FC2ブログ

僕の音楽史(132)

【1986年】

 1986年、24歳になりました。この年の3月は久しぶりに人前で演奏する機会がありました。それは3つ上の兄の結婚式が催されることとなっていて、その中での余興で演奏することでした。

 この当時は「楽器一本でソロ・ギター」そんな実力もありませんでしたし(今でもあまり自信はないですけど)、バンド活動も全くやっていませんでしたので、一緒に演奏する仲間もおりません。だいたい、たった数分のためにそんな大騒ぎでやるつもりもありませんでした。兄の大学関係の偉い方々が参列する中、迷惑をかけてもいけません。したがって、ライト時代一緒にやっていたピアニストのTさんを誘ってギターとピアノのDuoで「Misty」を演奏しました。彼女は大学を卒業してからはホテルのラウンジ等でジャズやポピュラーの演奏を続けていましたので特に何の抵抗もなかったでしょうが、僕は卒業後はほとんどと言っていいほどギターに触ることがなかったですし、ましてや人前で弾くことなど皆無でしたので、たった1曲スタンダードを演奏するだけでもかなり練習して臨んだ記憶があります。結婚式の余興ですから「誰も真剣に聴いちゃいない」と気楽に考えようとも思いましたが、事前に兄からクラシックの生の弦楽四重奏のBGMがあることも聞いていたので、恥をかきたくないとも思って、随分としっかり練習し、本番も結構緊張して演奏した記憶があります。

 あっ、「音楽史」と直接関係ないですし、詳しく書くつもりもないですが(笑)、僕はライトの同期ピアニストTさんと、兄の結婚式の1ヶ月後の4月に、実は結婚式をあげる予定でした!

 両親や親戚は新潟住まいでしたし、「息子が二人とも一気に結婚!」ってことで大変だったと思います。のちのち親に聞くと、「私たちの友人達はみな『息子(娘)はみんな結婚もしないで、いつまでも家にいて困る』と言ってるが、お前達は何も苦労せずに嫁さんを見つけてきた。結婚式が重なって大変だったが、いっぺんにカタがついて良かった!お前たちは親孝行だ!」と言ってました(笑)

 下は兄の結婚式の時の演奏の写真。今はもう会社の先輩に売ってしまったクラシック・ギターを弾いていますね。アンプを持っていくのが大変だったからでしょう。体型的に今より10キロくらい痩せていますし、毛髪の量が今の1.5倍くらいはあります(笑)。正直、この頃に戻りたいですね。

 IMG_2164.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR