FC2ブログ

2019年8月新潟ライブ紀行(2)

 今年になってからカルテットの他にギター・トリオで定期的に活動を始めました。メンバーはドラムスはカルテットでもお願いしてる丸谷茜、ベースは彼女の紹介で知り合った多田和弘という3人でした。

 特に新潟遠征を意識して集めたメンバーでもなんでもなく、昨年暮れから現在のカルテットよりもう少しオーソドックス寄り(もっとも僕が弾くのですから、本当にオーソドックスな演奏にはならないのですが)なバンドを作ろうと考えていました。ドラムは当然茜ちゃん以外は考えられませんので、折角なので彼女にバンドの趣旨を説明し、ベースの人を紹介してもらうことにします。そこで彼女の口から出て来たのが「多田和弘」君ってことです。

 僕は多田君の事は知りませんでしたし、もちろん演奏を聴いたことはありませんでしたが、信頼する茜ちゃんが推薦するベーシストだったので、多田君のプレイを聴くまでもなく一緒に活動しようとほぼ決めていました。ただ、彼は少し僕の事を警戒していたように思います(笑)。面識のない状態でいきなりメールで「一緒にやりましょう!」なんて少し図々しいと感じたのではと思います。

 その警戒を払拭するためにも一度3人で演奏する前に彼とデュオでリハをやりました。彼はなんと僕の自宅から歩いて行けるほどの近所に住んでいたので、近くのスタジオでスタンダードで2時間ほど音を出しました。

 彼が僕についてどう感じたかは知りませんが、僕は正直びっくりしました。予想以上にオーソドックスなプレイだったからです。僕は彼に対してどう思うかよりも彼が僕のプレイをどう思うかがとても気になりました。そして、彼のようなベーシストを推薦した茜ちゃんの音楽的な幅広さに少しびっくりしました。そして、とりあえず3人での活動を始めることとなりました。

 2月27日に錦糸町のCAFEで3人で初ライブがありました。初めての組み合わせであり、3人での音出しが事前に全くなかったこともあり、良い演奏ができませんでしたが、良くなる手応えは十分ありました。

 ライブ後電車の中で2人に新潟遠征のことを持ちかけます。

 「新潟に演奏しに行かない?」

 茜ちゃんは以前から「行きたい!」って言っていたので、大体の意思は分かっていましたが、多田くんがどう反応するかがわかりませんでした。もっとも、初めての3人の演奏でしたので、そもそもこのまま活動を続けていく気持ちが多田君にはあるかがわかりませんでした。

 「行きましょう!」

 彼の活動を続ける意志があることがはっきりしました。また、これで新潟遠征のメンバーが決まりました。

TTM.jpg

2019年8月新潟ライブ紀行(1)

 まずはお礼です(とは言ってもFacebookのコピペですがw)

 新潟2DAYS 
 無事終了いたしました。

 ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!
特にJazzFlashマスター&ママさん、Flowerpopマスター、新潟ツアーに際し色々相談に乗ってくれた新潟高校先輩ベーシスト小黒さん、素晴らしいギターアンプを貸していただいたWakikawaさん、新潟高校同窓生や先輩、後輩の方々、そして全てのお客様、感謝、感謝です!

1.png 2.png 3.png


予告どおりに、今回の2019年8月17日・18日両日の新潟ライブについて「企画段階から演奏終了後自宅に戻るまで」を思い出す限り書いていこうと思います。ライブに来ていただいた方々は演奏の時以外の我々ミュージシャンの気持ちや行動について知ることができるように、残念ながら来れなかった方は「今度は行ってみよう!」という気持ちになるように、そして、ジャズや音楽に大した興味がない方にも「新潟という街や食べ物、そして何よりも人間の暖かさ」を感じてもらえるように書いていこうと思います。

IMG_2821.jpg IMG_2796.jpg
IMG_2789.jpg IMG_2822.jpg
 
【2018年10月】

まずは、このライブを企画したあたりのことを。

「あまりに楽しかったので、まだハナノさんにも、あっこさんにも、SuSuさんにも、小黒さんにも誰にも相談していないのですが、来年雪が失くなる頃にはまた行きたいなと考えています(笑)!新潟のジャズファンの方にどうしても聴いてもらいたい素晴らしいドラマーがいるので......。今度はバンドで行きますよ!」

 これは昨年10月にピアニスト柳隼一君とデュオで新潟遠征したライブ紀行の最終回に書いた文章です。そうです、この時から既に、来年も新潟遠征をすることは僕の中では決めていました。そして、文章の中の「新潟のジャズファンの方にどうしても聴いてもらいたい素晴らしいドラマー」ってのが、今回のメンバー「丸谷茜」ちゃんなのであります。要は、最初から自分を含めてメンバー2人は決めていました。

 昨年の10月時点では、まだ今回新潟遠征のトリオ「武田謙治(g) 多田和弘(b) 丸谷茜(ds)」は活動していませんでした。まだ、多田君とは知り合う前でした。2年くらい前から既に活動を継続していた僕のリーダー・カルテット「武田謙治(g) 阿部義徳(p) 座小田諒一(b) 丸谷茜(ds)」で行ければ良かったのですが、正直4人は予算的に厳しいこと、スケジュール調整等いろいろな面で難しく、前回は断念してピアニストとの柳君とのデュオにした経緯もあったので、最初からこのメンバーで行くことは考えていませんでした。一度は演奏を聴いてもらいたい素晴らしいメンバーではあるのですが...。

 いずれにしても、次に新潟に行くとしたら、どんなに早くても雪が完全になくなり、暖かくなった5月連休明けくらいにはなると思っていましたし、その頃はどんなメンバーと活動しているかもわからないので、「今慌ててメンバーや日程を決めることはないな」と一旦は企画を練ることは終わりにしました。

IMG_2813.jpg 68741813_1380550588758774_2050256592124772352_n.jpg

2018年10月新潟ライブ紀行【最終回】

 今回でとりあえず最終回。

 ライブの後はジャムセッションでした。ただ、近くのライブハウスでのジャムセッションと重なった関係もあって、地元プレイヤーの方は少なくて残念でした。疲れを知らぬ柳くんと彼のファン(弟子?とはいっても、新潟では音楽活動をなさっている素晴らしいピアニストですが)の岩井さんが、ピアノに、歌に、おまけにドラムまで叩くという素晴らしい活躍で盛り上げていただきました。ありがとうございました!!僕は?というと、ちょっとぐったりモードでした。すみません!

 この後、打ち上げということで、最後まで残ってくれたお客様数名やマスター、ママさんで美味しく汁物とビールをいただきました!1時間ほど楽しく語ったのちに、予定の最終新幹線で東京に向けて出発し、これにて新潟ツアーはお開きとなりました。



 フラワーポップのハナノさん、ジャズフラッシュのマスター佐藤さん、ママのアッコさん、そして色々相談に乗ってくれた小黒さん、SuSuさん、そして岩井さん、ジャムセッションに参加してくれたプレーヤーの皆様、そして見に来てくれたお客様、本当にありがとうございました!!!!

 あ、肝心の人を忘れてました!柳くん、本当にありがとう!!!

 

 あまりに楽しかったので、まだハナノさんにも、あっこさんにも、SuSuさんにも、小黒さんにも誰にも相談していないのですが、来年雪が失くなる頃にはまた行きたいなと考えています(笑)!

 新潟のジャズファンの方にどうしても聴いてもらいたい素晴らしいドラマーがいるので......。

 今度はバンドで行きますよ!


IMG_1307.jpg




 

2018年10月新潟ライブ紀行(11)

 1セットが終わりました。普通なら2セット目に向けて自分の気持ちをリラックスした状態に持っていくため、見にきてくれたお客様と談笑を楽しむのが常ですが、例のアクシデントのため自らはそんな気になりませんでした。ギターの音量の件も気になりましたが、それより左手の指をなんとかしなければと言う思いでいっぱいでした。僕のブログを読んでくれていて、今日の演奏を楽しみに来てくれたお客様に話しかけられて、色々と話したりもしましたが、実は「心ここにあらず」で何を話したのかも覚えていません。また、今回の新潟演奏の実現のため相談に乗ってくれたり、アドバイスや協力をしてくれ、わざわざ聴きにきてくれたSuSuさんとも沢山話したかったのですが、それもできませんでした。大変申し訳ない気持ちで一杯です。

 この状況を柳君に相談しました。「水分がたりないのでは?ポカリスウェットを飲むといいですよ!」と、わざわざ外の自販機で買って来てくれました。ママのあっこさんは、わざわざ暖かいタオルを用意してくれました。いつもは人の言うことなんて聞きもしない頑固なギタリストも、さすがにこんな時は何かにすがる思いで彼らの言う通りにしました。親切なお二人に感謝します!

 「柳君、曲を1曲変更するよ。」

 実は2セットでジム・ホールの楽曲「ワルツ・ニュー」を演奏するつもりでした。「いつか王子様が」のコード進行に乗せて、ピアノとギターのちょっと複雑なユニゾンのテーマがある楽曲です。二人のデュオはガンガンと飛ばす曲が多い中、この曲を演奏することが非常に効果的と考えていましたし、結構2人で練習してきたので、絶対やりたかったのですが、こんな指の状態ではとても集中して弾き切る自身がありませんでした。

 2セットが始まりました。結論から言うと、おかげさまで「左指のつり」は一度も起きませんでした。

 一曲目の「Visit」は3拍子の速い曲。がっつり弾きまくりましたが、指は平気だったこともあって、とりあえずほっと胸を撫でおろし、結構冷静な気持ちを取り戻せたと思います。次の曲はゆったりとした「ソーティス」、3曲目は先ほど書いたように「ワルツ・ニュー」からスタンダード「グレイター・ラブ」に変更したので、演奏中にアクシデントが起きても充分対処できます。そして、メセニーの「トラベルズ」〜エンディングの「グレイト・ストリーム」のピアノとのユニゾン〜弾きまくりで予定の演奏は終了しました。

 東京では残念なことにあまりアンコールを要求されることはないのですが、「アンコール」の拍手をいただきました。本当に嬉しかったですね。これだからミュージシャンは辞められません。

 先ほど演奏をやめた「ワルツ・ニュー」は「いつか王子様が」の「替え歌」と言うこともあったので、アンコールはあえて「いつか王子様が」を演奏しました。2セットはスタート時には気が動転していて、レコーダーを回していなかったので、プレイバックを聴くことはできませんが、今までこんなに気持ちよくこの曲を演奏できたことはありません。それほど「気」「パッション」の入った演奏ができたと思います。

 こうして、新潟のライブは終了しました。色々ありましたが、結果的にはとても満足のいく演奏ができました。


 次回はこの後のジャムと打ち上げ、そして今後の計画を書いて、ひとまず締めくくろうと思います。


44569168_1154167704761611_4546015255506976768_n.jpg

44433593_1275412312596240_3389273231461449728_n.jpg

flash.jpg


2018年10月新潟ライブ紀行(10)

 ギターショップ「あぽろん」から戻り、そろそろ開場時間となりました。正直集客は心配でしたが、親戚の方や新潟時代の音楽関連の知り合い、そして何よりも嬉しかったのが僕のこのブログを読んでくれていて来ている方もいらっしゃいました。そして、高校時代のクラスメイト、Facebookで知り合ったコアなジャズファンであるSuSuさんや柳君のファンなど本当にたくさんの方々に来ていただきました。

 ほぼ予定通り演奏を始めました。最終的にはすごく楽しいライブで終えることができましたが、裏では2つの大きなアクシデントに見舞われ、演奏が始まる前とは一転して実は気が動転していました。ライブの実況レポートをしながら言い訳がましくそのことについて書かせてもらいます(笑)。今回は1stセットについて。

 一曲目はパット・マルティーノの「Interchange」。この曲の途中、ソロが終わり柳君のピアノにソロを受け渡したあたりにアクシデントが起きました。バッキングしていて「あれ、音量(音圧)が少し落ちたな?」と感じました。「ボリューム・ペダルを手前に踏みすぎたかな?」と思い、色々調整してもやはり変です。そうこうしているうちに一曲目は終わりました。続けて予定通り間髪入れずに高速「Rhythmaning」。本当は1曲目終了の後にアンプやエフェクターを確認した方が良かったのかもしれませんが、「ステージの流れや緊張感」をとぎれさせないことを優先して、一気に演奏に突入。やはり明らか音量が8掛けくらいな感じです。

 演奏していて思い出しました。以前も東京のライブで同じようなことがありました。原因は分からずじまいで、その後は起きなかったので気にすることもなかったのですが、何もこんな大事なライブでまた起きることはないだろう!と悔しい思いでした。多分エフェクターを接続している短いシールドかアダプターの一部断線等が原因と思います。東京で起きた時にアンプのヴォリュームを上げて対応したのですが、突然正常に戻ってしまい、大音量になってしまったことがありました。そのままの状態でいつも以上にアタックを強く弾けばなんとかなると判断し、もう余計なことを考えずに忘れようと務めました。

 3曲目の「Monday Blues」で2つ目のアクシデントが起きました。テーマはギターのみでスタートするのですが、5小節目のある運指に行くと左手の薬指と小指が急にくっ付いてしまう症状、要は指がつるってやつが起きて演奏が続けられません。これも何年かにいっぺんくらい起きることがあったのですが、ここまで酷いのは初めてです。

 演奏を止めるってのは、絶対あってはいけないことなのですが、さすがに中断せざるを得ませんでした。お客さんには「緊張して忘れた」なんてごまかしていましたが、もう気持ちが舞い上がってしまいました。柳君のフォローもあってなんとか乗り切りましたが、本当に穴があったら入りたい気分でした。

 4曲目「Old Folks」そして1stセット最後の「80/81」は幸い症状は出ませんでしたが、「また指がつったらどうしよう」と演奏中に気になって少し消極的な演奏になってしまった気がします。音量も相変わらず8掛けでした。

 色々言い訳がましく書いてしまいましたが、東京に戻ってプレイバックを聴くと、実はそんなに悪い演奏ではなく、逆に「Rhythmaning」は自分で言うのもなんですが、結構すごい演奏していたりしてました。昔の自分だったら、このようなアクシデントに見舞われた時には、演奏は惨憺たるものになっていたと思うのですが、少しは俺も成長したなと思いました。「新潟ジャズの聖地ジャズフラッシュで演奏させてもらっている」「演奏を楽しみにしていた人たちが沢山聴いてくれている」そんな気持ちからなんとか持ちこたえることができたのだと思います。

 柳君は絶好調なだけになんとか2ndでは挽回しようと思いました。

44569168_1154167704761611_4546015255506976768_n.jpg 44433593_1275412312596240_3389273231461449728_n.jpg


 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR