FC2ブログ

僕の音楽史(153)

【1991年】

 武田謙治(g)一色剛(p)脇義典(b)西尾研一(ds)のカルテットで人生初めてのジャズバンドで活動を始めるようになってからは、今まで以上にギターの練習をしていました。

 僕は今でもそうですが、当時も自分のオリジナル曲を中心に演奏していくことはあまり考えていませんでした。もともと「曲を書く」と言う習慣はあまりなかったですし、良いメロディや曲が浮かぶことは残念ながらあまりありませんでした。「オリジナル曲を書いて自分の音楽を聴いてもらいたい」と言うよりもむしろ「技術的にギターが上手くなりたい」という気持ちが大変強かったと思います。したがって、必然的のバンドで演奏する曲はほぼスタンダードでした。

 僕とドラマーの西尾さんがサラリーマンであることもあって、リハーサルは日曜日の日中でした。西尾さんや一色君が東工大ジャズ研のメンバーであったこともあり、部室でリハーサルができたことは非常に大きなメリットでした。自宅からは1時間くらいかかるので決して近いとは言えませんが、スタジオ代金がかからないことは大きなメリットでした。

 メンバーが初めて集まって音を出したのが、91年7月、その後は月2回ほどのペースでリハーサルを続けていました。リハーサルとは言っても、僕がやりたいスタンダードを当日持ってきて演奏するだけのものでしたが、それでも何回か演奏すると、それぞれのメンバーの特徴がつかめて、少しづつまとまり感が出てきました。メンバー3人の演奏はそれは素晴らしく、参考になることが大きかったのですが、そんな中でも西尾さんのドラムには、もうぞっこんでした。

 夏も終わり、涼しくなったある日のリハーサルで西尾さんが言います。

 「工大祭で演奏します?」



DcV18rGUwAI6NnP.jpg

※写真は当時の東工大部室のものではありません。

僕の音楽史(152)

【1991年】

 1991年、やっとの事で人生初のバンドを始めることとなりました。

 メンバーは「武田謙治(g)一色剛(p)脇義典(b)西尾研一(ds)」の4人です。

 4人の初顔合わせの時の演奏音源が実は残っています。とは言っても、僕のカセット・ウォークマンで録音したので、音質は全くもって良くないのですが、それでも演奏の雰囲気は伝わると思います。

 その日演奏したのは、このカセット・テープに収録された曲「Solar/The Gentle Rain/All Blues/Lazy Bird/All The Things You Are」だったようです。演奏の詳細についてはもちろん覚えちゃいないのですが、最初に僕が「Solar」を弾き出したのは多分「Question &Answer / Pat Metheny」が発売された頃で、この曲を練習していたからと思います。この演奏が人生初リーダー・バンドでのこの4人で初めての演奏でした。そして、「Lazy Bird」はもちろんマルティーノの演奏をコピーしていたからですね。多分この時はまだコルトレーンの演奏は聴いた事なかったのだと思います(笑)。

QA.jpg east.jpg


 この演奏が終わった後4人顔を見合わせて大笑いしたのを覚えています。すごく手応えを感じました。そして、3人のテクニックやドライブ感の照準が結構いい感じにあっているなと感じました。

 その時の演奏の中から「Solar」と「The Gentle Rain」の2曲をアップしておきます。僕自身のギターではこの頃からもう今と全然変わっちゃいないですね。メセニーとマルティーノに強力に影響を受けていて、この頃はもうブルース・フォアマンやジョー・パスの影響は影を潜めていますね。そして、今よりも圧倒的に勢いがあります。30年前の20代後半の演奏ですから、無理もないですね。

ギターはまだGibson ES-175 NTの購入前でYAMAHA AE-2000で、東工大ジャズ研部室のメーカー不明のアンプ直の潔いセッティングですw。

 僕はリハーサルやライブの演奏は基本ほとんど録音していて、自分自身が演奏した膨大な数のカセットやMD、音源、動画を所有していますが、あまり整理しているとは言えません。したがって、この膨大なソースを整理しながらこの音楽史の中で紹介していきたいと思います。


 

僕の音楽史(151)

【1991年】

 年が明け1991年になりました。

 メンバーは3人決まりました。武田(g)、一色(p)、西尾(ds)であとはベーシストを決めるだけです。僕も一色君ももう候補者がいないということもありましたし、ベーシスト、ドラマーのコンビネーションは一番大切であることも認識していましたので、西尾さんに聞いてみました。

 「いいっすよ、やってくれるかわからないですけど、ひとりいい奴いますから」

 そうして、メンバーに加わってきたのが脇義典君です。

 この名前に聞き覚えのある方はジャズ好きの方ですね。現在もニューヨークを拠点に活動を継続し、日本では人気ピアニスト山中千尋さんのリーダーバンドで素晴らしいプレイを聴かせてくれているベーシストです。当時はまだ東京大学に籍を置く大学生でした。

 早く活動を始めたいということ、何より他の候補者がいないわけですから、まずは顔見せを兼ねて早く4人で音を出したいということで西尾さんに調整してもらい、東工大の部室でリハーサルをすることにしました。

 僕が予想した風貌とは全く違う学生さんが現れました。

 勝手な思い込みですが、ベーシストというのは「比較的大柄でふくよかな身体、口数は少ないが表情が柔らかく、他のメンバーを和ませてくれる」みたいなイメージを持っていましたが、彼は全く違っていました。「体はほっそり痩せていて小柄、色白で少し神経質」っぽく見えました(笑)。もっとも、それは「東京大学」ということが先入観をより大きなものにしたのかもしれません。もちろん付き合ってからは、印象は随分と変わりましたが。もちろん良い意味ですよ(笑)。

 彼も西尾さんと同様、定期的に活動しているバンドはないということで、ベーシストとして一緒に活動してくれることとなりました。

 1991年、やっとの事で人生初のバンドを始めることとなりました。

 メンバーは「武田謙治(g)一色剛(p)脇義典(b)西尾研一(ds)」の4人です。

waki.jpg

僕の音楽史(150)

【1990年】

 部室入り口のドアが開いて大きな男性が入って来ました。この方が僕がその後、幾たびか音楽活動を共にすることになる素晴らしいドラマーの西尾さんでした。

 彼との出会いは僕にとって衝撃的で、今でもはっきりと覚えています。

 予定のドラマーが約束の時間に来なかったため、練習を切り上げて帰り仕度をしている中、彼は部室に置いてある自分のドラムパーツをたまたま取りに来たのでした。もちろん僕は彼とは面識がありませんでしたので、ペコっと頭を下げただけですが、ピアノの一色君が敬語を使って何か会話している様子で、彼は東工大ジャズ研のメンバーであり、一色君の先輩であることが何と無く分かりました。

 「ドラマーでしたか?今日ドラマーが来なかったんで、せっかくだからちょっとだけ叩いていただけませんか?」

 図々しくお願いしてみました。

 「いいっすよ」

 帰り仕度を途中でやめ、楽器をセッティングして再び演奏の準備を始めました。わざわざ来たのだし、せっかくだから思い切り演奏して、すっきりした気持ちで練習を終わりたいと思いました。

 ミディアム・スィング、確かグレイター・ラブを演奏しました。演奏しながら、もう震えが止まりませんでした。

 今まで一緒に演奏してきたドラマーと彼はまるで違っていました。正に「ジャズ・ドラマー」、そして「コンボ(ビッグバンドではなく)のドラマー」でした。そして、うまく言葉で表現できませんが、これほどまで「ジャズ」を感じさせてくれたドラマーと一緒に演奏したことは今まで一度もありませんでした。180㎝以上の長身の体格通りのパワフルなドラミングにノックアウトされてしまいました。

 その場は一緒に数曲演奏しただけで終わりました。ただ、家に帰っても彼のプレーがどうしても忘れられませんでした。後に彼のことを一色君に聞きました。名前は西尾研一、年齢は多分僕と同じくらい、東工大のジャズ研出身で、某有名企業のサラリーマンやりながら今も音楽活動を継続して行なっている等々。

 一色君から西尾さんの連絡先を聞いて、数日後に彼に電話しました。いくつかのバンドを掛け持ちで叩いているものの、固定で定期的にリハをやっているバンドは今はないということで、快く引く受けてくれました。

 これでドラマーが決まりました。後はベーシストを決めるだけです。

19959437_2048254322127318_6868568549280261347_n.jpg


 

僕の音楽史(149)

【1990年】

 今回から1990年と前回の内容から約2年ほど先に進んでいます。

 音楽とは直接関係がありませんが、90年初頭に男の子が生まれました。そんなこともあって、僕も妻も子育てに奮闘していて、音楽どころではなかったのだと思います。バタバタしていて、あまり音楽的な出来事の記憶がありません。布川さんのレッスンは正確には覚えていませんが、子供が生まれる前に一時は休んでいて、子供が生まれてから再開したような気がしています。

 子育てのバタバタが少し落ち着いた頃に再びバンド組みたいという気持ちが再び強くなって来ました。

 ここで東工大の一色君というピアニストが僕の音楽史に登場してきます。どういう形で彼と知り合ったのか正直覚えていないのですが、多分、以前この記事にも書いた同じ東工大のベーシスト荻原さんから紹介してもらったのだと思います。彼も布川さんや荻原さんと同様、東工大のジャズ研メンバーでした。

 彼と一旦東工大のジャズ研部室で会い、簡単な音出しをして、一緒に活動をしてもらえるという意志を確認できました。これで「ようやくバンド活動ができる」と、とても嬉しかったように記憶しています。僕がやりたいバンド編成はギター、ピアノ、ベース、ドラムスのギター・カルテットでしたので、彼と残りのメンバー、ベーシストとドラムスを探そうということになりました。

 彼の知り合いベーシストや僕のライト時代の先輩ドラマー等、何人かと何回かに分けて一色君と部室で音出しをしました。いずれも方々も音楽的趣向の違い、本人が一緒に活動する気持ちがない、スケジュール的に無理などの理由から半年間ほどベースとドラムのメンバーが一向に決まらず、未だバンドでの活動ができず、メンバー探しは暗礁に乗り上げていました。

 そんな状態が続いて何ヶ月か経った頃のことです。一色君と彼の紹介するベーシスト、ドラマーと東工大部室で音出しをする約束をしていたのですが、約束のドラマーが時間が過ぎても来てくれません。ドラム抜きの3人で音出しをしましたが、面白くないので小一時間ほど演奏したのちに帰ろうということになって後片付けをしていたところに、入り口のドアが開いて大きな男性が入って来ました。

 この方が僕がその後、幾たびか音楽活動を共にすることになる素晴らしいドラマーの西尾さんでした。

※下写真は当時の東工大部室ではありません。
DcV18rGUwAI6NnP.jpg

 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR