FC2ブログ

僕の詳説音楽史(3)

【1971年(小学校4年生)】

 ギターを手にした頃の事を少し捕捉します。以前書いたこの辺の記事を参考にして読んでください。

僕の音楽史(2)

 以前書いたように、僕のギターとの関りはここから始まっています。この時点では、小学校4年で9歳ですから、もう53年間も続けているわけですね。その割には...と考えてしまいます。

 最初の楽器はヤマハのフォークギター、教則本を買ってきて「春の小川」をメロディ単音で練習、C、F、G7、Dmをコードブックで覚え...みたいな感じは、以前に書いた通り記憶違いはありません。ただ、初期のギターテクニックの向上に欠かすことのできなかった大切なことを書いていませんでした。それは「明星・平凡の歌本」の存在です。

明星・平凡

 1960年代後半から70年代に小学校~中学校辺りを過ごした人でないと、全くなんの事かわからないと思いますので、簡単に説明します。

 「明星・平凡」とは「当時活躍中の昭和歌謡のアイドル、具体的に言うと、郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹、天地真理、小柳ルミ子、南沙織あたりの音楽活動や私生活をファンに伝える芸能雑誌」の名前です。「明星」と「平凡」はそれぞれ別の雑誌の名前で、ライバル雑誌でした。僕は既にアメリカの「ブラスロック」にはまっていましたが、同じ位に昭和歌謡アイドル達や歌が大好きでした。パソコンもインターネットもない時代でしたので、音楽映像はテレビの歌番組しかなかったわけですから、おのずと友達はほぼ100%、これらのアイドル達に夢中でした。今では信じられないくらい「個人情報満載」の雑誌で、アイドルの自宅や室内の写真やらが堂々と掲載されていたりと、「不適切にもほどがある」内容だったと記憶していますw。

 これら雑誌の記事も、もちろん楽しみでしたが、目的は、付録についてくる「Young Song(明星)HEIBON SONG(平凡)」という通称「歌本」でした。今どきのジャズミュージシャンは「歌本」というと「黒本」やら「青本」といたスタンダード曲集なのでしょうが、僕と同世代の人間は「歌本」というと間違いなく「明星・平凡の歌本」を指しますw。

歌本2

 当時のアイドル達が歌う曲の譜面や歌詞、そしてコード譜が載っていました。このコード譜で「知らないコードを見つけてはコード本で調べる」を繰り返しながら、かなりの数のコードの押さえ方を覚えました。そして、テレビの映像と一緒にコードを弾いてみて「あれ?なんか違うぞ」って気が付き、音を足してみたり、転調してみたりと、今後の音楽活動に必要な最小限の音楽知識や耳を鍛えることができたのだと思います(僕の場合、この時点で音楽知識は止まっていますが...)。

 この歌本には、歌謡曲だけではなく、当時の洋楽のヒット曲やイギリスやアメリカのロックバンド達の曲も載っていて、これも、とても楽しみでした。当時は「バンドのコピー譜」や「XXXX奏法研究」なんて全くなかったわけですから、これが唯一の情報源でした。

 僕が決して特別なのではなく、当時のギターやピアノを弾いている人は、みな少なからずこの「明星・平凡の歌本」のお世話になったと思います。
 
 ※写真はネットから掲載させてもらったもので、僕の所有物ではありません。懐かしいので、メルカリやヤフオクあたりで、何冊か手に入れようかなと思いますw。

 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に4年間師事。その後、自己のバンドで各種コンテストに参加する。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。その後は2014年夏より活動を再開。
現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブや講師として活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方にはリモートでも教えています。レッスン内容や頻度は生徒の方々の希望に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR