僕のレコード棚公開します!(43)

【ストライク・ゾーン/デイブ・ストライカー】

DDSS.jpg


【メンバー】
デイブ・ストライカー(g)スティーブ・スレイグル(b)マーク・コーエン(p)ロン・マックルア(b)ロニー・バレイジ(ds)
【曲目】
ストライク・ゾーン/フー・キャン・アイ・ターン・トゥ/アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー/エヴィデンス/マイ・シャイニング・アワー他

 このギタリストについては知っている人は最近ではあまりいないでしょうね?!80年代後半から10数年位はハイ・ペースでリーダー作を発表していたデイブ・ストライカーというギタリストで、確か来日経験もあるのでは?と思います。

このコーナー、いつもはレコードを紹介していましたが、今回はCDです。彼が活躍していたころは既にレコード文化は滅びつつあった時代ですので、彼のレコードは持っていなく、すべてCDです。お許しを!

 プレイ・スタイルはパット・マルティーノ直系ですね。だからというわけではないのですが、僕は大好きで、結構コピーして影響を受けましたし、バンドで彼のオリジナルなんかも演奏したりしていました。CDも10枚くらいは持ってますね。パットよりも多少ラフでノリや音が粘っこく、ジョンスコっぽかったりもします。たまに、パットのフレーズをまんま弾いていたりしてます。僕の耳はごまかせませんよ!オーソドックスのプレイが身上ですが、比較的コンテンポラリーな楽曲も書きますし、守備範囲は広いです。

 彼のアルバムはピアノ入りのカルテット、スティーブスレイグルのアルト入り(彼のプレイがまた秀逸です!)やオルガン・トリオなど色々なフォーマットがありますし、曲もオリジナルとスタンダードがいい感じにバランスよく入っていて、どれもおすすめです!

 こういうギタリストがブイブイ言わせていた80~90年代は本当にジャズギター界は面白かったのです。

 今も元気に活動しているのですかね!

 結構おすすめなのであります!!

僕のレコード棚公開します!(42)

【トゥー・ウェイ・カンバセーション / バーニー・ケッセル&レッド・ミッチェル】

BKLM.jpg

【メンバー】
バニー・ケッセル(g) レッド・ミッチェル(b)
【曲目】
トゥー・ウェイ・カンバセーション/ウォーキン&トーキン/サマータイム/ウェイブ/アローン・アゲイン他

 レッド・ミッチェル(b)と言えばジム・ホールやジョー・ベックとのデュオが有名かもしれませんが、バニー・ケッセルともやっていたのですよ。

 僕はバーニーのアルバムはひととおり聴いていました。「あのゴリゴリとしたノリがどうも・・・」という方が僕の周りには正直多かったのですが、僕は彼に対する評価については、シングルラインについては確かにおっしゃる通りでしたが、ソロギターで聴くことのできるコードサウンドが凄くモダンで大好きでした。積極的に研究はしなかったのですが、譜面が雑誌等に出てると、音をさらって確認はしていました。このレコードを買った理由もB面1曲目の「ウェイブ」の譜面を持っていたからです。

 演奏はとても良いのですが、あまり録音が良くはなかった様に記憶しています。

 おすすめです!と言えるほど聴きこんでいませんが、ケッセルの作品の中では大好きな部類に入ります。

僕のレコード棚公開します!(41)

【スタンディング・オベイション / ラリー・コリエル】

LC.jpg

【曲目】
 ディスコテキサス/ムーン/ スウィート・シャッフル/ スピリチュアル・ダンス/ パーク・イット・ホエア・ユー・ウォント・イット他

 ラリー・コリエルのソロ作品「スタンディング・オベイション」ですね。

 僕が大学生の頃、「スーパー・ギター・トリオ」そしてアコースティック・ギター「オベイション」てのが物凄く人気がありまして、そんな関係から「ラリー・コリエル」を聴くようになったと思います。また僕の大好きな渡辺香津美さんもラリーの事をリスペクトしてましたし、知り合いのギター弾きのお気に入りのギターでありました。

 頭っから例の美しいハーモニックス。おっ!と思いきや何だかよくわからん「ロックンロール」みたいな演奏が始まりまして、もうびっくりです(笑)。クラシックのような美しさと思ったら、ゴリゴリの演奏が始まったりと全くよくわかりません。

 でも、これが「ラリー・コリエル」なのです(笑)!我慢して聴いてみてください。絶対にはハマります!

 このサウンドや癖などがダメな人、許せない人はとりあえず、違うギタリストを聴いて間を開けてから聴いてみてください(笑)。それでもダメな場合はきっとダメなのだと思います・・・・・(爆)。

 コリエル、僕は大好きなのであります!!

僕のレコード棚公開します!(40)

【ホエア・ウッド・アイ・ビー?/ジム・ホール】

IMG_0245.jpg

【メンバー】
ジム・ホール(g) ベニー・アロノフ(p) マルコム・セシル(b) アイアート・モレイラ(ds)
【曲目】
シンプル・サンバ / ホエア・ウッド・アイ・ビー / ケアフル / アイ・シュッド・ケア / ヴェラ・クルス 他

 ジム・ホールのアルバムは結構な枚数を所有していますが、そんな中でも大好きなアルバムの一つです。

 ロン・カーターとのデュオ・シリーズやリーダーのトリオのようなアルバムとはまた違った魅力を持ったアルバムですね。ドラムスがアイアート・モレイラ(ブラジルのパーカッショニスト)であることからわかるようにいつもの内省的なJAZZとは一線を画すアルバムとなっています。あっ、でも「ケアフル」とか「アイ・シュッド・ケア」のようなお得意の曲も収録されてます。僕はこの辺のブラジル系の音楽はあまり造詣が深くないので、余計なことは書かないようにしようと思いますが、メセニーの「スティル・ライフ」やシークレット・ギグでの「ヴェラ・クルス(ミルトン・ナシメントの曲)」を選曲するのは、この辺から来たりしてるのでしょうか??

 一曲目の「シンプル・サンバ」が大好きで、随分昔ですが、バンドでリハしたことあるのですが、僕のようなタイプのギタリストでは絶対無理ですね。あまりの雰囲気の違いに笑っちゃいました。でも「ヴェラ・クルス」はバンドでやってましたね。

 それにしても、彼のプレイ、「ジェフ・ベック」と同じで、誰とどんな演奏をしようとも「ジムは相変わらずジム」ですね。巨匠ってのはそういうものなのでしょう。

僕のレコード棚公開します!(39)

【オルタナティブ・ウェス・モンゴメリー/ウェス・モンゴメリー】

IMG_0222.jpg


【曲目】
ボーン・トゥ・ビー・ブルー/S.O.S/降っても晴れても/フライド・パイズ/べサメ・ムーチョ 他

 僕の口からウェス・モンゴメリーの事が出てくるのは、もしかしたら初めてかもしれませんね(笑)。

 もちろん大好きですし、よく聴くギタリストです(でした?)。彼の有名どころの演奏もほぼ全部聴いていますし、レコードもたくさん所有してます。それなのに、なぜ今までウェスについて僕の口から出てこなかったかと言うと、こんな理由です。

 僕はリスナーではなく一応ジャズ・ギター弾きなので、自分のプレイに多少なりとも参考にできるギタリストにどうしても注力してしまいます。ウェスはもちろん、フレーズ的にはすごく勉強になり、大好きなプレイヤーなのですが、いかんせん親指弾きという特殊な奏法でプレイしています。彼のプレイや音は親指弾きを前提に成り立っている一方で、僕は基本ピック弾きですので、根本的に違っていてなんか参考にできない部分があまりに多すぎる気がしてならないのです。したがって、一度もコピーしたことはありません。もちろん彼から影響を思いっきり受けているマルティーノやベンソンを通じて間接的には影響受けてますが・・・・。

 このアルバムは輸入盤の2枚組で、「フルハウス」や「ボスギター」他既出の素晴らしいアルバムの別テイクが入っているものです。「こっちのテイクの方が良いな」とか「このミスが原因で没テイクになったのかな?」とか通常のアルバムとはまた違った楽しみ方ができるアルバムです。

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR