FC2ブログ

ギター購入騒動記(155)

2024年2月17日(土) チェリー175捕獲

 予定通り17日(土)チェリー175を捕獲に行きます。一旦、Sさんにメッセージを入れて、リペア完了の確認(ダミーのボリュームとトーンのノブを装着)をし、お昼過ぎに伺いました。

 メッセージでリペア後の写真を送ってもらっていて、確認していましたが、実際の目で確認します。

 「やっぱり、穴は開いたままより見た目はこっちの方が良いな!」と思いました。ビフォア、アフターは下の写真です。

CS175B.jpg CS175A.jpg

 傷等はあまり気にしない方ですが、さすがにパット・メセニーのように、「ピックアップを外し、ガムテープで塞いでおく」みたいな気持ちにはなれませんw。最初は冗談で言ったつもりでしたが、我ながら良い案だと思いましたw。こうしておけば、見た目も悪くないですし、リアPUをつけたい時は、ノブだけではなく、ちゃんと裏側のポットもつけてくれているので、ピックアップを購入し、あとは配線だけをする状態なので、楽です(サービスでやってくれました!)。

 一応、試奏をしました。音に関しては前回確認して、もう、全くもってオーケーだったのですが、フレットのすり合わせのおかげか、随分と弾きやすくなっていました。また、あまり気にしてはいなかったのですが、試奏の際、ある特定の個所で、弾いているときに何回か「弦落ち」したりしてましたが、それも全くなくなっていました。また、多少のハムノイズもしっかりアースが取れたのか、無くなっていました。満足です。

 僕が試奏する前から、先に試奏している方もいて、僕が隣で弾いてもご迷惑でしょうから、もう支払いをサクッと済ませ、退散し、自宅でがっつりと弾くことにしました。

 という訳で、家に連れて帰ってきて、いつもの場所で撮った写真はこれ。まあ、買ったばかりってこともあるでしょうが、当然一番のお気に入りです。次回ライブではテレキャスと合わせて、早速実戦投入しようと弾きこんでいます。

ES1t5CS.jpg

 今回の一連の騒動は、これにて終了です。

 「テレギブ熱」も一瞬のうちに冷めてしまいましたw(いやいや、まだ、在庫と値段次第では手に入れたいか...。Sさん、変わらず連絡ください!)。いつもながら、本当に素晴らしい楽器に導いてくれたSさんに感謝です!今回の騒動で、「やはり、俺は175が本当に好きなんだなあ」と改めて感じた次第です。

  この175は、色も音も他に所有する175系ギターと被っていないところも嬉しいです。ビンテージ175は「ダーク」、ナチュラル175は「マイルド」、そして、この175は「カラっとして明るく!」とでも言いましょうかw。色味と音色がマッチしている感じですかね。口で説明するのは難しいので、次回は他の175系ギターを含めて実際の音を動画でお聞かせし、皆さんの購入の手助けをしたいと思います。


 お楽しみに。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に4年間師事。その後、自己のバンドで各種コンテストに参加する。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。その後は2014年夏より活動を再開。
現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブや講師として活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方にはリモートでも教えています。レッスン内容や頻度は生徒の方々の希望に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR