FC2ブログ

JAZZ GUITAR STANDARD EXERCISE

【第4回】There Is No Greater Love

 この曲は多分スタンダードの中で一番弾いた回数の多い曲の一つと思います。20代後半の頃、布川さんの自宅レッスンで初めて覚えた曲です。そして、若かりし頃、この曲を弾いて、吉祥寺ジャズコンテストで優勝しました。審査員の故澤田 駿吾先生にもすごく褒められた、そんな思い出深い曲です。

 キーはB♭、マイナーとメジャーの関係調の転調やテーマ繰り返しの1カッコ、2カッコのCm7とC7の弾き分け(今ではそんなことは考えてはいませんが...)、エンディングの時のⅡⅤⅢⅥの繰り返しとか、みんなこの曲で覚え、そして練習しました。バンド始めた当初は、馬鹿の一つ覚えのように必ずライブで演奏していました(この前やったライブでも演奏しましたw)。

 昔は「得意な曲」と思っていたのですが、最近はこんなスタンダードが一番難しく、意識すればするほど上手く弾けないことを痛感しています(^_^;)。

 今回の演奏は、リズムやテンポ共に同じもので、文字通りテイク1、テイク2です。実はこの演奏の後、テンポとリズムを変えて演奏動画を撮ろうと思っていたのですが、椅子から立ち上がる時に、腰が少しピシッときまして。そう、ぎっくり腰ってやつですw。それで、ギター弾くどこじゃなくなってしまいw、現在、ソファに横になって安静にしておりますwwww。ご勘弁を!



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

JAZZ GUITAR STANDARD EXERCISE

【第3回】Someday My Prince Will Come / Waltz New

 この曲は大好きな曲ですし、ジャズに詳しくないお客様でも、大体は知ってる曲ですので、ライブでもやる機会が多いです。

 3拍子は苦手です。僕のフレーズ・ストックは、圧倒的に4拍の塊が多いので、そのまま弾くと1拍余ってしまいます。そこで、3と4の最小公倍数である12拍目(3拍子でいう4小節目)で合うまで流れるように弾ければいいのですが、口で言うほど簡単にはできませんw。したがって、3拍を意識しながら、恐る恐る弾いているのでw、動画のようにいつになく元気のない演奏になっているわけですw。

 いつもは、もっとゆっくりと、そして、テーマも単音ではなく、コード弾きを交えて弾いていますが、今回は、少し速め、テーマも単音にしています。



 別テイクは、Somedayのコード進行を借りて作られたジム・ホールの作品であるWaltz Newを弾きました(若干違う部分があります)。これまた、ライブではよくやるのですが、テーマは一度も満足な演奏ができた試しがありませんw。この動画も何箇所かミスタッチがあります。テーマはベースとユニゾンでやるのですが、どちらか一方が間違うと、それにつられて、他方も間違えてしまうことが多いですw。チェレンジの意味でライブで演奏をしています。



JAZZ GUITAR EXERCISE2

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

JAZZ GUITAR STANDARD EXERCISE

【第2回】Just Friends

  この曲は自宅でよく弾くのですが、ライブでは一度も演奏した事はありません。何故よく弾くかというと、「苦手なので、練習するため」です。

 ギターでJust Friendsというと、もうマルティーノのデビューアルバムでの演奏一択になってしまいますw。もちろん何十年も前にコピーはしましたが、今では全く弾けません。ただ、このテンポで演奏すると、意識せざるを得ません。最初の動画は先日Facebookに上げたテイクです。テンポが軽快な4Beatでやってますので、端々にかつてコピーしたマルティーノのフレーズが見え隠れしてます。wifiの調子が悪くて、カラオケに雑音やテンポのブレがあります。



 2テイク目はボサノバで、折角なんで楽器も変えてやってみました。悪い癖で、まったり弾くことは堪えきらずに、弾きまくってしまいましたが、まあ、しょうがないですねw。調子の良い時は、こんな速い音符もカシッとリズムにはまって、弾いていても気持ち良いのですが、近頃はしっくりはまることが少なくなってきたので💦、慌ててメトロノームカチカチやったり、この動画のようにカラオケをバックに練習したりしてるわけです。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

JAZZ GUITAR STANDARD EXERCISE

【第1回】Stella By Starlight

 新コーナーです!

 JAZZ GUITAR STANDARD EXERCISEという名前にしました。このコーナーの内容について説明します。

 一番の目的は、視聴者の方の教則的な演奏でもなんでもなくって「自分の演奏技術の劣化防止」のためなんですw。

 最近、基礎練習をしっかりやってこなかったツケが回ったのか、加齢のせいなのか、技術的な劣化が激しいです。数ヶ月前からメトロノームをカチカチやりながら、あわてて基礎練習をやり始めていますが、今のところあんまり成果が現れません。特に右手のピッキングがまったく安定せず、以前得意だったミディアムからファーストくらいのテンポの4ビートにまったく乗れなくなりました。冗談抜きに、危機感を覚えています。また、半年ほど前からライブ活動を再開しましたが、ここ数年は新曲を練習することなく、家でずっと弾けるスタンダードを適当に弾いていただけでした。弾く曲は十数曲くらいで、いつも同じです。だんだんテーマが弾けないスタンダードが増えてきました。コロナでライブ休んでいた時はそれでも困らなかったですし、誰にも迷惑をかけたわけではなかったのですが、ライブ活動を再開した今、このままでは「お金をいただいて演奏する」なんてことは、失礼だと考えました。とにかく、努力して「なんとか戻さなくてはいけない!」と強く思うようになりました。

 そこで、このコーナーをやることにしました。ある意味、「衰えた自分を曝け出す」感じで、少し苦痛なのですが、こうでもしないと、以前のように「適当に好きな曲を弾いて終わり」の頃に戻ってしまいます。そして、もっと楽しんで演奏したいですし、もっと上手くなりたいです(先ずは原状回復ですが...w)。

 次のような感じでやっていこうと思います。

 先ずはスタンダードを中心に、自分のレパートリーの中から、そして、たまに自分にとっての新曲を盛り込んで、iRealをバックに演奏します。あえてiRealでやります。かっこいい伴奏がYoutubeには沢山ありますが、これだと上手く聴こえてしまいます。ありのままの自分をさらけ出して反省するためには、iRealが良いと思いました。そして、エフェクターは一切使わない、アンプ直、もしくは生音で演奏します。その動画を先にフェイスブックにあげようと思います。そのあと、同じ曲をテンポやリズムを変えて、もう一回動画を撮って、この2本動画を合わせて、このブログに上げていこうと思います。簡単なコメントは書くと思いますが、教則動画じゃないので、奏法解説は書きません(っていうか、そんなレベルの演奏じゃないと思いますw)。でも、何か聞きたいことがあれば、お気軽にお尋ねください。わかる限りお答えしますので。感想もおっしゃってください。でも、自分の劣化を防ぐためにやっているので、あんまりひどいこと言われると苦しくなってしまいます。1週間で1曲を目標にやっていこうと思います!
 
 で、記念すべき第一回目はStella By StarlightをLatinと4ビートでやってみました。





 実は苦手な曲なんです。バンドのピアニスト阿部君がいつも素晴らしい演奏をするので、カルテットでは絶対にやりませんw。最近、トリオでは、動画のLatinとは少し違いますが、跳ねたリズムで(カリプソ?)やったりしています。動画も4ビートの演奏は全く乗れていませんね。フレーズも単調で、なんの起伏もありません。個人的にはラテンの方がいい演奏ができてると思います。

 こんな感じでやって行きますので、今後ともご視聴ください!!

JAZZ GUITAR EXERCISE

 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に4年間師事。その後、自己のバンドで各種コンテストに参加する。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。その後は2014年夏より活動を再開。
現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブや講師として活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方にはリモートでも教えています。レッスン内容や頻度は生徒の方々の希望に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR