僕のレコード棚公開します!(48)

【ヨーロピアン・カルテット/ジェシ・ヴァン・ルーラー】

IMG_0803.jpg


【メンバー】
ジェシ・ヴァン・ルーラー(g)ジュリアン。ジョセフ(p)ニコラス・サイズ(b)ピーター・ウェニガー(sax)マーク・モンデサー(ds)
【曲目】
デビッツン・クレディツ/ビウィッチド/ザ・ルーラー/アイル・ビー・シーリング・ユー/ユー・アー・マイ・エブリシング他

 説明の必要もない、「ジェシ・ヴァン」のデビュー作ですね。

 この頃僕は、音楽活動は休止状態で、プレイヤーとしてもリスナーとしてもジャズから遠ざかっている時期でした。たまに音楽雑誌をちらっっと見るくらいでした。そんな時、たまたま読んだジャズライフで随分とこのアルバムやギタリストの事を宣伝していて、「久々CDでも買ってみるか」って感じで購入しました。

 一発で気に入りましたね。テクニック的にはもうほぼ完成されてはいるものの、デビュー作らしい「若さいっぱいのプレー」が詰め込まれていました。曲もオリジナルとスタンダードのバランスもよく、最後まで通して聴ける数少ないCDでした(笑)。

 これをきっかけにずっと何枚かはアルバムを買い続けました。彼のアルバムで好きなもののは何枚もあるのですが、一番聴いた回数が多いのはこのアルバムだと思います。そして、初来日公演も観に行きました。

 僕が聴く海外のギタリストでは、この人が最後ですね。この後デビューするギタリストはもうほとんど聴いたことがありません。「彼を聴けば十分」、そんな気持ちにさせるぐらい素晴らしいギタリストと思います。

僕のレコード棚公開します!(47)

【タル/タル・ファーロウ】

IMG_0781.jpg


【メンバー】
タル・ファーロウ(g)エディ・コスタ(b)ヴィニー・バーク(b)
【曲目】
ロマンティクじゃない?/グレイター・ラブ/ハウ・アバウト・ユー/エニシング・ゴーズ/チャックルズ 他

 タル・ファーロウのとても人気のある名盤ですね。もう一枚の「スィングング・タル・ファロウ」と必ずセットで聴きますよね。メンバーも同じですし。

 とにかくフレーズが多彩で、手のデカさを生かした跳躍の多いフレージングが驚異的です。っていうか、コピーして自分で弾いてみたことがないので、驚異的かはよくわかりません。

 そうは言っても、このアルバムはよく聴きました。特にハーモニックスでのプレイが光る一曲目の「ロマンティックじゃない?」はフレーズが歌っていて素晴らしいですね。

 ただ批判を恐れず書くと、僕はタルの8分音符てのがどうも苦手です。8分の間隔が時間軸で均等でないのと録音のせいかもしれませんが「グリグリとしたノリ」「波動」がないからです。逆に共演のエディ・コスタの8分音符や抑揚の方に耳を奪われてしまいます。 

 そんな事もあってか最初に大学時代このアルバムを聴いた時はそれっきりっであまり感心を持たなかったのですが、この十数年後彼の教則ビデオを見て、多彩でモダンなコード・ワークで一気に高評価に変わります。

 その時の感想は「なーんだ、コードも弾けるんじゃん!」

 まー、当たり前ですね!

僕のレコード棚公開します!(46)

【ザ・リアル・ハワード・ロバーツ/ハワード・ロバーツ】

IMG_0776 (1)

【メンバー】
ハワードロバーツ(g)ロス・トンプキンス(p)レイ・ブラウン(b)ジミー・スミス(ds)
【曲目】
 ドルフィン・ダンス/ダーン・ザット・ドリーム/ 風と共に去りぬ/エンジェル・アイズ/オール・ブルース 他

 ハワード・ロバーツはこのアルバムと代表作「ミスター・ロバーツ・プレイズ・ギター」の2枚を持っています。正直、全くのめりこみませんでした。

 そもそも買った理由は次の2つ。

 一つ目はパット・マルティーノにはまっていた時に必ずと言っていいほど「ハワード・ロバーツ譲りの正確無比なピッキング・・・」なる表現を目にするので、そんなに凄いのかってことで聴こうと思ったのと、20代の頃、ジャズギターで色々な曲を練習していた時に「ドルフィン・ダンス」のような曲が全く対応できなかったので、「ギターで演奏しているお手本のような演奏はないかな?」と探していたところ、たまたま見つけたので買った、そんな感じだったと思います。

 「正確無比のピッキング」については、まー、確かにそうでしたが、マルティーノとは全く趣を異にするもので「なんか違うんだけどなー?!」と感じましたし、ドルフィン・ダンスについても「どういう音使いで弾けば良いか?」はなんとなくわかりましたが、これまたドルフィン・ダンスのあの雰囲気ではなく、「明るく軽快なドルフィン・ダンス」でこれまた「ちょっと違うんだけどな???」と思ってしまいました。

 その後、一番メジャーなアルバム「ミスター・ロバーツ・プレイズ・ギター」を買ったことを最後にロバーツとのおつきあいはこれっきりになりました(笑)。

 まー、いいとか悪いとかではなく、好みの問題ですから仕方がないですね・・・・・。
 

 

僕のレコード棚公開します!(45)

【ザ・マークスマン/マーク・ホイットフィールド】

IMG_0729.jpg


【メンバー】
マーク・ホイットフィールド(g)マーカス・ロバーツ(p)レジナルド・ヴィール(b)トロイ・デイビス(ds)
【曲目】
ザ・マークスマン/ザ・ブルース・フォー・ウェイ・バック/イン・ア・センティメンタル・ムード/ザ・ベリー・ソウト・オブ・ユー/ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラブ他

 マーク・ホイットフィールドのファースト・アルバムです。

 デビュー前から結構話題になっていましたので、即買いました。もう約30年ほど前の事ですね。正確な宣伝文句はもちろん覚えてはいませんが「ジョージ・ベンソン二世」的なことを随分と書かれていたように思います。当然ベンソンが大好きでしたので、絶対気に入ると思いましたね、聴く前から。そして、もちろん気に入りました!

 ベンソン直系と言えなくもないですが、僕の印象はちょっと違っています。まず、ベンソンのようなグイグイくるノリや破壊力、突破力みたいなものはあまりなくて、結構生真面目なきちっとした感じです。フレーズも割りとカチッとしていてわかりやすく、比較的コピーしやすい感じですね。悪いって訳ではないですよ!

 その後、何枚かCDを購入し、結構お気に入りのギタリストになりました。

 このアルバムではやはりスタンダード、イン・ア・センチメンタル・・・とグレイター・ラブ、もう何度聴いたかわかりません。

 この後、彼はアメリカ深夜番組のミュージック・ホストになり、人気者となりあまり第一線では演奏しなくなってしまったのは残念ですね。

 あ、このCDの盲目のピアニスト、マーカス・ロバーツも最高です。ウィントンと活躍していた彼ですよ!

僕のレコード棚公開します!(44)

【スタンリー・ジョーダン/スタンリー・ジョーダン】

IMG_0408 (1)

【メンバー】
スタンリー・ジョーダン(p)ウェイン・ブラスウェイト(b)ピーター・アースキン(ds)他
【曲目】
エリナー・リグビー/フレディー・フリーローダー/ラウンド・ミッドナイト/オール・ザ・チュルドレン/ザ・レディ・イン・マイ・ライフ他

 スタンリー・ジョーダン、最近の若手ギタリストは知っているのでしょうか?両手でネックをタッピングしてギターを弾く人です。デビュー当時は非常に話題になり、大々的に宣伝していましたので、一応買いました!

 でも......ダメでしたね。理由は3つ。

 一つ目は自分の奏法とは全く違うので、自分の演奏の参考にならないからです。

 二つ目の理由、両手でネックをタッピングする奏法なので、おのずと左手でベース・パート、右手のタッピングでメロディー・パートを弾くことになります。すると、左手と右手がバッティングしないようにするためか、メロディ・パートの音程がどうしても高くなってしまい、ちょっと違和感を感じます(僕にとっては・・・)。

 三つ目はタッピングで音を出している関係で、ピックでしっかり弾くのとは違って、音が不安定でちょっと耳障りです(僕にとってはですよ!)。

 したがって、後にも先にもこれしか聴いていません。
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR