FC2ブログ

ギター購入騒動記(93)


2019年6月8日(土)売れちまった、ショック!



 1952年ES-175を買ってから立て続けにES-175がギタープラネットに入荷してきました。その都度チェックしていましたが、70万だの100万だのって価格でしたので、到底買えるわけありません。ですから、試奏することはやめにしておこうと思いました(笑)。そんな中で1本だけ気になるES-175がGW前に入荷してきました。写真の楽器です。

IMG_2215.jpg

1970年代ES-175の1PUです。いつものSさんから連絡をいただいていたので、GW中に遊びに行って試奏してきました。

 ルックスは昔所有していたGreco175モデルの色にそっくりです。僕の持っているサンバースト系はどちら方言うとビンテージ・サンバースト系なのですが、チェリー・サンバーストも大好きです。以前このブログにも書きましたが、Greco175はルックスは良かったののですが、当時ギタプラに売っていた同じGreco175ナチュラルに比べ、生音がかなり劣ることもあって、ちょっとだけお金を足してナチュラルのやつに取り替えてしまったので今はありません。

IMG_1957.jpg IMG_1983.jpg



 1970年代と言うことで、僕の持っているオービル・バイ・ギブの175に近い音を想像していました。もちろん良い音でしょうが、得点でいうと「70点」くらいかなと考えていました。したがって、先日買った1952製175のビンテージ物の生音とはまるで違う感じで、比較にならんだろうくらいに考えていました。

 
IMG_1376.jpg IMG_2139.jpg

 試奏しました。予想は見事に外れました!先日買ったP90の175に近い感じのビンテージライクな生音です。さすがに「こっちの方が良かった!」とまでは思いませんでしたが、もし2本同時に存在していたらこっちを買ったかもしれません。なぜってこっちの楽器が10数万安いからです。逆に一緒になかったからこそP90の175を手に入れることができたとも言えます。

 当然今すぐ買うお金なんかあるわけありません。ただ、次の候補はこれだっと思いました(笑)。消費税上がる前にはレッスンやライブなどで多少の小遣いを貯めておき、それを元に分割で買おうと思いました。

 一方で、こんな楽器はすぐに売れてしまうだろうと考えていました。1751PUで30万台後半ならGW中になくなるだろうと思いながら、毎日ネットで売れていないかをチェックしていました。

 それが意外にも6月に入ってもまだ在庫があります。

 「これはもしかして俺の手元に来る運命の楽器かな?」なんて考え始めていました。

 ギタプラに遊びに行こうと思い、久しぶりにSさんに連絡しました。一旦は

 「例の175、まだ在庫してますよ」

との返事でしたが、夕方、Sさんからメッセージが届きます。

 「例の175、今しがた販売になりました!すみません!!」

 どうやら運命の楽器ではなかったようです(笑)。

ギター購入騒動記(92)

2019年4月17日(水) ビンテージ ES-175をゲット! (2)

 下の写真の楽器ES-175(P-90)を持ち帰って、まずは自宅でやらなければならないことがあります。

IMG_2139.jpg


  「傷隠し」です。

 この楽器はもともと正面向かって右側面に強烈な引っ掻き傷があります。面積も広いですし、塗装が剥がれて木の色がむき出しになっていて、結構目立ちます。僕はもともと傷等に関してはあまり神経質な方ではありません。中古でギターを買えば少なからず傷などはありますし、それを修復したりは今までしたことがありません。ただ、さすがにこの傷は結構目立ちますので、なんとかしなくてはと思いました。

 ただ、もともとお金をかけて綺麗にするつもりなんてありません(笑)。床の修復等で使う傷直しペン等で着色して、ちょっとだけ目立たなくするくらいで良いのです。帰り道の100均で傷直しのペンを購入して帰りました。

IMG_2264.jpg

 楽器を弾く前に早速取り掛かります。ギターの色に合わせた傷直しペンを色々混ぜたりして塗ってみたのですが、イマイチです。だんだん面倒になってきたので、先にギターヘッドの打ち傷を直すために油性の黒マジックを塗ってみました。意外と良い感じです。

IMG_2155.jpg



「そうだ、さっきまで塗っていた傷直しペンはちょっと茶色っぽいよな。この傷にも上から黒マジックを塗ってみたらどうなるかな?」面積が大きのでいきなりやるには勇気が必要でしたので、ちょっとした傷に試しにやってみました。いい感じです。

 「よし!一気にやるぞ!」

 その結果は下の写真です。傷直しペンの上から黒マジックを塗り、ポリッシュで必死に磨いたら、ペンの色とマジックの黒が絶妙に混じって全く目立たなくなりました。隠す前の写真を撮っていなかったので、比較できないと思いますが、どうですか?全くわからないでしょう!?

IMG_2157.jpg


 でも、下の写真を見てください。光を当てるとわかります。なぜって、「クボミ」を埋めていないからです。この傷は結構深くて、本気で修復するにはパテ埋めが必要です。

IMG_2156.jpg


 もちろんあんまりお金かけて直すつもりもありませんし、大体ボディの下面なのでお客様から全く見えません。今回の修復で、何気なくチラ見した時には全く気がつかなくなりましたので、もうこのくらいにします。そのうち、気が向いたら相談してみようとは思います。

 前オーナーさんが貼りっぱなしにしていたセロテープ片を慎重にはがします。こっちの方が緊張しました。綺麗にウェザーチェックの入ったボディ部分にも多少掛かって貼ってあったので、塗装が一緒になって剥がれないように慎重にはがしていきます。うまくいきました。

 こんなところで止めておきます。

 マニュアの方から、「こんなビンテージ楽器に100均の傷直しペンや油性マジックを塗るなんって!」という声が聞こえてきそうですが(笑)、一応、僕はコレクターでもマニュアでもなく、ただのギター弾きですので、気にしません。この楽器は人に売るつもりなんかありませんので、気にせず手を加えます。

 「この傷のおかげでこんな素晴らしい楽器がこの値段で手に入ったのだから!」と思えば、もともと織り込み済みなので傷などは何ともないです。

 「この値段って、一体いくらで??」

 内緒です(笑)。いつものギタープラネット 店員Sさんが下取りを含め、相当頑張ってくれったと思いますので。

 

ギター購入騒動記(91)

2019年4月17日(水) ビンテージ ES-175をゲット!


 この日僕は休みでした。かみさんも朝から出かけていたので、早いうちからギタープラネットへ向かいます。買い取ってもらう予定の楽器、レスポール・カスタム、スペシャル、そしてSGの3本を持っていきました。興奮のせいか、全く重さなんか感じません(笑)。

 Sさんに簡単な挨拶を済ませ、下取り楽器3本をまずはお渡しして査定に回してもらいます。その間、早速目的の楽器2本の試奏に入ります。

 前回の2本の試奏をした時の動画を何度も何度も自宅で聴いていました。そして、僕の中ではある程度決めていました。今日の試奏は、その考えに誤りがないかを確認するためです。

 2本の楽器、P90とハムを僕の中で色々な基準で評価すると下の通りです。ちなみに5点満点ですね。

 ルックス P90 :3  ハム :4
 傷等   P90 : 3  ハム :4
 弾き心地 P90 :5  ハム :3
 生音   P90 :5  ハム :3
 アンプ音 P90 :4  ハム :4

 こんな感じでしたので、ほぼP90の方にしようと決めていました。決め手は生音の圧倒的な素晴らしさでした。これこそビンテージ楽器でしか得られない箱鳴りで、僕が所有する楽器のどれともキャラが違うものでした。また。下取り予定のレスポール・スペシャルはP90のピックアップで、この楽器を売ってしまうとP90の楽器がなくなってしまうことも理由の一つでした。また、ハム175はこれからフレットやネック、弦高の調整が必要であり、工賃がプラスされてしまいます。価格をできるだけ抑えるためにこのまま何もしないという選択肢もありますが、それもどうかなぁと思いました。もっとも、調整前の状態でも価格的にP90を数万だけ上まっていました。ルックス的にはずっとハムの方をイメージしていましたが、それをひっくり返すほどの素晴らしさがP90の方にはありました。

 そうこうしているうちに、3本の楽器の査定が終わりました。数万ほど思っていたより安かったのですが、想定内の金額でした。あとは、どっちを買うかを決めるだけです。

 何度も何度も弾き比べました。下に生音を弾き比べた時の動画貼っておきます。P90の生音の素晴らしさは伝わると思います。



 生音ではP90軍配が上がりますが、アンプ音はほとんど変わらないことや1ハムの175をずっと欲しいと考えていたこともあったので、自分ではなかなか決められませんでした。

 Sさんのこの一言が決め手になりました。


 「武田さんが今持ってる楽器を考えるとP90の方を弾いてもらいたいですね」


 P90の方を買うことに決断しました。


 確かにSさんの言う通りでした。僕の持っている175系のギターは現在は全てハムでした。したがって、被り感がないP90の方が賢い選択と思いました。また、生音の圧倒的な素晴らしさにおいてもP90を選ぶ方が良いと思いました。



 こうして、ヤフオクで175を物色を始めてから何ヶ月かたって、ある意味予想外の「ビンテージの175をゲット!」という結果に終わりました。


 今までのギター人生の中で一番高い楽器です。そして、呆れるほど素晴らしい楽器です。それでも、全く後悔はしていません、後悔どころかSさんには「ありがとう!」と言いたいですね。

 次回はこの楽器についてもう少し書こうと思います。

IMG_2196.jpg IMG_2199.jpg
IMG_2197.jpg IMG_2163.jpg



【2019年4月17日時点での所有楽器・機材】

<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
GA40SFCE-NT(Ibanez) 16年新品で購入
Telecaster (Fender Japan) 16年中古で購入
SG Special 2014 (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Special (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Custom All Mahogany WR (Gibson) 17年中古で購入
Anygig AGN Nylon Full Scale Crassic Travel Guitar  17年新品で購入
Celebrity Elite Limited Edition CE44 Reverse Blue Burst (Ovaition) 18年新品で購入
ES-775 1990(Gibson)18年中古で購入
FA-GP C/BLD(Tokai)18年新品で購入
ES−175 Orville by Gibson 18年中古で購入
N-60 "Natural" (Greco)19年中古で購入
ES-175 1952 (Gibson)19年中古で購入

<Effect>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GT-1 (BOSS) マルチエフェクター 18年新品購入

<Amp>
RhythmMini5(Vox) 14年新品購入
VT40X (Limited Edition) 17年中古で購入
VFS-5 17年ヤフオクで落札 
DV Mark Little Jazz 19年新品購入



 

 
 


 
 

 

ギター購入騒動記(90)

2019年4月14日(日) ヤフオク オークション終了の日(4)

 このビンテージのES-175、どっちを買うにしても値段が値段ですから、現在所有の楽器を何本か処分しない事には無理と思いました。

 「さて、何を売る?」

 バンド活動を始めた20代後半からずっとES-175とアイバニーズGB-10といったフルアコを弾いてきました。ところが、ここ数年は今まで全く弾いてこなかったソリッド・ギターに興味が移っていき、特にレスポールが大好きなギターの一つでした。そして色々なレスポールを買ったり売ったりしてきました。今現在はギブソンのレスポール・カスタムとスペシャルの2本を所有しています。また他のソリッドギターとしてギブソンのSG、そしてフェンダーのテレキャスターも所有しています。

 そして1年ほど前からはまたフルアコ、特にES-175のあの形状とサウンドにものすごく惹かれています。そして、個人的なギター・スタイルも少しづつジャジーなものに戻りつつあります。ES-175やそれに類するギター達、形は同じですが、音は千差万別です。「色んな175が弾いてみたい!」そんな気持ちがものすごく大きくなっています。

 「ソリッド・ギターを売ろう!」

 売るギターは3本、全てギブソンLPカスタム、スペシャル、そしてSGの3本に決めました。

 IMG_1472.jpeg IMG_2225.jpg

IMG_2218.jpg



 1年前にはこの3本を売ることなどはとても考えられませんでした。でも、今では割とあっさり決断できました。理由は次の2つ。

 「この3本、また欲しくなることが仮にあったら、お金さえあればいつでも簡単に手に入る。でも、ここで弾いたビンテージES-175のような素晴らしい楽器は手に入らないかもしれない。」ということでした。

 そして、この3本、ライブでは十分使いました。特にSGは2年ほど前はメイン楽器でしたし、レスポール・カスタムは昨年頻繁に使い、新潟ツアーにも持っていきました。悔いはありません。

 1本だけソリッドは残そうと思いました。テレキャスターは残すことにしました。この楽器は本当に「当たりの楽器」で、最近のお気に入りでしたし、まだあまりライブに使っておらず、売ってしまっては悔いが残ると思いました。そして、ジャジーなサウンドも出せますし、太い弦を張るとフルアコに似たサウンドを出すことができます。

 オベイションとエレガットはデュオの仕事で必須ですし、売っても大した額にはなりませんので、これも残すことにしました。

 このギブソン3本を売ると、例のビンテージ楽器の値段の半額くらいになることがわかりましたので、ほぼ決心は固まりました。

 この3本を下取りに出し、そのお金を足して先ほど試奏したES-175のどちらかの楽器を買うことを決心しました。そして、Sさんの出勤日に合わせ3本のギターを持って来る約束をしました。

 家に帰ってから試奏の動画を何回も見ましたが、まだどちらの楽器にするかを決められないでいました。ハムの175はまだ値段も調整もしていない楽器なので、売れてしまうことはないのでしょうが、P90の方はすでにネットにアップされている楽器ですから、売れてしまうことも十分考えられます。そこで「商談中」にしてもらうようSさんにメッセージを送りました。これで、じっくりとどっちの楽器にするか決めることができます。

IMG_2139.jpg 1959 ES-175 1PU



 ヤフオクの例の楽器は結局28万台、即決価格の一歩手前でどなたかに落札されたようですが、なんの感情も浮かびませんでした。

 

ギター購入騒動記(89)

2019年4月14日(日) ヤフオク オークション終了の日(3)

 「フレット調整が必要なんで、無茶苦茶弦高が高い状態なんですが、もう一本175があります。値段もまだわかりませんが、これも弾いてみます?」

 これまた、ルックスの格好良さに目が飛び出てしまいました。


 ギターだけで写真を撮っていないので、僕が試奏で弾いている動画のスナップショットです。

 まさしくこれです。僕が欲しいES−175の1PUは!

1959 ES-175 1PU


 1959年製1PAFのES-175です。写真ではよくわかりませんが、実はボディ全面にウェザーチェックがかなり入っています。僕はウェザーチェックはそんなに好きと言うわけではありません。むしろない方が良いかもしれません。ただ、程よいウェザーチェックは、いかにも「ビンテージ感」を醸し出していてオーケーです。この楽器のウェザーチェックは僕が許せる限界値くらいでした。「このくらいならOKだが、これ以上はちょっとなー」といった感じでした。

 早速試奏します。



 「弦高が高い」とは言っても、僕は全然平気でした。確かに「弾きやすい」状態ではなかったですが、僕の所有するギターはもともと弦高を高くしているので、全然平気でした。

 「ブリッジを一番低くした状態でこの位ですのです。これ以上弦高は下げられませんので、やはりなんらかの調節が必要ですね」とSさんは言います。

 「1959年ってのは特別な年ですからね。値段はまだはっきりしたことは言えませんが、60万弱くらいになるのでしょうか?ただ、現行の調整等の工賃が数万くらい上乗せになっちゃいますが。」とのことです。

 「もし僕が買うのなら調整はいらないな。少しでも安い方がいいので」


 最初に弾いたP90のES-175とこの楽器とを何回か持ち替えて弾き比べました。

 アンプ音はどちらも気に入ってしまいました。P90の音の分離感も最高でしたし、ハムのパワフルなサウンドもまた最高でした。ただ、僕の演奏スタイルやキャラを考えるとハムの方かなと思いました。そして、こちらの175の方がもともと求めていた175に近いルックスでした。ただし、生音の方はP90の175の方が圧倒的でした。こんな素晴らしい生音は今まで一度も聴いたことがないほどでした。ハムの方はビンテージものなので、系統的には似かよった音ではありましたが、箱なり感がP90に比べあまりなかったように思います。音量差も歴然でした。

 何度も何度も持ち替えて弾き比べたのちにギターを置きました。



 「ヤフオクはやめた!今はビンテージは予算不足でとても買えないが、ヤフオクでお金を使ってしまえばこんな素晴らしいビンテージ楽器を購入する時期が遠のいてしまう。」

 ヤフオクはどうせ再高値を更新されてしまったので、ほっておけばどっちにしても他人のもとに渡ります。



 「ん?待てよ。買う方法があるぞ。今持ってる楽器を何本か売ればビンテージ楽器代の全額と言うわけではないものの結構な足しになるな。しかも、ヤフオクと違ってクレジットカード使えば分割も使えるし」

  
  もう気持ちの高ぶりは止まりません。

  

  さて何を売ろう??

  そして、買うならどっち???

IMG_2139.jpg 1959 ES-175 1PU



  




 

 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR