FC2ブログ

ソロ・ギター道場(30)

【 Misty(6)】

 サビの2小節目のE♭7→A♭△7のところですが、ディミニッシュの平行移動です。



 テーマ・メロディをトップにして、小指で抑えるノーマルな押さえ方のディミニッシュ・コードを平行移動しているだけですので、テクニック的には比較的簡単な割にカッコ良いサウンドが得られます。いかにもギター的発想と言う気がします。ピアニストはこんなことやるのでしょうか?やるにしてもギターのようには簡単にいかないでしょうね。

 ウェスはかなり多用します。もしかしたら彼が最初にやりだしたのかもしれません。下の動画、全くうまく弾けてませんが、こんな感じで演っていましたね。全部ディミニッシュの平行移動です。

 

 絶対に覚えたい技ですね。

 Mistyの解説はこれで終わりにして、次回は通して弾いてみたいと思います。

スクリーンショット

ソロ・ギター道場(30)

【 Misty(5)】

 7〜8小節目のG7~C7~Fm7~B♭7(ⅢⅥⅡⅤ)の部分ですが、まんま弾いたのが下の動画です。



 メロディがG音の白玉音符なので、コードはG音トップノートをキープします。

 下の動画はトップのメロディがG音キープではなくG - A♭- F - Gと動かしてコードをつけます。コード・ネームで言うとG7 - C7♭13 - Fm - B♭7(13)です。最後はB♭7(♭13)にしてG♭音を出した方が少しジャズっぽいかもしれませんね。



 最後はよくやるリハモで、G7 - C7 - Fm - B ♭7をD♭7(♭5) - C7 - B7(♭13) - B♭7(13)にします。要は「裏コード」を使います。こうするとベースラインはD♭→B♭まで半音進行し、一方でトップ・ノートはG音をキープする体位的な感じになって 、少しカッコ良い感じになります。



 ⅢⅥⅡⅤの部分は、それこそ無数のやり方がありますが、自分の得意なパターンをいくつか身につけ、その都度引き出しから取ってこれる様に僕も練習しています。

 ではでは。

スクリーンショット Misty

ソロ・ギター道場(29)

【 Misty(4)】

 そういえば、Mistyの譜面を一応掲載しておきます。譜面を本のページを開いて状態でiphoneでiphone撮影しただけなので、画像が歪んでいますが気にせずにw

IMG_3052.jpg


 今回はテーマ5、6小節、譜面2段目の部分です。

 ここはE♭キーのⅠⅥⅡⅤの部分です。何も工夫せずに普通にコード通り弾くと下のようになります。



 別にこれでも悪くないですよ。ただ、このメロディーが出てくる度にこのハーモニーでは退屈ですね。下のような感じではいかがでしょうか?



 最初のE♭△7ではGm7を弾きます。前の小節がA♭m7ーD♭7なので、半音進行で降りてくる感じです。しかも、Gm7を人差し指で一発セーハで6弦全て鳴らしてみます。4度音程で少しだけ「おや?」って感じになります。次のCm7はC7に変えて、C7#9にします。これも、少しだけ「おや?」ですかね。僕はⅠⅥⅡⅤの時のⅥm7は100%と言って良いほど7thに変えてしまいます。ジョー・パスなんかもマイナー7thをただの7thに変更して弾くことによって少しだけ「尖った」感じにしてますよね。

 次のFm7のメロディーA♭の音をFm7の3度の音として鳴らすのではなく、ここでリハもしてF#m7の9th音で鳴らしてからFm7を弾きます。これよく使う技ですので覚えておくと良いと思います。B♭7は最初の動画では1、7、3度の三つの音を出していましたが、これじゃつまらないので、内声で♭9thのB音を入れて、ルート音B♭とぶつけています。


 今回はここまで。次回をお楽しみに!

ソロ・ギター道場(28)

【 Misty(3)】

 キーがE♭メジャの曲ですが、いきなり2小節目でA♭メジャーに転調です。したがって、2〜3小節目のB♭m7ーE♭7ーA♭△7はA♭メジャーのⅡm7ーⅤ7ーⅠです。

 下の動画を参考にしてください。最初2回は普通の速度で弾き、後は比較的ゆっくりと弾いています。


 
 2小節目のテーマのメロディは8分音符でD♭CCC /CB♭GE♭です。1、2拍目のCCCの部分はコードはB♭m7ですからトップの音を1弦8フレット小指で押え、2、3、4弦でD♭のトライアドを弾く一般的なB♭m9のコードフォームです。Cのところを全部同じフォームでハーモナイズして弾いても悪くはないですが、それではちょっと面白くないので、最後のC音を出すときにはD♭→Dへと内声を動かす小技を使っています。これよく使います。覚えておくと良いと思います。トップ音をキープしつつ内声を半音乗降下降と動かす技です。

 3拍目の最初のC音、ここはB♭m9、次のB♭音はE♭79でハーモナイズします。1小節に中で内声がD♭→D→Dと動いて粋な感じです。GのところはE7#9でリハモします。理論的な解釈はわかりません。というか適当ですw。E♭音はA7♭5thでリハもし3小節目のA♭△7へとスムーズに繋げます。



スクリーンショット Misty


 

ソロ・ギター道場(28)

【 Misty(2)】

 最初のメロディー、B♭ーGーD(Look at me)のところですが、ここだけで、それはそれはずっと語れるようなバリエーションがありますが、代表的なものをいくつか。

 まず、B♭ーGの部分、最初のB♭のところはA♭/B♭のサウンド、手が大きければ親指で6弦B♭を弾きたいところですが、動画では弾いていません。Gトップの部分は下の音からA♭CDGの音、あえて表記するとB♭7(69)ってことでしょうか。まー、コード表記はどうでも良いですね。



 次の動画、最初のB♭のところはA♭/B♭のサウンドで上と全く同じ、次のGトップの部分は下の音からA♭BDGの音、B♭7(6♭9)ですね。こっちの方がカッコいいですかね。



 さて、D音、E♭△7の部分です。メジャー7thの音がメロディー・トップでとてもかっこいいですね。

 連続で5種類弾いていますので、参考にしてください。

 ①普通のE♭△7(下からE♭GB♭D)を弾いてます。悪くないですが、ちょっとつまらないですね。
 ②E♭△7(6)(下からE♭GCD)。CとDがぶつかって、いかにもギター的な感じですね。
 ③②のE♭△7(6)、ベース音をB♭にしてE♭△7(6)/B♭にします。
 ④③のE♭△7(6)/B♭を弾いた後G音をG♭にします。E♭G♭でディミニッシュぽいサウンドにします。
 ⑤E♭△7(6)/B♭を弾いた後F#ディミニッシュを弾きます。F#ディミニッシュ=Eディミニッシュと考えれば、要するに④と同じくトニックディミニッシュを弾いたような感じですね。




 ではでは!

スクリーンショット Misty
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR