FC2ブログ

僕の音楽史(158)

【1992年】

 リハを重ね、そこそこ音がまとまってきたところで、人前で演奏したいと強く感じる様になってきました。ベースの脇君やドラマーの西尾さんなんかはもうすでにライブハウス等に出演経験があったと思いますが、僕はまだ東工大の学園祭以外では人前で演奏したことはありませんでした。もちろん大学時代のビッグバンドではそれこそ数えられないほど人前で演奏してきましたが、所詮は17分の1(メンバーは全てで17人)でしたので「自己のリーダー・カルテットでライブハウス演奏」って言うのとは全く意味合い違っていました。

 当時はまだ「ジャズライフ」という月刊誌を毎月購読していたと思います。後ろの方のページにライブハウスの出演者スケジュールが出ていて、いくつかのお店では出演者募集を行なっているお店がありました。具体的なお店の名前は忘れてしまいましたが、いくつかのお店にリハーサルの時の録音をカセットテープを送ってみました。

 そんな中で西麻布「ウッディ・ベル」というライブハウスから連絡が来て、めでたく出演が決まりました。

 脇君のホームページの中で彼は自分が参加した演奏について全てスケジュールを掲載していて、その記述によると初ライブは1992年1月15日」となっているのですが、僕のその時の生録カセットを所有していて、そこには「1992年6月5日」と書いてありますので、こちらの方が正解なのではと思います。

 その時の演奏テープは聴き返していませんが、それに向けてのリハーサルの中から4曲ほどYoutubeに上げておくので興味のある方は聴いてみてください。

曲は
1.The Great Stream
2.The Good Life
3.Herbie's Hand Cooked
4.Swingin' At The Haven



 この日のライブ演奏が人生初の「ギャラをもらって行った演奏」でした。演奏の対価としてギャラをもらたことをして「プロ」あるいは「ギタリスト」と呼ぶのであれば、僕のギタリストとしての経歴のスタートは「1992年6月5日」ということになります。

 Live91.jpg

僕の音楽史(157)

【1992年】

 この頃現在も所有しているES−175NT(91年製)を買いました。また、ポリトーンのMiniBruteⅣを中古で近所のギターズマーケットで購入しました。

IMG_2241.jpg 5d1ec79634aa61052a66bc3c.jpeg


 
 リハーサルを繰り返し続けていくうちに、使用していたYAMAHA AE-2000のサウンドに少しづつ満足できなくなりました。もう少し甘いジャズ・トーンがでないものかなと常に考えていました。そして、何よりも憧れのGibsonが欲しくなりました。かみさんにこんな感じでお願いしたのを覚えています。

 「今までずっとギターを弾いてきて、本物の楽器(GibsonやFenderのことを意味します)を弾いたことがない。そろそろ本物の楽器が欲しい。そして一生使える楽器が欲しい。絶対に大切にする。」

 彼女は特に何も言わずに楽器購入をあっさりと承諾してくれました。拍子抜けしてしまいました。自らピアノを演奏し、ジャズを愛する同じ人間として僕の気持ちを理解してくれたのでしょう。

 当時は今と違ってクレジットカード払いなどはまだ主流ではなく、「現金払い」もしくは「月賦」の時代です。お店近くの銀行で引き出した40万の現金を握りしめて、池袋のイケベ楽器にドキドキしながら買いに行ったのを覚えています。

 購入後に、かみさんにあらためて、少し照れながら「ありがとう。絶対に大切にする!」と言ったのを今でもよく覚えています。

 この時から10年くらいはずっとES-175とポリトーンのコンビをメインで使っていました。どこに行くのもこのセットで演奏してきました。そして、このサウンドが「僕のギターサウンド」と言っても良いくらいになりました。

 そして、この楽器、今でも当時の言葉通りに大切にしていますし、今後も絶対に手放すつもりはありません。

 

僕の音楽史(156)

【1992年】

 年が明けました。変わらず、武田g一色p脇b西尾dsの4人で東工大部室での日曜リハを各週ペースで続けていました。
 この頃から全曲スタンダードから有名ミュージシャンのオリジナルを演奏するようになっていきました。リハーサルをしっかりやっていることもあって、キメやアレンジが施してある多少難しい曲や自分の好きなミュージシャンの曲を演奏したくなるのは当然です。ほとんどの曲は僕と西尾さんが持ち寄っていました。どんな曲であろうとピアニスト一色君の強力な絶対音感のおかげで、簡単に譜面ができあがるので、大変助かっていました。

 どんな曲をやっていたかというと下に代表曲をいくつか紹介します。

 僕が持って来た曲は

 H&H / The Good Life / The Great Stream などなど

当時は(今もそうですがw)マルティーノ&メセニーの2色でしたので....。最初の曲はメセニーのオリジナル・ブルース、2曲目はオーネットの曲ですが、メセニーがグループを離れてコンボ演奏で散々演奏していました。3曲目は現在もライフワークwとして弾き続けているマルティーノの代表作です。


 一方、西尾さんはこんな曲を持って来ました。

 Swingin' At The Heaven / Loose Blues / Herbie's Hand Cooked などなど

 最初の曲はブランフォード・マルサリス(父親エリス・マルサリスの作品?)、2曲目はエバンス&ジム・ホールの作品でアルバム・タイトルにもなっていた曲です。3曲目はディジョネットの曲ですね。

 結婚したての頃はかみさんがピアノ弾きの関係もあり、ピアノ・トリオのレコードを買いあさり、その後、管楽器の名盤も買いまくっては聴いていましたが、バンドをやるようになってからはまたギタリスト、しかも、両パットwばかり聴くようになっていました。西尾さんが持って来た曲などをきっかけに、ギタリスト以外の曲を聴き、どうギターで演奏するかを考える機会が増えましたし、メセニーを通してオーネットをまた聴き返したりと、少し音楽性が広まった気がしていました。

 上の曲が入った代表アルバムのジャケットを貼っておきます。Youtubeなどで簡単に聴くことができると思いますので、まだ聴いたことのない方は一度聴いて見ると良いと思います。


QA.png PMLIVE.jpg

BM.jpg BJZ.jpg

jd.jpg





 

僕の音楽史(155)

【1991年】

 東工大の学園祭は91年10月20日に行われ、その時の演奏を録音したカセットテープが残っています。僕のカセット・ウォークマンで録音しているので音質はひどいものですが、雰囲気は伝わると思います。前回も書いたように演奏した曲は下の6曲でした。

Turnaround / Softly,as in a Morning Sunrise / The Gentle Rain / All Blues / There Is No Greater Love / All The Things You Are

 この6曲のうちとても印象に残っていいる1曲「There Is No Greater Love 」をご紹介します。



 この曲は布川さんのレッスンで初めて知った曲です。後にも先にも布川さんとの演奏テイクとジョー・パスのライブ、そしてここ数年でYoutubeで偶然見つけた、増尾好秋さんが参加したロリンズライブくらいしか知りません。あ、ジョンスコの動画もありましたね。あまりギタリストは演奏しない曲と思います。

 この曲を演奏している当時のことはすごくよく覚えています。少し手前味噌になってしまうことをお許しくださいw。

 僕のギター、楽器はヤマハAE-2000です。まだ、現在も所有するES-175NTは購入前ですね。性懲りも無く同じフレーズを弾きまくっていますがw、自分的にはすごく気に入っています。そして、今では絶対にこんな感じには弾けません。すごくウネリがあって、ベタベタしたノリで、そして、とっても癖があるこってりした感じです。若さ故ですね。

 僕のギター・ソロのバックでドラムスの西尾さんが「煽る!煽る!」。ギター・ソロを弾いていて、だんだん気持ちが高揚してきて、少しだけトランス状態になったことをしっかりと覚えています。

 ピアノ・ソロになって、彼は急に叩くのを止めて、一色君のピアノと脇君のベースがデュオになります。部室備え付けのアップライト・ピアノなので、音やチューニングはは勘弁してあげて欲しいのですがw、このピアノ・ソロ、最高に歌っています。僕は後々このピアノ・ソロ最初の数コーラスを譜面に書いて練習していました。本当に大好きなピアノ・ソロでした。そして、気が付くと、西尾さんが少しづつシンバル・レガートを叩き出して・・・、まるでマイルスのクインテットのようだと感じました。

 この学園祭の演奏の後、本当に素晴らしいメンバーと一緒に活動ができることに喜びを感じました。

 この後、スタンダードだけでなく、ジャズ界の巨匠たちの楽曲も演奏するようになりました。

Live91.jpg

僕の音楽史(154)

【1991年】

  夏も終わり、涼しくなったある日のリハーサルで西尾さんが言います。

 「工大祭で演奏します?」

 素晴らしいメンバー達とリハーサルをやっているだけで満足していたので、その時は人前で演奏することはあまり考えてはいませんでした。でも、やはり楽器を演奏している以上は自分が楽しんでいるだけではなく、人に聴いてもらい,評価を得るという事は大切な事だと思いましたし、楽器の上達には不可欠である事はわかっていました。したがって、出演することにしました。

 学園祭までそんなに時間もないですし、50分ほどの演奏ですから、いつもリハーサルで演奏しているスタンダードを演奏することにしました。

 学園祭は91年10月20日に行われ、その時の演奏を録音したカセットテープが残っています。演奏した曲は下の6曲でした。

 Turnaround / Softly,as in a Morning Sunrise / The Gentle Rain / All Blues / There Is No Greater Love / All The Things You Are

 セットリストを見ると結局今もずっと弾き続けている曲ばかりです。

 当時演奏していたこれらの曲達、僕の中には明確に模範となる演奏がありました。

 Turnaroundはメセニーの大宮フリークスでのシークレット・ギグでの生演奏。友人が隠し録りしたカセットテープを持っていて、そこでのパットの演奏をコピーしまくっていました。

 Softlyは当然のことながらジョンスコのライブ盤での演奏。

 The Gentle Rainはちょっと雰囲気が違いますが、マルティーノのSunnyでの演奏スタイル。16分音符で弾きまくっていました。

 All Bluesは渡辺香津美さんのスタジオ・ライブをエア・チェックしたやつ。井野信義さんと日野元彦さんとのトリオでの演奏。

 There Is No Greater Loveは布川さんのレッスンを録音した時の布川さんの演奏。

 All The Things You Areはメセニーのトリオでの演奏。

 もちろん彼らの演奏を完全コピーして弾こうとしていたわけではありませんし、弾けるわけもないですが、気持ちの中でなんとなく彼らの演奏を意識しながら弾いていました。

 学生時代はビッグバンドで散々人前で演奏してきましたが、全く意識が違いました。ビッグバンドの時は多勢のうちのひとりでしたし、大体僕のギターなどちっとも聴こえませんでした。一方、今度は4人のうちのひとりで、しかも僕がリーダーです。

 次回は何十年ぶりかにこの時の演奏を聴き、音源を紹介しながら書いてみようと思います。

DcV18rGUwAI6NnP.jpg


 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR