Pat Martino 奏法研究(4)

今回もマルティーノの十八番とも言うべきフレーズを用意いたしました。
Phrase-4.jpg

ソロが盛り上がると、延々と弾き続け、「Nobody Can Stop !」状態となる、そう、あの3連フレーズです。でも、譜面をよく見てください。1拍を3つに割る3連符ではありません。何と呼ぶのでしょう?!「8分音符の3つ取り」っというのでしょうか?

(4-a)
 4拍目から8分音符3つ1セットでE-G-A、これを延々繰り返します。3弦9フレットー2弦8フレットー2弦10フレットです。最高音のA音にアクセントを置き、しっかりとピッキングしてタイトに弾きます。1小節を8分音符8つを3音ずつ割って弾いてるので、フレーズが小節の頭でずれてきて、それがまたかっこいいでしょう?このフレーズをマルティーノっぽく弾くコツは、絶対エコノミーピッキングを使ってはいけません。オルタネートピッキングでグリグリと弾きます。

(4-b)
 譜面をよく見てください。所々スラーをつけています。もっと注意深く見てください!スラーとスラーなしが交互に出てきています。スラーはハンマリングで弾きます(ピッキングしない)。これが、マルティーノの最大の特徴です。必ず規則的に交互にスラーあり・なしで弾きます。これによって、「タタタ・タタタ・タタタ・・・・」が「タタタ・トゥルタ・タタタ・トゥルタ・・・」て感じで、強力なグルーブを生みます。しつこいようですが、絶対交互に弾くのです。それが、マルティーノのグルーブです。G#-A-Cを2弦9フレットー2弦10フレットー1弦8弦です。

(4-c)
 弾き方の注意点は(4-b)と全く同じですが、最高音がE♭(♭5th)ってのがアウト感あってかっこ良いです。この音列で弾いている人は、僕が知る限り誰もいません。

(4ーd)
  注意点は同じですが、D#-Eは毎回人差し指をスライドさせて弾きますが、人差し指をスライドさせる関係で、ピッキングしないスラーの時よりピッキングする時の方が難しいですね。

 どのフレーズも、ポイントは3連ではなく、8分音符3つ取りであることです。あと(4-a)を除いて、すべて「スラーありなしを交互」に弾くことです。(4-a)は3弦から2弦に弦が変わるんで、ハンマリングができないのです。
 この2つの約束を守らないと、<参考>のように「パットマルティーノではなくリッチーブラックモア」になってしまいます。(リッチーはそれでももかっこ良いですけど・・・・)

 ではでは!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドラマー的には3つ割と呼んでますね。
譜面にしてみるとすごくリズミックな人なんだなと改めて認識できますね。

コメントありがとうございます!

コメントありがとうございます!

「3つ割り」、あー、確かにそうでした。
教えていただきありがとうございます。
僕は、音楽教育を受けていない独学なので、結構いい加減なこということもあるので、読者の皆さんに教えいていただき、次回からは正しい言葉で記述できればと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR