FC2ブログ

ギター購入騒動記(66)

2018年11月3日 ギタープラネットへ(1)

 頭の中は「ES-175もしくはそれに類する楽器」でもう頭がいっぱいです。相変わらずデジマートやヤフオク等で検索し、これというものがないかを探す毎日が続きます。

 久しぶりに時間ができたので御茶ノ水に行こうと思いました。

 「(ネットによると)ギタープラネットにあったOrville By GibsonのES-175は確かまだ売れてなかったよな。もう一回弾いてみる価値はありそうだな。」

 Orville By Gibsonについては既に色々調べました。富士弦か寺田楽器制作の日本製でGibsonのピックアップが搭載されている、特にフルアコは希少価値であることなどなど。これが現在の一番欲しい楽器の一つでもあります。

 真っ先にギタープラネットに行くと、いつもお世話になっている店員Sさんは接客中でした。まず店内を軽く見渡します。いつもネットで見ているので、大体の楽器は把握しています。

 「あー、良かった!例のOrville By GibsonのES-175はやはりまだあるな。今日もじっくり弾かせてもらおう。本当にいい楽器だったよなー。」

IMG_1353.jpg


 そんなことを考えながらぐるっと目を移動させてみると


 「えっ?!」

 そこにあったのは「Gibson L4 CES」でした。

IMG_1354.jpg

 ES-175とES-775と来て、「次はL4かな?(笑)」と無責任にけしかけるやつらもいましたが、そのL4が目の前に展示されていました。

 興奮しながら目をさらに移すと

 「マジかよ!!」

 そこにあったのは「Gibson Pat Martino Signature Model」でした。

7615_2.jpg

 「この俺にPat のシグネイチャー・モデルかよ!!」

 これでは「目の前に人参ぶら下げられた馬」状態です(笑)。



 もう身体が熱くなって来てしまいました。

 
 「よりによって、こんな2本が入荷しているとは!」


 Sさんが接客中でもあること、そして何よりも頭を冷やさなくてはいけないと思いましたので、一旦お店を後にし、他のショップを一回りしてくることに決めました。


 つづく!


 

 

ギター購入騒動記(65)

2018年10月 175! 175! 175!

 ここんところギターショップに行ってないのですが、相変わらず家ではヤフオクやデジマートで楽器を物色しています。今はES-175タイプの楽器が欲しいのであります。

 ギター・プラネットさんに10月初旬ころ下の「Orville By Gibson」ってやつを弾かせてもらったのは前回レポートで書きましたが、それ以来、毎日この楽器が売れていないかを確認し、「俺のために早く売れてくれ!(そうじゃないとそのうち買ってしまうではないか!)」という気持ちと「まだ売れていない!」とホッとする気持ちが心の中で渦巻いているのであります。

6795_2.jpg


 ES-175、ES-775と来たので次はL4か?!と無責任に背中を押す輩もおりますが(笑)、ちょっと手が出ないかなと思っています。あるいは、ES-165も良いかなーとか。これならまだ手が出る範囲か。それか、もう一本サンバースト系のES-175もいいかなとか。でも、1puはちょっと高くて手が出ない。

Gibson-L-4-Sunburst-1.jpeg 250px-Gibson_ES-165_Herb_Ellis_(1996).jpg 2232_3.jpg


Walkin'のシリーズで手頃な値段で良さそうな楽器があるのですが、実はヘッドのロゴがどうも好きになれないというつまらない理由から手を出さないでおります。この前のTokai楽器と同様に素晴らしい楽器であることは、予想できるのですが.....。

291038b900.jpg


 まー、デジマートやヤフオクで毎日網張ってりゃ、この前の775のようにそのうち「運命の出会い」がやってくるでしょう!

 そんな時に備えて、少しづつお金を貯めて、余計な楽器や機材を処分していこうと思います!

ギター購入騒動記(64)

2018年10月7日 175愛!ギター・プラネットへ

 GrecoのFAを購入以来、ES-775、TokaiのFA-GPと立て続けに購入し、もともと所有の本家ES-175と合わせて4本の「175タイプ」のギターが4本揃いました。そんなこともあって、今は「175愛」が心の中で大きくなっています。

IMG_0924.jpg


 かみさんが御茶ノ水に用事があるとのことなので、ついでにまたまた最近お気に入りのギターショップ「ギタープラネット」によることにしました。目的は2つ、近況報告(笑)とネットで見つけた楽器の試奏でした。

 いつもの店員Sさんは遅い夏休みを取っているとのことでいらっしゃいませんでしたが、代わりに店長Iさんが丁寧に応対してくれました。

 問題の楽器は下の楽器。Orville by GibsonのES-175です。

IMG_1266.jpg

 ロゴにby Gibsonと入っているのは日本製ていうことで(なしは韓国製)とても人気がある一本のようです。中古楽器ですが、見た目もビンテージ・サンバーストで美しいです。申し分なしです。

 音はというと日本製でしたが、TokaiのFAとは違って僕が勝手に名付けている日本製の特徴「鈴虫の音」ではありませんでした。代わりに「 Gibson」の音がしっかりします。この辺がさすがというか不思議というかですね。木はボディがメイプル、ネックはマホガニー、指板はローズウッドと僕の持っている本家175と同じでしたが、この前ギタプラさんで購入したES-775にそっくりでした、特に生音は。そういえば、フロント・ピックアップの位置が随分と下の方についています。アンプを通した時に多少違うのでしょうか。Gibsonの175を基準にすると、ES-775はOrvilleのこの楽器と逆にネック側についてますけどね。

 その場で買いたいくらいでした。ただ、立て続けに買うわけにもいかないので、予約はするほどではありませんでしたが、このクオリティで15万そこそこですから、すぐに売れてしまうだろうなとも思います。

 帰りにお店の出口近くにあった写真の楽器アイバニーズ、形が175に似ていたので(笑)、弾かせてもらいました。アイバニーズというメーカーに対しては、ずっとGB-10を使ってきて(現在は売却済)、個人的にはあまり評価は高くないのですが、値段も8万円代ってことで、どんな感じだろう?と軽い気持ちで試奏しました。

iba.jpg

 それが、思いの外良かったです!先入観はいけませんね。ぼくの長年使ってきたGB-10という楽器は「外れ」だったのかもしれません。もっとも、僕が買った時は10万そこそこの楽器でしたが。

 

ギター購入騒動記(63)

2018年9月23日 ギター・プラネットへ(3

 ギタープラネット・オリジナル企画「Nuages」の試奏の帰り、向かい側の建物である「アコースティック・プラネット(ギタプラの別館でアコースティック専門店)」に寄りました。

 僕はもともとはクラシック・ギターから今の経歴をスタートさせたギタリストです(とは言っても、アルハンブラ宮殿の想い出の一歩手前で挫折したくちですが)。ただ、その後はロック〜フュージョン〜ジャズと趣向が変遷していく中でもずっとエレキ中心にやってきましたし、ボサノバ系やラテン系もあまり聴かない方でしたので、いわゆるガットギターでの奏法もあまり出来なくて、あくまでエレキギターの持替えとしてしか考えていません。また、ライブでも年間通して数回くらいしか使いません。したがって、あまり高級なギターを買うつもりはありませんが、さすがに3万弱のアイバニーズ(下写真)では、少し物足らなくなってきました。少しづつチープな楽器を整理してきて、音質的にもブランド的にもだんだんといい感じになってきた所有楽器群の中では少し見劣りしてしまいます。

My Eregot


 マルティネスというメイカーの7〜8万くらいの楽器を2本ほど弾かせてもらいました。試奏した楽器の写真もとってきませんでしたし、楽器の詳細もあまり覚えていませんので、下の写真はあくまでイメージです。ボディは比較的薄型のものでした。

マルティネス



 思ったことが二つあります。

 一つは、薄型でも思ったより生音が大きいこと。これなら、自宅で弾く分には、十分生音でも楽しめること。

 二つは、今時のエレガットは「マイク」と「ピエゾ」の合成ができること。

 接客してくれたお兄さんは多分アコースティック・ギター弾きで、爪も綺麗に伸ばしていましたし、上手な方だったこともあって、2本ともすごく良い音がしました。その点、僕は爪も綺麗に切っていましたし、いわゆるアコースティック・ギター弾きでないこともあって、彼に比べて今ひとつでしたが(笑)、それでも僕の所有しているアイバニーズよりは良い音でしたし、ライブにも満足できる(あくまでエレキ楽器の持ち替えとして)音が作れそうです。

 もちろん、買ってはかえりませんでしたが(笑)こう思いました。

 「10万くらい出せば、そこそこ使えるまともな楽器が手に入るのだな。以前所有していたOvation1763にこだわらなくてもよいのだな」

 御茶ノ水を後にして、先に試奏した「Nuages」を含め色々考えることにしました。

ギター購入騒動記(62)

2018年9月23日 ギター・プラネットへ(2)

IMG_1252.jpg

 ギタープラネット・オリジナル企画「Nuages」の中から今現在射程距離にいるこの3本の楽器を試奏させてもらいました。

 まずは写真一番左の1本目 「SC15S」

 この楽器、僕が日本の楽器を見直し、現在所有のTokai FA-GP(175もどき)を買うきっかけとなった楽器です。

 この楽器、見た目に違いはないのですが、ボディが単板と合板のものの2種類があって、両方弾かせてもらいましたが、僕が弾いた環境では選択に困るほどの大きな違いはありませんでした。
 軽いです。そして、以前所有していた「GB-10」とほぼ同じ小ぶりなボディ、身体にぴったりとフィットします。音は以前書いたような日本の名器の特徴「鈴虫の音」がします。この前買ったES-775よりはTokaiのFA-GPに近い感じですかね。
 ただ、初めて弾いた時の心高ぶる気持ちはありませんでした。これは、決して楽器のせいではなく、僕がTokai FA-GPを買ってしまい、このサウンドに慣れてしまったからです。

 次は写真真ん中と右のレスポール・タイプの2本

 このシリーズ、「LP-ES」「LP-FA ver.1」「LP-FA ver.2」の3種類、カラーはブラック、ブラウン、ナチュラルの3種類で3X3=9種類あります。ESはセンター・ブロックあり、FA ver.1はジョイントからフロントP.U下以外を空洞化したフルホロー構造、「LP-FA ver.2」はジョイントからフロントP.U下までとブリッジ・テールピース下以外を空洞化したホロー構造とのことですが、ぼくはLP-ESとLP-FA ver.2の2本を弾かせてもらいました。写真ブラックのブラウンのどっちがどっちだったか忘れてしまいましたが、ほぼフルアコ構造のver.1はSC15Sと変わらないのかな?と思い、試奏しませんでした。

 この2本、明らか違いました。センターブロックありのESの方は音の粒立ちがくっきりしていて、音ももう一本のFAに比べると同じアンプ・セッティングでも音圧があるような感じです。一方、FAの方は「ほんのちょっとだけフルアコ」みたいな感じです。空気感がある分、「くっきり度」がESに比べるとやや低いです。より「ジャジー」な感じですね。

 僕の場合に当てはめると、どうでしょう?既にレスポール・カスタムを所有していますし、一応ジャズギタリストなので(笑)、買うなら「SC-15S」か「LP-FA ver.2」なのかな?と今のところは(笑)考えています。ただ、所有のTokai楽器との被り感も考えなくてはいけません。

 30分ほどの試奏を終えて、もう一つのの目的である「エレガット」を物色するため向かい側のビル「アコースティック・プラネット」によることにします。

 次回につづく!

あっ、この楽器について詳しくは下をクリックしてください。

 Nuages / Guitar Planet
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR