僕の音楽史(69)

【大学1年生(1980年~81年)】

 今回からは大学1年です。大学の4年間は僕の音楽脳(?)の8割を形成する部分が作られてきた時期で、フュージョンやジャズがある意味一番面白かった時代でもあるので注目です!

 僕が東京の大学に進学したら、既に東京で生活している兄と同居することはもう決まっていましたので、住居を探す必要はありませんでした。場所は板橋区の三田線沿線の駅でした。

 4月に入り大学生活が始まり、僕にとっては履修科目の決定よりも音楽サークルの決定の方が重要でした。毎日日吉キャンパスに行くと、いろんな音楽団体が演奏していて、しきりに勧誘してきます。細かいことは覚えてはいないのですが、「さすがに東京はレベルが高いな!」ってのが印象でした。

 「竹内まりや」の所属していた「リアルマッコイズ」というサークルに興味があったのですが、残念ながら聴く機会がありませんでした。もっとも聴いていたとしても、音楽性がまるで違っていたので多分入部はしなかったと思います。

 ある時日吉キャンパスで「ライトミュージックソサェティ(KLMS)」を聴く機会がありました。以前のブログに書きましたが、おじさんが新潟で演奏を聴き、しきりに入部を進めていたサークルです。

 30分ほど演奏を聴き、印象は「上手いなー」でしたが、・・・・ただそれだけでした。興味の対象外でした。ギターは座って演奏していて、おそろいのトレーナーを着たりして「カッコ悪い」と思いました。演奏が終了し、その場を立ち去ろうとすると部員の女性がチラシを手渡しに来たので、それをもらって帰りました。

 帰りの電車でそのチラシを読んでみます。過去のバンドのでのコンテスト受賞歴等が書いてある中にちょっと気になることが書いてありました。

 「ライトの現役ドラマーがカシオペアに参加・・・・」

 「カシオペア」

 確かに大学合格したくらいの頃でまだ新潟で生活していた僕の耳に噂は届いてきたバンド名でした。当時はまだ「ヤマハのコンテストで優勝し、アルバムデビュー」という情報だけで、まだ音は聴いた事はありませんでした。

 「なるほど、サークルのメンバーがプロになるくらいだから、このバンドはおじさんの言う通りうまい訳だ!」

 日吉からの帰宅途中、新宿で途中下車し、発売されたばかりのカシオペアの「サンダーライブ」を買って帰りました。

サンダー1 サンダー2

 そして、驚愕します!!!

Phrase Database (3)

 今回はパット・マルティーノの初期の頃のにーごーいちのフレーズです。

Phrase Database(3)


 マルティーノと言えば「ドリアンモードでの弾きまくり」をイメージする方が多いと思いますが、初期の頃はウェスの影響が色濃く出たオーソドックスなフレーズを弾きまくっていました。「この時代のプレイが一番好き」という方も大変多いですね。

 2小節目1-2拍のC7でのA♭→F→E♭→D♭というオルタードテンションの使い方と3-4拍目のC→F→B♭の跳躍がまさにジャズです。ちょっとした音使いの変化で普通の8分フレーズがジャズっぽくカッコよくなる典型的な例です。

 3小節目はジャズプレイヤーのほとんどが弾く特徴的なフレーズです。

 下の動画を参考に弾いてみてください。

ライブ演奏活動をペースダウンしようと思います。

 自分のギタープレイに少し嫌気がさしてきたので、何とかしなくてはと思ってます。

 そこでライブ演奏活動をペースダウンしようと思います。

 このバンドでの月1ペースでのライブは続けてはいきたいと思っていますが、回数を「こなす」ことよりもリハ―サルを通じてしっかりとした音楽をやっていきたいと思います。 
 正直言うと、加齢のせいか音楽的に以前できたことが全然できなくなってきてます。そして、情けない話ですが、色々と少し疲れました(笑)。特に最近、メンバーのオリジナル曲をやるようになって、曲の理解というか音楽的な把握がなかなかできず、思うように弾けないなと思うことが多く、弾いていてだんだん楽しめなくなってきました。聴いているお客さんは喜んでくれていますが、自分が楽しめなくなるとそれはそのうちお客さんに伝わります。自分のオリジナルやメンバーのオリジナルもやり続けたいですし、何より自分が楽しんで演奏できるように少し個人練習とバンドリハを重点的にやっていきたいと考えました。
 あともう一つの理由、音楽的に伸び盛りの高2の息子に負けるわけにはいかないのです。父親として!!
 またジャムセッションなんかも参加していこうと思います。集客やメンバーの都合、ブッキングなんかも気にしないで、ある意味無責任に演奏する機会も自分には少し必要かなと思いました。息抜きというか発散というか・・・。

 
 またブログやFacebookを通じてのジャズや音楽布教活動に少し力を入れていこうと思います。
 お陰様で僕のブログは常にランキング上位を占めるようになってまして(といってもジャンルがジャズですからヒカキンのようにはいきませんがね)今まで以上にまじめに取り組んでいきたいと思います。

 そんでもって、このバンド、武田、阿部、座小田、丸谷の四人でちょっと地方演奏に行く計画を練っています。

 誰か呼んでくれる人いませんか?

Pat Martino奏法研究(61)

【第6章】 Stella By Starlight Etudeの解説(3)

 まずはもとのEtude動画と譜面を貼っておきます。



Stella By Starlight Etude
 今回は17~24小節目まで解説です。

 まずこの曲の特徴でもある17,18小節目のG+7のところ、ここはそれこそ無数の和音が考えられます。そうは言ってもギターは弦が6本しかないので、そうもいかないですが。マルティーノのフレーズは多分3種類ですね。A♭マイナーにコンバージョンするかGのホールトーンを弾くかGのブルーススケールを弾くかの3種類です。ここではマイナーコンバージョンのA♭マイナーを採用してます。次のCm7ですがいわゆるE♭△7でのアルペジオ、移動ドで言うと「シドミソ」ですね。もしかしたらCm7→E♭△7(メジャーコンバ―ジョン?)とでもいった方が皆さんはりかいしやすいですかね?Cm7を主と考えるかE♭△7を主で考えるかだけの違いで、同じことですね。20小節目の3拍4拍で21小節目へのポジション移動を考慮して左手が少しづつ下がってきます。下の動画を参考に。



 21小節目から22小節目に向かい、同じE♭ドリアンでもポジション移動がありますね。サクっとできるように練習しましょう。このポジション移動が彼の奏法をマスターするための肝です。23,24小節、ここも先ほどのCm7と同じでB♭△7のアルペジオですね。彼はこういうアルペジオをまんまフレーズに突っ込んでいることが多いです。



 25~32小節目は今まで出てきたコードと同じですので、解説はあえてしませんので、譜面を見ながら頑張って弾いてみてください!

 Stella By Starlight Etudeはいかがでしたか?皆さんのプレイの参考になりましたでしょうか?

 このエチュードの譜面を見て何か気が付きませんか??上がって、下がって、上がって、下がって・・・・が数小節単位に周期的に繰り返されてますよね?これが彼のフレーズの一番の特徴で、「独特のうねり」「グルーブ」を生み出す源でもあるのです。

 次回からは、彼の「ノリ」「グルーブ」について解説しようと思います。もちろん、解説動画を入れていくつもりですが、彼の「グルーブ」には程遠い演奏となってしまうことをあらかじめお断りしておきます(笑)。

ジャズギター裏口入学(12)

【ジャズっぽいコードワーク(1)】

 前回まででひとまずブルース編は終わりです。先に行ったららまた取り上げるつもりですが、あのくらいの事を知っておけば充分「ジャズっぽい」を満たすことができますし、まずは色々コピーしたり弾いたりと場数を踏むことが必要です。

 今回はコードワークの話です。とは言っても、コンテンポラリーなボイシングやソロギター対応のものではなく、本当に普通の、いわゆる「初心者がジャムセッション等でベースソロになった時に、聴こえるか聴こえないかくらいの音量で刻む」を想定しています。

 まず下の動画1を見てください。



 大学一年でジャズをやりだしたころ、Em7→A7→Dm7→G7→C△7(さんろくにーごーいち)は上の様に弾いていたと思います。指板図も他の動画を含めてまとめて載せておきますので参考にしてください。間違いじゃありませんが、全く「ジャズっぽく」ないですよね。
 
 以前も書いた通り、「ジャズっぽく」聴こえるためには、ジャズ系のギタリストが誰でも使うやり方をまねるところからと思います。そこで「3音」ボイシングです。



 どうですか?音はたったの3つ(ルート、3th、7th)だけで随分と「ジャズっぽく」聴こえませんか?

 A7、G7のところが4弦では音が細くて聴こえないし、力強くないので6弦で弾いてみます。下の動画です。



 続けます。僕のジャズギターの始まりはジョー・パスでした。彼はコードに行く前に必ず半音上の音を鳴らしてる様ですので、真似してみました。



 なんかベースラインがかっこよくって、いかにも「ジャズっぽく」なってきました。

 その後ジムホールを聴きました。彼は先の半音上の音もコード(7th)で鳴らしていることがわかりました。下の動画です。




 こんな感じで、見よう見まねでコードワークを覚えていきました。 

 僕は大学4年間はビッグバンドに所属していたので演奏の9割は「刻み」をやっていました。したがってまわりの大音量の中「音が少しでも聴こえるにはどうしたら良いのだろう?」といつも考えていましたし、「刻み」の重要性も4年間で随分と良くわかりました。そうは言っても「刻み」は地味で、面白いものでは正直ありません(僕はですよ)。性格的にもこれをやり続けることは厳しいものがありますが、一つ言えることは僕的な尺度で言うと、刻みを馬鹿にしてしっかりやらないと、後々つまずきます。そして、気が付いた時に慌てて刻みの練習してももう手遅れかもしれません。単音のノリはこの刻みがあってのものだと思いますし、凝ったボイシングもこの「3音ボイシング」が基本だと思うのです。

 がんばってやりましょう!!

ジャズギター裏口入学(12)

 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR