FC2ブログ

僕の音楽史(133)

【1986年】

 前回お話しした通り、僕は兄の結婚した約1ヶ月あとの1986年4月12日に結婚しました。入社3年目で年齢は24歳になったばかりですので、随分と早く結婚したと思います。相手は同じ慶応ライトミュージックソサイエティ同期のピアニストのTさんでした。

 兄の結婚式では余興でギターを弾きましたが、自分の結婚式では流石に弾いたりはしませんでした(笑)。ただ、2次会では、彼女が週一ピアノを弾いているジャズバーであり、ライトのOBの方々もよく顔を出している「ローズイン」と言うお店でライトやカルア(慶応の音楽サークルで一緒に活動することの多かったグループ)などの音楽仲間たちがたくさん来てくれて、ジャム・セッションみたいなことをやったことを記憶しています。また、遅くまでそんな感じで騒いでいたにもかかわらず、翌朝は何人かの友達が新居への引っ越しの手伝いにきてくれた、そんな記憶もよみがえってきました!

 僕らの新居は東京中野区の中野新橋駅近くの1ルームマンションでした。そんな1部屋にアップライト・ピアノ(弦のついた電子ピアノ?)やギター数本、ステレオ等の大物機材が置かれ、大変窮屈なスペースでした。ただ、2階の角部屋で防音こそないのですが、しっかりとした作りのマンションでしたので、さすがにステレオをガンガンかけたりはしていませんでしたが、常識的な音量であればギターもピアノも普通に演奏することができましたので、恵まれていたと思います。

 彼女はピアノ弾きなので、所有していたレコードはほぼ全てピアニストのレコードでした。今までジャズ・ピアニストは名前こそ知ってはいましたが、アルバムをしっかりと聴いたことなどなかったのですが、彼女の持ってきたレコードを何枚か聴くことをきっかけに好んでジャズ・ピアニストを聴くようになりました。また、レコードも名盤を中心に買うようになりました。自分の演奏する楽器ではないので、マニアックな聴き方はしませんでした。むしろ純粋にリスナーとしてジャズを楽しめるようになり、音楽の視野が広がった気がしました。

 次回はそんな当時よく聴いていたジャズピアノの名盤を何枚かご紹介します!


IMG_2217.jpg





 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR