僕の音楽史(76)

【大学1年生(1980年~81年)】

  先輩達の演奏する姿に目をやると、今まで見たことのない先輩がアルトサックスを吹いていました。

  「あれ、誰だろう?」

  「お前、知らないの?あの人が淳平さんだよ!!」

  「????」



  「お前知らないの?」って言われたって、知るわけはありません(笑)。でもC年(1年生の事ですね。ちなみに2年はD年、3年はE年、4年はF年です。わかりますよね?)では、僕ともうひとりピアノのT岡さん以外はなんと皆彼の事を知っていたのです。知っているどころか、色々話を聞いてみると、なんとトロンボーンの川島もアルトの小林もバリトンサックスの佐藤もなんとこの「淳平さん」の演奏を入学前に聴いたことがライトに入部するきっかけとなったことのようです。また、以前もこのブログにも書きましたが、カシオぺアに参加することになった神保さんとライトとは別にコンボで活動していて、音楽的なイニシアチブをとっていたのが、どうやら淳平さんらしいってこともわかりました。

 「淳平さん」に何故今まで気が付かなかったのかはわかりませんが、想像するに彼はF年だったので就職活動かゼミの関係かなにかで今まで練習に出ていなかったのではないかと思います。

 そんな話を練習中に聴かされたので、彼の吹くアルトに耳を集中して聴いてみました。今なら一聴してその凄さがわかったのかもしれませんが、正直その当時はまだジャズもアルトも数えるほどしか聴いていなかったので、わかりませんでした。でも、一緒に吹いていたサックスセクションの先輩たちが妙に緊張している風にも感じられましたし、先入観かもしれませんが独特のオーラを感じました。

 練習が終わって、追加の情報を色々聞かされました。細かくは覚えていないのですが、印象に残ったのは次の2つです。

 まず、「山野ビッグバンドコンテスト」ってやつが、毎年夏にあり、ライトを含め学生ビッグバンドはそれに向けて日々練習している。要は高校野球で言えば、「甲子園」みたいなものであるが、そこで「淳平さん」は「最優秀ソリスト賞」を取ったという事。

 もう一つは、サックス・セクションが練習前のウォーミングアップで吹いていたロングトーンやスケール練習、フレーズ練習は彼が自作し、コピーして配布したものであったこと。




 一つ目に関しては、彼と同じアルトサックス奏者の同僚小林君にコンテストの生録演奏テープを後日借りて聴きました。確か「アイ・リメンバー・バード」だったと思います。もちろんその時の演奏テープは今聴くことはできませんが、先ほどYoutubeで「オリバー・ネルソン」のテイクを聴いて記憶がよみがえりました。確かカデンツァ~フラジオのテクニックと迫力の演奏にジャズをわからないなりにも驚愕した記憶があります。

 もうひとつの配布されたウォーミングアップ譜面は僕もコピーさせてもらい、ロングトーン以外の部分はギターでも使えたので、十数年に渡って僕も使っていました。先ほどちょっと探してみましたが、見つかりません。後でゆっくりと探してみようと思います。



 ライトの練習、はっきり言って僕にとってはあまり面白くなく、そろそろ「辞めようかな?」と考えだしていた時期ではありましたが、レギュラーの練習の時は、淳平さんのアルトを聴いて「他の人たちと何が違うのか(ほかの方々、すみません!)」を分析しようと考え、もう少し頑張ってみることにしました。

 ライト出身の方もこのブログを読んでくれているようですので、白状します。

 同僚や先輩たちは僕の事を「ライトに対しては不真面目!」と感じてたと思います。確かに表面上は不真面目な態度でやってましたが、音楽的には一番ストイックにやっていたと思います。僕はこのくらいの時期から、その時その時で、特定の先輩や同僚を心の中で「酒の肴」にして、「ノリがイマイチだね」「すげー、どうやったらあんな演奏ができるんだろう?」などなど、演奏していない間も常に研究していました。そして、気が付いたことは自宅で自分のギターで実践してみたりしていました。ジャズは当時はこれっぽちも弾けませんでしたが、高校時代までロックをやっていて、一時まで「天才ギタリスト」なんて言われてたプライドを引きずっていて容易にあきらめきれなかったのだろうと思います。

 だから、ライトを辞めなかったのですよ!

アルトサックス

僕の音楽史(75)

【大学1年生(1980年~81年)】

 ライトのトロンボーン奏者川島君から録音してもらった残りの2枚を聴きます。

ロレンツオ


 「なんだこれ、パット・・・あれ、何と読むんだろう?」

 カセット頭から曲をかけます。

 「なんだ?これギターの音?なんの音だろう・・・??」

 なんだかよくわからないまま終わりました。次は明らかギターの音が聴こえてきます。が、しかしです。

 「なんかクネクネしていて、なんだか女っぽいギターだな!」

 カセットテープを最後まで聴くことができませんでした。今のCDやデータと違って、カセットは曲を飛ばすことが出来ません(笑)。

 これが、パット・メセニーとの「初めての出会い」でした。

 僕の事をどんなギター弾きか知っている人は、パット・マルティーノとパット・メセニー、この2人から僕はどんなに影響を受けているか!そして僕がいまだにギターを弾いているのは彼らのおかげかってことは、きっと容易に想像できると思いますが、最初の出会いは、実はこんな感じだったのです。もちろん僕の音楽性が未熟だったことだけが理由なのですがね。メセニーについては、ここで一旦は終わりです。


 もう一本、ジョージ・ベンソンのテープを聴きます。

ブリージン

 もちろん、彼の名前くらいは流石に僕でも知っていましたが、演奏は初めてでした。これは、一発で気に入りました。そして、独特のグルーブ感と速いパッセージにもう虜になりました。僕はこの時点では黒人ギタリストを意識して聴いたことも初めてだった思います。躍動感に満ちたバネのあるパッセージは黒人の陸上短距離選手が思い出されました。ただ、彼のギターを研究しだすのはもう少しあとで、別のアルバムやミュージシャンを聴くようになってからです。これも、また別の機会に書こうと思います。


 レギュラーバンド練習の時に川島君と会い、録音してもらった3本の感想について話しました。

 「ベンソンは気に入ると思ったが、メセニーについては意外だな。」

 とのコメントでしたね、たしか。



 そして、先輩達の演奏する姿に目をやると、今まで見たことのない先輩がアルトサックスを吹いていました。

  「あれ、誰だろう?」

  「お前、知らないの?あの人が淳平さんだよ!!」

  「????」

 

 

僕の音楽史(74)

【大学1年生(1980年~81年)】

 日吉でのジュニアバンドの練習と三田でのレギュラーバンド練習の準備・見学後の帰宅電車はトロンボーンの川島君といつも帰っていました。彼は僕に比べ色々な音楽をフラットに聴いていたので、彼の話は貴重な情報源でした。レギュラーバンドの練習の帰りは僕は三田線の板橋の方に住んでいましたので、三田線一本で帰るのが近かったのですが、彼と音楽話をするためわざわざ「山手線で田町駅からグルーと回って巣鴨で三田線に乗り換える」という遠回りをして帰っていました。それだけ僕にとっては貴重な時間でした。

 「ジャズでもフュージョンでもいいけど、なんかお勧めのアルバムをカセットに録音して欲しい」と彼に生テープを何本か渡しました。

 数日後彼に渡したテープが戻ってきました。録音してくれたのは次のアルバムでした。

61c0C-O6BuL.jpg ブリージン ロレンツオ

  左の写真から【モーニング・ダンス/スパイロ・ジャイラ】【ブリージン/ジョージ・ベンソン】【想い出のサンロレンツオ/パット•メセニー・グループ】でした。どれも初めて聴くバンドでした。今思うと、当時あんなに人気のあったアルバムですら、聴いていなかったって事ですね。

 早速自宅でギターじゃない「スパイロジャイラ」ってやつから聴いてみます。

 印象的なスティールパン(?)のイントロからアルトサックスのテーマが出てきます。

 「なんて奇麗な音色!」

 ジェイ・ベッケンスタインのアルトの音色にノックアウトです。後半のアルトソロも歌心満点です。僕はフュージョン・ミュージックってのは「技術」「スピード」「スリル」の3拍子と思ってました。でも、音楽である以上やっぱ「歌心」ってのも無茶苦茶重要なのだなと再認識しました。アルバム・タイトルの「モーニングダンス」や「スターバースト(後にライトで演奏することになります)」が特に気に入りました。マリンバ、エレピ、アルトのソロのフレーズなんかは、当時覚えたてのジャズのフレーズがところどころ散りばめられていて、「フュージョンをやるにはジャズを勉強するしかない!」という自分の方向性に誤りはないと再認識しました。

   残り2枚のギター・アルバムについては次回書くことにします。長くなるので・・・・。


 こんな感じで少しづつ音楽性(?)は広まっていきましたが、その一方でギターの練習はいきづまり、ライトの活動にはあまりなじめませんでした。レギュラーバンドのメンバーであった先輩のギターの「カンタさん」、ベースの「タダシさん」、ドラムの「ナカムラさん」は1学年上だったこともあり、ジュニアバンドにも同時に参加していたので、話す機会も多少はありましたが、教えてもらうような時間はあまりありませんでした。彼らはすごく優しく、フランクに話を聞いてはくれましたが、ライトそのものの雰囲気がやはり一言で言うと「教わる」と言う感じではなく「自分で学べ」的な感じであったり「上下関係がある程度厳しい」まー、一言で言うと体育会系」的だったこともあり、正直夏休みまで持つかな??と思っていました。

 何とかしなくてはと思い、今もある代々木の「ミューズ音楽院」に通ったりもしましたが、最初の数回で辞めました。「楽典」の授業が全くチンプンカンプンでついていけませんでしたので.....。受験勉強はやればやっただけできるようにはなるタイプでしたが、「音楽理論」と「読譜」ってやつは、何度やっても頭に入りませんでした。

 次回は録音してもらった残りの2枚について書こうと思います。
 

 



僕の音楽史(73)

【大学1年生(1980年~81年)】

 ライトでの生活が始まりました。
 
 入部前にはあまり意識していなかったことで、わかったことがありました。このバンドにはレギュラー・バンドとジュニア・バンドの2種類があるということです。要するに、レギュラーバンドのメンバーがオリエンテーションやコンサート、コンテストに出場するバンド、野球で言えば1軍で、ジュニア・バンドってのは2軍です。新入部員は2年間は全員必ずジュニア・バンドに所属しますが、レギュラーバンドは年功序列という訳ではありません。演奏の力量によってレギュラー・バンドに所属することになります。したがって、新入部員でも上手いやつは、ジュニア、レギュラーの両方のバンドに所属し、それぞれ両方の練習に出なくてはいけませんし、後に詳しく書くことになりますが、新入生のやる仕事も並行してやらなくてはいけないのでとても忙しいものとなります。

 その時ライトにはギタリストのレギュラー・ポジションは一人のみ、一学年上の「カンタさん」という先輩がいました。明らか彼の方が上手いと自分でも感じていました。僕の一学年上ってことはどういうことになるかと言うと、実力的に彼を追い越さない限り4年までレギュラーは回ってきませんし、僕より上手いやつが入ってきたら、レギュラーにならないまま終わりということを意味します。普通ならやる気を失うところですが、僕は正直言うと「ラッキー!」と思いました。もともとライトで演奏しているようなビッグバンド・ジャズは好きでなかったですし、譜面に書かれているコードも難しすぎて全く弾けませんので、「個人練習して弾けるようになるまでレギュラーになんてならない方が気楽でいいや」と思ったからです。この頃は新入部員は10数名いたと思います。でも一か月もするとひとり辞めふたり辞め、結局のところ僕を含めて卒業まで残る5人にほぼ近い形になったと思います。

 その中で「川島君」というトロンボーン奏者がいました。帰り道がずっと一緒だった関係で一番話す機会が多かったと思います。彼は中学、高校の頃からロックやフュージョンを随分と聴いていて、既にジャズも色々聴いていました。

 「武田は普段何聴いてるの?」

 「ジャズは全く聴いていない。とりあえず最近聴いてるのはカシオペアかな。サンダーライブだけだけど。」

 「そうか?神保さんが入る前だけど、ファーストとセカンドを友人からレコード借りてるから録音してあげるよ」

 そして、彼からカシオペアのファースト、セカンドのカセットテープをもらい、それを当時発売されたばかりのソニーのウォークマンで通学途中に毎日聴いていました。


 サンダー・ライブでお気に入りの曲のスタジオテイクや「タイムリミット」「朝焼け」「テイク・ミー」などの名曲が収められていて、その後もずっと愛聴盤になりました。

 この頃のカシオペアの野呂さんのギターは今でも大好きです。ステレオで鳴らすクリーント―ンやワイルドなディストーション、そしてジャジーなギターソロ、「フュージョンギターを弾けるようになりたい!でもなぜかジャズ・ビッグバンドに入ってしまった(笑)」自分には最高のお手本サウンドでした。

 「ミッドナイト・ランデブーをレコードでかけながら、それに合わせてギターを弾く。でも、ブラック・ジョークは全く歯が立たない」

 僕のギターレベルは当時はこんなもんでした。

casiopea_first.jpg

c2.jpg swm.jpg


僕の音楽史(72)

【大学1年生(1980年~81年)】

 慶應義塾ライトミュージックソサイエティ(今後はライトと書くようにします)の公開練習の後に先輩たちと三田キャンパス近くの喫茶店に行き、セクション別に別れ色々と話を聞きました。僕はギタリストなので、ギタリスト、ベーシスト、ドラマー、ピアニストの先輩たちと席を並べて話しました。一つ一つ細かくは覚えていませんが、印象に残ったお話だけ簡単に・・・。

 まず、このリズム隊の人たち、ライトで演奏している音楽はもちろんビッグバンドのジャズでしたが、経歴は皆ロック、フュージョンやポップス上がりで、自分と比較的似ているなと思い、少し安心しました。好きな音楽的趣向も年齢が1~2歳くらい上なだけですからほとんど同じでした。「じゃ、なんでこのバンドにいるんだろう?」と疑問に思いましたが、「ライトには凄いプレイヤーが先輩にいる。他のサークルにはこんな凄い人はなかなかいないよ」とのことでした。「カシオペアの神保さんのことですか?」と聞くと「神保さんはもちろん凄い。でも、それだけじゃないんだよ。」

 どうやらこんな話のようです。

 「昨年までライトの現役メンバーであるピアノ、ベース、ドラムス(神保さん)とまだ現役で活動しているアルトサックスの四人でビッグバンドではなく個別のバンドで活動していて、それがとてつもなく凄いんだよ。あんなの聴かされたら、もう頑張ってやるしかない!」

 確かにライトとしてやっている音楽は全く興味の対象外でした。でもそんなに凄いプレイヤーを輩出するサークル、そして現役にも凄いプレイヤーがいるってのは「このサークルには何かあるな」と思いました。また、自分の受験勉強の事に照らし合わせて考えてみました。以前、このブログにも書きましたが、最初は見栄はって「国立大学文系コース」で辛い受験生活でした。周りには東大・京大・一橋に軽く現役入学した頭のいい奴らばかりでした。でも、そんな友達の中で一年間受験生活をしていたから、こんな俺でも慶應に現役合格できたのではないかと思いました。
 
 「音楽環境」がいかに大事かってことは何となくわかっていました。そして、勉強以上に音楽には「環境」というものが物凄く大事であるとも思っていました。「必死に練習して出来るようになる」のではなく「知らず知らずのうちに出来るようになる」というのが理想と思いました。そのためには「素晴らしい音楽環境に身を置く」事が必須の様に思いました。

 そうは言うものの簡単には決められませんでした。色々話して納得できる部分と俺には無理!と感じる部分もあり、もちろんその場では当然決断できませんでしたが、結局その後、新歓コンパに参加して入部することになりました。それ以外のサークルやバンドの演奏を色々聴いたのですが、これ!っていうサークルがなく、段々考えるのも面倒になってきて「まー、入ってみてつまんなかったら辞めればいいや!」くらいにその時は考えていました。後になって、そんな簡単にやめさせてくれるような甘っちょろい部活動ではないことに気が付くのですがね(笑)。

※この写真は僕が参加している当時のライトではありません

KLMSPPP.jpg
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR