FC2ブログ

僕の音楽史(148)

【1988年】

 布川さんがレッスンの時に僕に尋ねます。

 「その後どう?バンドやってるの?」

 僕は相変わらずバンドを組んではいませんでした。昨年の秋に東工大の学園祭に布川さんがジャズ研にジャム・セッションに連れて行ってくれてましたが、その時のメンバーとは特に連絡先は交わすことなく終わっていました。

 「去年学園祭で一緒にやったベーシストなんだけどさ、萩原っていうんだけど、彼なんかいいと思うんだけどね?」

 布川さんがしきりに彼のことを勧めてくれます。そして電話番号(当時はまだ携帯もEメールもまだ普及していない時代です)を教えてくれました。

 現在の様にメールやラインなどのツールがあれば、アドレスを聞いたその日に気軽に連絡することができるでしょうが、ほとんど面識のない人間にいきなり電話をして「一緒にバンドやりませんか?」と誘うことは結構勇気が必要でした。

 布川さんから荻原さんの連絡先を聞いてから、確か何ヶ月かは連絡せずじまいだったと思います。ただ、やはりバンドをやりたい気持ちがどんどん高まっていき、とうとう勇気を持って彼に電話します。

 もちろん細かいやり取りは覚えていませんが、一度東工大の部室でリハをやる約束をしました。彼以外のメンバーはお任せすることにしました。

 はっきり覚えていることがあります。最初のリハの約束の日時、僕は突然のシステム・トラブルが起きてしまい、仕事をどうしても抜けることができずに約束をすっぽかしてしまうことになってしまいました。携帯などない時代ですから、連絡を入れることもできません。自宅に帰ってから慌てて彼に電話でお詫びを入れました。しょっぱな随分と失礼なことをしでかしてしまったものです。

 その後、何ヶ月か先に再度約束をし、東工大ジャズ研部室でのリハーサルが実現しました。

 その時のメンバーは武田謙治(g)阿部義徳(p)荻原光徳(b)平井景(ds)の4人でした。

 オール・ブルースやステラ、ソフトリーなどスタンダードを約2時間位演奏をしたと思います。現在はその時の録音テープは行方不明なのですが、その後通勤時にずっとウォークマンで聴いていた様に記憶しています。

 でも、結局このメンバーでのリハはこれ1回きりに終わりました。荻原君は学業と自己のバンド活動で忙しかったようですし、僕も積極的に声をかけるのもなんか気が引けてしまったのが理由です。

 その後、僕は仕事で新しいシステム開発のプロジェクト・メンバーに抜擢され、多忙になってしまい、布川さんのレッスンは継続していたものの気持ちは音楽から仕事の方へ移っていき、次第にバンド活動への意欲は小さくなっていきました。


 1989年は音楽的には全く際立ったイベントの記憶はなく、次回から話は1990年と約2年ほど先に進んでいきます。

 お楽しみに!

IMG_1405.jpg


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR