FC2ブログ

ギター購入騒動記(133)

2020年10月25日(日)試奏のためにギタプラへ!

 さすがに購買意欲もなくなっていますがw、いやいや、正確にいうと「考えないようにしている」「購買意欲があったところで先立つ物がない」というか、このところ楽器屋巡りはご無沙汰はしていました。でも、ネットでの楽器探索は相変わらずやっております。ネットでギタプラにちょっと気になる楽器が入荷したのを知って、久しぶりに試奏目的で遊びに行きました。

 行く前にいつものSさんにメッセージを送っておきました。簡単に挨拶を交わした後に早速試奏させてもらいます。ブツは下の写真の楽器、96年製ES-165(ハーブ・エリス・モデル)です。

pj_22268_1.jpg


 この楽器は僕の175買いまくりの過程で、幾度となく候補に上がっては消えた楽器です。値段的に若干175より安いのですが、基本ハーブエリスが使っていた175をベースに制作された楽器ということなので、175と考えて良いと思います。フローティングピックアップのブツも存在して、それは以前新大久保の楽器屋で弾いたことがあったのですが、このタイプは初めてです。

 この楽器、ネックも太く、比較的重くずっしりした感じ、僕の持っている775に近い感じです。特に最近は、ネックの細く、重量の軽いビンテージ175を弾くことの多かったので、そう感じるのでしょう。ボディの表面は綺麗です。裏面に多少傷がありますが、僕的には全く気になりません。音については、今回はしっかりと動画に撮ってきましたので、お聴きになってみてください。アンプ音を比較的絞って生音と一緒に楽しめる感じになっています。箱鳴りもしっかりと体に感じることが出来て、まさに王道のサウンドと思います。お金があったら即買いですが、残念ですが、今は厳しいです。でも、わかりませんw。



 もう一本、写真の175も試奏させてもらいました。Menphisの2005製ナチュラル175です。これもネックがかなり太いブツでした。負けず劣らず良い音です。これも試奏時の動画をどうぞきいてみてください。

pj_22237_1.jpg



 ただ試奏に行っただけにつもりが、またまた購買意欲がふつふつと湧き上がってきたので、逃げるようにその場を後にしました。

 ES-165、とても気になりますw。

 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR