ギター購入騒動記(24)

2016年12月10日 興味をそそるレスポール発見

 エピフォンのセミアコES-339を買ってから、しばらくは吉祥寺ロックインには立ち寄らなくなっていました。レスポール、SG、テレ、ストラト、そして339と、この半年くらいで立て続けに買って、だいたい頭の中で描いていた欲しい楽器がそろったので、少し落ち着いた感がありました。でも、そんな時期も、そう長くは続きませんでした(笑)。

 ちょっと興味をそそるレスポールを御茶ノ水XX楽器のネット広告で発見してしまいました!

 この時、所有しているレスポールは今までご紹介したとおりのギブソンのレスポール・スタジオ、レスポール・スペシャル、そしてエピフォンのレスポールクラシックですの3本です(下写真)。これらを購入する際に、レスポールのいくつかの種類を弾いてみていたのですが、スタンダードってのは、中古であっても値段がワンランク高く、とても手が出ないので、候補からいつも除外していました。

 今回僕がネットで見つけたレスポール・スタンダードは(下写真)、値段は11万くらいで、通常よりワンランク安く、しかも、お気に入りのワインレッドでした。ただ、ネットの写真を見る限り、多少キズも目立ちますし、値段的に訳あり商品なのだと思います。文章をよく見ると「ネック上部に修理された痕跡がありますが、よく見ない限りわかりません。」と書いてありました。なるほど、「だから多少安いのか?!」と納得しました。ネック折れの修理品か何かなのでしょう。そんなの気にしません。要は、「音」が気に入れば問題なしです。まずは、実際に弾いてみなくてはなりません。そして、資金調達の方法を考えなくてはいけません。

 早速起こした行動は2つ。
 まずひとつは、お店にメールです。 「購入を考えていますが、訳あり品ということですので、弾いてから購入を決定したいと考えています。数日間取り置きしておいてもらうことはできますか?」
 何時間後に
 「分かりました。ご来店をお待ちしております。」旨の返信が来ました。
 これでよし。

 次に資金調達、「目には目を」じゃないですが「レスポールにはレスポールを」です。3本のうちどれを売るかしかありません。いや、まてよ、選択肢は2本です。エピフォンは中古で数万程度のものですので、売っても、下手したら数千円くらいでしょう。スペシャルとスタジオのどっちかを売って、お金を足して買うしかありません。この2本を少し時間をかけて弾いて、どっちを売るかを決めようと思いました。

 次回に続く。

IMG_1181.jpg IMG_1807.jpg

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR