FC2ブログ

僕の音楽史(208)

【1997年】

 録音の日付を見ると1997年12月11日とあります。この日が新結成のオルガントリオの初ライブでした。場所は新宿のLive Inn Pier。下の音源はこの日の初ライブでの全くのリハなしで、初めて3人がやったときの演奏です。そして、この日のファーストセットの1曲目ですから、正真正銘の初顔合わせでの演奏です。



 この日のライブのスタート前、僕の記憶では、高野さんと僕は、彼が講師をしていた尚美学園の授業でのデモ演奏?でデュオで数曲演奏していました。その後、彼の車でオルガンを積み、会場の新宿へ移動したため、到着が遅れ、リハを行うどころか開演も30分ほど遅れるという状況でした。高野さんと宇山君は全くの面識なし、簡単な挨拶を交わしたのちの本番突入でした。

 演奏を今聴いて思うことは、ギターの音が良い音だなということ。楽器は今も所有している91年ES-175、アンプはポリトーンのミニブルートⅣに直です。アンプは残念ながら売ってしまいました。この演奏を聴いたことをきっかけにエフェクターなしの「すっぴん」の良さを再認識しました。

 自分のギタープレイはマルティーノがリーダー作を発表する前のオルガン・トリオ時代に随分と影響を受けている気がします。高野さんは、とにかくオルガン界隈のギタリストに造詣が深いので、彼に色々と聞きながらレコードやCDでマルティーノのオルガン関連物を買いまくっていましたので(下写真)、こうなるのも無理はなかったのだろうと思います。バンド全体の音も、初顔合わせの関係でこの音源は演奏にまとまりがなく、3人が好き勝手やっている感じですが、要所要所にお互いが反応して良い部分もありますし、アグレッシブな熱い演奏ですので、ぜひ聴いてみてください!

IMG_0336.jpg


 このバンドの音源や動画は結構残っていますが、あまり聴き直していないので、これを機会に良い演奏は皆さんに紹介していきたいと思います。

 新宿Live Inn Pierというお店には月1回ペースで出ていて、もう一つの武田・阿部・辻・西尾のメンバーとも結構出演させてもらっていました。

Pat Martino奏法研究【完全版】 第3章 Vertical Movement(2)

 それではVertical Movementについてお話していきます。前回の動画をもう一度ご覧になってください。
 
 前回動画の演奏は、C7→A7の2コードをそれぞれ4小節づつの繰り返し演奏でした。マイナー・コンバージョンで言うと、C7はGm6と考えてGドリアンの音を中心にして弾いています。マイナー・コンバージョン的に考えない人は、Cミクソリディアンと思ってください。

 Verticalをわかりやすくするために先にHorizontalの説明します。
 
 C7の部分は下の指板図の上の図参照してください。◯の音がGドリアン(Cミクソリディアン)です。赤の部分は弾いている時の左手親指のおおよその位置です。そしてこの運指フォームは以前Horizontalの時の解説で言うところのForm3です。ギターは楽器の特性上、全く同じ運指フォームの平行移動で12keyが弾けてしまう便利な楽器です。したがってフレット3つ(全音半)ヘッド寄りにずらしてして弾くとA7が弾けてしまいます。それが下の図の方です。親指の位置も下にずれます。Horizonntalの動きはこのように運指が同じで弾きやすいのですが、フレットの横移動が大きく、効率の良い動きとは言えません。また、運指が同じだけにC7とA7で全く同じようなフレーズを弾きがちです。ちなみに下の図の●はC7とA7の時の指板の共通部分ですが、たったの3つの音しかありません。

Horizontal.jpg

 それではVertical Movementを説明します。

 C7の部分は上の解説のとおりです。問題はA7になった時です。ここでHorizontalのようにForm3の運指を使わず、Form4の運指を使って弾きます。下の方の図を見てください。こうすると共通部分は●3つから9つに増え、親指の位置がほとんど動かず効率的な動きと言えます。また、運指が違うことにより同じフレーズが弾きずらくなり、自然とフレーズにバリエーションが出てくるといったメリットもあります。それぞれのForm(5つのフォーム)については、以前の解説Horizontal Movement(1)をご覧になってください。

Vertical.jpg


 次回はもう少しVertical Movementを解説します。

 お楽しみに!

Pat Martino奏法研究【完全版】 第3章 Vertical Movement(1)

 今回から新しい内容に入ります。

 「Vertical Movement」とPatが呼んでいるものです。直訳すると「垂直の動き」です。今までやってきたHorizontal Movement(水平の動き)は指板上を横に平行移動する動きだったのですが、今度は指板を垂直、縦に動く動作です。縦の動きとはいっても弦は6本、フレット幅は4Cm強ですので「いったいどう動けば良いんだよ!」って声が聞こえてきそうです。Horizontalと言う言葉の対比としてVertical(垂直)と言う言葉を使ってますが、下の様に理解してください。

 コード・チェンジの際、フレットを水平に(Horizontal)移動し、(指使いの同じ状態で)フレージングするのではなく、現在のポジションから極力手を移動することなく、効率的にフレージングする。

 垂直(縦)の動きと言うより、「水平に動かさない」と言う風に理解いただければと思います。ギターは楽器の特性上フレットを横にずらしていけば同じ指の形で12keyが弾けてしまいますから、とかくHorizontalな動きになりがちです。そこで、これから説明していく「なるべくポジション移動がない動き(Vertical Movement)」を身につけて効率的にフレージングしていくことも、Patのように淀みないフレージングには欠かせない技術になってきます。

 次回から詳しい説明に入っていきますが、下の動画2つを見て、イメージを掴んでおいてください。最初がHorizontal Movementで弾いた例、後者がVertical Monementで弾いた例です。





 ではでは

250px-Pat_Martino.jpg

 

僕の音楽史(207)

【1997年】

 随分と間が空いてしまいました(汗)。続きを書いていこうと思います!

 オルガニスト高野正一さんとオルガン・トリオをやろうということになって、ドラムは誰に頼もうかという話になりました。高野さんにはこれといった候補がいないということなので、さてどうしたもんか?と考えました。僕はこの時点でこれまで一緒にやったドラマーはほぼ二人しかいません。リーダー・バンドで一緒にやっている西尾研一さん、そしてその前のレギュラー・ドラマーの宇山満隆君です。僕的には今現在一緒にやっているドラマーに頼むのも芸がないのでw、宇山くんに頼むこととなり、彼は快く引き受けてくれました。メンバーがこれで揃いました。高野正一(org)武田謙治(g)宇山満隆(ds)の3人です。

E0H4XPFVEAANU5R.jpg 103519_03.jpg

 ドラマーについてはあまり考えることなく宇山くんにお願いすることとなったのですが、後から考えるとすごく良かったのだと思います。何故ならオルガン・トリオとは言っても、僕自身、いわゆる「王道のオルガン・トリオ」を目指していたわけではありませんでした。そもそもオルガン・トリオをやってみたいと思ったきっかけは、ギタリスト岡安芳明さんのレッスンを受けたことでもありましたが、僕のプレイが彼のようなオーソドックスなジャズ・ギタリストはちょっと違っていて、モード時代のマルティーノとメセニーの影響が非常に強く、いわゆるケニー・バレルやウェス、ベンソンのような王道のオルガン・トリオでのギタリストのようなプレイはできません(今でもそうか?)。僕がこんな感じですから、「ザ・ジャズ・ドラマー」ではなく、ややコンテポラリー寄り?のドラミングの宇山君はぴったりと思いました。また、高野さん的にもOGDというトリオで小泉清人さんというウェス直系のギタリストとすでに王道路線での活動を並行で行っていましたので、彼的にも宇山君のドラムはとても新鮮だったのだろうと思います。

 本番のライブまで3人でリハをやることはなかったと思います。吉祥寺あたりのスタジオで高野さんと二人で一回だけスタンダードを中心に音出ししただけです。彼はオルガン・トリオを通じてマルティーノのことが大好きだったこともあり、僕がマルティーノのようなフレーズを弾くたびに、笑みを浮かべ「イェー!」と声をあげる、そんな中でギターを弾くのは大変気分が良いものでした。

Pat Martino奏法研究【完全版】 第2章 Horizontal Movement(9)

 いやー、久方ぶりのブログ更新です。しかもPM研究は前回更新から2か月以上の日にちが経ってしまいましたw。

 読者もそんなに多くないですし、もうやめようと思ったのですがw、やはり「ライフワーク」、自分のギタープレーを整理するためにもやめるわけにはいきません。

 今回はホリゾンタルな動き、下から上(ローポジションからハイポジション)への動きです。

 下の動画を参考に譜面をさらってみてください。



Horizontal Movement(L⇒H)


 先のHorizontal Movement(7)で紹介しているハイポジションからローへの動きと同様に、とにかくGm7(ドリアンスケール)をフレットの隅から隅まで連続的に弾けるようになることが彼の奏法を学んでいくには不可欠です。

 譜面にところどころ数字がふってあるのは「ポジション移動」の意味です。例えば3小節目の3拍目のA音に「2」と書いてあるのはこの音を弾く手前まではForm1で弾いていてこの音からForm2にポジション移動する意味です。指使いは動画を参考にしてみてください。それぞれのFormやポジションについては過去の投稿(1)(2)を復習してみてください。
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR