FC2ブログ

ギター購入騒動記(73)

2019年1月20日(日)ギタープラネットへ(1)

 毎日デジマートやギタープラネットのホームページでギターを物色することが習慣になっています(笑)。

 昨日の夜、自宅でギタプラのホームページを見ていて目に留まった楽器があります。下の楽器です。

7625_2.jpg



 「14万?おや?安いな...。」


 ここ数ヶ月はずっとES175系のフルアコばかり気に留めていましたが、珍しくこのレスポールに目が留まりました。1昨年ソリッドギターを買いまくっていた時期に、14〜5万の中古レスポールは大概は「訳あり商品」でした。ホームページを見る限り、この商品は特にそんな記述はありません。何はともあれ、薄っすらと木目の見える綺麗なワインカラーの写真に目を奪われたのでした。

 翌日曜日、かみさんが銀座に用事で出かけるというので、俺も一緒に家を出てギタープラネットを覗きにいこうと思いました。

 昨日のレスポールの事など、その時実は忘れていました。いつものようにフルアコの置いてあるフロアに行きおなじみのSさんと話をしに行きました。


 Sさんはその時たまたま接客中でした。時間を潰すために外に出た時に、ふと昨日のレスポールのことを思い出しました。

 「久々ソリッドギターを物色してみるか。昨日のネットで見た楽器でも試奏してみようか。」

 偶然にもそんな気になりましたので、中古ソリッド楽器の置いてある館へと足を運びました。

 早速ネットで見たレスポールを弾かせてもらいました。この楽器です。

IMG_1810.jpg


 久しぶりのレスポールです。所有のレスポール・カスタムも昨年10月の新潟ライブで使用してからというもの殆ど自宅でも弾いていません。

 「うーん、レスポールの音だ!なつかしい!」

 まずはそのように感じました。「おかえり!」と楽器に言われているようでした。ネックの握りもいい感じ、厚みがあり幅のあるネックで、僕の好みにぴったりです。ボディも写真で見た通り綺麗なもので傷もありません。

 「こっちのギターはどうですか?」

IMG_1812.jpg


 ほぼ似たような値段のワインレッドのレスポールでしたが、こちらはブースターやタップ付きでシングル・コイルに切り替えができる個体でした。

 「あれ?ちょっと音が細いかな?」

 同じようなセッティングでも少し線が細い印象です。弦の太さも全く同じようですが、好みの問題なのでしょうが、レスポール特有の「ぶっとい音」がしません。もちろん好みの問題なので、悪い楽器ではありませんよ。

 店員さんと色々話しているうちに下の楽器が目に飛び込んで来ました。黒のボディに白(クリーム色)のピックガードの僕にとって70年代ジェフ・ベックをイメージする素晴らしいルックスでした。

IMG_1811.jpg


 当然弾かせてもらいます。

 「え?これはすごい!」

 最初に弾いたレスポールも「いかにも!」といった太い音でしたが、そんなもんじゃない極太の男らしい音です。0.10位の比較的細い弦を張っていたと思うのですが、それでも他の試奏した2本とは比較にならないくらい太い音がします。そして、中低域は信じられないくらいの芯のある音です。

 こんなに個体差があるのは、改めてびっくりです。やはりギターに限らず楽器というものは実際に弾いて見て買うべきなのだと実感しました。

 また、中古のギブソン・レスポールで12〜15万くらいの綺麗な楽器がたくさんあることに驚きました。僕がソリッドを探していた一昨年より数万円は価格帯が下がっている気がします。


 これ以上この場にいるのは危険と思いました(笑)。まだまだ弾いていたかったのですが、心を鬼にしてその場から立ち去りました。

 「レスポール、やはり素晴らしい!」

 忘れていた感覚が蘇ってしまいました。

 中古ソリッドのフロアを離れ、店員Sさんのフルアコ・フロアに向かいました。

 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR