FC2ブログ

僕の音楽史(137)

【1986年】

 大好きなジャズ・ギタリスト、ブルース・フォアマンが来日したので観に行きました。もしかしたら1986年ではなかったかもしれません。記憶がすごく曖昧です。ネット等で調べてもわからなかったのですが、他の記憶と総合すると多分この年ではなかったかと思います。

 当時は独学でジャズ・ギターを必死に勉強していて、ジョー・パスと同じくらいブルース・フォアマンにぞっこんだったことは以前も書いたとおりです。

 ブルースについては大学時代のリッチー・コールのクインテット以来ずっと大好きで、この当時も復習を兼ねてまたいろんな楽曲やフレーズ・コピーをやっていました。そして、下の写真のレコード「フル・サークル」がヘビロテでした。

full circle

 たしかコンサート会場は銀座山野ホールで、メンバーはアルバムのメンバーだったように記憶しています。ただ、アルバムでは参加していたバイブのボビー・ハッチャーソンはいなかったように思います。

 結構空席が目立ちました。コンサートの細部はもちろん覚えていませんが、MCの紹介の後、一人でステージに現れ、ソロでミディアム・テンポのアドリブを弾き出しました。

 「なんだっけ?あ、ステラだ!」

 こんな感じで、アルバムに収録した曲やスタンダードを中心に1時間半くらいの演奏だったように思います。彼のアレンジが施されたアルバム収録曲「ジャイアント・ステップス」も同様のアレンジでたしか演奏しましたね。

 パット・メセニー・グループのコンサートに比べて随分と地味なコンサートではありましたが(笑)、ジャズ・コーラスといったどこのスタジオにも転がっているアンプにシールドを直に突っ込んだだけのまさに生の音、圧倒的なテクニックと歌心を持ったホンマモンの「ジャズ・ギタリスト」を観たのはこれが初めてで、大好きなギタリストだっただけにその後ギター学習のモチベーションが上がったように思います。

 Youtubeで当時の演奏から現在までの素晴らしい動画が見れるのは嬉しいですね。

bruce.jpg


僕の音楽史(136)

【1986年】

 自宅でジョー・パスを中心にジャズ・ギターを必死に独学している中、聴いたことのないサウンドが耳に飛び込んできました。鋭角的なギターのカッティングです。

 「なんだこれ?スゲーかっこいい!」

 僕の会社は小売業、この当時は売場に配属されていました。音と映像関連の売場で販売員をやっていました。当時は「ミニコンポ」と呼ばれるレコード・プレイヤー、アンプ、チューナー、CDプレーヤー、カセットデッキ、そしてスピーカーがセットになったマンション・サイズ?のオーディオが全盛時代で、僕もそれを販売していました。商品を決めてもらうにはお客さんに音を聴かせて比較検討してもらわなくてはいけません。販売員の僕たちはそれぞれお気に入りのCDや人気のあるポップスなどを聴かせて1台でも多く買ってもらおうと頑張って働いていました。

 そんな売場で接客している時に、ある先輩社員がお客さんに試聴のためにかけたあるCDの曲が突然僕の中に入り込んできました。

 テレキャスターか何か?で荒々しくかき鳴らしたようなカッティング、しかも和音がロックのパワー・コードとは違う非常にモダンなサウンド。4度重ねかな?そして、ちょっとテクノっぽいサウンド?が入ってきた。ベースはピック弾き、イエスのクリス・スクワイヤーの様です。耳を傾けて聴いているとシャウトした女性ボーカルが入ってきました。

 「えっ?日本語だ!日本のバンドか!?」

 これが僕と「レベッカ」そして「ノッコ」との出会いでした。

レベッカです

nokko.jpg



僕の音楽史(135)

【1986年】

 この頃は仕事や結婚生活にも慣れてきて、ジャズギターをもう一度しっかりと(独学ですが...)学習しようという気持ちの余裕ができました。その時の学習の拠り所としていたのは下のレコードです。

IMG_2493.jpg


 この「ジョー・パス・ジャズ・ギター・クリニック(ライブ!)」は1982年武蔵野音楽院で行われた2日間に渡る彼のクリニックのライブ・レコードです。なんと言っても素晴らしいのは、32ページのブックレットに彼の話した内容が英語と日本語の対訳がつき、おまけに彼の弾いた全ての音が譜面になっていたことでした。譜面には全てコードネームが振ってありました。


IMG_2495.jpg IMG_2498.jpg IMG_2496.jpg

IMG_2497.jpg


 絶対音感がない僕にとって、理論的な知識のない状態で和音を採譜するのは非常に困難で時間がかかる作業でした。結果として、単音のものばかり採譜していき、ただパラパラと単音で指を動かすだけの薄っぺらなギタリストになっていきました(これは今でもそうか?)。ジョー・パスは大好きでしたので、結構フレーズ・コピーはしていましたが、肝心のソロ演奏については今までコピー譜は購入していましたが、挫折していました。

 このレコードとブックレット、実はこの当時から現在に至るまで繰り返し何度も復習し直しています。写真を見れば、どんだけこの本を使っているかわかりますよね?!写真の中に当時の僕の練習メニューが手書きで書いてあって、非常に懐かしいですね。僕は好きなことには随分と几帳面でこんな計画表を必ず書き留めて計画表通りに毎日実践していたものです。

IMG_2504.jpg


 ここにジョー・パスの全てがあります。彼はこれ以上でもこれ以下でもありません。彼のやっていること全てを本人の口と楽器を使って惜しげも無く解説されています。ちっとも難しい考えなんかでてきません。そして奇抜なアイディアなんてひとつもありません。ジャズ理論がギターに合わせて忠実に構築されています。

 このレコードの最後にGブルースの模範演奏に譜面があって、当時は毎日毎日そればっかり練習していたように思います。そして、今でも練習し続けています。

 現在、このレコードは手に入るかわかりませんが、彼の教則本の中で、そして全てのジャズギター教則本の中で最高峰と思います。

僕の音楽史(134)

【1986年】

 前回お話の通り、結婚した相手がピアノ弾きであったこともあり、それをきっかけにピアノトリオを中心に聴きまくる様になりました。それこそ、今更?と呼ばれる名盤も聴いてこなかったことに改めて気づかされました。

 ここではもちろん全部を紹介することもできませんし、記憶も定かではないのですが、主に写真にあるアルバムはよく聴きましたし、この写真のピアニスト達のアルバムは何枚も購入していきました。

 この写真を見て、ピアニストならピンと来るかもしれませんが、まだ「キース」「ハンコック」「チック」や「エバンス」などは単発では何枚かは聴いてはいたものの、まだ良さがわからず、全然はまっていませんでした。彼らを聴きだすのはもう少し後の方になります。この当時はむしろ、バップ系ピアニストを中心に50年代前後に活躍していたピアニストを好んで聴いていました。そして雑誌で「ピアノトリオの名盤」と評価されているものは、中古レコードで片っ端に購入していました。特にお気に入りは、トミ・フラ、ハンク・ジョーンズ、フィニアス・ニューボーン、そしてピーターソンなどでした。最近、バンド活動をしていても、ピアニストの口から彼らの名前が出てこないのは少し寂しい気がします。

 ピアニストのプレイをコピーしたことはないですが、この頃聴いていたバップ系ピアニストの八分音符のノリやアーティキュレーション、そしてビバップの定石フレーズは僕に少なからずの影響を与えてくれているのだと思います。

IMG_2445.jpg


僕の音楽史(133)

【1986年】

 前回お話しした通り、僕は兄の結婚した約1ヶ月あとの1986年4月12日に結婚しました。入社3年目で年齢は24歳になったばかりですので、随分と早く結婚したと思います。相手は同じ慶応ライトミュージックソサイエティ同期のピアニストのTさんでした。

 兄の結婚式では余興でギターを弾きましたが、自分の結婚式では流石に弾いたりはしませんでした(笑)。ただ、2次会では、彼女が週一ピアノを弾いているジャズバーであり、ライトのOBの方々もよく顔を出している「ローズイン」と言うお店でライトやカルア(慶応の音楽サークルで一緒に活動することの多かったグループ)などの音楽仲間たちがたくさん来てくれて、ジャム・セッションみたいなことをやったことを記憶しています。また、遅くまでそんな感じで騒いでいたにもかかわらず、翌朝は何人かの友達が新居への引っ越しの手伝いにきてくれた、そんな記憶もよみがえってきました!

 僕らの新居は東京中野区の中野新橋駅近くの1ルームマンションでした。そんな1部屋にアップライト・ピアノ(弦のついた電子ピアノ?)やギター数本、ステレオ等の大物機材が置かれ、大変窮屈なスペースでした。ただ、2階の角部屋で防音こそないのですが、しっかりとした作りのマンションでしたので、さすがにステレオをガンガンかけたりはしていませんでしたが、常識的な音量であればギターもピアノも普通に演奏することができましたので、恵まれていたと思います。

 彼女はピアノ弾きなので、所有していたレコードはほぼ全てピアニストのレコードでした。今までジャズ・ピアニストは名前こそ知ってはいましたが、アルバムをしっかりと聴いたことなどなかったのですが、彼女の持ってきたレコードを何枚か聴くことをきっかけに好んでジャズ・ピアニストを聴くようになりました。また、レコードも名盤を中心に買うようになりました。自分の演奏する楽器ではないので、マニアックな聴き方はしませんでした。むしろ純粋にリスナーとしてジャズを楽しめるようになり、音楽の視野が広がった気がしました。

 次回はそんな当時よく聴いていたジャズピアノの名盤を何枚かご紹介します!


IMG_2217.jpg





 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR