僕の音楽史(41)

【高校1年生(1977〜78年)】

 待ちに待ったクリエイションのサードアルバムがリリースされました。「ピュア・エレクトリック・ソウル」です。

 セカンドアルバムでフェリックス・パパラルディとコラボし、個人的には今後のクリエイションに対し少し不安に思っていました。そんな中、以前このブログにも書いたNHKのラジオ番組で、このアルバム収録予定のスタジオライブを聴いて、期待に胸を膨らませて待っていたのでした。

998.jpg

  聴いた感想は「期待通り」の素晴らしいアルバムでした。

 1曲目の「ピュア・エレクトリック・ソウル」から最後の「幻の10年(ヤードバーズ)」まで、捨て曲など一曲もなく、素晴らしいものでした。特に、NHKスタジオライブでも演奏していた「トーキョー・サリー」や「スピニング・トー・ホールド」、そして「アイム・ア・ランブラー」、ヤードバーズの「幻の10年」が特にお気に入りでした。

 どれもこれも良い意味で「日本人臭さ」があって、「日本人のソウル、ブルース」を強力に感じます。逆にこの「臭さ」を受け入れられない人はクリエイションはダメなのかな?と思います。

 「スピニング・トー・ホールド」は初めて聴いて時からもちろん「カッコイイ」と思いましたが、ここまで「知らない人は誰もいない」程の人気な曲になってしまうとは想像しませんでしたし、「幻の10年」は「ヤードバーズ」のテイクを意識したサウンドで、本チャンを聴いたことのある人には、たまらない演奏でした。

 ファースト・アルバム、この前のスタジオ・ライブもそうでしたが、このアルバムも同様、竹田和夫さんのギターの音は最高です。

 少し前に発売されていた四人囃子のセカンド・アルバム「ゴールデン・ピクニック」とシングル「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」を友人新保君から聴かせてもらいました。

41cerLtG4GL.jpg soratobu_j.jpg

ファースト・アルバムの「一触即発」で「竹田和夫」、「クリエイション」と同様に注目していたギタリスト「森園勝敏」「四人囃子」でしたが、このアルバムも凄く気に入りました。もともと「イエス」や「EL&P」も好きでしたので、この手のサウンドもグッときます。森園さんのギターも相変わらずセンスが良く、フェンダー系の奇麗なクリーンサウンドでのカッティングは、竹田さんのギターと別の意味で大好きでした。そして、この時におやっ?と思った「レディー・バイオレッタ」という曲が収録されていました。これからのフュージョン・ギター時代の幕開けのような感じであったのだと思います。もちろん、当時はそんなことに気が付きませんでしたが・・・・。

 当時の日本のロックギター界は、まだこのブログにはあまり紹介できていないチャーさんを含めて、竹田さん、森園さんの3人ががっつりと活躍している「勢いのある時代」だったと思います。

僕の音楽史(40)

【高校1年生(1977〜78年)】

 ツェッペリンの「狂熱のライブ」にノックアウトされた夏休みが終わりました。そして二学期が始まると、そろそろ文化祭の準備の声が聞こえてきました。

 「武田、この譜面さらっておいて!」

 ある時、部長が僕のところに譜面を何枚も持ってきました。そうです、以前このブログにも書いた通り、僕は音楽的趣向と全く真逆で、そして部員の女子(の先輩)目当てにクラシック・ギター部に入っていたのでした。

 「文化祭でやるから」

 「えっ?!」

 文化祭でやるなんて全く想定外でした。頭の中は女子の先輩と毎日楽しく遊ぶことだけでしたが、よくよく考えると文化祭で発表会をするのは、文化部では当たり前のことでした。浅はかでした・・・(笑)。

 前にも書きましたが、クラシックギターに関しては部長は断トツ上手くって、僕が二番手でした。もうひとり男子でそこそこ上手な人がいて、あとの部員は、初めてまだ間もない人や高校に入ってから始めた人も多かったので、合奏となると、僕も結構頑張らなくてはいけないようです。「さぼり」という選択肢はありませんでした(笑)。

 譜面を見ると「ブランデンブルグ協奏曲第5番(バッハ)」です。当時は当然ですが知りませんでした。でも、部長に1stギターのメロディーを弾いてもらったら、聴いたことのある有名な曲でした。ただ、僕は2ndギターだったので、いわゆる主旋律ではなく、一人で譜面をさらっていても曲のイメージがわかず、苦労しました。今のように、Youtubeもない時代ですし、レコードを買う気にもなりません。まずは譜面の音符に全部「ドレミ・・・」を書いて、必死になって練習しました。

 もう一曲の方は割と楽勝でした。「展覧会の絵(ムソルグスキー)」でしたので・・・(笑)。EL&Pを通して知っている大好きな曲でしたし、メロディーを空で歌えることができるくらいでした。

 あともう一曲、部長の知り合いの方のバイオリン、ビオラ、そしてオルガンをゲストに呼んでの合奏曲をやりましたが、残念ながら曲名は覚えてません。

 本番の文化祭での演奏はどうだったのか?うまくいったのか?の記憶は実のところ全くありません。記憶に残っているのは、文化祭の後の打ち上げで、気に入った先輩の女の子と「コーラ」「オレンジジュース」でずっと話ができたこと、そして「やっぱり俺はクラシック・ギターには向いていないな」と改めて感じたことの二つだけです。

 クラシック音楽そのものはそんなに嫌いではありませんでしたし、ナイロン弦の音も悪くはありませんでした。でも、やはり、合奏、しかも2ndギターってのは、僕的にはどうしても嫌でした(笑)。「One Of Them」では嫌なのです(笑)。ギターは僕一人で良いのです。そして、見に来てる人には、「自分のことを見て欲しい」のです。この気持ち、正直言うと、今もそんなに変っちゃいないのだと思います(笑)。

 前に、このブログで「中学の文化祭で、エレキでソロを弾いた」時の話を書きましたが、その時は、凄くたくさんの人が見に来てくれたし、演奏後も女の子にきゃーきゃー言われてましたし、ファンクラブもでき、手紙をもらったりしました(笑)。クラシック・ギター部ではそんなことは絶対起こりえないのだなと思いました。

 クラシック・ギター部をやめようと思いました(笑)。人間のクズですね!

classic.jpg 2.jpg 41XFSCA41WL.jpg








僕の音楽史(39)

【高校1年生(1977〜78年)】

 さっぱり訳が分からない駿台の夏期講習(笑)に参加しながら、「狂熱のライブ」を上映する映画館を調べました。僕が寝泊まりしていた兄の住居は京王線の桜上水駅でした。近場の映画館を探すと「あった、あった!新宿の地球座・・・新宿のどのへんだ?えっ、歌舞伎町?!」
ビビってしまいました。新潟の高校生でも知っている全国区の街、そしていろんな意味で「とても怖い街」です(笑)。映画を見た後ほんとに無事に帰ってこれるか心配になりました(笑)。

ダウンロード d20808-3-640237-1.jpg


 講習が休みの日、決行しました。事前に映画館の場所をしっかりと下調べし、新宿駅から映画館まで脇目も降らず、一心不乱に走って現地に向かいました。でも、誰かにぶつかって絡まれたりしないように細心の注意を払って走りました(笑)。

 座席ど真ん中の席に陣取り、映画が始まるのを待ちました。ここからは映画を見た感想を思い出しながら書いてみようと思います。

 先に結論を言ってしまいますね。度肝を抜かれました。そして、想像以上のカッコよさに「もう死んでもいい!」くらいの気持ちになってしまいました。次に印象に残った部分をいくつか書いておきますね。

 1.ステージが真っ暗の中「ロックンロール」のドラムイントロが聴こえ、その後、急にステージが明るくなり、ギター&ベースが入ってきて・・・。これでもうノックアウトされてしまいました。レコードを聴いた時にもこの部分にはしびれました!

 2.「ロックロール」のギターソロ最初の「ぐしゃぐしゃぐしゃ」って弾くところ(笑)、左手がズームアップになり、指が「蜘蛛の足」のような動きにぶっ飛んでしまいました!

 3.「幻惑されて」のヴァイオリン弓&ディレイを使ったプレイ、観客席全方向に向けて弓を順番に向けるアクション、卒倒しそうな位カッコイイ!

 4.「貴方を愛し続けて」のタメたかと思うと、いきなり「ぐしゃぐしゃぐしゃ」と弾きまくる「音の塊」との対比がスゲー!これはレコード未収録だった!

 5.「永遠の詩」、あんなに動き回って大丈夫か?よく弾けるな!?イメージビデオはいいから、早くステージ映像に切り替えてくれよ!

 6.「胸いっぱいの愛を」での間奏、「空手チョップ」で鳴らしてるあの楽器(テルミン)、一体全体何なんだ??そして、仮面ライダーの「ヘンシーン(変身)」のようなあのアクション、笑っちゃうほどカッコイイ!!!

jj.jpg zeppp.jpg 

 映像の素晴らしさついては数え上げたらキリがありません。ただ、根本的に映像を見る前に想像していたイメージと一番違っていたのは、「ロバートがワイルドにステージ上を動き回り、ジミーは不愛想にただ黙々とギターを弾いている」とばかり勝手に思っていました。ところが、どちらかというと「逆」だったのですね。あんなに動き回ってよく弾けるなーと。そして、アクションがいちいちカッコイイのです。

 次の講習の休みの日にまた見に行くことに決めました。今度は落ち着いてじっくりと映画を楽しむことができると思ったので。しかも、ジミーのカッコ良さしか頭に残っていませんでしたし・・・(笑)。

 この映画を見れただけで、もう夏期講習なんてどうでもよくなりました!

 141658076646151992180.jpg ooo.jpg




 

僕の音楽史(38)

【高校1年生(1977〜78年)】

 レッド・ツェッペリンの映画「狂熱のライブ」が日本で上映されることを夏休み前に新聞で知りました。ただ残念ながら新潟で上映される映画館はありませんでした。いくら人気のロックバンドとは言っても、見る人は限られていて興行的に厳しいからなのでしょう。

zeppp.jpg

 「なんとか見る方法はないか?」と考えました。当時は「動くジミー・ペイジ」をほとんど見たことはありませんでした。数年前の「NHKヤングミュージック・ショウ」で一曲だけデビュー当時の映像を見たことはありましたが、当時ビデオ・デッキはまだ一般家庭に普及されてはおりませんから、録画して繰り返し見ていたわけではありませんでしたので、見たことがないといって良いほどでした。

 「東京にいる兄のところへ夏休み遊びに行こう!」

 これが映画を見るための一番手っ取り早い方法でした。当時、3つ上の兄は東京の駿台予備校で4月から浪人生活を送っていました。早速親に相談してみましたが、予想外の返事が返ってきました。「ダメ!」とのこと。要は「兄の勉強の邪魔はするな!」ってことです。また、僕も一学期の中間テストの成績があまり芳しくないこともあってか、昔と違って両親は僕が音楽をやることに少しづつ良い感情を持たなくなっていました。

 それでも、あきらめきれませんでした。そして、色々考えたあげく名案(悪知恵?)が浮かびました。成績が悪いことが東京に遊びに行けない理由のひとつならそれを逆手にとってやれ!と思いました。

 父にこう言います。「俺も駿台予備校の夏期講習受けたいんだけど・・・・。中間テストがあまり良くなかったし・・・。」

 兄はもともと優秀な人ではありましたが、駿台予備校のたった一学期で信じられないくらい成績が伸びていました。駿台の授業のすばらしさを父から間接的に聞かされていました。そして父は駿台に絶大な信頼を置いていました。そこをうまいこと利用してやれ!と思ったわけです(笑)。

 父は思ったより簡単に落ちました(笑)。こうして東京行の切符を手に入れました。夏期講習ですから、夏休みの大半を東京で過ごせるわけで、想像しただけでも眩暈がしそうでした。

 もっとも、これからの音楽活動をスムーズに進められるように夏期講習はせっかくだからまじめに受けようとも思いました。親は成績が上がれば何も言わないはずです。そして、俺のせいで兄の成績が下がったら、それこそ大変です。二学期で逆転、名誉挽回するには絶好のチャンスと思いました。ところが、実際に授業が始まったところで、「自分はなんて考えが甘いのだろう」とわかってしまいました。僕の入学した「新潟高校」は一応新潟では一番の受験校ではありましたが、所詮田舎の公立校です。今と違って東京と地方の学力差は随分とあったようで、僕の学力では全国から優秀な学生が集まってきた駿台の夏期講習はレベルが高すぎて、全く授業についていけませんでした・・・・。しかも、楽器を持っていかなかったので、映画を見て、とっとと家に帰りたくなってしまいました(笑)。

 次回は「狂熱のライブ」を見た感想を書こうと思います。

yobikou.jpg


 

僕の音楽史(37)

【高校1年生(1977〜78年)】

 何回かこのブログに登場しているジャズ好きのドラマーのおじさんがある時カセット・テープを持ってきました。

 「これ聴いてみろ、かっこいいから!」

 カセットには「クリエイション・スタジオ・ライブ」とだけおじさんの手書きで書いてありました。おじさんに聞くと「昨年(76年)12月頃のスタジオライブで、たまたま雑誌で番組を見つけたので録音した」とのことです。

 クリエイションについては以前も何回か書いてきましたが、僕の尊敬するギタリスト「竹田和夫」さんをリーダーとする日本の誇る素晴らしいバンドです。ただ、セカンドアルバムで「フェリックス・パパラルディ」とのコラボがあまり気に入らなかったので、僕の中でテンションは下がりかけていました。

 早速聴いてみます。そして、すぐに脳天をハンマーで殴られたような衝撃を受けました。

 「すげー!」

 カセットにはファースト、セカンド、そしてなんとレコーディング中の未発表サードアルバムの曲が収録されていました。クリエイションのライブはカセット・デンスケでの生録で物凄いサウンドは何度も耳にしていましたが、このテープはスタジオ・ライブということもあって、録音が無茶苦茶良く、演奏のクオリティも最高です。中でも、和夫さんのギター、僕がスタジオ盤や今まで聴いてきた彼の生録の演奏全ての中でもこの日の演奏はベストと言える素晴らしいものでした。ソロの影でうっすら聴こえてくる感極まっての彼の唸り声もライブ感があって抜群です。

 演奏も凄かったのですが、なっといっても、竹田さんのレスポールから奏でられた音の素晴らしさに言葉を失ってしまいました。甘く透明感のあるサウンドというのでしょうか。こんな美しいサウンドでプレイするロックギタリストは今まで聴いたことがありませんでした。レスポールのサウンド、僕は今でもBBAライブでのジェフ・ベックの音、そして、この日の竹田和夫さん音がレスポールで演奏されたサウンドの最高峰だと思っています。そして、この日演奏した「トーキョー・サリー」での中間部のソロ及びエンディングでのソロは今聴いても泣けてきます。今、皆さんにその演奏をお聴かせすることができないのが非常に残念ですが、必ずこのブログを通してご紹介したいと思います。

 サード・アルバムのリリースが待ち遠しくなりました。

 やはり、「竹田和夫」さんは本物でした....。

Takeda76.jpg creation.jpg








 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR