FC2ブログ

Jazz Rock 必見動画!(25)

【Open Road / Pat Martino】



パット・マルティーノのドキュメンタリー映画「Open Road」の中から自宅でのレッスン風景をピックアップした動画。

 この「ノリ」「グルーブ」「ピッキング」「アタック」なんですよ!!

 メセニーもジョン・スコもベンソンもジム・ホールもジョー・パスもジェシも香津美さんも秋山さんもみんなみんな大好きだが、これ聴いちゃうともうリセット!!

 右手の小指がまっすぐ伸びる癖、俺も同じ、一般的には悪い癖なのだが、彼もそうなら直すつもりはない(笑)。

 かえって嬉しく感じてしまう!!!!


 やっぱり、「目指すのはこれしかない!」と思ってしまう.....。


失礼いたしました!

2018-06-01.png

Jazz Rock 必見動画!(24)

【John Scofield & Chris Minh Doky / Alone Together】



 再生回数を見ると紹介するまでもない有名な動画なのかもしれませんが、僕は初めて見ました。

 10年ほど前の映像のようですね。しかも、珍しくデュオで、スタンダート、そしてほぼクリーン・トーン、そしてライブでのグリグリという感じではなく、程よく力が抜けた、また映像作品を意識してかアドリブもワンコーラスにすっきりまとめ、演奏はもう素晴らしいの一言ですね。

 こんなジョン・スコなら何時間でも聴いていたいですね。もちろん、グリグリのジョン・スコも好きですが・・・。ワーミー・ペダルを使うのは、ちょっと・・・・。

 前も書きましたが、こんなスタンダード・アルバムをぜひ作ってほしいですね。キース・ジャレットのスタンダーズ・アルバムの様にいろんな時期の色んなスタンダードをジョン・スコで聴いてみたいです。


jsduo.png

Jazz Rock 必見動画!(24)

【竹田和夫(CREATION)と味わうOriginal “Burst” Les Paulの世界】



 こりゃ、たまらん。「竹田和夫」さんファンやレスポールマニアは必見ですね!

 ナチュラルな歪みサウンドや入魂のチョーキングはもう悶絶です。

 竹田和夫さんは僕がロックをやっていた中学~高校生の頃に一番影響を受けたギタリストで、今でも敬愛しています。高校の頃の僕のギターはこんな感じに弾くのが得意でしたね。その後大学からジャズを勉強して色々な難しいことやテクニックも学びました。そして僕はそんなテクニックや知識が邪魔をして、もうこんなストレートなブルースロックは弾けません。

 レスポール、やはり最高のギターですね。

 レスポール万歳、そしてギブソン頑張れ!!!!

2018-05-20 (1)

Jazz Rock 必見動画!(23)

【REBECCA PRIVATE HEROINE~プライベートヒロイン】



 レベッカ、1986年早稲田祭のゲリラライブですね。

 僕のブログの別のシリーズ「僕の音楽史」にもいずれ登場させますので、そこで詳しくは語ろうと思いますが、このバンドのオーラは凄すぎます。 特にこの映像でのノッコは神がかっています。キレキレのボーカルは、世界一ですね。踊りも最高にいかしてます。

 この時代、僕はジャズ・ギターを部屋で黙々と練習していたのですが、脳天をトンカチで殴りつけられた様な衝撃でしたね。こんな映像が残っていたなんて感謝感謝です。この日のライブ映像はまだまだアップされていますから、ファンの方で見たことない人はいないと思いますが、とにかくご覧になってみてください!!

 ロックってのは、本当に素晴らしい芸術だ。

 20代の頃にこんな凄いボーカリストを入れて、本気モードでロックバンドをやってみたかったです。

 後悔・・・・。

スクリーンショット 2018-04-07

Jazz Rock 必見動画!(22)

【David Byron / Let it Be (Beatles cover)】



 偶然すごい音源を見つけてしまいました!あっ、これ動画じゃなく静止画です。(マニアの人たちには有名な音源なのかな??)

 ユーライア・ヒープ黄金時代のボーカリスト、デビッド・バイロンが亡くなる直前のレコーディング、しかも曲は「Let It Be」です!

 この人のボーカル、とにかく僕は一番大好きです。ボーカリスト単体では、もしかしたら「ロバート・プラント」や「イアン・ギラン」なんかよりも好きかもしれません。

 ユーライア・ヒープと言えば、70年代当初はケン・ヘンズレー、ミック・ボックス、ゲイリー・セイン、リー・カースレイクなど才能あふれる素晴らしい布陣でした。でも、やっぱりこの人のボーカルがないと魅力は半減です。僕は彼が脱退した途端にユーライア・ヒープには興味なくなったくらいです(笑)。

 この音源をきっかけにまたユーライア・ヒープを久しぶりに聴こうかな!

 本当に最高のボーカリストなんですよ!!

DB1.jpg

 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR