FC2ブログ

ギター購入騒動記(128)

2020年1月12日(日)楽器を売って手に入れるか?!

「まだ調査中やセットアップ調整が終わっていないのではっきりしたことは言えないのですが、XX万くらいを想定しています。」

 「えっ?まじですか?」

IMG_3181.jpg

 想像以上に価格は下がっています。やはりこの手のビンテージ楽器はオリジナル・パーツってのは大切なのでしょう。僕にとってオリジナルはそんなに重要ではありません。ペグやフレットなどは新しい方がいいです。むしろ重要なのは、一番はもちろん「音」なのですが、ルックスでいうと「ギザギザ・テールピース」と「ボディ前面に大きな打痕や傷がないこと」と「ウェザーチェックはほどほどに」なのです。この楽器は嬉しいことにこの3点を十分満たしていました。

 試奏に来た時は正直全く買う気などなかったですし、買おうにもさすがに資金不足と思っていました。ところがこの価格なら手持ち楽器を売って残りを手持ち資金を足せば買えない金額ではありません。

 一旦はギタプラを後にし、帰宅途中の電車の中で考えました。

 「よし、所有楽器4本を売ろう!先ずはGreco175もどき、そしてフェンダージャパン・テレキャス、アイバニーズのエレガット、うーん、よし、オービルの175も手放すしかないか?!」


dc5edd4e748482ffe187fc1ae7c58aa64844e5.jpg 3fa7301e56704edf6199c2a84c8bc317e80f5b.jpg
c553b140477a2c5adbed981174af44da327442-2.jpg bd4d4fff84efb87b77e35c6c70728a20c5e9ae-2.jpg

 もちろんこの4本売ったところで例の63年175の金額には達しませんが、半分以上はまかなえます。

 ギタプラSさんには63年175の正確な販売価格と4本の所有楽器の下取り予想額およびオービルを売ってまで手に入れる価値のある楽器かを再度見極めるために後日来店する旨をメッセージで送りました。

 ところが、自宅に帰ってオービル175を久しぶりに弾いたところ、この楽器の素晴らしさを再認識してしまい、手放せなくなってしまいましたw。
 

ギター購入騒動記(127)

2020年1月12日(日)これは素晴らしい!

 新年の挨拶を兼ねてこの日ギタープラネットに遊びに行きました。実は前日にSさんから「仕様変更等が多々あって、どうかな?と思っている訳あり175の1PUが入荷したので武田さんに試し弾きしていただきたい。」とのメッセージをもらっていました。ちょうど良いなと思いました。

 お店に行って、Sさんに新年のごあいさつをした後、早速「訳あり175」を見せてもらうことにします。

 下の写真の楽器でした。

IMG_3211.jpg


 1963年製もしくは1967年製のES-175ということでした。この頃はシリアルナンバーの被りがあって、シリアルだけでは年代がどちらかはっきりしないとのことですが、他の要素を考えると63年製であることが濃厚とのことです。いずれにしてももう50歳を超えた楽器です。その割には大きな傷もなく、程よくウェザーチェックが入っています。

 一体何が「訳あり」なのかと言うと、Sさんが言うには下のような事のようです。

 「リフレット、リナット、ペグ交換、トラスロッドカバー交換、トラスロッド交換、及びネックバインディング巻き直しによりポジションマーク無し、オーバースプレーの可能性有り」

 要するに前のオーナーさんによる大改造が行われていて、オリジナル状態から程遠い状態のであると言うことの様です。

 「訳あり」と言うと「大きな打痕や傷」「ネックの反りやねじれ」のケースがほとんどです。キズなら気にならなければOKですが、ネックの反りやねじれの場合は致命的です。いくら値が下がっても修理調整に別途お金がかかってしまいます。

 楽器を手に取って生音で弾きます。この頃の175、特に1PU仕様は重量がびっくりするくらい軽いです。

 生音は特有のビンテージサウンドです。

 「これは素晴らしい!」

 すでに1952年製P-90の175を所有しています。比較的それに近いサウンドでが、もう少し硬質で乾いた音です。そして弦高がギリギリまで低く、ちょっと押さえただけで音が出るような最高に弾きやすい楽器でした。

IMG_3027.jpg

 難点はネックバインディング巻き直しのためにポジションマークがない事です。フレット移動の大きいフレーズは間違えてしまいます。無意識のうちにこのポジションマークを頼りに弾いていることを自覚しました。

 10分くらいずっと生音で弾き続けていました。手放せなくなるくらいに魅力のあるビンテージサウンドでした。

 試奏の後にSさんに伝えます。

 「色々と改造されていますが、プレイヤー視点でいうと全く問題ない素晴らしい楽器と思いますね、ポジションマークがないことを除いてはw。オリジナル商品にこだわる方やコレクターの方にはダメと思いますけど。こんなに弾きやすい175は初めてなくらいです。」

 175愛好家としての率直な感想を述べます。

 「この年代の175は50万以下では絶対買えないですよね。この前175の1PUを買ったばかりなんでさすがにもう買えないなw。ちなみに販売価格はどのくらいですか?」

IMG_2711.jpg


 「まだ調査中やセットアップ調整が終わっていないのではっきりしたことは言えないのですが、XX万くらいを想定しています。」

 「えっ?まじですか?」

ギター購入騒動記(126)

2020年1月3日(金)新年の挨拶

 昨年末はエレガット、エレアコに振り回されてしまいましたがw、それが一段落するとまたまた本来の175に頭が切り替わってきました。

 昨年末は仕事が立て込んでいたこともあり、御茶ノ水をうろつく時間的余裕もありませんでしたが、デジマートでES-175のチャックは欠かしていませんんでしたw。

 新年の挨拶を兼ねてギタープラネットSさんにはメッセンジャーを送りました。自分の近況報告や現在の興味の対象楽器等のお話をし、その時にいくつか在庫情報はいただきましたが、残念ながらこれと言って心を動かされるものはありませんでした。

 ギタープラネットではこの時点でもES-175が何本か在庫していますが、ほとんどがP-90ピックアップのものです。すでにP-90の1PUビンテージは購入済みですし、とても高価で金額的にもとても手が出ないものばかりです。

 ここのブログでも紹介し、以前購入を迷っていた70年代のチェリーサンバースト1PUは残念ながら売却済となっていました。また、ちょっとだけ気にしていたのは、以前エレガットを購入したイシバシ新宿店の(今も在庫あると思いますが)、同じく70年代のチェリーサンバースト2PUの175ですが、あえて試奏に行くほどまで惹かれるものはありませんでした。

IMG_2670.jpg c4fe6bb6feec159eeb649934258219d3592999.jpg

 また、ES-165も手軽なお値段で都内楽器店にありましたが、これもなぁと。そのうち所有したい一本ではありますがw、この値段に数万足せば175が手に入れられると思えば、少し魅力に欠けてしまいます。どちらかというとゴールドパーツはあまり好きではありません。

b2907d380ada2a8f5c80089f2ca65a7e64a0e1.jpg

 こんな感じで自宅のネットでES-175の写真を物色するに留まっていましたが、年始の挨拶を兼ねて一度ギタプラに遊びに行かなくてはと思いました。

ギター購入騒動記(125)

2019年12月9日(火)アンダーサドル・ピエゾ・ピックアップ装着(2)

「数千円のピックアップっちゃ、こんなもんか!」

 1〜3弦の音が他の低音弦に比べ極端に音量が小さく、これじゃ使い物になりません。

 しょうがないので、せめて弦高を下げて弾きやすいようにサドル削りだけはやっておこうと思いました。折角昨日サンドペーパーを買ってきたわけだし、今やっておかないと多分面倒になって当分この楽器には触ることはなくなると思います。

 オベーションのサドルはこんな奴です。この写真は僕のオベーションに付いていた現物ではありません。写真を撮り忘れたので、どなたかのブログに全く同じブツかアップされていたものを拝借しました。

サドル


 このサドル、ちょっと変わっていて(?)、弦の位置に合わせて突起しています。そして両端がその突起よりも高くなっています。もともとのピックアップに合わせて作られている形状なのでしょうが、どんなものだったかはもう捨ててしまったので、記憶にありません。いずれにしても今のピエゾ・ピックアップには不要の形と思います。

 まずは両端の突起している部分を他の弦の位置にある突起まで数ミリほどサンドペーパーで削ろうと思いました。これで弦高は数ミリほど下がるはずです。

 20分ほど削ったでしょうか、一旦サドルをセットしてまずは生音で弾いてみます。

 「おや?」

 明らか生音が違います。ボディの鳴りが良くなっているようでしたし、言葉で上手く説明できないですが、少し気に入らなかった1、2弦の少し安っぽい音が全く感じられなくなりました。ネットで調べていた時に「サドルは弦振動を直接ボディに伝えるところなので、音が変わるので注意が必要」と書いてありましたが、ここまで音が変わったのには少々びっくりでした。しかも、気に入った音に変わってくれたのは幸いでした。下が生音の動画です。もちろんこの程度の録音ではみなさんには伝わらないかもしれませんが、一応聴いてみてください。



 問題の弦高も丁度良くなりました。嬉しい限りです。アンプに接続して音を鳴らしてみました。

 「まじかよ!」

 1〜6弦の音量バランスが見事に解決していたのと、音量と言うか音圧も上がり、問題点一発解決!です。

 今現在もコンタクト・ピエゾはそのまま装着しています。まだ試してはいないですが、今回取り付けたアンダーサドル・ピックアップ と音をブレンドさせたらエアー感のある音が作れるのではないかと思ったりしています。

 実は、ずっとデジマートで「アダマス」をウォッチリストに入れて物色していたのですが、アダマスもどきが思わぬ形でよみがえってくれたので、もう購入する気がなくなりました。今の楽器でとりあえず大丈夫です。

 これにてアコースティック・ギター騒動はガット弦、スティール弦ともに一件落着となりました。

IMG_3167.jpg IMG_3152.jpg


ギター購入騒動記(124)

2019年12月9日(火)アンダーサドル・ピエゾ・ピックアップ装着(1)

 翌日12月9日会社から帰宅すると予定通りアンダーサドルのピエゾ・ピックアップが届いていました。早速取り付けにかかります。

ピエゾ

 まずは何の加工もせずにサドル下に埋め込み、元々の本体プリアンプに接続します。通常のエレアコと違ってボディ裏はパックリ開けることができるので、プラグ は簡単に挿すことができます。

IMG_3163.jpg

「音が出る!」

 プリアンプは壊れていたわけではなかったってことですね。プリアンプもチューニング・メーターもちゃんと作動します。

 チューニングをして実際の弦高を確認します。以前のピエゾより多少薄型のおかげか、壊れる前の弦高より多少低く感じられます。思ったより弾きにくくはなく、なんかこのままでも良いかなと思ってきました。音も以前のピエゾと全く遜色ありません。これが数千円ですから驚きです。

 しっかりとした音量で鳴らすため、階下のピアノ部屋にマルチエフェクターとアンプを持って音出しに行きます。そして、そこで気がついたことがあります。

 「だめだ、これじゃ使えない!」

 大きな音を出して気がついたことがあります。4〜6弦の音量に比べ、1〜3弦の音量が極端に小さいのです。

 再度弦を緩め、何回かピエゾを装着し直したりしました。サドルとしっかりと接触するように注意深く装着し直しますが、状況は全く変わりません。

 「数千のピックアップっちゃ、こんなもんか!」

 がっくりしましたが、何れにしても、やはり面倒くさがらず弦高を下げるだけはやっておこうと思い、買っておいたサンドペーパーでサドル削りはしておこうと思いました。

 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR