FC2ブログ

ギター購入騒動記(138)

2022年2月 売却候補楽器確定

 ギターを売ろう!と決めてから既に10ヶ月が経っていましたw。年が変わってもう2月、この時点では次男が大学受験真っ盛りでしたが、幸い僕の定年退職後の再就職先は決まっていて、有休消化の時期に入っていて、ずっと会社には行かなくって良かったので、4月からの新生活のことを色々考え始めました。

 以前売却候補に上げた3本の楽器も結局はそのままでしたが、もう一度整理しようと考え始めました。そして、いっきに3本まとめてというのではなく、手始めに1本、その後順番に売却し、最終的に半分くらいに減らそうと思いました。

 そこで売却候補1本をまず決めました。写真の175です。正式にはES-175 1959 VOS 2012 (Gibson Memphis)です。


IMG_2711.jpg pj_9120_1.jpg


 このギターは19年中古で購入したもので、その後ライブでは比較的登場の機会が多かった楽器です。ライブの時にギタースタンドから倒れ、ネックに亀裂が走り、リペアしています。気に入って使ってはいましたが、急に弾かなくなりました。

 理由はネックがとても厚く、今の自分(そしてこれからの自分にも)弾くにくくなってきたことです。数年前までは全然問題なかったのですが、コロナ禍の影響でライブ活動がなくなり、自宅で楽器に触る時間が少なくなり、そして加齢からでしょうか、握力が確実に落ちているようです。僕は「ネックをガッツリ握って弾く」タイプでしたし、比較的指は長いので、ネックの厚みや幅は全く平気だったのですが、結構弾きづらく感じるようになりました。特に最後に買った175(下の写真)を弾く機会が多くなり、この楽器がかなりネックが薄いので、慣れてしまうと余計弾きづらく感じられるようになってしまいました。あと、生音が他の175系に比べて劣っていたことも理由です。

IMG_3248.jpg

 「よし、まずはこの1本を手放そう!」

 早速Sさんにメッセージで連絡です!

Pat Martino奏法研究【完全版】 第5章 Capture Of Fingerboad(2)

 パットのような淀みない長尺のソロを弾くためにはフレットを隅から隅まで使えなくてはいけません。これは一つのフレーズをある特定のポジションだけでしか弾けないようでは絶対に実現できません。

 前回は「ラシドレシラ」を色々なポジションで弾けるようになること、そして、その指板上での法則性を解説しました。今回は「ラシドレシラ」ではなく、パットの18番のフレーズを題材に色々なポジションで弾く練習をします。

 タブ譜を参考に弾いてもらえばわかるとは思いますが、彼のソロには必ず複数回出てくる得意中の得意フレーズです。8分音符で2小節のフレーズです。

 今までここで解説してきた5つのフォーム(FORM1〜FORM5 第2章Horizontal Movement(1)参照)全てで、彼の得意フレーズを弾きます。FORM1から順番に2→3→4→5とHorizontalに上昇し、全く同じフレーズを弾きます。譜面も1段目はFORM1、2段めはFORM2...という感じです。参考動画を付けておきましたので、各自練習してみてください。

指板攻略2-1
指板攻略2-2
 


 これができるようになれば、ポジションにとらわれないフレージングでソロプレイを行うことが可能となります。

 練習してみてください!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

僕の音楽史(219)

【2014年7月】

 沼袋のOrganJazz倶楽部でのライブが決まり、グランド・ピアノがあるお店ということもあり、絶対にピアノを見つけなくては!と思いました。

 ドラマーの西尾さんがピアニスト阿部義徳君のメールアドレスを教えてくれました。「最近連絡取ってないから、返信あるかわからないが」ということでしたが、送ってみると程なく返信が来ました。彼は僕同様にずっと演奏活動を休んでいたようです。OrganJazz倶楽部でのライブをお願いするとこんな返事が帰ってきましたw。

 「ずっとピアノに触っていなかったんで、リハビリが必要です。お客さんで行きます!」
 
 弾いてもらわなかったら困りますw。もう一度お願いすると

 「できそうな曲を数曲だけ参加ってことでお願いします」

 相変わらず慎重ですw。最終的には「なんとかリハビリしておきます」ってことで、出演オーケーをもらいました。やり取りの中で、阿部君は今回お願いしたドラマー公手君のことを知っていることがわかりました。慶応大ジャズ研にふたりはある時期出入りしていたようで、お互い面識もあるし、何回か一緒に演奏をしていることがわかりました。

 阿部君はこれまた、かつてバンドで一緒に活動したドラマー宇山満隆君のアドレスを知っていました。連絡を取ると返信があり、「懐かしいですね!再開セッションやりましょう!」と話が盛り上がりました。

 こんな感じで、次回のライブのメンバーは武田謙治(g)阿部義徳(p)矢野伸行(b)公手徹太郎(ds)の4人での出演が決まりました。

 新しい仲間の矢野君(b)、公手君(ds)、そして旧友阿部君(p)、辻君(b)、西尾さん(ds)、宇山君(ds)と常時連絡が取れるようになり、バンドとして活動継続の目処がしっかり立ちました!

27459399_2161540024132080_5502199384010052871_n.jpg

矢野っち3 公手っち abe.jpg
辻っち 西尾っち 103519_03.jpg






Pat Martino奏法研究【完全版】 第5章 Capture Of Fingerboad(1)

 今までHorizontal(水平)、Vertical(垂直)そして、その両方を使ったMovement(動き)の解説をしてきました。これが完全に頭に入っていて、実践できればマルティーノのような長尺の淀みないフレーズを弾くことができます。そうは言ってもなかなか難しく、僕のようにずっと彼を研究してきた者でさえ,まだ100%ではありません。

 そこで、Caputure Of Fingerboad(指板の把握)というタイトルで、もう少しポイントを絞り、指板を隅々まで使えるようにするための把握方法やアイデア、そのための練習等を紹介していきます。同じフレーズを色々なポジションで弾けるようにし、先に体系的にお話ししてきたHorizontal&Vertical Movement に照らし合わせて確認していくことで、自由自在にFingerboadを使えるようになっていくと思います。それでははじめます。

 まず、下の譜面と動画を見てください。ABCDBA(ラシドレシラ)を色々なポジションで順番に弾いています。ポジションはタブ譜を参考にしてください。(今回から譜面にはなるべくタブ譜をつけるようにします。)

指板攻略1



  このように同じフレーズを色々なポジションで弾けるようにならなくてはいけません。

 2小節単位で区切って確認してみてください。

 1小節目の1オクターブ上の音が2小節目です。そして、押さえ方に下のような法則性があります。

 ・1小節目の最初のA音を人差し指で押さえた時は2小節目の最初のA音は小指で押さえます。
 ・1小節目の最初のA音を小指で押さえた時は2小節目の最初のA音は人指指で押さえます。

 ただ闇雲に色々なポジションで練習するのではなく、こんな法則性を頭に入れて練習すると、すぐに色々なフレーズを色んな場所で弾けるようになります。

 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

マイナー・コンバージョン・コンセプト発展編(5)

 【 Multiple Substitutes(5)】

  Multiple Substitutesの最終として、A7上でEm、B♭m、Gm、D♭mの想定し、それを自由に登場させてアドリブしてみます。

 今回はこれらの複合的な代理だけにとらわれず、それらをクロマティックなラインでつなぎ合わせたり、別なスケールを想定したりして、なるべく実践的なアドリブ演奏にしてみました。



 どうですか?マルティーノっぽく(あくまで『ぽく』ですがw)なりましたか?

 いろいろなアウト奏法の考え方があると思いますが、彼の場合は今まで解説してきた「マイナーの複合的代理上で演奏されるドリアン・スケールのアドリブ」それが結果として「ルート音(今回の場合はA音)から相対的にアウトしている」ものが随所に聴かれます。勿論、彼のアウト奏法はこれだけではなく、違った方法論でのプレイもありますが、それはこのコーナーではなく、今後の「Pat Martino奏法研究【完全版】」の方での解説となります。合わせてお読みいただけると嬉しいです!

10683_1598893607063394_4379358537031905125_n.jpg

ギター購入騒動記(137)

2021年4月 売却候補楽器を決める(2)

 ギタープラネットのSさんに売却候補3本の写真を送ると、すぐに見積もりを送ってくれました。買い取りと委託販売それぞれの金額と根拠が一緒に詳しく書いてあります。「買う」ではなく「売り」なので、ある意味気が進まなかったと思いますが、そんなことは全く感じられず、親切に連絡をくれたのでした。さすがです!

IMG_0472.jpg IMG_2674.jpg 0eb46ab50050c5331ede16170634cf482c6c6d.jpg

 具体的な値段はここには書きませんが、写真の左から順の値段で、ナチュラルは販売価格が20万円台、残りの2本は30万円台の後半でした。

 だいたい想像通りの金額でした。そして、これだったら売っても良いかな?と思いました。そして、売る前に何日間かこの楽器3本を弾いて、気持ちが変わらなかったら売りに出そうと思いました。

 ナチュラルの175は一番最初に買ったまともなギター、これで数々のコンテストで優勝し、長い間メインで使ってきたギターです。メンフィスの175は直近ライブのメインの楽器でした。そして775はライブで何回か使用しました。ルックスは175より好きではありません。特に、ネックのインレイや金色のパーツはあまり好みではありません。ただ、意外にも生音がとてもしっとりしていて、他の175とは違ったキャラを持っていました。

 「別にお金に困ってるわけではないし、今すぐどうこうするものでもないか?!」

 自宅に引き籠もってから、あまり弾く機会がないから売ろうとしたギター達でしたが、いざ弾いてみると売る気がなくなってきました。

 結局この後、10ヶ月弱もの間は何の動きもしないこととなりましたw。

僕の音楽史(218)

【2014年7月】

 十数年もの長きに渡り音楽活動を休止しておりましたが、矢野伸行くんとのDUOで音楽活動再開しました。

 下の写真は当時の出演時のものです。表情を見ると我ながら本当に嬉しそうです。矢野君のプレイは当然のことながら素晴らしいものだったと思いますが、僕の演奏は正直ろくなもんじゃなかったのだと思います。全く記憶にはないのですが、まずは動き始めることに意義がありました。お客さんも久々のライブということで、結構会社関係の人達に声をかけたので、たくさん来ていただいたと思います。

takeyano2.jpg takeyano1.jpg


 もともとDUOだけで活動のつもりはありませんでした。というよりも、DUOで満足な演奏ができるレベルでは正直なかったと思います。(今でもそうですが....)DUOはギタリストとしてチャレンジですし、自分の演奏レベルを上げる意味では継続していくつもりでしたが、やはりどうしても「バンド」がやりたかったので、変わらずメンバーを探していました。

 ベーシストは矢野君に当然頼むにしても、ピアノとドラムがなかなか見つかりません。十数年ぶりの再開を果たし、リハも数回行った西尾さんは、家が我々とは離れており、働きながらのライブ活動での平日ライブは厳しく、活動が限定的になってしまうことがわかりました。そんな中、矢野君が「公手徹太郎」君というドラマーを紹介してくれました。

 当時の日本のジャズメンにはことごとく疎くなっていましたので、彼のことはその時まで知りませんでした。もちろん演奏だって聴いたことはありません。ネットで調べてみると、ギタリスト「宮之上貴昭」さんと共演し、阿佐ヶ谷マンハッタンのジャムセッション・ホストや活発なライブ活動を行っている方でしたので、演奏を聴くまでもなくお願いしました。あとでYoutubeの動画で実際の演奏を聴き、オーソドックスなジャズ・ギター・カルテットにはピッタリだと思いました。何よりも信頼する矢野君の推薦ですから全く問題は無いと思いました。矢野君経由でお願いしてもらい、彼は快く引き受けてくれました。

公手っち

 メンバー3人が決まりました。そうこうしているうちに、沼袋のOrganJazz倶楽部でのライブが決まり、グランド・ピアノがあるお店ということもあり、絶対にピアノを見つけなくては!と思いました。

マイナー・コンバージョン・コンセプト発展編(4)

【 Multiple Substitutes(4)】

 前回の解説で書いた

A7(マイナー・コンバージョン) 
  ⇒ Em(短三度上)→ Gm(短三度上)→ B♭m(短三度上) → D♭m 

 今回は太字のD♭m想定のデモをやってみます。いつものように耳慣らしのためにスタンダードなコンバージョンであるEmのサウンドから。



 次にA音上をD♭mで弾いてみます。



 今回は一番違和感がある代理です。僕も正直厳しいかなとも思っていますw。そういう意味もあって、今回はソロのバックはA7という明確なサウンドにせず、A音単音のパルスようなサウンドにしてます。

 今までA7(あるいはA音)上でEm、B♭m、Gm、そして今回のD♭mの想定した4種類の代理を演奏してきました。次回はこの4つを全て用いて(複合的な代理=Multiple Substitutes)で演奏してみます。

7ECCE3BC-FDCB-4ACF-B322-CA494CB8F250.jpeg

ギター購入騒動記(136)

2021年4月 売却候補楽器を決める(1)

 さて、何を売るかを決めることとします。3階の楽器部屋(旧長男部屋を楽器置き場にしています)のスタンドに立てかけてあるギターを見に行きます。

 まず、対象から外れるのはアコースティック・ギター、ヤマハのNTX-1200Rと オベーションCelebrity Elite Limited Edition CE44 です。アコースティックはスティール弦とガット弦のそれぞれ一本しか持っていないので売ることができません。オベーション、アダマスならまだしも「アダマスもどき」じゃ、売ったってお金になりませんw。ヤマハは現在電源部の調子が今ひとつ良くなく、修理しなくては売れませんし、大体、気に入っている楽器の一つです。アコースティックは弾く頻度が少なくとも、目的にあった使い方をする楽器ですし、アンプを通さなくとも生音が大きいので、ライブのなくなった「巣篭もりギタリスト」にも重宝します。

1200.jpg IMG_3060.jpg


 当然候補は175系になりました。自宅で「弾く頻度が少ない」を基準にすると、下の3本の楽器となります。左から順番に「ES-175NT (Gibson) 91年」「ES-175 1959 VOS 2012 (Gibson Memphis)」「ES-775 1990(Gibson)」の3本が候補です。前回の投稿で「いつも自分の身近にスタンバっている楽器」2本以外の楽器です。

 IMG_0472.jpg IMG_2674.jpg 0eb46ab50050c5331ede16170634cf482c6c6d.jpg


 そもそもお金が入り用で売るわけではないので、慌てて売ることもないのですが、そうは言っても、どうせ売るなら高く売れるほうが良いのでw、ちょっとどのくらいの値段で売れるものかを調べようと思います。

 さて、どうしたもんか?

 「そうだ、いつものSさんに聞いてみよう!」

 という事で、彼に楽器の写真を送って聞いてみることにしました。
 

僕の音楽史(217)

【2014年4月】

 ベーシスト矢野くんとはデュオで僕の近所のスタジオで数回リハを行いました。リハはリハでも、僕にとっては「リハーサル」のリハではなく、「リハビリ」のリハでしたw。矢野くんは僕の自宅から3、4つ先の駅に住んでいて、比較的自宅に近かったので、「夜のライブ仕事の前のウォーミングアップにちょうど良い」とわざわざ寄ってくれていました。何の準備もなく、ただ僕の弾くスタンダードの演奏に合わせてくれていました。正直言うと、彼レベルのべーシストのウォーミングアップになるほど僕はまだ弾けていなかったと思います。ギャラの代わりと思って、スタジオ代は僕持ちでやっていましたが、交通費使ってわざわざリハビリ中のギタリストに付き合ってくれたわけですから、今考えるとしっかりとギャラを払うべきであったと申し訳なく思っています。

 彼のようなミュージシャンを、このまま僕の練習のために繋ぎ止めておくわけにもいかないですし、やはりリハをスタジオでずっと続けるよりは、デュオで出演できるお店のブッキングをして、それに向けて練習する方が自分のためも良いだろうとも考えました。僕は所詮アマチュアでしたので、僕のようなミュージシャンでもブッキングができるお店、そしてデュオで出演するに手頃なスペースの店を色々とネットで検索しました。

 そんな中で、高円寺のライブバー「AG22」というお店を見つけ、コンタクトを取り、出演が決まりました。

 いよいよ活動再開です!

矢野っち3




 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に4年間師事。その後、自己のバンドで各種コンテストに参加する。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。その後は2014年夏より活動を再開。
現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブや講師として活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方にはリモートでも教えています。レッスン内容や頻度は生徒の方々の希望に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR