FC2ブログ

僕の音楽史(259)

【2023年2~5月】

 6月に復帰のブッキングはしましたが、実はどんなメンバーで出ようかは、はっきり決めていませんでしたw。決まっていたのはドラムスの「丸谷茜」だけでした。以前、このブログで彼女の紹介をした時にも書いたと思いますが、僕のような「単音主体でグリグリ弾きまくる」タイプのギタリストには、彼女のような「曲にバラエティーに富んだ要素(空気?雰囲気?うまく言えません)を吹き込んでくれる」ドラミングが絶対に必要なのです。言ってみれば、彼女のドラムがあると、「僕のギターは上手く聴こえる」のですw。したがって、今回もブッキングの際には、彼女の空きだけを確認して一旦入れておきました(いつもそうです)w。

akane1.jpeg


 まずは「カルテット」にするか「トリオ」にするかを迷いました。本当は、新曲を入れて、がっつりとリハを行って臨むのが良いのでしょうが、ブッキングはしたものの、現場から遠ざかって随分と立つので、いきなりフルスロットルは止めた方が良いと思いました。ライブ活動は、以前よりは頻度を減らそうと思っていましたが、継続はしていきたいと考えていたので、まずは「音楽環境に身体を慣らすこと」を目的に、「普段家で弾いている感じ」でいこうと決めました。そうなると、やはり、「ギタートリオ」で、曲は「スタンダード中心」とすることとしました。

 ベーシストを誰にお願いするか?は僕の場合、候補は3人となります。矢野伸行君、座小田諒一君、多田和弘君です。いずれも、僕にはもったいない名手です。彼ら3人と連絡を取りましたが、スケジュールを押さえられたのは多田君でしたので、「武田・多田・丸谷」のギタートリオで出演が確定しました。

 「武田・多田・丸谷」はコロナ前に定期的に活動していた最後のトリオでしたし、この3人で「新潟ツアー」に行ったりした仲でしたので、音楽活動再開ライブには相応しいと思いました。 座小田君はカルテットでは、今後も固定メンバーでお願いしていくつもりでしたし、矢野君とは、今後いくらでもやれるチャンスはあるので、まずはOKです。

ttm2.jpg

 ライブまでの間は、しっかりと家で練習していました。というか、せざるを得ない状況でした💦。ソロ・ギター等では、以前より引き出しは増えたものの、ピッキングの衰えはひどいものでしたので、このころから、しっかりとメトロノームに合わせて基礎練習をするようにしていました(これは今でも続けています)。また、iReal Pro(スタンダード曲のカラオケ)に合わせて弾くと、昔では考えられないような間違い(リピート回数やコード進行など)をするようになっていたり、そもそも想定のテンポについていけなかったり、うまくグルーブできなかったりと散々な感じになっていました(今も継続中w)。練習すればするほどダメになっていく感じがして、段々と復帰ライブをブッキングしたことに後悔し始めてきました。

 こんな感じでライブの前は過ごしていて、あっという間に6月の復帰ライブを迎えることとなりました。


 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に4年間師事。その後、自己のバンドで各種コンテストに参加する。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。その後は2014年夏より活動を再開。
現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブや講師として活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方にはリモートでも教えています。レッスン内容や頻度は生徒の方々の希望に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR