FC2ブログ

僕の音楽史(198)

【1995年】

 何とパット・マルティーノが来日するというニュースが飛び込んできました。

 先に結論から言ってしまうと、この写真の時は健康状態が優れないということで来日延期となり、翌年3月に実現することになるのですが、この来日決定時の頃の話から翌年の初来日公演のことを思い出しながら書こうと思います。

 どこでこのニュースを聞きつけたかは覚えていませんが、多分定期購読していたジャズライフか何かで見たのだと思います。何回かこのブログにも書いていますが、僕にとって彼は「神」なわけですから、「来日」ではなく「降臨」ですw。そして、「ライブを聴きに行く」のではなく「参拝に行く」ということになります。何処かの誰かがロックギタリストを称して「ロック・ギタリストは2種類いる。ジェフ・ベックとそれ以外だ」と言っていましたが、僕にとっては「ジャズ・ギタリストは2種類いる。パット・マルティーノとそれ以外だ」、まあ、こんな存在なわけですw。

95603493_596310947906464_30733742293123072_n.jpg

 当然東京公演は3日間ともチケットを買いました。場所も渋谷ということで自宅から近いですし、できることなら地方まで追っかけて全部行きたいくらいでした。初日はカミさんと5歳の長男、2日目は一人で、3日目は当時バンドで一緒だったドラムの宇山君と行く予定にしてました。

 この当時は教則ビデオ「クリエイティブ・フォース」やCD「Interchange」そして日本のパドル・ホウィール・レーベルと契約し発売された「The Maker」などで直近の演奏を聴くことができ、全盛期に近いところまで回復していたプレイにハマっていたので、もうコンサートが待ちどうしくて仕方がありませんでした。

IMG_3514.jpg IMG_3690.jpg IMG_3691.jpg

 冒頭に書いたように、11月のコンサートは延期になるのですが、当日現地に行くまで延期になったことを知りませんでした。事前に告知があったのでしょうが、まだまだネット社会ではありませんでしたので、僕の耳には全く届いてきていませんでした。

 コンサートの当日の朝、治療中の歯がむちゃくちゃ痛くなりましたw。とてもコンサートどころではありません。歯根の治療をしていた歯がひどく痛み、歯茎が異常に腫れてしまいました。慌てて歯医者に行き「今日は大事なコンサートに行くので、痛みだけでもとってください!」と無理言った覚えがありますw。歯茎を切開し、膿を放出されると、スーと痛みが嘘のようになくなりました(結局この歯は後日抜歯することになりましたがw)。

 夕方、かみさんと5歳の子供を連れて渋谷に出かけました。そして、現地の渋谷ON AIR EASTに到着し、壁に貼ってあった掲出物で延期を知り、こう思いました。

 「とても心配だ...。また病気で活動中止にならなきゃ良いが。」

 その後、健康状態が優れなかったのは一時的なことのようで、4ヶ月後の96年3月に来日公演は実現しました。

ギター購入騒動記(133)

2020年10月25日(日)試奏のためにギタプラへ!

 さすがに購買意欲もなくなっていますがw、いやいや、正確にいうと「考えないようにしている」「購買意欲があったところで先立つ物がない」というか、このところ楽器屋巡りはご無沙汰はしていました。でも、ネットでの楽器探索は相変わらずやっております。ネットでギタプラにちょっと気になる楽器が入荷したのを知って、久しぶりに試奏目的で遊びに行きました。

 行く前にいつものSさんにメッセージを送っておきました。簡単に挨拶を交わした後に早速試奏させてもらいます。ブツは下の写真の楽器、96年製ES-165(ハーブ・エリス・モデル)です。

pj_22268_1.jpg


 この楽器は僕の175買いまくりの過程で、幾度となく候補に上がっては消えた楽器です。値段的に若干175より安いのですが、基本ハーブエリスが使っていた175をベースに制作された楽器ということなので、175と考えて良いと思います。フローティングピックアップのブツも存在して、それは以前新大久保の楽器屋で弾いたことがあったのですが、このタイプは初めてです。

 この楽器、ネックも太く、比較的重くずっしりした感じ、僕の持っている775に近い感じです。特に最近は、ネックの細く、重量の軽いビンテージ175を弾くことの多かったので、そう感じるのでしょう。ボディの表面は綺麗です。裏面に多少傷がありますが、僕的には全く気になりません。音については、今回はしっかりと動画に撮ってきましたので、お聴きになってみてください。アンプ音を比較的絞って生音と一緒に楽しめる感じになっています。箱鳴りもしっかりと体に感じることが出来て、まさに王道のサウンドと思います。お金があったら即買いですが、残念ですが、今は厳しいです。でも、わかりませんw。



 もう一本、写真の175も試奏させてもらいました。Menphisの2005製ナチュラル175です。これもネックがかなり太いブツでした。負けず劣らず良い音です。これも試奏時の動画をどうぞきいてみてください。

pj_22237_1.jpg



 ただ試奏に行っただけにつもりが、またまた購買意欲がふつふつと湧き上がってきたので、逃げるようにその場を後にしました。

 ES-165、とても気になりますw。

 


僕の音楽史(197)

【1995年】

 CDを製作したこともあって、積極的に活動の幅を広げてCDを売りさばこうと思いましたが、僕は働いていましたし、他のメンバーも他のバンドとの掛け持ちでしたので、活動拠点もあまり広げることができませんでした。横浜ジャズプロムナードのコンペでグランプリを獲ったのですから、横浜にあるいろいろなジャズクラブで演奏をすることもできたのかもしれませんが、何せ杉並に住んでいて、会社帰りのライブではとても無理でした。ツアーなんかも企画して盛り上げていこうとも思いましたが、スケジュールがなかなか合わずに結局は実現できませんでした。

 そんな中で、イベントとしては「旭ジャズまつり」に出演しました。
 
 2月にバレンタイン・コンサート、そして7月には野外コンサートと2度にわたり行われ、いずれも「田村美沙」さんという女性ボーカルとのコラボでした。

IMG_3665.jpg


 彼女は未だ現役で活躍するジャズ・ボーカリストですが、当時は絶賛売り出し中の若手女性ボーカリスト、横浜生まれの横浜育ち、インターナショナル・ハイスクールで学び、中学くらいからジャズ・ボーカルを学ぶといった経歴の持ち主で、すでに有名ミュージシャンと活動をしていました。横浜コンペティションでグランプリを獲った僕らに旭ジャズまつりの実行委員が目をつけ、コラボの話を持ってきたのだと思います。

IMG_3668.jpg

 約半年間ほどリハやライブで活動をともにしました。ギターの活躍の場はあまりなかったですし、歌伴の実力は持ち合わせておりませんでしたが、綺麗でスタイルの良い女性のバックで演奏できたのは楽しいものでしたし、大体、歌もダイナミックレンジが広く、何てったって英語の発音がとても綺麗で素晴らしかったです。こんな時に大学時代にビッグバンドの経験していたことで随分と助けられました。相変わらず譜面は読めませんでしたがw。

僕の音楽史(196)

【1994年~95年】

 コンペティションの副賞として制作したCDレコーディングは12月に横浜ランドマークタワー内にあるスタジオで行われました。機材や設備は凄いものだったと思いますが、その辺に疎い僕には全く評価のしようがありませんでした。何てったってワンポイント・ステレオ・マイクのカセットデンスケの生録で満足しているような人間でしたのでw。

 僕以外のメンバーはまだ駆け出しのミュージシャンでしたが、もうレコーディングは何回か経験しているので、新たなレコーディングの機会を純粋に楽しんでいるようでしたが、僕の気持ちは全く違っていました。当然のことながらレコーディングは全く初めてですし、バンド・リーダーである事で、音楽以外の案件について沢山のスタッフから色々な事を話されたり、ジャッジを求められたりと当日を含めて全く気が休まらず音楽に集中できませんでした。

 一番困ったのは、「ブースに一人入り、自分の楽器の音をヘッドホーンで聴く」。これに最後まで違和感を覚え、慣れることができませんでした。今まではライブで自分の楽器の音やバンドの音を身体で感じてきました。心地よい体感、あれがないまま演奏をするのは厳しいものでした。

 全ては言い訳なのはわかっています。どれもこれもすべて実力のなさから来ているものですし、今だったらもっと上手くやれたのだと思います。当時はミュージシャンとしてもそうですし、会社でもまだぺーぺーでしたからw、統率力というものがまるでなく、リーダーとして失格でした。

 一日で予定の曲を2テイク録音し、年明け1月のミックスダウンを経て出来上がったCDは写真のもの。以前お話ししたように、事情があって顔写真は出せませんので、中身だけw

CD.jpg


 何百枚かプレスし、メンバー5人で分けてそれぞれが手売りでさばいたのですが、僕自身は全く演奏に満足できなかったので、あまり配っておらず、いまだに在庫は残ってますし、ほとんど聴く気が起きません。とても残念です。

そうは言ってもCDの中から一曲だけアップしておきますので聴いてみてください。
 
武田謙治グループ
Recorded At Landmark Studio(December 3 1994)
The Good Life

↓↓↓


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

僕の音楽史(195)

【1994年】

 94年の暮れには横浜のコンペティションでグランプリを取った副賞として、CD制作のレコーディングがありました。今の時代は自宅録音でもクオリティの高い作品が制作できると思います。そんな時代に比べ当時のミュージシャン達はそもそもCD制作ということに対する思いは今よりも大きかったと思いますし、僕もその一人でした。

 年末忙しい中で「ジャケットはどうする」「写真はどれにする」など色々と決めなくてはいけないことがたくさんありました。もちろん副賞ということですので、レコード会社と契約して「ファースト・アルバム・リリース!」とは違います。ジャケットも雛形が決まっていて、その中から選択、写真もモノクロなどなど色々制約事項がありましたが、それでも僕自身は満足でした。ただ、季節柄で仕事も大変忙しかったので、あまりギターの練習に集中できなかったように思います。

 録音に向けてのリハーサルは1回だけ東工大の部室で行なったように思います。その時ライブで演奏していた曲ばかりを選んで録音するつもりでしたので、エンディングの確認を簡単に行なっただけと思います。

 収録曲は以下の10曲でした。どれも有名なミュージシャンの楽曲やスタンダードばかりです。

 Monday Blues / The Great Stream / Up Jumped Spring / The Good Life / Nothing Personal / Listen /Old Folks /Softly,As In a Morning Sunrise / My Romance / One Finger Snap

 このCD制作についてひとつだけ自分で決めていたことがあります。アルバムのタイトルは「The Great Stream」にしようと思っていました。マルティーノの70年代の作品で、1番の人気曲です。このバンドでももちろん演奏していましたし、いまだに僕は自分のバンドで演奏し続けている曲です。「彼に捧げる」なんて大げさに考えていたわけではありませんが、やはり尊敬するギタリスト、僕的には神でありましたので、これだけは譲れないなと思いました。他のメンバーはそれに対しては尊重してくれました。

 次回はレコーディングの時のことを思い出しながら書いてみようと思います。

 IMG_3600.jpg

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR