FC2ブログ

僕の音楽史(234)

【2016年】

 今振り返ると2016年は僕の音楽活動の中で、充実していた年だったと思います。

 2014年夏に再活動を初めてから一緒にやってきたミュージシャンと安定的な活動をしていましたし、出演するお店も中野ピグノーズや東中野セロニアスの2箇所を中心として、色々なお店で演奏させてもらっていました。また、直近で書いたとおり素晴らしいギタリスト松原慶史くんとも知り合い、定期的な活動で音楽的に向上しようと頑張ってもいました。

 この年はハード面でも、数々のソリッドギターやギターシンセ(GR-55)、マルチプロセッサー(GP-10)といろんな楽器や機材を購入し、今までの「僕の考えるジャズ・ギター」、根本的には大きく変えることはできないものの、なんとかこれらの力を借りて、少しでも変化しようともがいていました。

 ギタシンセやエフェクターを使っても何か「自分の音」っていうものを作りたくて、休みの時は「ギター練習」というよりも、「音作り」の時間が長かったように思います。そんな中、動画の音「フレットレスギターのパッチをカスタマイズした音」が自分的にはすごく気に入って、殆どの曲をその音を使って演奏している時もありました。また、次の動画のようなシンセでしか実現できないようなサウンドも色々と研究して、ライブに取り入れていこうと(結局一度もやらなかったと思いますがw)研究に余念がありませんでした。いずれもFacebookに投稿した動画をリンクしておきますので、聴いてみてください。

フレットレス

フレットレス


ギターシンセ

ギタシン


 ただ、体も悲鳴を上げていました。と言っても、大きな病気をしたわけではありません。恒常的に左指が演奏中につってしまうことが多くなりましたし、左指が慢性的に疲労して、早いパッセージが思うように回らなくなったりすることがありました。また、左肘がピンポン玉のように腫れ、手首のあたりまでむくんだり(結局検査してもはっきりとした原因がわからず、自然に腫れが引いた)と個人的には割とトラブル続きでした。ただ、演奏活動に大きな支障をきたすまでのことはなく、あくまで「自分比で調子が悪い」レベルで終わっていたように思います。

 次回から2017年に入っていきます。

 お楽しみに!

 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

僕の音楽史(233)

【2016年8月】

 以前ご紹介したスーパーなギタリスト松原慶史くん(ヨッシー君)と共演を果たしました。ここに至った経緯はこんな感じでした。

 6月に自分のリーダーカルテットで演奏後、次のブッキングについてセロニアスのママさんと相談し、9月にまた同メンバーでブッキング。「3ヶ月はちょっと、間が空きすぎるな」と思っていたら、8月ももう1日空いている日があるとのことでした。同じメンバーで8、9月と続くのも集客的にも厳しいので「メンバー未定」のまま、その日も仮押さえしました。「いつものカルテットでは、変わり映えしないな」なんて考えていた時、ふと、ヨッシー君のこと思い出しました。「たしか彼もセロニアスに定期的に出てたよな」「(才能あふれる彼だから)俺が共演できるのも今のうちだけかな?」なんて考えて、彼と連絡を取ったところ、たまたま空いていて、快く引き受けてくれて・・・まー、そんな感じです。

 「この先、きっと有名になって、とても一緒になんて演奏できなくなるかなw」「俺のギター、彼の前でどこまで通用するかな?」なんて考えて、「今のうちに共演しておこう!」と考えたのが、正直な気持ちでした。特にアンサンブルを考えたりせず、2人で弾きまくっちゃおう!なんてのが目的だったので、題材は全て僕がいつもやっていたスタンダードに彼もソリストの形で演奏する形態でした。ギター2人いるので、ピアノの阿部くんは呼びませんでした。初共演のときの演奏はこれです。カメラアングルが悪く、彼があまり登場してきません。お許しを!



 彼とは嬉しいことにこの後何回か一緒にライブで一緒に演奏していました。もう、テクニックも世代も方法論も何もかもが僕とは違っていて、僕的には「コンテポラリーの代表」のように思っていましたので、あまり意識せずにお互いがお互いのスタイルで弾けてよかったと思います。彼のソロの時は、バッキングもせず、演奏を聴いているのがとても楽しみでしたw

 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

僕の音楽史(232)

【2016年】

 ソリッド・ギターを積極的にライブに導入していったのには、以前書いたとおりギタリスト松原慶史(ヨッシー)君の影響が一番ではありましたが、もう一つ大きなわけがありました。

 ソリッドはフルアコに比べて小さいので、会社に持っていくのに都合が良かったのです。僕は昼はサラリーマンしていたので、ライブの日は会社に楽器を持っていきます。朝出社の時は電車は混んでいますし、勤務中はロッカーや鍵のかかる部屋に置くことが多かったので、ソリッドはかさばらず、都合が良かったというのも大きな理由でした。

 ソリッド、そして歪み&空間系エフェクターを使うようになって、自分の奏法や演奏曲にも幅が出てきました。ソリッドとはいえ、比較的太い弦を張ってはいましたが(012のセット)、それでもチョーキングをするようになりましたし、その影響でブルースっぽいフレーズ(ジャズ・ブルースではなくって...)がよく顔を出すようになりました。演奏曲もスタンダード中心ではありましたが、エフェクターがないことで演奏してこなかった曲も演奏するようになりました。しばらくすると「もっといろいろな音を出したい!」もっと言っちゃうと「メセニーのギターシンセの音を出したい」と言うことで、マルチプロセッサーGP-10を購入し、どんどんと深みにはまっていきましたw。

 その頃の演奏を2つほど貼っておきます。





テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

僕の音楽史(231)

【2016年】

 この年の始めころから僕のライブの活動拠点は3箇所になっていました。

 まずは「OrganJazz倶楽部」でした。このお店は沼袋にあって、再活動の当初からずっと出演させてもらっていて、この時もまだ定期的に出演していました。Organトリオの時は必須でしたし、お店も綺麗で機材も素晴らしく、当時のマスターがとても楽しく、僕のような働きながらミュージシャンのような立場に理解があって、演奏もさることながら、アフターで話を聞くのがとても楽しみでした。ライブの録画サービスがあったので、Youtube映像がここでのライブが多いのはそんな理由です。

 そして、拠点が2つ加わりました。セロニアスと中野ピグノウズです。

 「セロニアス」は東中野のお店ですが、当時は同じ東中野ですが、今現在と違う場所にありました。ここは、著名なミュージシャンを多数出ているお店でした。ダメ元でママさんにメールを送ると快く出演させていただくことができました。移転する直前までは色々なメンバーと出演していて、大変お世話になったお店です。ママさん自身もジャズ・ボーカリストでしたし、彼女を通して著名ミュージシャンの話が色々聞けて楽しいものでした。

 もう一つ、僕にとってすごく重要な拠点は、「中野ピグノウズ」というお店でした。ここはジャズのライブハウスというか、色々なジャンルやパフォーマーの方々が出演しているお店でした。スペースは狭かったですが、僕のような無名ミュージシャンでは、これでもお客さん満席にできないくらいでした(汗)。狭いながらもグランドピアノもしっかりあって、とても大好きな店でした。ママさんはバイオリニストですね。のちに紹介することになると思いますが、今後活動をともにする素晴らしいミュージシャン達も、皆ここで知り合いました。これまたなんかの機会にお話しますが、僕だけでなく次男坊までもお世話になることがあったりと、とても感謝しています。

 僕の当時のことを知っている方ならピンとくるかも知れませんが、いずれの店も中野からすぐの場所です。この当時、僕の勤務地は中野だったので活動の拠点は「中野からすぐの店」ってのが必須でした。沼袋はバスで10分くらい、僕は20分くらい歩いて行ってましたし、セロニアスは東中野で隣の駅、ピグノウズは会社から歩いて3分くらいです。「仕事終わって駆けつけてもライブに十分間に合う、場合によってはリハもできる」というのが必須だったわけです。

 下にそれぞれのお店での当時のライブ動画を貼っておきますので、ご覧になってください。

 中野ピグノウズではレスポール・ジュニアでコーラスを深くかけたサウンドで、ヨッシーのライブで感銘を受け、エフェクター&ソリッド・ギター解禁の演奏ですw

OrganJazz倶楽部
武田謙治・阿部義徳・矢野伸行・柳沼佑育
On Green Dolphin Street



東中野セロニアス
武田謙治・阿部義徳・矢野伸行・公手徹太郎
Monday Blues



中野ピグノウズ
武田謙治・阿部義徳・矢野伸行・柳沼佑育
All Blues

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

僕の音楽史(230)

【2016年4月】

 松原慶史(よっしー)君のライブを見て、急に自分の中で抑えていたものが外れてしまいました。

 早速家の物置の中で何十年も眠っていたエフェクターを引っ張り出しました。そして、いくつか買い足しました。久しぶりに繋いで練習しましたが、何十年ぶりかのオーバー・ドライブのサウンドはもう最高でした。コーラスもディレイも僕にとってはとても新鮮でしたし、麻薬のようでした。自分のギターに酔いしれましたw。

efect.jpg


 一旦は実験的に次のライブに数曲使ってみようと思いました。

 今思い返すと笑ってしまいますが、コーラスやディレイはともかく、オーバー・ドライブを本番のライブで踏むのは勇気が必要でしたw。他のメンバーは僕のオーバー・ドライブのギター・サウンドは聞いたことないので、踏んだ時にどんな反応を示すのかがとても不安でした。でも勇気を出して踏みました。下は大学卒業以来一度も踏んだことのない禁断のオーバー・ドライブを踏んでしまった記念すべき演奏動画です。この日はライブ最後に演奏したこの曲1曲だけに使用は留めました。



 まあ、自意識過剰でしたw。他のメンバーはまったく気にしていない、と言うか、気づいてもいないようでしたw。

 ゴールデンウィークには、ソリッド・ギターを買おうと思いました。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に4年間師事。その後、自己のバンドで各種コンテストに参加する。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。その後は2014年夏より活動を再開。
現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブや講師として活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方にはリモートでも教えています。レッスン内容や頻度は生徒の方々の希望に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR