FC2ブログ

僕の音楽史(145)

【1987年】

 その後の布川さんのレッスンのことについてですが、3回目以降は理論的な解説は一切やらないことになりました。僕が理解できていないことに気づいて布川さんが止めた訳ではなく、僕からお願いしたわけでもなく、下のような感じだったかと思います。

 3回目のレッスンでいつものように、布川さんが何かを解説し、僕がそれを聞いてていました。そんな中、僕が何気なく「There Will Never Be Another You」のテーマを弾きました。ちょうどジョージ・ベンソンの「Live at Sunday Afternoon」での演奏をコピーしていた頃だったからと記憶しています。

 僕のテーマに布川さんが反応し、バッキングを始め、そしてそのままデュオに突入しました。最後まで演奏し終わって、布川さんが言います。

 「面白いね」

 こんな言葉をかけられてすごく嬉しかった記憶があります。布川さんよりもうまく弾けるわけもないですが、少なくてもやっていて「面白い」ってことは「練習相手」にはなっているってことですし、僕的には「褒め言葉」と思っていました。

 そして、次回のレッスンからは理論的な解説を教則ビデオをみたいに行うのではなく、その場で演奏曲を決め、デュオ演奏をして、質問があれば演奏後にする、なければどんどん次の曲をやる、みたいなやり方に自然に変わりました。

 まさしく、デュオ・ライブのような実践的なレッスンです。僕はいつもレッスンを生録していましたし、布川さんはそれを許してくれていました。レッスン後、プレイバックを聴き、あーすれば良かった、こーすれば良かったと反省したり、場合によっては布川さんの演奏をコピーしたりと、ものすごく勉強になっていました。当然のことながら、この数年間で飛躍的にジャズ・ギターが弾けるようになったと思っています。

 このレッスン時の生録が4年余りでカセッットテープ数十本にもなりました。このカセットテープが現在は行方不明なのですが、今一番聴きたい録音の中の一つでもあります。

 「ジャズギターの金字塔」という布川さんのベストセラー教則本がありますが、僕はこの素晴らしい教則本が出版される10年以上も前からこの本に書かれている解説については、布川さんから本人とデュオをすることで肌で感じ取っていました。

教則本 nunokawa_toshiki_3.jpg

僕の音楽史(144)

【1987年】

 布川さんの自宅へ定期的に通い、レッスンしてもらうことにしました。

 2回目のレッスンの事もよく覚えています。

 布川さんは僕が「アウトのフレーズを教えて欲しい」という希望を汲んで、Dm7というコードを想定していろいろなアプローチを実際に弾きながら「これはXXXの進行を想定してXXXスケールを適用したフレーズ」みたいなことを何パターンも教えてくれました。布川さんが弾いたフレーズはどれもこれもかっこいいフレーズでしたが、布川さんが何を言っているのか正直言って全く理解できませんでした。

 そもそもイオニアン(ドレミ・・・)とドリアンの2つのスケール以外は全く弾けませんでしたので、オルタードだのメロディックマイナーだの裏コードなど説明されてもまるでチンプンカンプンでした。

 布川さんの説明が悪いわけでは決してなくて、僕の音楽知識や理論がまるでレベルが低かったのだと思います。

 布川さんのレッスンを受け始めた当初、僕は例の「マイナー・コンバージョン」を発見したおかげでスタンダード進行でのアドリブ演奏はそこそこ弾けるようになっていました。布川さんはそんな僕の演奏を聴いて「武田君はある程度理論的な話をしても通じるだろう」と誤解したのだと思います。残念ながら理論的な裏付けは全く白紙でした。

 布川さんに「何で理論のこと知らないのに弾けるの?」と聞かれました。その時、僕はマイナー・コンバージョンのことは話しませんでした。これは「僕が発見した機密事項」と考えていたからです。「世紀の大発見」をそう簡単にタネ明かしするわけにはいきません(笑)。

nunokawa_toshiki_3.jpg

僕の音楽史(143)

【1987年】

 布川さんの最初の自宅レッスンのことについて書こうと思います。なぜか意外と記憶に残っています。

 最寄駅に着いてから電話を入れ、布川さんの言われた通りに家に向かいましたが、ちょっと迷いました。

 部屋に通され、簡単な挨拶を交わしました。布川さん本人に会うのはもちろん初めてだったのですが、ジャズライフの写真でよく見ていたので、初めてのような気はしませんでした。

 音楽経歴を中心に色々と話しました。中学・高校とロックが好きだったこと、大学ではなぜかビッグバンドのサークルで活動していたこと、就職後は独学で練習していること.....などなど。

 20分くらい色々な話をしたでしょうか、布川さんの方から

 「スタンダードを何か演奏してみようか、何やる?ステラとかどう?」

 あまり得意な曲ではなかったのですが、一応テーマは弾けるようになっていましたので、一緒に演奏します。

 僕がテーマを弾き、布川さんがバッキングしてくれます。デュオでの演奏なんて生まれて初めてでした。でも、さすがに弾きやすかったです。

 テーマを弾いてそのままソロに突入、その後布川さんがソロを弾き、テーマに戻って終了です。

 なんとか弾き切りました。凄く緊張しました。正直、色々言われんだろうな?(笑)と思いました。

 「武田君さ、そのくらい弾けるんなら何も教えることないよ(爆笑)」

 「まさにパット・マルティーノだね!」

 お世辞と思いましたが(笑)、ギター演奏で褒められたことはあまりなかった、と言うか人前で演奏することは大学以来初めてでそんな機会もなかったので凄く嬉しかったです。

 「逆に何を教わりたいの?」

 「アウトのフレーズです。僕もたまに弾いたりするんですが、理論的に理解して弾いてるわけじゃないんです。方法論が知りたいんです。」

 その後、布川さん率いる「VALIS」のピットイン生録を聴かせてもらいました。今思うと「ビートパニック」だったと思います。

 「なんかウェザー・リポートみたいなサウンドですね!」

 こんなバンド、日本には無いと思いました。日本のフュージョンといえば、僕のイメージは「カシオペア」「スクエア」「プリズム」です。そのサウンドとはまるでかけ離れていてびっくりしました。

 日本のフュージョンはほとんど「ギターバンド」です。ギターがテーマを取り、ソロをやり、難しいユニゾンを決め、それはかっこいいですし、ギタリストには大変魅力的でした。でも布川さんのサウンドはどれとも違っていました。テーマのメロディは比較的単調で親しみやすいのですがバックを支えるサウンドが構築された部分とラフな感じがミックスされたアカデミックなサウンドでびっくりでした。

 そして、定期的にレッスンに通うことに決めました。

nunokawa_toshiki_3.jpg

僕の音楽史(142)

【1987年】

 正確なことは覚えてはいないのですが、この頃にギタリスト布川俊樹さんが僕の音楽史の中に登場してきます。

 僕は「世紀の大発見(マイナーコンバージョンの発見)」のおかげで、そこそこスタンダードが弾ける様になりましたが、一緒に演奏する音楽仲間は一人もいませんでした。学生の時のライトのメンバーとは付き合いが無くなっていましたし、皆んなビックバンドが大好きな人たちが多く、楽器を続けている人たちも意外に少ない感じでした。

 この当時「ジャズライフ」を定期購読していました。今よりもページは厚く、興味を引く記事も盛りだくさんでした。音楽シーンも今より活発に動いている感じでした。この雑誌で記事や奏法解説の記事を頻繁に書いているギタリストが布川さんでした。

 ある時ジャズライフのページの片隅に「ジャズ・ギター教えます」という広告を目にします。

布川さんの演奏はこの当時はまだ聴いたことがありませんでした。まだデビュー・アルバム発売前でした。ライブハウスも卒業後は全く行っていなかったですし、YouTubeなんて全くない時代です。でも、奏法解説はよく読んでいましたし、「ジョン・スコ」「コンディミ」「アウト」なんて言葉がよく出てきていましたので、すごく興味がありました。僕が大学の時に「ジョー・パスそっくりさんコンテスト」ってのがあって、布川さんはそれに優勝していて、僕もそのコンテストは「完全コピーで良いんだったら出してみようかな」なんて思っていた時期もあって、名前が記憶の片隅に残っていました。

 メールもメッセンジャーもない時代です。すごく緊張はしましたが、電話してみようと思いました。

 もともと習うのも教えるのも比較的好きでした。でも、レッスンの一番の目的は「たったひとりで自宅で弾いていてもつまらない」からでした。「世紀の大発見」以来は数十曲くらいならスタンダードをそこそこ弾ける様になっていましたが、人と演奏していないので、どのくらいのレベルかが自分でもわかりません。また、「音楽的に、技術的に伸びている」実感がありました。新しいことを吸収したい気持ちが非常に大きかったと思います。

 とりあえず、布川さんと電話で話して、体験に行く約束を取りました。感じの良い応対ですごくホッとしたことを覚えています。

 この時はあくまで体験で、ずっと通うかどうかは考えていませんでした。レッスン場所の自宅まで1時間以上はかかるので、続けられる自信もありませんでした。それが、この後2年間、そして数年の間を空けてもう2年間、都合4年間通うことになるどころか、技術的にも人脈的にも現在の音楽活動の基盤を作るまでになるとはその時は想像もできませんでした。

nunokawa_toshiki_3.jpg



 

僕の音楽史(141)

【1987年】

 「あれ?、Gm7(♭5)のフレーズ、この前コピーしたB♭m7のフレーズと全く同じだ。何でだろう?????」

 これが、僕がマイナー・コンバージョンを発見したきっかけでした。

  今までコピーしてきたパットの譜面を見ながらフレーズを弾いてみます。

 「あ、ここもそれぞれ違うコードなのに同じ音列(フレーズ)を弾いている!」

 こんな感じで、同じフレーズを弾いている違ったコードの相関関係を調べてはノートに書き出していきます。ざっと数週間で以下の等式が成り立つことがわかりました。

Ⅰm7(♭5) = ♭Ⅲm7 
Ⅰ△ = Ⅵm7 
Ⅰ7    = Vm7
Ⅴ7  = ♭Ⅵm7

 そして書き出した後に、ハッと思いました。

 「右側は全部マイナー7thだ。頭の中でコードを置き換えてしまえば全部マイナースケールで弾けちまう!」

 今までは、コードひとっつひとつにスケールを当てはめて考えていました。でも、覚えなくてはいけないスケールがたくさんあって覚えきれません。また、スケールとして音列を覚えても譜面を見てすぐにそのスケールが頭に浮かばないし、運指もスケールごとに違うので、僕にとっては大変難しく、いっこうにスタンダードが弾ける様にはなりませんでした。でも、この考え方なら、頭で機械的にマイナーコードに置き換えてしまえば、あとはアウトプットはマイナースケールだけ、運指は一緒で、ポジションや始める音が違うだけです。

 大学生の頃から地道に練習してきましたが、全くジャズギターは上達した気がしませんでした。ロックギターは弾き始めてから割とすぐに上達をしたので、「俺はジャズギターにはむいていないのかな?」とまで考えていました。

 今まで独学でやってき断片的な知識や技術が音を立てて繋がり始めました。何年経ってもスタンダードがろくに弾けなかったのに、この「世紀の大発見(笑)」の後はあっという間に弾けるようになりました。

スクリーンショット

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR