僕の教則本・教則ビデオを公開します!(32)

【JAZZ / PAT MARTINO 】

IMG_0804.jpg IMG_0805.jpg



 この教則本を買ったのは、確かハワイ家族旅行の時のアラモアナショッピング・センター内のショップだったと思います。

 まだ一連の教則ビデオは発売前、そしてYoutubeなどネット社会が到来する前、パットが完全復帰する前、そして初来日前だった頃に購入したこともあって、「動くマルティーノ」などは見たことはまだなかったので、付属のカセットテープで、フレーズのデモ演奏よりも、「予想以上に低い声のパットの肉声」を聞いてだけで、「これがパットの声か!」なんて狂喜した覚えがあります(笑)。

 この当時はもうすでに、パットをコピーしまくり終った頃でしたので、正直フレーズの目新しさはどのフレーズもあまりなく、「あー、このフレーズね」なんて、譜面を見たらすぐに弾けたので、あまりためになったとは言えません。が、大切な宝物です。

 ⅢⅥⅡVやⅡⅤⅠなどでの定石フレーズが14個、付属のカセットのデモ演奏とともに学べますが、今でも手に入るかどうかはわかりません。あ、タブ譜付きです。

素敵なヒットソング(5)

【SOS ,渚のシンドバッド / 中森明菜 小泉今日子 山口百恵 桜田淳子 ピンクレディー】



 うーん、もう何も言うまい・・・・。

 ピンク・レディーの「SOS」「渚のシンドバッド」を「中森明菜&キョンキョン」そしてなんとなんと「山口百恵&桜田淳子」かカバーするのです!!

 しかも、渚の百恵&淳子に至っては、本番衣装に着替える前のスタジオ入り衣装のまま!!

 うーん、こんな映像が過去にタイムスリップしたかのように、目の前で繰り返し何度も見ることが出来て、幸せだ....。

 もしかしたら、僕は「ジャズ」や「ロック」より、この世界の方が好きなのかも知れない.....。



 「素晴らしい時代だったぞ、昭和!!」

akmj.png




ジャズギター裏口入学(24)

【コードとスケールの関係(1)】

 僕がジャズギターの勉強を始めてから、一番混乱したこと、そして最も上達の妨げになった事は「コードとスケールの関係」についての理解でした。皆さんも、同じ悩みを抱えていて、行き詰まっている人もいるのではと思い、このことについて自分なりの考えを書いていきます。
 
 僕は大学時代(ジャズギターを始めて間もないころ)、ずっとこう考えていました。

 「G7はGミクソリディアン・スケールで弾く」

 要するに「コード・ネームが決まれば弾けるスケールも決まる」と思っていました。さすがに1:1ではないものの、ある程度スケールは決まると思っていました。具体的に言うと下の通りです。

 「G7はGミクソリディアン」なのだからだから「F7はFミクソリディアン」、「C7はCミクソリディアン」で弾けばオーケーっていう風に考えました(これは、ある意味間違いではありません。)。

 そこで理論書に書いてあるダイアトニックコードとスケールの関係を次のように覚えました。

 C△7:Cイオニアン Dm7:Dドリアン Em7:Eフリジアン F△7:Fリディアン G7:Gミクソリディアン Am7:Aエオリアン Bm7♭5:Bロクリアン

 頭文字をとって「イ・ド・フ・リ・ミ・エ・ロ」と呪文のように口ずさんで覚えました。

 これはこれで覚える意味はあったのですが、それでも混乱は続きます。

 先ほどのダイアトニック・コードの「m7」で使われていたスケールはDm7の「ドリアン」Em7の「フリジアン」そしてAm7の「エオリアン」です。例えば、曲の中で「Dm7」が出てきた時に「Dドリアン」なのか「Dフリジアン」なのか「Aエオリアン」なのかわかりません。曲によって「ドリアン」がぴったりだったり「フリジア」だったり、はたまた「全然合わなかったり」とますますわからなくなってしまいます。

 実を言うと、こう言った混乱状態が数年も続いて、練習してもちっともギターは上達しなかったのです。テクニック的にはそこそこ上手になっていき、ギタリストのフレーズコピーした通りには弾けますが、オリジナルや手本のない曲はほとんど弾けるようにはなりませんでした。

 この混乱状態は、ピアノ・プレイヤーの大学の先輩に質問した時の返答のちょっとした言葉使いをキッカケに脱出することができきたのです。

 「XXさん、G7はどういうスケールで弾いたらいいです?」

 先輩はこう答えます。

 「G7ってどういう(どこの)G7だよ?それじゃ、わかんねーよ。」

 
 次回は、このことを具体的に解説していきます。

IMG_0472.jpg

ギター購入騒動記(45)

2018年7月8日 新しいギターが欲しい・・・・

 ギター・プラネットで手工品のフルアコを弾いてから、またギターの購買意欲が少しづつ高まってきました。そして、今度は数万円の中古楽器だけではなく、ちょっとだけ高価な楽器も視野に入れて色々弾いてみて選んでいこうと思いました。「いいな、これ!」と勢いで買うのではなく、じっくりと選んで、一生飽きないギター、要は今持っているES-175の代わりも務まるようなギターを買いたいな!っと。

 そして、いつもの楽器店「吉祥寺ロックイン」のなじみの店員さんとそんな話をしに、久々にお店に行きました。

 いつもの中古楽器を見ていました。レスポールやSG、テレキャス、ストラト系は以前と変わらずって感じでしたし、フルアコは良いものがありませんでした。以前ちょっとだけ気持ちがぐらついていた「Eastman」のフルアコも売れていました。そんな中で見つけた楽器が下の写真のセミアコでした。

IMG_0802.jpg

 セミアコは大学時代ずっと弾いてきたこともあり、ここ数年はあまり興味がありませんでしたし、エピフォンES-339を持っているので興味の対象外でしたが、隣にぶら下がっていたギブソンES-335の色に比べ、同じ赤系でも落ち着いた感じで好みの色味だったので、目に留まりました。折角だから、弾かせてもらいました。

 試奏で繋いだアンプはいつものフェンダー・ツイン・リバーブで、このアンプにつなぐと、どんな楽器も良い音になることはわかっていますが、それにしても素晴らしい音でした。そして弾き心地も抜群でした。握った感じ、ネックが少々太め、僕の好みです。

 アウトレット品で値段は10万弱、メーカーは「エドワーズ」でした。

 この前の御茶ノ水で弾いたフルアコは25万でしたので、半分以下の楽器でした。

 まー、いずれの楽器も即決できる金額ではないですし、今度は落ち着いて買うつもりです。とりあえず、候補にはなりますが、このまま店を後にします。今度買うギターは、簡単に店を後に出来る程度の楽器ではダメなのです(笑)。

 買う時は、楽器に詳しいに人とお店に行って、客観的に判断してもらいたいと思っています!

IMG_0801.jpg


 

 

僕の音楽史(92)

【大学1年生(1980年~81年)】

 僕が大学一年の頃、世の中の電機メーカーはこぞってミニコンポ(ちょっと小ぶりなオーディオ・セットの事です。プレーヤー、チューナー、アンプ、カセットデッキ、スピーカーが一体になったもの)を発売し、テレビでCMを流すようになりました。そんな中で、どこの電機メーカーかは忘れましたが、凄くカッコよい曲がコマーシャルで使われていました。その曲が「ユニコーン」で、下の写真のアルバムに収録されている曲だとわかり、早速買ってきます。

【TOCHIKA】
 tochika.jpg

 渡辺香津美さんの「トチカ」です。

 香津美さんは、1年ほど前に「リトナー」などフュージョンを聴き始めの頃「ギターワークショップ」や「マーメイド・ブールバード」を通じて耳にしていましたが、その後突き詰めて聴くことはありませんでした。

 このアルバム、「ユニコーン」をきっかけに購入しましたが、何と言っても1曲目「リキッド・フィンガーズ」と最後の「マンハッタン・フル・ダンス」は、それはもう死ぬほど聴きましたね。今でもたまに思い出して聴くこともあります。香津美さんのギターはもちろんですが、「スティーブ・ジョーダン」のタイトで切れ味の良いドラミングや「マーカス・ミラー」の「チョッパー(スラップ)」のカッコよさはそれはもう格別でした。日本人がリーダーでこんなアルバムが作れる事にびっくりしてしまいました。このアルバムで、ニューヨークを中心に活動していた「マイケル・ブレッカー」「マーカス・ミラー」「スティーブ・ジョーダン」「ウォーレン・バンハート」「マイク・マエニエリ」等のミュージシャンをじっくりと聴く機会にもなり、その後どんどん音楽視野が広がるキッカケになりました。

 そしてさかのぼって、彼のアルバムを次々に買います。

【KYLYN LIVE / KYLYN 】
kylynlive2.jpg kylin.jpg 

 「KYLYN LIVE」そして「KYLYN」の2枚ですね。噂には聞いていましたが、とにかくぶっ飛びました。「本場フュージョン」に比べ、「和製フュージョン」は荒削りな感じを受けましたが、それがまたカッコよく、そして日本人であることにある種の親近感を生み、一気に「和製フュージョン」にもはまっていきました。一曲目「インナー・ウィンド」そして矢野顕子ワールド「リバー・マスト・フロー」や「在広東少年」、そして名アレンジでもある「マイルス―ン」、そしてスタジオ版では粋な「199X」や「ソニック・ブーム」のカッコよいギターソロなど、どこを切り取っても素晴らしいサウンドです。

 そしてこの後、下のアルバムと出会います。

【Monday Blues】
mbw.jpg

このアルバムでノックアウトでした。

 はたちそこそこの若者でこのクオリティです。一発目の「マンデイ・ブルース」のテーマのカッコよさ、そして1コーラス目からパワー全開!落ち着きのない(笑)プレーが炸裂していきます。最後は「レイニー・デイ」のソロ・ギターで締めくくり、もう最高の「ジャズ・ギター・アルバム」でした。ここでの香津美さんのギターの音色、色々なギタリストをその後聴いてきた中でも5本指に入りますね。

 必聴です!!



プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR