FC2ブログ

ジャズギター裏口入学(31)

【循環モノの弾き方(1)】

 随分と間が空いてしまいました。以前ブルースやスタンダードについては軽くふれてきましたが、次は「循環モノの弾き方」について何回かに渡って書いていこうと思います。これもジャム・セッションでは欠かせない曲(コード進行)の一つと思います。

 まず「循環モノ」ってどういう曲かっていうことからですが、要は「オレオ」「リズマニング」のコード進行ですね。分りますか?下にコード進行の例を書いてみます。っていうか、黒本からオレオの譜面を載っけておきます。

IMG_1270.jpg


 今回お話ししようと思うのは、テーマのメロディではなく、この「循環」という進行の中でどうアドリブしていくかってことで、テーマについては、各自がそれぞれの曲で練習してください。また、キーはほぼ100%に近いくらいB♭で演奏されるので、ここでもB♭で話を進めます。

 循環って苦手な人がたくさんいますよね?!僕も苦手でした。理由は大きく2つ。

 「テンポが速い曲が多くてついていけない」
 「Bの部分、セブンス・コードの連続部分 D7ーG7ーC7ーF7がうまく弾けない」

 最初のテンポの話でいうと、技術面ではピッキングや左手の指まわりを少しづつ鍛えていくしかないのですが、問題は「頭」が目まぐるしく変わるコード進行についていくようにしなくてはいけません。この「頭」の部分について、僕なりのいくつかのやり方について書いていきます。

 次にセブンスの連続部分、ここが弾けない人は多いですね。僕もものすごく苦手でした。ジャズ以外の楽曲には全く見られない進行(?)で、いかにも「ジャズ」っぽい部分なので、ロック、フュージョン系からジャズに入ってきた人には未知の世界だからです。

 今回は、最初の話のさわりだけ。

 循環は2拍ごとでコードが目まぐるしく変わり、テンポも速い曲が多いことから、一つ一つのコードをあーだ、こーだ言っても実際問題弾けません。じゃーどうするかっていうとこれしかないのではと思います。

 「大きく捉える」ってことです。

 僕は大体次の3種類のやり方です。

 ①1−6−2−5、3−6−2−5などの機能別に塊で捉える
 ②一発で考える
 ③マイナー・コンバージョンしてしまう

 次回から①から順番に解説していきます。

 お楽しみに!!



 

 

 

ジャズギター裏口入学(30)

【アドリブ練習のやり方(3)】

 とにかくフレーズのコピーを片っぱしから行っていきながら、次のような作業をやるといいのではないかということでご紹介します。





 動画1は前回の動画1の最初に弾いたフレーズです。そして、動画2は前回の動画2の最初に弾いたフレーズです。いずれもⅡーⅤーⅠのフレーズ例で、分析は前回の解説を参考にしてもらいたいのですが、皆さんがこのような2つのフレーズのコピーを行なったとしましょう。ここで終わってはいけません、もったいないです!

 動画3をご覧ください。



 これ、何をやったかというと、動画1のフレーズの1小節目と動画2の2小節目を合体させて第3のフレーズを作っています。正確には単純に合体させたわけではなく、うまく連結できるように動画2の2小節目を多少変えています。そして、フレーズの二回目は、1小節目の譜割りを2小節目に多少合わせた感じに弾いています。

 こんな形で、片っぱしからフレーズをコピーしたら、それらを自分ならりに合体させ、混ぜ合わせ、第3、第4のフレーズをどんどん作って行きましょう。

 こうすることにって、フレーズのストックがどんどん増えていくはずです。そして大好きなギターリストの影響を残しつつ、自分なりのオリジナル・フレーズがどんどん出来上がってきます。

 フレーズコピーの注意点ですが、とにかく、2拍、4拍や数小節のフレーズの塊でコピーし、1音1音の音の分析は後回しで良いと思います。そんなのいちいち気にしていたら、コピー作業がはかどりません。大体、音楽的に割り切れないことだってたくさんありますから!

 参考にしてください。

 質問を受け付けています。お気軽にどうぞ!

 

【ギター教えます】
興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

IMG_0794.jpg

ジャズギター裏口入学(29)

【アドリブ練習のやり方(2)】

 前回「とにかく、そんな細かいこと気にせず、「2−5−1」や「3−6−2−5」などと思しきものは、ひとつひとつのコードやテンションなど気にすることなどなく、まずは「ひとつの塊」としてまるごとコピーして、徹底的に繰り返し練習し、弾ける様になることが重要と思います。」とお話ししましたが、具体的にやり方を説明します。

 動画を2つ用意しました。いずれも、CのキーのⅡーVーIー(Ⅵ)のバッキングでいわゆる「ジャズの定石フレーズ」を弾いています。





 最初の動画の1フレーズ目は「ドレミ・・・だけしか使わずに弾いてみたもの」、2フレーズ目は「ドレドラ16分音符をクロマチックで降りて言ってG7でちょっとだけオルタードスケールを使って見る」といったいかにもジャズっぽいフレーズ。ともに初級編のフレーズです。

 2番目の動画の1フレーズ目は「Dm7♭5をFmにコンバージョンしてFmのアルペジオ・フレーズを弾き、クロマッチックで上昇してGのオルタードに解決」説明すると難解ですね(笑)。逆に次のフレーズはコード進行考えず、ブルース・ペンタトニック一発で決める!

 前回僕が

「理解している。でも、弾けない。」と「分からない。でも、弾ける。」 皆さんは、まずはどっちを選びますか?

 と問うて、一部の方に誤解されたり、あるいは気分を害した方もいたようですが、次のようなことを言いたかっただけなのです。

 例えば、上のようなフレーズ、どういう考えに基づいたフレーズかを説明すると、上に書いたカッコの中の内容になると思います。まだ別の説明や解釈もできます。そして、この説明や分析は「今の僕」だからできるのであって、ジャズ初心者の方がこのフレーズの分析ができるかというと、特に2、3番目のフレーズなんかは難しくてわからないでしょう?

 僕が言いたいのは、「理解できない、ゆえにこのフレーズを弾かない(弾けない)」ってのはもったいないでしょう?だったら、まずは「分からなくてもこのフレーズが弾ける」ようになった方が良いのでは?てことなのです。あくまで「まずは」ですよ!

 僕の書き方も良くなかったのかもしれませんが、「何も分かる必要がない」なんてことを言いたいのではありません。初心者の時は少なくとも「分かる」より「弾ける」を優先させた方が良いのでは?と僕は考えてるだけ。もっと言うと、「僕はそうしてやってきました。参考になりますか?」って言ってるだけなのです。しかも、このコーナー、「裏口入学」なのですから!

 弾けるようになって、わからないなりにもそのフレーズを何度も弾いているうちにバンド仲間はこう言います。「かっこいいフレーズ弾いてるね?オルタードスケールをうまく使ってるね?!」なんて教えてくれたりして、気がつくと「わかって弾ける」ようになってますから。

 次回ももう少しこの話題を取り上げたいと思っています。

 ここがその後の上達、「初級から中級」に行けるかどうかの分かれ目と思うからです。

IMG_0794.jpg

ジャズギター裏口入学(28)

【アドリブ練習のやり方(1)】

 「まずどんな曲から始めるか」の中で書いてきた様に

 (1)ブルース
 (2)一発もの
 (3)有名なスタンダード
 (4)それ以外の自分でやりたい!と思う曲等

 上記の考え方で僕は曲を練習していきましたが、まだ初心者だったこともあり、曲のテーマ部分を弾ける様になるのも結構時間がかかっていたので、アドリブ練習の時間がなかなか取れないでいました。ひとつ思ったことがあります。

 「ジャムセッションや練習の時、ほかにフロント楽器がいる場合は、テーマを取ることが意外に少ない。」
ということでした。

 そこで、テーマの練習はそれはそれで、粛々とやり続け、アドリブ練習に多くの時間を割く様にしました。

 「さー、どういう方法で、何をやろう?」

 結論はこうです。

 (1)どういう方法で → 音源のコピー(トランスクライブ)し、譜面に書く
 (2)何を      → ⅡーⅤーI、ⅢーⅥーⅡ−Ⅴの部分のみを切り出してコピー

(1)はとにかく大好きなギタリストの「生きたフレーズ」を取り入れたかったからです。教則本には、よくフレーズ例がいくつも載っていましたが、実際に弾いてみると「?」ってのが多かったのです。そりゃ、そうです。自分の好きなギタリストのフレーズではないですし、そもそも音源がないので、自分は間違って弾いてるかもしれないのですから。
 そして、コピーしたら面倒でも譜面に書き落としていきました。理由は2つ、読譜力がないので、「少しでも譜面に慣れるため」と「繰り返し練習するため」です。コピーしたフレーズ、それこそなん百回弾いたってすぐに身体から出て言ってしまいます。思い出した時に、譜面を見ながら練習ができる様にしておくためです。

(2)について、最初はアドリブの最初から最後まで丸ごとコピーして、音源に合わせて弾いて悦に入ってましたが、そんなことしてもあまりメリットがないなと思いました。大体、丸ごとコピーでは人前で恥ずかしくて弾けませんし、コード分析ができていないのにコピーしたって、応用(他の曲に転用する)ことができません。当時、2−5−1、3−6−2−5くらいしか知らなかったこともあって、まずは大好きなギターリストの2−5−1、3−6−2−5やコード一発の部分だけを切り出して、片っ端からコピーして、分類しながら譜面に落としていきました。

 ここで大事なことを書いておきますよ。とにかく「2−5−1」「3−6−2−5」などの2小節や4小節を「ひとつの塊」と考えて丸ごとコピーして、採譜して身体に叩き込むようにしていました。

 初心者の皆さんにありがちな例を書いておきますね。耳が痛いかもしれませんが。(僕も最初はそうでしたから気にしないでくださいね。)
 
 「あれ、演奏を聴くとなんかバッキングはDm7ーG7ーC△7でなくて、なんかちょっと違った風にも聴こえるぞ。Dm7ーD♭7ーC△7みたいだな?でもアドリブはただのドレミ・・・しか使っていないぞ?!なんで?!なんでだー!」

 「G7なのになんかFmのフレーズを弾いてるぞ!なんでだ?良いのか?」

  ここで行き詰まって、思考回路が停止です(笑)。


 とにかく、そんな細かいこと気にせず、「2−5−1」や「3−6−2−5」などと思しきものは、ひとつひとつのコードやテンションなど気にすることなどなく、まずは「ひとつの塊」としてまるごとコピーして、徹底的に繰り返し練習し、弾ける様になることが重要と思います。

 誤解して欲しくないのは、テンション等を気にして弾くことがダメと言ってるのではないのです。むしろすごく重要なことと思います。僕が言いたいのは

 「今この段階では(ジャズの学習過程の初心者)必要なく、もっと大事なことがある」ということです。


 「理解している。でも、弾けない。」と「分からない。でも、弾ける。」


  皆さんは、まずはどっちを選びますか?




 (2)については具体的なやり方や思わぬ効用など色々と書き足りないことがありますので、また次回に書こうと思います。

  お楽しみに!!

IMG_0472.jpg

ジャズギター裏口入学(27)

【コードとスケールの関係(4)】

 「同じG7でも機能(キーからの変動)により働きが違うのでは?」と感じてから、いや、もっと具体的に言うと「G7」と譜面に書いてあったら「Ⅰ7がV7かⅥ7か?」をとっさに見分けることが大切と思いました。

 例えばこうです。

 Key=C で次のようなコード譜があったとします。

 Em7-A7-Dm7-G7-C△7

 この譜面が渡されたとき今までの僕の頭の中では次のような思考回路がフル回転でした。

「この曲はキーがCだよな?!ってことは最初のEm7はダイアトニックコードの三番目のEm7か!ってことはイ..ド..フ、あっ、フリジアンスケールだな。フリジアン・スケールってどんなスケールだった?....次はA7か。CのキーでA7はダイアトニックコードには出てこないぞ??でも、G7がGミクソリディアンって書いてあるから、とりあえずA7はAミクソリディアンで弾いてみよう。あれ?なんか合わないぞ・・・。次は・・・・??」

 これじゃ、弾けるようになるわけありませんよね?。ましてや、初見でアドリブソロを弾くなんて到底無理です。

 「ジャズがさっぱりわからない」「いつまで経っても弾けるようにならない」っていう人は、実は僕と同じこんな状態から抜け出せないでいるのではないかと。こんな状態っていうのは、どういう状態かと言うと譜面のコードを一つ一つ切り刻んで、例えば「Dm7だからDドリアン、G7だからGミクソリディアン、Em7だからEフリジアン・・・・」こんなことを実際の曲の中で、ほんの数秒や一瞬で通り過ぎるコードの一つ一つにスケールを当てはめている状態です。こんな事やっていたらAI(人工知能)でもない限り、弾けるわけがありません。

 
 
 機能に着目するようになってからは、僕は段々コード譜が次のように見えるようになりました。

  Em7-A7→Dm7-G7→C△7

  要はA7、G7それだけが意識の中で見えてきました。

  Em7やDm7は気にしなくてもよいのか?

  こう考えました。

  「理論書でDm7はDドリアン、G7はGミクソリディアンって書いてある。Dドリアンはレから始まるドレミ・・・、GミクソはGから始まるドレミ・・・どうせ同じ音じゃない?!そんじゃ、気にするることはないや!」


  譜面が次のように見えるようになりました。

    A7/G7→C△7

  コードの数が減りました。これなら、なんとか自分でも弾き分けられそうです。

  文字で表すとちょっと誤解されそうなので改めて言っておきますが、「A7-G7」ではなく「A7/G7」に表記を変えたのには意味があって「A7-G7」だと「A7からG7に向かう、A7→G7」に見えてしまいます。ここで「/」にしたのはA7→G7という「動きや進行を表しているものではない」という事です。



 そして、今ではこう見るようになりました。

  G7→C△7

 ここからは、上級レベルかもしれないですが、あえて考え方だけ言っとくと

 「なんだか、色々ごちゃごちゃコードがあるけど、要はC△7に向かってるんでしょう?それだけ気にしていればいいじゃん!」

 これ、パット・メセニーが「ターゲット理論」なんて言っていた概念で、「行き先が決まっていれば、どう行ったって勝手でしょう?!寄り道したっていいじゃん!」ってことです。

 この「寄り道したっていいじゃん!」の度が過ぎると、いわゆる「アウト」になるのでは??と。


 皆さんをかえって混乱に巻きこんでいるかもしれませんが、「僕はこのように考えて乗り切りました!」ってだけで、「これが正解!」とか「これじゃなきゃダメ」なんて押し付けるつもりはありませんので、誤解のないようにお願いします(笑)。参考や手助けになってくれれば嬉しいのですが.....。そして「裏口入学」ってくらいですから、「王道」の考え方ではありません!

 それでは!!

IMG_0472.jpg


プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR