FC2ブログ

僕の音楽史(154)

【1991年】

  夏も終わり、涼しくなったある日のリハーサルで西尾さんが言います。

 「工大祭で演奏します?」

 素晴らしいメンバー達とリハーサルをやっているだけで満足していたので、その時は人前で演奏することはあまり考えてはいませんでした。でも、やはり楽器を演奏している以上は自分が楽しんでいるだけではなく、人に聴いてもらい,評価を得るという事は大切な事だと思いましたし、楽器の上達には不可欠である事はわかっていました。したがって、出演することにしました。

 学園祭までそんなに時間もないですし、50分ほどの演奏ですから、いつもリハーサルで演奏しているスタンダードを演奏することにしました。

 学園祭は91年10月20日に行われ、その時の演奏を録音したカセットテープが残っています。演奏した曲は下の6曲でした。

 Turnaround / Softly,as in a Morning Sunrise / The Gentle Rain / All Blues / There Is No Greater Love / All The Things You Are

 セットリストを見ると結局今もずっと弾き続けている曲ばかりです。

 当時演奏していたこれらの曲達、僕の中には明確に模範となる演奏がありました。

 Turnaroundはメセニーの大宮フリークスでのシークレット・ギグでの生演奏。友人が隠し録りしたカセットテープを持っていて、そこでのパットの演奏をコピーしまくっていました。

 Softlyは当然のことながらジョンスコのライブ盤での演奏。

 The Gentle Rainはちょっと雰囲気が違いますが、マルティーノのSunnyでの演奏スタイル。16分音符で弾きまくっていました。

 All Bluesは渡辺香津美さんのスタジオ・ライブをエア・チェックしたやつ。井野信義さんと日野元彦さんとのトリオでの演奏。

 There Is No Greater Loveは布川さんのレッスンを録音した時の布川さんの演奏。

 All The Things You Areはメセニーのトリオでの演奏。

 もちろん彼らの演奏を完全コピーして弾こうとしていたわけではありませんし、弾けるわけもないですが、気持ちの中でなんとなく彼らの演奏を意識しながら弾いていました。

 学生時代はビッグバンドで散々人前で演奏してきましたが、全く意識が違いました。ビッグバンドの時は多勢のうちのひとりでしたし、大体僕のギターなどちっとも聴こえませんでした。一方、今度は4人のうちのひとりで、しかも僕がリーダーです。

 次回は何十年ぶりかにこの時の演奏を聴き、音源を紹介しながら書いてみようと思います。

DcV18rGUwAI6NnP.jpg


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR