FC2ブログ

僕の音楽史(198)

【1995年】

 何とパット・マルティーノが来日するというニュースが飛び込んできました。

 先に結論から言ってしまうと、この写真の時は健康状態が優れないということで来日延期となり、翌年3月に実現することになるのですが、この来日決定時の頃の話から翌年の初来日公演のことを思い出しながら書こうと思います。

 どこでこのニュースを聞きつけたかは覚えていませんが、多分定期購読していたジャズライフか何かで見たのだと思います。何回かこのブログにも書いていますが、僕にとって彼は「神」なわけですから、「来日」ではなく「降臨」ですw。そして、「ライブを聴きに行く」のではなく「参拝に行く」ということになります。何処かの誰かがロックギタリストを称して「ロック・ギタリストは2種類いる。ジェフ・ベックとそれ以外だ」と言っていましたが、僕にとっては「ジャズ・ギタリストは2種類いる。パット・マルティーノとそれ以外だ」、まあ、こんな存在なわけですw。

95603493_596310947906464_30733742293123072_n.jpg

 当然東京公演は3日間ともチケットを買いました。場所も渋谷ということで自宅から近いですし、できることなら地方まで追っかけて全部行きたいくらいでした。初日はカミさんと5歳の長男、2日目は一人で、3日目は当時バンドで一緒だったドラムの宇山君と行く予定にしてました。

 この当時は教則ビデオ「クリエイティブ・フォース」やCD「Interchange」そして日本のパドル・ホウィール・レーベルと契約し発売された「The Maker」などで直近の演奏を聴くことができ、全盛期に近いところまで回復していたプレイにハマっていたので、もうコンサートが待ちどうしくて仕方がありませんでした。

IMG_3514.jpg IMG_3690.jpg IMG_3691.jpg

 冒頭に書いたように、11月のコンサートは延期になるのですが、当日現地に行くまで延期になったことを知りませんでした。事前に告知があったのでしょうが、まだまだネット社会ではありませんでしたので、僕の耳には全く届いてきていませんでした。

 コンサートの当日の朝、治療中の歯がむちゃくちゃ痛くなりましたw。とてもコンサートどころではありません。歯根の治療をしていた歯がひどく痛み、歯茎が異常に腫れてしまいました。慌てて歯医者に行き「今日は大事なコンサートに行くので、痛みだけでもとってください!」と無理言った覚えがありますw。歯茎を切開し、膿を放出されると、スーと痛みが嘘のようになくなりました(結局この歯は後日抜歯することになりましたがw)。

 夕方、かみさんと5歳の子供を連れて渋谷に出かけました。そして、現地の渋谷ON AIR EASTに到着し、壁に貼ってあった掲出物で延期を知り、こう思いました。

 「とても心配だ...。また病気で活動中止にならなきゃ良いが。」

 その後、健康状態が優れなかったのは一時的なことのようで、4ヶ月後の96年3月に来日公演は実現しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR