FC2ブログ

僕の音楽史(185)

【1994年】

 ここからは1994年です。新しいバンドはフロントに僕にギターとアルトサックス、そしてピアノ、ベース、ドラムのクインテットです。ドラムスは変わらず宇山君にお願いしましたが、あとはみな初めてのメンバーです。

 あらかじめお断りしておきますが、このバンドのお話しは、僕と宇山君以外のメンバーは名前を伏せて語っていきます。なぜかというと、ドラムの宇山君以外のアルトサックス、ピアノ、ベースの3人とはこのバンド以降に全くお付き合いがないからです。しかも、そのうち2人は現役でバリバリと活動しているミュージシャンなので、僕ごときがあまり余計なこと書くと迷惑がかかるのでは?とか色々考えるからです。したがって写真や音源も一切なしにしますことをご了承ください。また、僕の身近な方でこのバンドを知っている方も、コメント等でメンバーの事を明かさないようお願いします。

 アルトサックスを新たにバンドに入れたのは、前回も書いたようにデイブ・ストライカーというギタリストにはまり、彼のクインテットの演奏を意識していました。

 彼は既にアルバムをスティープルチェイスから量産していて(下写真、この時点で未発表のCDもあります)、新宿ディスクユニオンで片っ端から買いまくって、むさぼるように聴いていました。フレーズ・コピーもかなり行いました。なにせ彼もマルティーノ直系のプレイヤーでしたので、コピーは比較的楽でした。まんまのフレーズがあったりしましたのでw。

IMG-3497.jpg


 バンドのレパートリーにはデイブのオリジナルや彼の演奏曲も取り入れていきました。リハーサルは今までどおり東工大の部室を使わせてもらい、前回のバンドでブッキングした流れで「新宿J」でたまに演奏させてもらったりしました。また、メンバーは違いますが、昨年の浅草、吉祥寺ジャズコンテストで優勝した関係で、ゲストや各種イベントの演奏仕事がありましたので、演奏活動は仕事やりながらやるには比較的忙しく充実していました。

 こんな時に衝撃のビデオ映像が発売されることを知りました。



 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR