FC2ブログ

僕の音楽史(258)

【2023年2月】

 「ご無沙汰しています。お元気でしょうか?このまま活動休止では寂しいので、また演奏させてください!」

 このメッセージを送った先は、現在も活動の拠点(今ではここにしか出演していません💦)としている「四谷三丁目unten45」のマスターです。せっかくなので、この店について簡単に触れておきます。

 コロナ禍で活動休止する直前では、「Fontana(武蔵境)」「Giee(国分寺)」、そして今回のお話である「Unten45(四谷三丁目)」の3か所を中心として活動していました。活動再開をするにあたって「Unten45」を選んだ理由は大きく3つありました。

 一つ目は立地です。僕が再雇用で会社が以前と変わっていることはお話したと思いますが、それに伴って、僕の職場が「国分寺」から「半蔵門」に変わりました。東京にお住まいの方は地理関係がわかると思いますが、国分寺が職場の場合は、国分寺はもちろんの事、武蔵境は職場から近く、仕事帰りのライブが十分可能でした。しかも、集客的にも、職場関係者に声をかけやすい状況でした。一方。四谷三丁目のUnten45は、僕の自宅からは比較的近かったものの、会社帰りではライブ時間ギリギリ(今までは早上がりか有休にしてました)で、リハができませんでしたし、職場関係の集客は厳しい状況でした。数名を呼ぶのがやっとで、マスターには随分と申し訳なく感じていました。今回、職場が半蔵門に変わったことにより、完全に環境が逆転してしまいました。国分寺や武蔵境では、会社帰りのライブはほぼ不可能(もっともテレワークにすれば良いのでしょうが)、集客的にも難しくなってしまいました。したがって、復帰後の活動拠点としては選択できませんでした。

 二つ目は店舗設備や常設楽器が素晴らしかったことです。もともと、清潔感漂うおしゃれな都心のバー空間だった上に、コロナ禍の感染対策を積極的に行っていて、お客さんを安心して呼べる環境になっていました。常設楽器も素晴らしく、アンプはツインリバーブとJC-90、ドラムスはソナー、ピアノはグランドで月一の調律を欠かさず行っていて(その他もろもろの機材も充実しています)、いつも良い音で演奏できる環境が整っていました。

 三つ目、もっともこれが一番の理由なのですが、「マスターの人間性」です。我々ミュージシャンにとても配慮してくれて、集客が芳しくない時、コロナ禍でのブッキングのキャンセルについても苦言を呈することなく、気持ちよく接していただきました。集客が良い時は、お礼を言ってくれて、本当に喜んでくれましたし、アフターもいろいろな話をして、お客さんもミュージシャンも楽しい時を共有させてもらっていました。

 こんな理由から、活動再開は迷わず「Unten45」に決めました。マスターからすぐにメッセージの返信がありました。

 「ライブ再開大歓迎です!」

 そして、6月1日をライブ再開の初演にすることとなりました。

unten45.jpg



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に4年間師事。その後、自己のバンドで各種コンテストに参加する。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。その後は2014年夏より活動を再開。
現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブや講師として活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方にはリモートでも教えています。レッスン内容や頻度は生徒の方々の希望に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR