器を使うようになってからのマルティーノの音、好きになれないのです(すみません!)。もちろん楽器のせいではなく本人の加齢の問題かもしれないのですが。以前プラネットに入荷し、すぐに売れてしまったGibsonのシグネチャーの方がむしろ好きでした。しかも値段が税込100万越え!欲しくたって全く手が出ません。楽器に100万をかける金銭価値観は僕にはありません。100万円の楽器、買う気もないのに試奏をするのは申し訳ないとも思いました。

 1時間ほど楽しくお話をし、1本のギターも試奏することなくお店を後にしました。

 

 

 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ギター購入騒動記(131)

2020年6月28日(日)オービル175を手放す!

 写真のオービル175を手放しました。正確にはギタープラネットさんに買い取ってもらいました。久々Sさんにお会いしましたが、元気そうで少し安心しました。いつも楽器売る時は目当ての楽器を買う資金にするためですが、今回は違います。理由は、はっきり言ってお金が欲しかったからですw。

IMG_3444.jpg

 僕はサラリーマンです。今回のコロナ騒ぎで収入が減ったわけではありません。個人情報を扱う仕事でしたし、何日かは特別休暇をいただいたりしましたが、自粛期間中も基本普通に仕事をしていました。したがって純粋にお金に困ったわけではありませんし、給付金もボーナスもいただいたりしましたので、むしろ家計的には何も困っていません。

 じゃ、なぜ売らなければいけなかったかというと、僕のこだわりというか、ポリシーを守るためです。

 「音楽に関する支出は音楽の収入で賄う」

 これを守ることがコロナのせいで厳しくなってしまいました。複数人にギターレッスンをしていたのですが、今回のコロナをきっかけに全くレッスン代が入ってきませんし、今の所、再開のメド立たずです。一方で1月に購入したES-175の支払いも残っています。

 オービルの175は正直大変気に入っていました。ライブでも音は評判が良かったです。ボーナスも会社からいただいたし、給付金も出たのだから、それこそ、これらを音楽支出に充てれば、何も売らずに済むとも考えました。

 正直悩みました。残念ですが、売ることに決めました。へんなプライドやこだわりが邪魔をしますw。

 
【2020年6月28日時点での所有楽器・機材】

<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
Anygig AGN Nylon Full Scale Crassic Travel Guitar  17年新品で購入
Celebrity Elite Limited Edition CE44 Reverse Blue Burst (Ovaition) 18年新品で購入
ES-775 1990(Gibson)18年中古で購入
FA-GP C/BLD(Tokai)18年新品で購入
ES−175 Orville by Gibson 18年中古で購入
ES-175 1952 (Gibson)19年中古で購入
ES-175 1959 VOS 2012 (Gibson Memphis)19年中古で購入
NTX-1200R (YAMAHA) 19年中古で購入
ES-175 1963 (Gibson)19年中古で購入

<Effect・周辺機器>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GT-1 (BOSS) マルチエフェクター 18年新品購入
MIDX-20 Dual USB MIDI Host (PRIMOVA SOUND) 19年新品購入
MIDI COMMANDER (MeloAudio) 19年新品購入
FS-6 (BOSS) フットスィッチ 19年新品購入

<Amp>
RhythmMini5(Vox) 14年新品購入
VT40X (Limited Edition) 17年中古で購入
VFS-5 17年ヤフオクで落札 
DV Mark Little Jazz 19年新品購入

ギター購入騒動記(130)

2020年1月26日(日)63年製175ついに捕獲!

 ギタプラで試奏してから1週間の間、自宅で試奏時の動画で音を聴き、デジマートで全国各地の楽器をくまなく調べました。そして確信しました。この値段(内緒ですw至る所にリペアが施されオリジナルが損なわれているから破格値です)でこのクオリティの63年製175の1PUはもう絶対手に入れられないことがわかりました。

IMG_3211.jpg

 本日は日曜日、かみさんに「ギター3本売ってくるから!」とギタプラに出かけます。「ギター買ってくるから!」とは一言も言ってませんw。下の写真のようなギター3本担いだ馬鹿な格好で、早速出かけます(この写真はSさんに撮っていただきました!)

IMG_3232.jpg


 売る楽器は3本、テレキャス、グレコ175、そしてアイバニーズのエレガットです。オービルは一旦は手放すのはやめることにしました。手持ち資金が少ないので、175購入には何れにしても人生初めてのショッピング・クレジットを利用せざるをえませんがw、オービルを売る・売らないでは残額が随分と違ってきます。散々迷った挙句、今回は一旦売らずに今後の持ち玉として取っておこうと思いますw。

3fa7301e56704edf6199c2a84c8bc317e80f5b.jpg dc5edd4e748482ffe187fc1ae7c58aa64844e5.jpg c553b140477a2c5adbed981174af44da327442-2.jpg


 事前にギタプラSさんとはメッセージでいろいろ相談していたので、購入手続きはスムーズに行っていただけましたし、予想以上の下取り価格をつけていただきました!いつもありがとうございます!

 こうして、この楽器は今僕の手元にあります。早速ピックガードを外しましたw。音については、またじっくり別の機会にお聴かせしたいと思いますが、はっきり言って今までのどの楽器より「当たり」と思います。「ザ・ビンテージ」ですね、生音は特に。

IMG_3248.jpg IMG_3233.jpg


 このところ、この175を含めGibson兄弟を代わる代わる弾いていますが、どれ一つとして同じ音ではありません。だから、同じ形の楽器でも買いまくる意味があるのですが、そんな中でも直近手に入れたこの3本は素晴らしい楽器です。

IMG_3252.jpg

 とうとうこんな楽器に巡り会えたので、もう当分楽器は買わなくて良い気分になりました。ほんの一瞬ですがw

【2020年2月9日時点での所有楽器・機材】

<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
GA40SFCE-NT(Ibanez) 16年新品で購入
Telecaster (Fender Japan) 16年中古で購入
Anygig AGN Nylon Full Scale Crassic Travel Guitar  17年新品で購入
Celebrity Elite Limited Edition CE44 Reverse Blue Burst (Ovaition) 18年新品で購入
ES-775 1990(Gibson)18年中古で購入
FA-GP C/BLD(Tokai)18年新品で購入
ES−175 Orville by Gibson 18年中古で購入
N-60 "Natural" (Greco)19年中古で購入
ES-175 1952 (Gibson)19年中古で購入
ES-175 1959 VOS 2012 (Gibson Memphis)19年中古で購入
NTX-1200R (YAMAHA) 19年中古で購入
ES-175 1963 (Gibson)19年中古で購入

<Effect・周辺機器>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GT-1 (BOSS) マルチエフェクター 18年新品購入
MIDX-20 Dual USB MIDI Host (PRIMOVA SOUND) 19年新品購入
MIDI COMMANDER (MeloAudio) 19年新品購入
FS-6 (BOSS) フットスィッチ 19年新品購入

<Amp>
RhythmMini5(Vox) 14年新品購入
VT40X (Limited Edition) 17年中古で購入
VFS-5 17年ヤフオクで落札 
DV Mark Little Jazz 19年新品購入

ギター購入騒動記(129)

2020年1月19日(日)再度試奏に行く!

 自宅に帰ってオービル175を久しぶりに弾いたところ、この楽器の素晴らしさを再認識してしまい、手放せなくなってしまいましたw。

bd4d4fff84efb87b77e35c6c70728a20c5e9ae-2.jpg


 一度は売る決心したつもりですが、やはりオービルを売る、売らないでは手持ち資金の額がまるで違ってしまいます。頭の中で色々な考えが渦巻きました。

 オービル175は

 「素晴らしい楽器。ライブでの音もお気に入りで、お客様の評判も良い。」

 一方で

 「今後手に入れることのできないほどの特異な音というわけではない。」

 これをどう考えるかです。

 あるいは、「手放すのも惜しい楽器を手放してこそ、もっと良いものを手に入れる」的な自分の心を納得させる手段であえてオービルを売りに出すか!です。

まとめると選択肢は3つ。

 「63年175は諦める」
 「オービル含め4本を売って63年175を手に入れる」
 「オービルは売らずにそれでも63年175を買う」

 次の日曜日19日はたまたまカミさんが御茶ノ水に用事があるので、待ち時間を利用して再度試奏して63年製ES-175を「諦める」ことができるかを確認することにしました。

 そして、下の動画が試奏した時のものです。生音もアンプ音も、もう素晴らしいビンテージサウンドです。



 「諦める選択肢」は無くなりましたw。
 

 

 

ギター購入騒動記(128)

2020年1月12日(日)楽器を売って手に入れるか?!

「まだ調査中やセットアップ調整が終わっていないのではっきりしたことは言えないのですが、XX万くらいを想定しています。」

 「えっ?まじですか?」

IMG_3181.jpg

 想像以上に価格は下がっています。やはりこの手のビンテージ楽器はオリジナル・パーツってのは大切なのでしょう。僕にとってオリジナルはそんなに重要ではありません。ペグやフレットなどは新しい方がいいです。むしろ重要なのは、一番はもちろん「音」なのですが、ルックスでいうと「ギザギザ・テールピース」と「ボディ前面に大きな打痕や傷がないこと」と「ウェザーチェックはほどほどに」なのです。この楽器は嬉しいことにこの3点を十分満たしていました。

 試奏に来た時は正直全く買う気などなかったですし、買おうにもさすがに資金不足と思っていました。ところがこの価格なら手持ち楽器を売って残りを手持ち資金を足せば買えない金額ではありません。

 一旦はギタプラを後にし、帰宅途中の電車の中で考えました。

 「よし、所有楽器4本を売ろう!先ずはGreco175もどき、そしてフェンダージャパン・テレキャス、アイバニーズのエレガット、うーん、よし、オービルの175も手放すしかないか?!」


dc5edd4e748482ffe187fc1ae7c58aa64844e5.jpg 3fa7301e56704edf6199c2a84c8bc317e80f5b.jpg
c553b140477a2c5adbed981174af44da327442-2.jpg bd4d4fff84efb87b77e35c6c70728a20c5e9ae-2.jpg

 もちろんこの4本売ったところで例の63年175の金額には達しませんが、半分以上はまかなえます。

 ギタプラSさんには63年175の正確な販売価格と4本の所有楽器の下取り予想額およびオービルを売ってまで手に入れる価値のある楽器かを再度見極めるために後日来店する旨をメッセージで送りました。

 ところが、自宅に帰ってオービル175を久しぶりに弾いたところ、この楽器の素晴らしさを再認識してしまい、手放せなくなってしまいましたw。
 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR