FC2ブログ

僕の音楽史(201)

【1996年】

 「ヘリテージ・インターナショナル・ジャズ・ギター・コンペティション」の記事をジャズライフで見つけました。「インターナショナル」ってくらいなので、日本で優勝すると世界大会があるようです。もちろん自分のプレイがそんなレベルであるとは思っちゃいませんでしたし、今までコンテストで優勝してきたのはバンド演奏です。どっちかっていうと素晴らしいメンバーのおかげであることも分かっていました。ただ、あわよくば入賞、特別賞みたいなやつに引っ掛かってギターもらえないかななどと邪な考えが浮かびました。審査員を見ると師匠の布川さん、そして布川さんと師弟関係にあった当時絶賛売り出し中だった矢堀さんの2人が審査員でした。矢堀さんは布川さんを通して名前はよく聞いていましたが、当時はまだ面識がありませんでした。

 テープ審査で楽曲を送ることになっていたので、横浜のコンペティション・グランプリの副賞で録音したCDの中から1曲録音して応募しました。多分タイトル曲の「The Great Stream」を録音したと思います。

 審査結果が封書で送られてきました。結果は残念ながら  「落選!」

 ギターがもらえなくて残念でしたが、何の欲もなかったので、大してがっかりではありませんでした。がっかりどころか、布川さん、矢堀さんというグレイトなギタリスト2人の審査員寸評を見て満足でしたw。

 布川さん : もう君はこういうの出すの止めなさい!
 矢堀さん : とにかく上手い。トーンもあまりにそれっぽく、凄い。
        大変素晴らしいプレイ。言うこと無し。良く研究しています。
        恐れ入りました。

 今この手紙を見るとこの時グランプリを取ったのは何とグレイトギタリスト「小沼ようすけ」さんでした。いやー、恐れ多いです。こんな人が応募していたら、入賞なんてできる訳ありませんw。

 布川さんの指示に従って、今後このようなコンテストには一度たりとも応募していませんw。

IMG_0041.jpg

僕の音楽史(200)

【1996年】

 とうとう「僕の音楽史」は200回まで来ました!



 「なんだ、なんだ??え、ま、まじかよ!」

 客席の至る所でどよめきが起きています。それは「伝説のジャズギタリスト」が真っ赤の奇妙な形をしたソリッド・ギターを持って登場したからでした。もう卒倒しそうでしたw。

IMG_3710.jpg IMG_3707.jpg


 上の写真のギターはパーカー製のギターで、革新的な発想と独特な構造、そして奇抜な形状で当時は話題になったギターで、僕もテレビで何回か見たことはありました。このようなギターを持ってくるなんて誰も予想しなかったと思います。雑誌やビデオでの直近の彼の楽器は全て下の写真のエイブ・リヴェラによるハンド・メイド・ギターだったので、多分この楽器を使うんだろうなと思っていましたし、会場のファンも皆そう思っていたでしょう。彼自身は「どうだい?びっくりしたろう!」そんな表情に見えました。

IMG_3514.jpg

 パットがこのパーカーの楽器を使ったのは多分この日本ツアーとその後短い間だけのようで、もしかしたら軽量というところが理由の一つだったのかもしれません。ただ、しっかりと彼仕様に改造が加えられていて、後でわかったことですが、ネックは1弦015からの極太セットを張ることから太く作られており、トレモロ・ユニットやマスターボリュームを取り外してるとのことです。

 ステージに登場し、軽くチューニングのためにボンと弾いた、その5弦の開放A音で僕はもう気絶してしまいそうでしたw。ソリッド・ギターで、ジャズコーラス直結とは思えない極太の音です。そして、ビデオで聞いたそのまんまの低い声(当たり前かw)で1曲めのカウントでバンド4人が音を出した瞬間にもう感動のあまり胸が苦しくなりました。

 曲は「The Maker」「Interchange」「Nightwings」の3枚のアルバムを中心に3日感とも演奏されていましたが、曲順は毎夜少しづつ変えられていました。数分程度でしたが、ソロ・ギターでのプレーも聴くことができました。

 どの日もコンサートがクライマックスに近づくと「The Great Stream」が演奏されました。彼の楽曲でも1番の人気曲で、テーマが始まった瞬間、会場からどよめきが起こります。レコードのテイク以上にドラムスとのバースを加え、延々と繰り広げられる音の洪水に完全に飲み込まれてしまいました。

IMG_3708.jpg

 女性客はほとんどおらず、コアなギターファンばかりの感じで、パットが曲のブレイクで速いパッセージを弾くと、いちいち客席が盛り上がるといったまるでジャスのライブとは程遠い異様な雰囲気でした。
 
 ピアノ、ベース、ドラムスは比較的若いメンバーで、勢いがありましたが、正直パットの存在感、オーラの前にはどうでも良い存在でした(すみません!)。

IMG_3709.jpg

 演奏と関係ないことでひとつ、5歳の長男を連れて行った時のことです。僕らは前から3列目くらいのど真ん中に座っていました。パットは2〜3曲目の演奏途中に長男に気が付いたようで、ちょっとびっくりした様子で僕らの方を見ました。比較的年齢層が高い客席で5歳の子供はやはり目立つのでしょうw。そして、バッキングをしながら少し微笑み返してくれた様な気がしてとても嬉しかったことを覚えています。

 この3日間のライブは、僕にとって人生のうちで最高の音楽体験だったと思います。そして、その後度々来日するパットですが、この日のライブを超えるものは残念ながら僕的にはありません。もっとも初来日という状況もあったのかもしれませんが。

 

僕の音楽史(199)

【1996年】

 パット・マルティーノの健康状態の悪化は一時的なものだったようで、4ヶ月後の96年3月、思ったより早く来日公演は実現しました。

 日にちはもちろん記憶はなかったのですが、来日公演時のジャズライフ特集記事の切り抜きを見ると、東京公演は3月7・8・9日の3日間だったようです。場所は当初と一緒で渋谷のON AIR EASTです。もちろん全公演チケットを買っていました。1日目はひとりで、2日目はかみさんと5歳の長男と3人で、そして3日目は当時のバンド仲間宇山くんを誘って見に行きました。

 とにかく、僕にとってパットはレコードやビデオの中の人、目の前でギターを弾いている姿が見れるだけで、もう僕は満足でした。レコードを擦り切れるまで聴き、コピーし、そんな人が数メートル先に存在する、もうそれだけで涙がこみ上げてくるわけです。

 演奏が始まる前にステージ上の機材を確認します。何とジャズ・ギタリストがもっとも苦手とするJC-120が1台置いてあるだけ、足元には何一つありません。「JC-120に直結か!」まさにシンプルの極みでした。

 演奏時間が近づくに連れ、こんな思いが込み上げてきました。「病に倒れ、記憶を無くし、血の滲むようなリハビリを経て復活、全盛時代の演奏なんて望まない、無理しないでリラックスして演奏をしてほしい」と。そんな僕の気持ちは1曲目のほんの数秒で吹っ飛ぶこととなるのです。そこにいた彼は「全盛期の彼そのもの」でした。

 会場が暗くなり、他のメンバーが先に出てきます。その後、ギターを抱えて彼が登場します。割れんばかりの拍手に会場は包まれます。僕ももう手が痛くなるくらい拍手しましたw。数秒後に、いたるところで何故かどよめきが起こります。

 「なんだ、なんだ??え、ま、まじかよ!」

 どよめきの理由がわかりました。彼が抱えてるギターです。なんと「伝説のジャズギタリスト」が真っ赤の奇妙な形をしたソリッド・ギターを持って登場したからでした。もう卒倒しそうでしたw。

IMG_3705.jpg




 
 

僕の音楽史(198)

【1995年】

 何とパット・マルティーノが来日するというニュースが飛び込んできました。

 先に結論から言ってしまうと、この写真の時は健康状態が優れないということで来日延期となり、翌年3月に実現することになるのですが、この来日決定時の頃の話から翌年の初来日公演のことを思い出しながら書こうと思います。

 どこでこのニュースを聞きつけたかは覚えていませんが、多分定期購読していたジャズライフか何かで見たのだと思います。何回かこのブログにも書いていますが、僕にとって彼は「神」なわけですから、「来日」ではなく「降臨」ですw。そして、「ライブを聴きに行く」のではなく「参拝に行く」ということになります。何処かの誰かがロックギタリストを称して「ロック・ギタリストは2種類いる。ジェフ・ベックとそれ以外だ」と言っていましたが、僕にとっては「ジャズ・ギタリストは2種類いる。パット・マルティーノとそれ以外だ」、まあ、こんな存在なわけですw。

95603493_596310947906464_30733742293123072_n.jpg

 当然東京公演は3日間ともチケットを買いました。場所も渋谷ということで自宅から近いですし、できることなら地方まで追っかけて全部行きたいくらいでした。初日はカミさんと5歳の長男、2日目は一人で、3日目は当時バンドで一緒だったドラムの宇山君と行く予定にしてました。

 この当時は教則ビデオ「クリエイティブ・フォース」やCD「Interchange」そして日本のパドル・ホウィール・レーベルと契約し発売された「The Maker」などで直近の演奏を聴くことができ、全盛期に近いところまで回復していたプレイにハマっていたので、もうコンサートが待ちどうしくて仕方がありませんでした。

IMG_3514.jpg IMG_3690.jpg IMG_3691.jpg

 冒頭に書いたように、11月のコンサートは延期になるのですが、当日現地に行くまで延期になったことを知りませんでした。事前に告知があったのでしょうが、まだまだネット社会ではありませんでしたので、僕の耳には全く届いてきていませんでした。

 コンサートの当日の朝、治療中の歯がむちゃくちゃ痛くなりましたw。とてもコンサートどころではありません。歯根の治療をしていた歯がひどく痛み、歯茎が異常に腫れてしまいました。慌てて歯医者に行き「今日は大事なコンサートに行くので、痛みだけでもとってください!」と無理言った覚えがありますw。歯茎を切開し、膿を放出されると、スーと痛みが嘘のようになくなりました(結局この歯は後日抜歯することになりましたがw)。

 夕方、かみさんと5歳の子供を連れて渋谷に出かけました。そして、現地の渋谷ON AIR EASTに到着し、壁に貼ってあった掲出物で延期を知り、こう思いました。

 「とても心配だ...。また病気で活動中止にならなきゃ良いが。」

 その後、健康状態が優れなかったのは一時的なことのようで、4ヶ月後の96年3月に来日公演は実現しました。

僕の音楽史(197)

【1995年】

 CDを製作したこともあって、積極的に活動の幅を広げてCDを売りさばこうと思いましたが、僕は働いていましたし、他のメンバーも他のバンドとの掛け持ちでしたので、活動拠点もあまり広げることができませんでした。横浜ジャズプロムナードのコンペでグランプリを獲ったのですから、横浜にあるいろいろなジャズクラブで演奏をすることもできたのかもしれませんが、何せ杉並に住んでいて、会社帰りのライブではとても無理でした。ツアーなんかも企画して盛り上げていこうとも思いましたが、スケジュールがなかなか合わずに結局は実現できませんでした。

 そんな中で、イベントとしては「旭ジャズまつり」に出演しました。
 
 2月にバレンタイン・コンサート、そして7月には野外コンサートと2度にわたり行われ、いずれも「田村美沙」さんという女性ボーカルとのコラボでした。

IMG_3665.jpg


 彼女は未だ現役で活躍するジャズ・ボーカリストですが、当時は絶賛売り出し中の若手女性ボーカリスト、横浜生まれの横浜育ち、インターナショナル・ハイスクールで学び、中学くらいからジャズ・ボーカルを学ぶといった経歴の持ち主で、すでに有名ミュージシャンと活動をしていました。横浜コンペティションでグランプリを獲った僕らに旭ジャズまつりの実行委員が目をつけ、コラボの話を持ってきたのだと思います。

IMG_3668.jpg

 約半年間ほどリハやライブで活動をともにしました。ギターの活躍の場はあまりなかったですし、歌伴の実力は持ち合わせておりませんでしたが、綺麗でスタイルの良い女性のバックで演奏できたのは楽しいものでしたし、大体、歌もダイナミックレンジが広く、何てったって英語の発音がとても綺麗で素晴らしかったです。こんな時に大学時代にビッグバンドの経験していたことで随分と助けられました。相変わらず譜面は読めませんでしたがw。
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR