FC2ブログ

音源・動画の部屋(16)

【 Alice In Wonderland 】

2019年3月26日 国分寺クラスタ
武田謙治(g)柳隼一(p)




先月デュオ・ライブを1週間のうち2本やりました。その中からピアニスト「柳隼一」君とのライブ演奏「 Alice in Wonderland(不思議の国のアリス)」です。

彼とは昨年、中野のライブハウスで僕のバンドがライブの時に数曲シットインしてくれてからの付き合いです。その後デュオで不定期に活動を続けていて、昨年10月には二人で新潟にプチツアーに行ったりしました。それ以降、実は一度も顔を合わせることがなかったのですが、今回は約半年ぶりの演奏でした。

ピアノの目の前での動画撮影ですので、音量バランスはピアノ大きめですが、そのくらいが彼の素晴らしさを伝えるにはちょうど良いのではないかと(笑)。アップライト・ピアノでコンディションは決して良いとは言えない中、素晴らしい演奏をしてくれました!

 いやー、素晴らしいですね、柳君は。

 また、不定期で続けたいと思います。

武田&柳

音源・動画の部屋(15)

【 Old Folks 】

2019年3月29日 国分寺giee
武田謙治 (g) 多田和弘 (b)



久々動画をアップ。

昨日の国分寺gieeでのベース多田くんとのDuo 。
3万の安物ギターにしては結構満足できる音になったと思います(笑)。
GT-1とDV Little Jazzで半日試行錯誤して音作りした甲斐があった!

この半月ずっとアコギ中心に練習してきたこともあるのかなと思います。クラシックギター習っていた時の右手のタッチみたいなものを思い出しながら練習していました。

聴いてみてください!

音源・動画の部屋(14)

【American Garage】

2017年10月31日 中野ピグノウズ
武田謙治(g)阿部義徳(p)座小田諒一(b)丸谷茜(ds)


パット・メセニー・グループの70年代の名曲アメリカン・ガレージです!

僕は70~80年代のパット・メセニー・グループが大好きで、当時の彼らの曲の中から少しづつレパートリーに取り入れて演奏してます。この曲、あまりやっている人いないでしょ?!

ライブ生録で、録音レベルが高く音が少し割れちゃってますが、聴きなおしてみると結構丁寧に演奏していて個人的には気に入ってます。

茜ちゃんのドラムス、ハイハットの切れ味が気持ち良いです。この曲では、阿部君はバッキングに徹してくれてますが、いい感じ。そして、座小田君のエレベもグルーブを生み出してくれてます。

まだまだ、この時代のメセニー・グループには名曲が多いので、少しづつ取り入れて演奏していこうと思います。

band.jpg



音源・動画の部屋(13)

【There Is No Greater Love】
2018年1月30日 奥沢 nasa
武田謙治(g) 山口廣和(g)



いつもはバンド全体の勢いや自分のギターソロを聴いてもらいたいなと思ってを音源や動画をあげることが多いのですが、今回は「テレキャスタ―の音」を聴いて欲しいと思います。だからソロ部分はあえてカット!

昨日の山口君とのギターデュオから。テレキャスターをジャズ屋が使いたがる理由がよーくわかりました。

このフェンダージャパンの中古数万は当たりだったかもしれません。アンプはお店のJC-20の小型アンプでエフェクターは軽くリバーブをかけてます。

音源はThere Is No Greater Love

山口君の美しいイントロ(イーストマンのフルアコ)からテーマ+ソロを1コーラス位(武田テレキャスター使用)でフェイドアウトです。

よろしかったら聴いてみてください!

音源・動画の部屋(12)

【The Great Stream】 

2018年1月16日 東中野セロニアス
武田謙治(g)阿部義徳(p)座小田諒一(b)丸谷茜(ds)



 パット・マルティーノの中でも人気のある曲ではないでしょうか??

 直近で行った1月の東中野セロニアスでのライブ演奏からです。

 以前、このコーナーの(4)で、別のメンバーでの演奏を紹介してますので、そちらの方も聴いてみてください。

 一応、パット・マルティーノ教(狂?)の僕はこの曲を外すわけにはいきません。どんなメンバーとやるときにも、リーダー・バンドでは必ず演奏しています。

 この曲、現在のレギュラー・メンバーでは2回目くらいのライブ演奏ですが、初演の時は僕のギターシンセがギターソロの途中でトラブって、演奏中にアンプ直に繋ぎ替えを行うため時間を稼ぐためにベースソロやドラムソロを急遽加え、少し冗長な演奏になってしまいました。そういう意味で、このテイクがまともに演奏した初めての演奏と言っても良いと思います。

 とりあえずこのメンバーでのこの曲の基本形が出来上がったので、今後は少しづつ改良を加えていこうと思います。もっとも、僕がそんなこと言わずとも、彼らは良い意味で「ぶっ壊し」にかかってくるとは思いますが(笑)・・・・・。
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR