僕のレコード棚公開します!(12)

【ジェントル・ソウツ/リー・リトナー
lee.jpg
【メンバー】
リー・リトナー(g)アーニー・ワッツ(sax)デイブ・グルーシン(p)パトリース・ラッシャン(p)アンソニー・ジャクソン(b)ハービー・メイソン(ds)スティーブ・フォアマン(per)
【曲目】
A面
キャプテン・カリブ
シャンソン
瞑想
B面
キャプテン・フィンガーズ
フィール・ライク・メイキング・ラブ
ジェントル・ソウツ

 フュージョン初期の名盤、リトナーのダイレクト・カット盤です。

 ダイレクト・カットについては、ここで詳しくは説明しませんが、要は「スタジオ・ライブ」です。それを、その場で直接レコードの溝に刻みます。この当時、結構はやりましたね。
 
 僕はこのアルバムを78年の高校時代に聴いて、ロック・ギターにひとまずピリオドを打ちました。それほど頭をトンカチの殴られた感じの衝撃でした。

 コンプを効かせ歪まず音の伸びるギター音、フェイザーをかけた単音でのバッキング、粒のそろったコード・カッティング等、今となってはレトロな感じですが、世界中のギタリストがこのサウンドに夢中になったものです。

 当時は「キャンディーズかピンク・レディーか、どっち?」と同じ次元で「リトナーかカールトンか、どっち?」なんてギタリストの中でよく話していて、僕は当時断然リトナー派でした。今では、どちらも好きですが、この当時は、カールトンはサウンドもフレーズもロックっぽくて、今まで聴いていたロック・ギタリストと変わり映えしない気がしたので、断然リトナーの方を好んで聴いていました。

 このアルバム、やっぱり「キャプテン・カリブ」と「キャプテン・フィンガーズ」の2曲でしょう。このころ、「キャプテン・フィンガーズ」のユニゾンのリフが弾けたら、尊敬されました。僕は当然弾けませんでした。今でも弾けません・・・。

 この70年代後半から80年代のフュージョン全盛時代を体験できなかった、若手ミュージシャンの方々、あなたたちは不幸です!!(笑)

 本当に良い時代でした・・・・。

【補足】
 このレコード、実はテイク1、テイク2の2種類存在してます。僕はテイク2を所有してますが、テイク1の方が、ギター・ソロがかっこよいです!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR