FC2ブログ

僕の出会ったギター達(1)

【Gibson ES-175 1991年製(1)】

 記念すべき第1回はやはり現在も所有のES-175 1991年製のこの楽器からです。まずは下の写真をご覧ください。


IMG_2241.jpg



 自宅ピアノルームの電球色の明かりに照らせれてボディ表面は綺麗に発色していますが、近くで見ると下の写真のように良い感じにウェザーチェックが入ってきています。

IMG_2243.jpg IMG_2244.jpg
IMG_2245.jpg IMG_2246.jpg


 1991年に新品で購入しました。確か30万ちょっとくらいの金額だったように記憶しています。場所は池袋イケベ楽器だったと思います。

 買った当初はもう少し薄いナチュラルで木目がはっきり見えていました。他に2本在庫で置いてあった同じ91年製のナチュラルに比べて木目の模様が非常に格好が悪かったので、正直購入を迷いました。見た目は一番嫌でしたが、3本弾き比べるとこの楽器が明らかに好みのマイルドな音色でした。今も、当時も、僕はトレブルを抑えめなメセニーやジム・ホールの音色が大好きでした。そんな音に一番近い音がアンプを通した音では少なくともするように思いました。今ならまずは生音を弾き比べるでしょうが、当時は生音は購入を決める要素ではありませんでしたので、他の楽器と比べ、この楽器はどうだったのかはわかりません。そして、気になっていた木目も十数年経つ間に程良く焼けて全く見えなくなりました。良かったです。

 この楽器を選んだ理由は、やはり大好きなメセニーの影響でした。1ピックアップはその店には置いていなかったですし、ともかく「ナチュラルの175」ならなんでも良かったのです。この時までギブソンの楽器は所有したことはありませんでした。ずっとヤマハのセミアコやフルアコを使ってきました。ちょうどライブ活動を始め出した頃で「人前でお金をもらって演奏するのだから、本物の良い楽器を持ちたい!」とカミさんに打ち明けて、許しを貰って購入した1本です。

 ここ数年前まではずっとこの楽器1本でやってきました。演奏旅行もコンテストも、何もかもこの楽器でやってきました。したがって、皆さんもご存知のように現在僕は色々な楽器を売ってや買って....を繰り返していますが(笑)、何があろうともこの楽器を手放してはいけないような気がしてます。「魂を売る」そんなことになると思っています。

 買ってから何ひとつトラブルなくきています。あ、嘘です、ペグが1つ壊れたことがあったので、オリジナルにそっくりなものに全部変えてもらいました。電気系統のトラブルもありません。ガリ一つありませんね。好みの弦高にすると、1弦のフレット1箇所だけビビるのですが面倒なので多少弦高をあげて弾いています。フレット打ち直しもすり合わせもやっていません。「打ち直しは音色が変わる」なんて話も聞きますのでやるつもりもありませんが、すり合わせの必要はあるかもですね。あと、つい最近テールピースをギザギザのやつに変えました。ずっと変えようと思っていたのを面倒でやってきませんでしたが、とうとう変えました。したがって、テールピースだけ少しピカピカで気に入らないですが、もうあと数年もすれば同じ色にくすみが出てくると思います。あと、ピックガードが割れたので取り外しました。どうせ必要ないので、他の楽器もほとんど外しています。

IMG_2242.jpg IMG_2249.jpg


 ルックス的にはこんな感じです。次回は実際の音をお聴かせします。

 お楽しみに!!


 

僕のレコード棚公開します!(65)

【ジョン・スコフィールド】

 ジョン・スコには90年代くらいまではがっつりハマりました。僕が大学の頃はもうすでに人気はありましたし、当時から皆「ジョンスコ」なんて呼んでましたが、まだまだ今のような揺るがぬ地位と人気を得ているというほどではありませんでした。まだ、マイルスバンド参加前でしたしね。

 僕は最初写真左列下の「ラフ・ハウス」にハマりましたね。きっかけは同じレコード会社(アリスタ・レコード)でアルバムを何枚も発表していた「ラリー・コリエル」を買いまくっていた流れで買ったのだと記憶しています。当然のことながら大学時代でしたので、全く理解の範囲を超えていましたが(今でもか?)、それでもあの粘っこいノリでグリグリと弾きまくるサウンドは、まさに男気のあるギタリストでした。その後は、当然のことながら右列上の「ライブ」にたどり着きました。「ソフトリー」もカッコ良かったですが、1曲目「V」も大好きで、いまでもバンドでたまに演奏したりしています。

 左列中央「ピックヒッツ」や右列中央の「鯔背(スティル・ウォーム)」は彼の出世作で、結構聴いたように思うのですが、あんまり曲を覚えていません。逆に、左列上の「エレクトリック・アウトレット」の方が好きでした。確かジョンスコがベース弾いているんですよね。

 CDも結構持っていますし、大好きなギタリストではありますが、ここ数年の作品は全く聴いていません。

 様々な顔を持つジョンスコですが、そんな中でもスタンダードを生音でグリグリ演奏するジョンスコが実は一番好きだったりします。

IMG_2228.jpg


 

「僕が出会ったギター達」をスタートさせようと思います

 新コーナー「僕が出会ったギター達」をスタートさせようと思います。

 現在連載中の「ギター購入騒動記」を楽しみに見ていただいている方が、嬉しいことにたくさんいらっしゃいます。楽器屋でお会いした方から声をかけられることもごくたまにですが何回かありました(笑)。

 このブログ読者の方々は、僕がここ数年で呆れるほど「ギターを買って、売って、また売って・・・」なんてことを繰り返してきていることはご存知かと思います(笑)。最初は安物ばかりでしたが、最近はそこそこの値段の楽器もあったりします。フルアコ、セミアコ、ソリッドなど色々な種類の楽器を買ってきましたし、実際に買うに至らないまでも数えられないほどの楽器を試奏してきました。

「ギター購入騒動記」はどちらかというと「買うまでの興奮や失望」「心の葛藤」を中心に面白可笑しく書いています。勿論この記事の中でも、写真や動画を使い、「ギターそのもの」についても紹介はしてきましたが、「購入に至るまでの僕の行動や心の中の動き」をメインに楽しんでいただいていたように思います。

 今度の新コーナーは、もう少し「ギターそのもの」にターゲットを当てて詳しく紹介していきたいと思います。

「僕が現在所有している楽器や以前所有していた楽器、試奏してきた楽器などを写真や動画を交えて詳しく解説する」ことで「皆さんがギターを購入する際の参考になる」あるいは「皆さんが複数の楽器のうちどっちを買ったら良いのか購入に迷った時の判断の助けになる」と強く感じたからです。

 僕は「コレクター」や「ルシアー」ではありません。ただの「ギタリスト」ですので、使用材や付属物、歴史的背景等々はあまり詳しくないため、その辺に関する内容については満足できる説明はできないと思いますが、「プレイヤー目線」で色々なアドバイスができると思っていますし、「実際の音」を色々な形でお聴かせすれば、皆さんが楽器購入時の参考になるのではないかと思います。

「ギター購入騒動記」と合わせてご愛読いただけると嬉しいです。

  お楽しみに!

IMG_2191.jpg IMG_2200.jpg IMG_2202.jpg IMG_2201.jpg IMG_2203.jpg


 

僕の音楽史(133)

【1986年】

 前回お話しした通り、僕は兄の結婚した約1ヶ月あとの1986年4月12日に結婚しました。入社3年目で年齢は24歳になったばかりですので、随分と早く結婚したと思います。相手は同じ慶応ライトミュージックソサイエティ同期のピアニストのTさんでした。

 兄の結婚式では余興でギターを弾きましたが、自分の結婚式では流石に弾いたりはしませんでした(笑)。ただ、2次会では、彼女が週一ピアノを弾いているジャズバーであり、ライトのOBの方々もよく顔を出している「ローズイン」と言うお店でライトやカルア(慶応の音楽サークルで一緒に活動することの多かったグループ)などの音楽仲間たちがたくさん来てくれて、ジャム・セッションみたいなことをやったことを記憶しています。また、遅くまでそんな感じで騒いでいたにもかかわらず、翌朝は何人かの友達が新居への引っ越しの手伝いにきてくれた、そんな記憶もよみがえってきました!

 僕らの新居は東京中野区の中野新橋駅近くの1ルームマンションでした。そんな1部屋にアップライト・ピアノ(弦のついた電子ピアノ?)やギター数本、ステレオ等の大物機材が置かれ、大変窮屈なスペースでした。ただ、2階の角部屋で防音こそないのですが、しっかりとした作りのマンションでしたので、さすがにステレオをガンガンかけたりはしていませんでしたが、常識的な音量であればギターもピアノも普通に演奏することができましたので、恵まれていたと思います。

 彼女はピアノ弾きなので、所有していたレコードはほぼ全てピアニストのレコードでした。今までジャズ・ピアニストは名前こそ知ってはいましたが、アルバムをしっかりと聴いたことなどなかったのですが、彼女の持ってきたレコードを何枚か聴くことをきっかけに好んでジャズ・ピアニストを聴くようになりました。また、レコードも名盤を中心に買うようになりました。自分の演奏する楽器ではないので、マニアックな聴き方はしませんでした。むしろ純粋にリスナーとしてジャズを楽しめるようになり、音楽の視野が広がった気がしました。

 次回はそんな当時よく聴いていたジャズピアノの名盤を何枚かご紹介します!


IMG_2217.jpg





 

マイナー・コンバージョン・コンセプト(26)

【 F △7(#5)/ E (2)】

 前回この分数コードはマルティーノの特徴的なサウンドであり、Dm(Dドリアン)でフレージングする例をご紹介しました。

 今度は下の動画をご覧になってください。はFm(Fドリアン)で弾いてみた例です。



 人それぞれの感じ方も違うと思いますし、フレージングにもよりますがこれも結構イケてませんか?

 なんでFドリアンで弾くのでしょうか?

 理論的に色々説明できるとは思うのですが、次のように考えてみてはいかがでしょうか?

  Dドリアン(Dm7)→ G7 → G#dim → Bdim → B♭7 → Fm7(Fドリアン)

 無茶苦茶なこじつけです(笑)。マイナーコンバージョンの逆の発想です。

 マイナー7thを7thコードにコンバージョンし、7thコードをディミニッシュにコンバージョンします。ディミニッシュは単三度上げ下げしても構成音は同じですから単三度上げたディミニッシュから7thコードにコンバージョンし、最後にマイナーコンバージョンすると結果的にDm7(Dドリアン)→ Fm7(Fドリアン)にたどり着きます。


 ただ、そんなことはどうでも良くって(笑)

 「単三度上のマイナーを弾くとなんかカッコ良い!」

 これで良いのではないかと思います。

 下の動画はDドリアンとFドリアンを織り交ぜて弾いた例です。



 随分と使える音が増えて、色々なことができるようになりました。

IMG_2031.jpg


 
 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR