FC2ブログ

僕の音楽史(168)

【1993年】

 表彰の後に審査員のミュージャンとちょっとだけ話す機会がありました。僕はギタリストなので審査員の中で唯一ギタリストであった沢田駿吾さんにお礼を言うために話しかけました。沢田さんはニコニコしながら「うまいね。とっても良かったよ!」と言ってくれました。日本人ジャズギタリストの草分け的存在の方に認められた気がして大変嬉しかったことを覚えています。 

images-8.jpeg


 グランプリを獲れたことはもちろん嬉しかったのですが、手放しで喜べない事情もありました。

 グランプリの副賞は「オーストラリア演奏旅行」と「浅草ビューホテル・ツインルーム宿泊券」でした。宿泊券の方はともかくとして、オーストラリア演奏旅行にメンバー全員が参加できるかがとても心配でした。

 ドラムの宇山君は、当時ミュージシャンを目指し頑張っていて、まだ音楽活動もそれほど行なっていないような状況でしたので、比較的容易にスケジュールを空けられそうでしたが、僕を含めて残りの3人はスケジュールを空けられるかがとても心配でした。

 オーストラリア演奏旅行の内容は「台東区文化親善使節団」として9月30日〜10月8日の9日で「マンリー・ジャズ・フェスティバル」への参加とシドニー、ゴールドコースト等での演奏やパーティ参加、観光とのことでした。僕とピアノの阿部君はサラリーマンでしたし、ベースの荻原さんは、東工大大学院在籍の学者さん?だったので、長期の休みをこの時期にもらえるかどうかがとても不安でしたが、結果全員なんとか休暇を取れる目処が立ち、ほっと胸をなでおろしました。そもそも「休みが取れそうもないので、辞退します!」なんてことはとても言えない状況に事はどんどん運んでいきました。

 浅草ジャズコンテストのグランプリの余韻に浸っている頃に雑誌でこんな記事を見つけます。

 「第8回吉祥寺音楽祭/ジャズコンテスト出場者募集」

僕の音楽史(167)

【1993年】

「バンド演奏全部聴いていたけど、褒められていたバンドはあなた達のバンドしか無かったわよ。絶対優勝だわ!」

 コンテストの審査発表となりました。もちろんはっきりしたことは覚えてはいませんが、確かボーカル部門の方から発表があったのだと思います。

 当時のパンフレットを見るとボーカル部門、バンド部門でそれぞれ敢闘賞、審査員特別賞、ベストプレイヤー、銅賞、銀賞、金賞、グランプリという多くの賞が用意されていたようです。バンド部門では10バンド出場していたようですから、全体の人数からしても、何らかの賞を取れる確率が比較的高いなとも考えられますが、テープ審査で50組くらいの応募があったそうなので、妥当なのかもしれませんね。

 表彰式は下の賞の発表から順に行い、該当バンドが壇上に呼ばれて賞品、賞金の目録とトロフィー等を受け取るという普通の形態でした。順に敢闘賞、審査員特別賞、ベストプレイヤー賞の発表がありましたが、いずれも我々のバンドは呼ばれません。ここまで発表があったところで、まず入賞は確信しました。あんだけ褒められて、何も貰えないってことはないだろうと思いました。審査発表が進みます。銅賞、銀賞でも呼ばれません。

 ここからは記憶がはっきりしてますw。ピアニストの阿部君が顔を緩めて僕を覗き込みながら言います。

 「おや?おや?もしかして?もしかしますか〜?w」

 金賞の発表です。なんと、呼ばれません。

 「はぁ?マジですか?」

 阿部君は少し意外な様子で僕に言います。

 「金賞とグランプリは違うから!」

 阿部君にすかさず僕は怒ったように突っ込みますw

 ここまできて、さすがに僕はグランプリを確信しました。


 そして、少し間をおいて「グランプリは武田謙治グループです!」

 予想通り呼ばれましたw。メンバー4人と壇上に上がります。皆んな関心が無かった割には随分と嬉しそうにしていたので、少し安心したことを覚えています。

 カミさんはもう満面の笑みですw。
 
IMG_3189.jpg

僕の音楽史(166)

【1993年】

 そして、僕らの演奏の順番が回ってきました。

 予定通りパット・マルティーノの「The Great Stream」を演奏しました。僕らはまだ結成まもないこともあり、スタンダード以外のレパートリーは、これくらいしかありませんでした。

 この曲はマルティーノの代表曲でもあり、ギターファンの方はご存知の方も多いと思います。ギター&ピアノのソロを挟んで、難解?キメの多いテーマがあります。1コーラスが長いため、演奏5分と決められていたこともあり、ギターとピアノで1コーラスずつ取ろうとあらかじめ尺を決めていました。

 現在その時の演奏を聴くことができませんが、紹介文に書いた「正確無比なテクニック。溢れるごとく湧き出るフレーズ。完璧な我々の演奏をお楽しみください!」とは程遠い演奏だったと思います。少なくとも僕はですけどw。キメのテーマは崩壊することなく終えましたが、個人的にはジャズ・コーラスという慣れないアンプで最悪とも言える音質での演奏だったので、演奏を終えた直後はすごく落胆した記憶があります。

 演奏の後、審査員2人の講評を舞台上で聞きます。一人は僕がギタリストであることもあって、沢田駿吾さんだったと思います。もう一人は誰だったかは覚えていません。ふたりのコメントは揃って意外でした。

 「うまいね。素晴らしいよ。君たちアマチュアw?」

 予想に反して、高評価ですw。と言うか、それを通り越して大絶賛ですw。

 「リズムがスイングしていて、いいね。特にドラムは2拍4拍でしっかりハイハットを踏めている。アマチュアの人、これを正確に踏めない人たちが多いんだよ!素晴らしい!」

 何一つ問題点を指摘されず、好評のコメントをいただきました。

 コンテスト出場者の演奏が終わり、審査発表までの間に見にきていたカミさんと合流して、客席からゲスト・プレイヤーや昨年度グランプリのバンド演奏を聴きます。

 彼女は言います。

 「バンド演奏全部聴いていたけど、褒められていたバンドはあなた達のバンドしか無かったわよ。絶対優勝だわ!」

 彼女の心はもうオーストラリア旅行で一杯のようでした。w

 
IMG_3189.jpg

 

僕の音楽史(165)

【1993年】

 3月20日(日)「浅草アマチュアJAZZコンテスト」の当日になりました。会場は浅草公会堂ホールでした。最初に心配だったのは、コンテストに無関心なメンバー達がちゃんと時間通り集まるか?でしたw。

 会場が昼過ぎてからということもあって、流石にメンバーはちゃんと揃いました。そんな僕も、当日のパンフレットを見て初めて【ボーカル部門】と【バンド部門】に分かれていることを知ったくらいですから、人のことを無関心なんて言えません。

 パンフレットを見て吹き出してしまいました。メンバーの写真、ドラムの宇山君はなぜか上半身裸ですし、ベーシストは別の人間が写っています。事務局へ送る写真をリハ終了時に写したのですが、荻原さんが帰ってしまった後だったので、しょうがなく部室にいた部員に声をかけて一緒に入ってもらったのを思い出しましたw。

 僕らのバンド紹介にこんなことが書いてあります。

「正確無比なテクニック。溢れるごとく湧き出るフレーズ。完璧な我々の演奏をお楽しみください!」

 随分と傲慢でおもいあがったコメントですw。これは応募の際に紹介コメントの記入の必要があり、文章が全く浮かばなかったので、レコード棚からパット・マルティーノのレコードを何枚か取り出して、そのレコード帯に書かれたフレーズを適当にアレンジして書いておいたものです。自ら随分とハードルを上げちまったなと思いました。穴があったら入りたいと感じましたw。

 リハーサルが少しだけありました。「All The Things You Are」を演奏しました。普段は部室の狭い空間で演奏しているので、このようなホールでの演奏は非常にやりづらかったように記憶しています。また、ギターアンプも確かジャズ・コーラスで、普段ポリトーンを使っている僕には強力な違和感でした。持って来ればよかったと後悔しました。 

 普段僕のライブなんて見に来ることのないカミさんが、3歳の子供を連れて見にきました。彼女の関心ごとは僕らの演奏ではなく、グランプリ獲得での賞品「オーストラリア演奏旅行」でした。後で知ったことですが、この時から既にバンドが優勝したら便乗して自分もオーストラリア旅行を楽しもうと考えていたようでしたw。

 先にボーカル部門の演奏の後、僕らの演奏はバンド部門の後半だったと思います。

 他のバンド演奏はあまり真剣に聴かないほうがいいなと思っていましたが、楽屋にいるは暇なので、数バンドの演奏は聴きました。演奏の後に2人くらいの審査員がコメントを話します。審査員は皆現役のジャズ・ミュージシャンですので、思った以上に辛口コメントが多かったように思います。詳細はもちろん覚えてはいませんが、演奏が素晴らしいと感じたバンドに対するコメントを聞いて、ピアノの阿部君が「あの演奏でこんなこと言われるなら、僕らの演奏なんてボロクソ言われますね。全然わかっちゃいないいんじゃないですかね?」なんて呟いたのを記憶しています。

 そして、僕らの演奏の順番が回ってきました。

IMG_3189.jpg

僕の音楽史(164)

【1993年】

 テープを送った後、約10日ほどでめでたく予選通過の連絡を電話で受けました。そして、その後郵送で通知が届きました。

 「浅草アマチュアJAZZコンテスト」の本戦で演奏ができることが決まったのですが、もともと「人前で演奏する機会を持ちたい」「ライブ活動を始めるきっかけが欲しい」が大きな目的だったので、後になって色々と詳細がわかって少し欲が出てきました。

 グランプリを獲得するとオーストラリア演奏旅行招待という素晴らしい副賞がありました。主催の台東区の姉妹都市がオーストラリアのマンリー市ということで、マンリー・シャズフェスティバルに出演ができるということを後になって知りました。

 ジャズ評論家の本多俊夫さん、シャープ&フラッツの原信夫さんほか有名ミュージシャンが審査員であることも後になって知りました。とりわけ僕が気になったのは審査員の中にギタリストの沢田駿吾さんがいたことでした。
 
 沢田駿吾さんについては大学時代に何枚かレコードを購入していて、既に聴いたことはありましたし、当時ルーツ音楽院の学長(?)を務めておられて、そこが発売していたカセット付きのギター教本で学習していたこともありました。このような日本を代表する王道ジャズ・ギタリストに僕のギター演奏を聴いてもらうのはもちろん初めての事でしたし、どう評価していただけるかもとても心配でした。

 本戦大会は3月20日(日)という事で、あまりリハの時間もありません。当日は1曲のみの演奏です。まだレパートリーも多くないのと、応募テープに収録した曲がよかろうということもあって、パット・マルティーノ「The Great Stream」を演奏することに決めました。

 相変わらず僕以外のメンバーは無関心でしたね。

IMG_3168.jpg

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR