FC2ブログ

ギター購入騒動記(125)

2019年12月9日(火)アンダーサドル・ピエゾ・ピックアップ装着(2)

「数千円のピックアップっちゃ、こんなもんか!」

 1〜3弦の音が他の低音弦に比べ極端に音量が小さく、これじゃ使い物になりません。

 しょうがないので、せめて弦高を下げて弾きやすいようにサドル削りだけはやっておこうと思いました。折角昨日サンドペーパーを買ってきたわけだし、今やっておかないと多分面倒になって当分この楽器には触ることはなくなると思います。

 オベーションのサドルはこんな奴です。この写真は僕のオベーションに付いていた現物ではありません。写真を撮り忘れたので、どなたかのブログに全く同じブツかアップされていたものを拝借しました。

サドル


 このサドル、ちょっと変わっていて(?)、弦の位置に合わせて突起しています。そして両端がその突起よりも高くなっています。もともとのピックアップに合わせて作られている形状なのでしょうが、どんなものだったかはもう捨ててしまったので、記憶にありません。いずれにしても今のピエゾ・ピックアップには不要の形と思います。

 まずは両端の突起している部分を他の弦の位置にある突起まで数ミリほどサンドペーパーで削ろうと思いました。これで弦高は数ミリほど下がるはずです。

 20分ほど削ったでしょうか、一旦サドルをセットしてまずは生音で弾いてみます。

 「おや?」

 明らか生音が違います。ボディの鳴りが良くなっているようでしたし、言葉で上手く説明できないですが、少し気に入らなかった1、2弦の少し安っぽい音が全く感じられなくなりました。ネットで調べていた時に「サドルは弦振動を直接ボディに伝えるところなので、音が変わるので注意が必要」と書いてありましたが、ここまで音が変わったのには少々びっくりでした。しかも、気に入った音に変わってくれたのは幸いでした。下が生音の動画です。もちろんこの程度の録音ではみなさんには伝わらないかもしれませんが、一応聴いてみてください。



 問題の弦高も丁度良くなりました。嬉しい限りです。アンプに接続して音を鳴らしてみました。

 「まじかよ!」

 1〜6弦の音量バランスが見事に解決していたのと、音量と言うか音圧も上がり、問題点一発解決!です。

 今現在もコンタクト・ピエゾはそのまま装着しています。まだ試してはいないですが、今回取り付けたアンダーサドル・ピックアップ と音をブレンドさせたらエアー感のある音が作れるのではないかと思ったりしています。

 実は、ずっとデジマートで「アダマス」をウォッチリストに入れて物色していたのですが、アダマスもどきが思わぬ形でよみがえってくれたので、もう購入する気がなくなりました。今の楽器でとりあえず大丈夫です。

 これにてアコースティック・ギター騒動はガット弦、スティール弦ともに一件落着となりました。

IMG_3167.jpg IMG_3152.jpg


ギター購入騒動記(124)

2019年12月9日(火)アンダーサドル・ピエゾ・ピックアップ装着(1)

 翌日12月9日会社から帰宅すると予定通りアンダーサドルのピエゾ・ピックアップが届いていました。早速取り付けにかかります。

ピエゾ

 まずは何の加工もせずにサドル下に埋め込み、元々の本体プリアンプに接続します。通常のエレアコと違ってボディ裏はパックリ開けることができるので、プラグ は簡単に挿すことができます。

IMG_3163.jpg

「音が出る!」

 プリアンプは壊れていたわけではなかったってことですね。プリアンプもチューニング・メーターもちゃんと作動します。

 チューニングをして実際の弦高を確認します。以前のピエゾより多少薄型のおかげか、壊れる前の弦高より多少低く感じられます。思ったより弾きにくくはなく、なんかこのままでも良いかなと思ってきました。音も以前のピエゾと全く遜色ありません。これが数千円ですから驚きです。

 しっかりとした音量で鳴らすため、階下のピアノ部屋にマルチエフェクターとアンプを持って音出しに行きます。そして、そこで気がついたことがあります。

 「だめだ、これじゃ使えない!」

 大きな音を出して気がついたことがあります。4〜6弦の音量に比べ、1〜3弦の音量が極端に小さいのです。

 再度弦を緩め、何回かピエゾを装着し直したりしました。サドルとしっかりと接触するように注意深く装着し直しますが、状況は全く変わりません。

 「数千のピックアップっちゃ、こんなもんか!」

 がっくりしましたが、何れにしても、やはり面倒くさがらず弦高を下げるだけはやっておこうと思い、買っておいたサンドペーパーでサドル削りはしておこうと思いました。

 

ギター購入騒動記(123)

2019年12月8日(月)アンダーサドル・ピエゾ・ピックアップをセット購入(1)

 NTX-1200R購入でエレガット問題は解決すると、今度はエレアコのオベーションもどきCE-44のことが再び気になりだしましたw

IMG_3060.jpg


 何が気になっていたかというと、アンダーサドル・ピックアップの破損で取り付けたコンタクト型ピエゾの音がやはりどうも気に入らないってことです。

 音質はマルチをかましてそこそこまともな音は作れますが、全く音の出力が低すぎるのです。GT-1のプロセッサーやプリアンプの出力をフルにしないと他の楽器とのバランスが取れません。しかも、ギター側の音量調節やイコライザー、チューイングメータが使えないのは、やはり気に入りません。

 色々考えて、やはりアンダーサドルのピエゾにしようと思いました。アマゾンで購入し、自分でセッティング&調整してみようと思いました。

 ネットで調べると色々な種類が出ていましたが、印象は「安すぎる!」です。

 数百円から高くても数千円です。ネット・ショッピングでは大概安価なものを探すのが普通ですが、今度は高い商品を探すと言ったちょっと奇妙な感じです。そんな中で下の商品を選びました。Musiclily アコースティックギター用ピックアップです。もう少し高めのものがあれば良かったのですが、なるべく薄めのものを選びました。

 アンダーサドルを取り付ければ、ピエゾの厚み分弦高が高くなるわけで、またまた弦高問題が復活します。したがって、ヤスリでサドルを削ることが必須となりますので、それに備えてサンドペーパーも購入しておくことにしました。

ピエゾ



 そして、ブツは明日届きます。さすがアマゾンです。

ギター購入騒動記(122)

2019年12月1日(日)NTX-1200R 購入!

 今日は朝からカミさんが出かけていることもあって、午前11:00の開店時間を過ぎたくらいにイシバシ楽器新宿店に向かいました。

 脇目も振らずアコースティック楽器の売り場に直行です。若い店員さんを見つけ即声をかけます。

 「デジマート見て来ました。ヤマハのNTX-1200Rが中古でありますよね?!試奏させてください」

 あまりに急なことで店員さんもちょっとびっくりしたようですが、早速用意してくれました。

IMG_3152.jpg


 音を出す前に楽器をまずチェックです。表面に僅かばかりの擦り傷はありますが、打痕傷など全くなく新品同様です。この前国分寺の島村楽器で弾いたNTX-700やカタログ写真に比べると、ボディが少し焼けているようですが、それがまた気に入りました。良い色です。

 生音で弾きます。音はあくまでマイルドで好みの音です。僕はスティール弦は硬質な音が好きですが、ガットは丸味のある音が好きです。NTX-700もそうでした。このシリーズの楽器の音の特徴なのでしょう。弾きやすさはNTX-700と同じく、スムーズに指が動きます。

 アンプに直につっこみ、軽くリバーブをかけて弾きます。これだけで、僕のアイバニーズを超えました。

 5分ほど弾きました。もう十分です。

 「これ買います!」

 なーんか見覚えのある店員さんです。それもそのはず、今現在所有のアダマスもどきはここで買ったのでした。

 ここ最近買って来た楽器に比べれば金額的には安価ではありますが、手持ち資金はありませんので、カード払いです。支払日までにお小遣い稼ごうと思いますw。

 ケースもヤマハの純正付、新品12万の楽器が6万なのですから、こんなトクな買い物はありません。

 自宅に帰って、DV MARK LITTLE に挿して鳴らしてみます。

 「良い音だ!」

 嬉しくて涙が出て来ましたw

 早速来年1月のライブで投入します!


【2019年12月1日時点での所有楽器・機材】

<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
GA40SFCE-NT(Ibanez) 16年新品で購入
Telecaster (Fender Japan) 16年中古で購入
Anygig AGN Nylon Full Scale Crassic Travel Guitar  17年新品で購入
Celebrity Elite Limited Edition CE44 Reverse Blue Burst (Ovaition) 18年新品で購入
ES-775 1990(Gibson)18年中古で購入
FA-GP C/BLD(Tokai)18年新品で購入
ES−175 Orville by Gibson 18年中古で購入
N-60 "Natural" (Greco)19年中古で購入
ES-175 1952 (Gibson)19年中古で購入
ES-175 1959 VOS 2012 (Gibson Memphis)19年中古で購入
NTX-1200R (YAMAHA) 19年中古で購入

<Effect・周辺機器>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GT-1 (BOSS) マルチエフェクター 18年新品購入
MIDX-20 Dual USB MIDI Host (PRIMOVA SOUND) 19年新品購入
MIDI COMMANDER (MeloAudio) 19年新品購入
FS-6 (BOSS) フットスィッチ 19年新品購入

<Amp>
RhythmMini5(Vox) 14年新品購入
VT40X (Limited Edition) 17年中古で購入
VFS-5 17年ヤフオクで落札 
DV Mark Little Jazz 19年新品購入

ギター購入騒動記(121)

2019年11月30日(土) NTX-1200R !

 28日(木)のライブではエレガットで2曲ほどバラード演奏しました。所有のアイバニーズエレガットで演奏しました。メンバーもお客様も「良い音だった」と言ってはくれましたが、個人的には納得できるものではなく、やはりもう少しまともな楽器が欲しいという気持ちを大きくするものでした。

 島村楽器の店員さんが言っていた「この楽器、確か上位機種があったと思いますね!」を思い出し、NTX-700の上位機種を確認するためヤマハのHPを見てみます。

 ありました、ありました。 NTX-1200R!

 NTX-700と1200Rのスペックの違いは下のような感じです。

NTX700
希望小売価格: 62,000 円(税抜)
演奏性に優れた薄胴(胴厚:80-90mm)
表板はスプルース単板
裏・側板はナトーまたはサペリ
A.R.T. 2way ピックアップシステム搭載(SYSTEM-61)
img56306994.jpg

NTX1200R
希望小売価格: 120,000 円(税抜)
演奏性に優れた薄胴(胴厚:80-90mm)
表板はシトカスプルース単板
裏板・側板はローズウッド単板
A.R.T. 2way ピックアップシステム搭載(SYSTEM-61)
1200.jpg


 見た目はほぼ同じですが、ボディ材やネックが上質な木材を使っているようです。新品は定価12万(実売価格は約10万)、島村楽器で弾いた700の約2倍の価格です。プリアンプは同様です。さてさて、中古楽器はあるのでしょうか?早速デジマートで確認します。

 ありました、ありましたw、しかも、射程距離に!お茶の水のクロサワ楽器と新宿のイシバシ楽器です。値段はどちらも6万円台!

 思った通りです。NTX-700新品は実売5万円台、定価では約2倍の1200Rは中古で6万台なのですから、どう考えても1200Rの中古を買うしかありません!

 Youtubeで700と1200Rの演奏動画で音を確認します。違いははっきりとわかりませんでしたが、現状のエレガットに不満があるわけですから、何も安い方を買う事はありません。それでは、また後悔してさらに良い楽器が欲しくなってしまうでしょう。

 善は急げ、早速明日試奏に行くことにします。ターゲットはイシバシ楽器新宿店のブツです。こちらの方はクロサワ楽器より5千円くらい高かったのですが、クロサワの方はねじに欠損等があり状態はイシバシのものの方がよさそうです。したがって、先にイシバシ新宿の試奏をして、問題ありの場合はクロサワに向かう計画にしました。
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR