FC2ブログ

ジャズギター裏口入学(25)

【コードとスケールの関係(2)】

 「勿体ぶっていないで、早く書いてあげなさい。」とある人から言われたので、続けて書くことにします(笑)。

僕と先輩とのやり取りです。
質問:「G7はどういうスケールで弾いたらいいです?」
返答:「G7ってどういう(どこの)G7だよ?それじゃ、わかんねーよ。」

 このやり取り、その時の先輩の返答の意味が、飲み込めませんでした。

 「俺の質問の意図が伝わらなかったのかな?どういうG7もくそもないよ。G7はG7だろ!」

 僕がこう考えたのは何故だかわかりますか?僕は「G7はどんな曲でも、どこの小節に出てこようともG7はGミクソリディアン」と考えていたのでした。いかなる場合でもG7はGミクソリディアンで弾けば良いのだと。


 「サテン・ドール」をコピーして練習していました。ご存知の方も多いとは思いますが、下が最初のテーマ部分のコード進行です。

 Dm7-G7-Em7-A7D7D♭7-C△7

 セブンスコードが沢山出てきます。僕の今までの理論で行くと「G7はGミクソリディアン」「A7はAミクソリディアン」「D7はDミクソリディアン」「D♭7はD♭ミクソリディアン」なわけです。どれもミクソリディアンなわけですから、G7のフレーズをフレット平行移動させれば何とか弾けるのかなと思い、やってはみましたが、ことごとくうまくいきません。

 もうひとつ、「サテン・ドール」のG7のところでコピーしたフレーズ、同じG7だから使えるだろうと、Gのブルースの頭のG7のところで弾いてみましたが、これまたしっくりきません。

 ずっとこんなことを繰り返して悶々としていたのですが、ある時先輩に言っていた「どういう(どこの)G7・・・」って意味が分かりました。


 「もしかしてG7はいつもミクソリディアンて訳じゃなく、曲のどの場所にあるG7か、そもそも曲のキーが何の時のG7かによって違うってこと???だから、先輩は俺の質問に応えられなかったのか??」



 そして、やっていくうちに先ほどの理解がもう少し進みました。

 「曲のどの場所?」ってのは、「どういう機能のG7か?」という理解になりました。具体的に言うと同じG7でも「GのブルースのG7」と「キーがCの曲でのG7→CのG7」は違うようだってことです。

 また、「キーが何の時のG7か?」ってのは「キーがCの時のG7はV7」だけれど「キーがB♭の時のG7はⅥ7」なのだから、同じ7thでも機能が違うものってことです。



 今となっては、本当に当たり前の事で、笑ってしまうくらいの内容なのですが、独学で音楽教育を受けたことのない僕は実は何年もこんな状態が続き、上達を酷く妨げました。

 「こんな事知らないでよくギター弾いていたな!?」と笑い飛ばす人もいるかと思いますが、一方で、僕と同じ内容で悩んで、いつまでたっても思うように弾けるようにならない初心者の方も、実はいるのではないかと思って書いています。



 次回はもう少し続きを書いてみようと思います。

IMG_0472.jpg


 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR