FC2ブログ

僕の音楽史(210)

【1998年】

 1998年は今振り返ってみると一番充実した音楽生活を送っている感じのように思います。そして、僕のギター演奏もある意味ピークを迎えていたのかもしれません。未だ演奏を続けているのですから、本来は今がピークでなくてはいけないんですけどね(汗)。以前から書いているようにリーダー・バンドの2つ、オルガン・トリオとピアノ入りのカルテットのライブが定期的に入っていたので、毎月1〜2回のライブがありました。新宿Live Inn Pierを中心に精力的な活動をしていました。

 オルガン・トリオでのイベントや演奏旅行はなかったのですが、カルテットの方では8月のお盆明けくらいに「北九州ミュージックプロムナード98」に参加しました。これは以前コンテストで優勝した「横濱ジャズプロムナード」つながりで舞い込んできた話でした。当時の資料を見ると小倉の「ビアウェーブ室町館」ところでセカンドのステージのライブ1回だけの演奏だったと思います。前の年はデビッド・マシューズ率いる「マンハッタン・ジャズ・クインテット」が参加して盛り上がったようですが、僕らの年は大物の来日もなく、他のミュージシャンとの交流機会も全くなく、あまり面白くなかったように記憶しています。おまけに演奏の翌日は、かみさんが具合悪くなったとの連絡が来て、僕だけ慌てて帰ったりしたので、とても残念な演奏旅行でした。

 1998年当時の音源を2つ。何度も何度も手前味噌ですがw、僕自身のこの頃の音楽的な充実度が伺える演奏と思います。最初の音源はオルガン・トリオ(高野・武田・宇山)で高野さんのオリジナル・ブルースですね。タイトルがわからないので勝手につけましたW。すみません。宇山くんのドラムス、ハイハットの四つ踏みが気持ちよくって、抜群にスイングします。彼のドラムスのおかげで、王道のオルガン・トリオにとどまらず、新しい風を入れてる感じですか?!僕も結構好き放題やっていてノリノリな感じですね。高野さんも煽られてか?いつもよりアグレッシブです!



 もう一つはカルテット(武田・阿部・辻・西尾)でマルティーノの人気曲で「The Great Stream」。今聴くとテーマの解釈が現在と違っていて、違和感....まぁ、ファンの方でなければわからない話ですので、気にせず聴いて見てくださいw。こっちのバンドは普通のスタンダードやブルースはあまりやることなく、マルティーノやメセニーや当時のコンテンポラリー系の楽曲を演奏していました。



 ES-175NT(91年製)&ポリトーンは最強のサウンドでした。楽器は未だ所有していますが、アンプは手放してしまいました。少し後悔しています。

119984756_2701260656758072_7910156583899190025_n.jpg 103519_03.jpg

武田バンド3

僕の音楽史(209)

【1998年】

 今回から1998年です。

 武田・高野・宇山のオルガントリオは月1ペースで新宿Live Inn Pierで変わらず演奏を続けていました。このバンドの良いところは集客にあまり困らなかったことです。高野さんは当時から音楽専門学校の教壇に立っていたこともあって、毎回弟子たちが先生の演奏を聴きに来てくれました。また、僕も会社で積極的に集客していたので、いつもはほぼ満席な感じでした。一方で継続的にやっていたもう一つのカルテット(武田・阿部・辻・西尾)は比較的マニアックで、コンテンポラリーな曲や演奏をメインにしていたため、集客に苦労しましたw。ただ僕の中のバランスはとても良い感じでした。オルガン・トリオでオーソドックスな演奏とジャズのノリや楽しさみたいなものを感じ、一方のカルテットでギタリストとしてのテクニックを磨く、こんな風に車の両輪のように捉えていて、一番充実した活動ができていたのかもしれません。高野さんつながりでは、もう一つ四谷のジャズバーで、営業時間中何セットかの生演奏の仕事をやったりしていました。

 ほとんどのライブは当時主流だったMDでほとんど生録しているので、まだまだ聴いてもらいたい演奏はたくさんあると思うのですが、整理していないのでまた別の機会にするとして、今回は以前からYoutubeにアップロードしていた動画を貼っておきます。



 演奏を聴いてわかるように、バンドとしての完成度は高いとは言えません。ライブその場で演奏するだけだし、リハもやらないわけですから。この曲、Sidewinderなんてその場で高野さんが譜面を脇にいきなり置いてやろうと言い出したのですから。僕はご存知のように譜面はほとんど読めませんのでw。多分客席にいた弟子達からのリクエストでしょう。でも、このときの自分の演奏を聴くといつも思います。「俺は歳をとったな」と。もちろん見かけだけの話ではなく、演奏そのものです。自分で言うのもなんですが、当時はキレや勢いがありました。今の方が、楽器トータルでは上手になったと思っていますが、このような演奏やノリ、雰囲気はもう2度と出せません。残念です。

TTU.png

僕の音楽史(208)

【1997年】

 録音の日付を見ると1997年12月11日とあります。この日が新結成のオルガントリオの初ライブでした。場所は新宿のLive Inn Pier。下の音源はこの日の初ライブでの全くのリハなしで、初めて3人がやったときの演奏です。そして、この日のファーストセットの1曲目ですから、正真正銘の初顔合わせでの演奏です。



 この日のライブのスタート前、僕の記憶では、高野さんと僕は、彼が講師をしていた尚美学園の授業でのデモ演奏?でデュオで数曲演奏していました。その後、彼の車でオルガンを積み、会場の新宿へ移動したため、到着が遅れ、リハを行うどころか開演も30分ほど遅れるという状況でした。高野さんと宇山君は全くの面識なし、簡単な挨拶を交わしたのちの本番突入でした。

 演奏を今聴いて思うことは、ギターの音が良い音だなということ。楽器は今も所有している91年ES-175、アンプはポリトーンのミニブルートⅣに直です。アンプは残念ながら売ってしまいました。この演奏を聴いたことをきっかけにエフェクターなしの「すっぴん」の良さを再認識しました。

 自分のギタープレイはマルティーノがリーダー作を発表する前のオルガン・トリオ時代に随分と影響を受けている気がします。高野さんは、とにかくオルガン界隈のギタリストに造詣が深いので、彼に色々と聞きながらレコードやCDでマルティーノのオルガン関連物を買いまくっていましたので(下写真)、こうなるのも無理はなかったのだろうと思います。バンド全体の音も、初顔合わせの関係でこの音源は演奏にまとまりがなく、3人が好き勝手やっている感じですが、要所要所にお互いが反応して良い部分もありますし、アグレッシブな熱い演奏ですので、ぜひ聴いてみてください!

IMG_0336.jpg


 このバンドの音源や動画は結構残っていますが、あまり聴き直していないので、これを機会に良い演奏は皆さんに紹介していきたいと思います。

 新宿Live Inn Pierというお店には月1回ペースで出ていて、もう一つの武田・阿部・辻・西尾のメンバーとも結構出演させてもらっていました。

僕の音楽史(207)

【1997年】

 随分と間が空いてしまいました(汗)。続きを書いていこうと思います!

 オルガニスト高野正一さんとオルガン・トリオをやろうということになって、ドラムは誰に頼もうかという話になりました。高野さんにはこれといった候補がいないということなので、さてどうしたもんか?と考えました。僕はこの時点でこれまで一緒にやったドラマーはほぼ二人しかいません。リーダー・バンドで一緒にやっている西尾研一さん、そしてその前のレギュラー・ドラマーの宇山満隆君です。僕的には今現在一緒にやっているドラマーに頼むのも芸がないのでw、宇山くんに頼むこととなり、彼は快く引き受けてくれました。メンバーがこれで揃いました。高野正一(org)武田謙治(g)宇山満隆(ds)の3人です。

E0H4XPFVEAANU5R.jpg 103519_03.jpg

 ドラマーについてはあまり考えることなく宇山くんにお願いすることとなったのですが、後から考えるとすごく良かったのだと思います。何故ならオルガン・トリオとは言っても、僕自身、いわゆる「王道のオルガン・トリオ」を目指していたわけではありませんでした。そもそもオルガン・トリオをやってみたいと思ったきっかけは、ギタリスト岡安芳明さんのレッスンを受けたことでもありましたが、僕のプレイが彼のようなオーソドックスなジャズ・ギタリストはちょっと違っていて、モード時代のマルティーノとメセニーの影響が非常に強く、いわゆるケニー・バレルやウェス、ベンソンのような王道のオルガン・トリオでのギタリストのようなプレイはできません(今でもそうか?)。僕がこんな感じですから、「ザ・ジャズ・ドラマー」ではなく、ややコンテポラリー寄り?のドラミングの宇山君はぴったりと思いました。また、高野さん的にもOGDというトリオで小泉清人さんというウェス直系のギタリストとすでに王道路線での活動を並行で行っていましたので、彼的にも宇山君のドラムはとても新鮮だったのだろうと思います。

 本番のライブまで3人でリハをやることはなかったと思います。吉祥寺あたりのスタジオで高野さんと二人で一回だけスタンダードを中心に音出ししただけです。彼はオルガン・トリオを通じてマルティーノのことが大好きだったこともあり、僕がマルティーノのようなフレーズを弾くたびに、笑みを浮かべ「イェー!」と声をあげる、そんな中でギターを弾くのは大変気分が良いものでした。

僕の音楽史(206)

【1997年】

 今回から1997年です。

 1996年に結成した僕のバンド(武田・阿部・辻・西尾)について以前も書きましたが、「月2回のリハーサルをすることが楽しみなバンド」でしたので、あまり目立った活動はありませんでした。今までのコンテスト優勝つながりでこの翌年北九州に演奏旅行に行ったこと、数ヶ月に一回ペースで新宿Jで演奏していたくらいで、あまり記憶に残ったイベントはありませんでした。

 この頃から自分のギター・スタイルが少しづつ変わってきた様に思います。もちろん根本的なところは相変わらずでしたがw、岡安芳明さんに数回レッスンを受け、彼のアルバムをよく聴いていたこともあり、少しオーソドックスな、いわゆる「王道のジャズ・ギター」を改めて研究していかなくてはいけないなと感じていました。そこで、ジョー・パス、ジム・ホール、ケニー・バレル、ウエス・モンゴメリーなどの偉人たちのアルバムをよく聴く様になっていました。また、マルティーノもリーダー・アルバムではなく、それ以前のサイドメンで活躍していた頃のCDを片っ端から買ってコピーしていました。

 そんな影響もあってか、今までやったことのない編成、オルガン・トリオに挑戦してみたくなりました。ジャズ・ギタリストにとっては一度は通らなくてはいけない道と考えていました。幸い身近にオルガニストの知り合いがいました。このブログにも以前書いたことのあるミュージシャン「高野正一」さんです。彼とは浅草コンテスト繋がりで知り合いになっていました。彼自身もオルガン・トリオ「OGD」で浅草コンテストに僕らの数年前に出場し、優勝していましたし、一緒に「蔵王ジャズフェスティバル」に出演したりで、「今度一緒にやりましょう」なんてお互い言い合っていた仲でした。彼とのことは今後の活動の中で詳しく書いていきます。はっきりとした記憶はないのですが、僕の方から声をかけたはずですし、快く引き受けてくれました。

MT.jpg 119984756_2701260656758072_7910156583899190025_n.jpg

 今のバンドはどうしようか?と考えましたが、それは継続して活動を続けようと思いました。以前の様に精力的に活動していたわけではないので、同時並行で十分働きながらでもやっていけると思いました。

 これで「カルテット(ピアノ入り)でコンテンポラリー路線」と「オルガン・トリオで王道ジャズ・ギター」の2本柱で活動することとなり、音楽的には十分満足のいく感じになりました。
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR