僕のレコード棚公開します!(11)

【ライブ/ジョン・スコフィールド

Live.jpg

【メンバー】
ジョン・スコフィールド(g) リッチー・バイラーク(p) ジョージ・ムラ―ツ(b) ジョー・ラバーバラ(ds)
【曲目】
A面

グレイ・アンド・ヴィサラル
B面
リービング
朝日のごとくさわやかに(ソフトリー)

※LPレコードのため、ボーナストラックは未収録です。

 名盤中の名盤です。僕は、ここ10数年くらいのジョンスコ、全く聴いていません。僕が「ジョンスコ好きです」というのは、この時代のジョンスコのサウンドをイメージして言っております。感違いしないでくださいね、今がダメと言っているわけではないですよ。聴いていないので、わからないだけです。

 大学時代に、新しく名前を覚えたギタリストは、手当たり次第にレコードを買って聴きました。ジョンスコで最初に買ったのは、「ラフハウス」だったと思います。まだまだ僕は未熟で、音楽的に理解はできませんでしたが、コルトレーンを初めて聞いた時の感覚に近いショックを覚えて、ずっと聴いていました。次はスタンダードをやっているアルバムを買おうってことで、このアルバムを買いました。もちろん素晴らしかったですが、正直ラフハウスほどの衝撃は受けなかった気がします。ラフ・ハウスにこのアルバムが劣るということではなく、単純に免疫ができただけの事です。

 皆さんと同じく、「ソフトリー」はコピーしました。ただ、自分の指癖せとは極端に違っているので、何度コピーしても自分のものにすることはできませんでしたね。ジョンスコの場合は、フレーズも良いですが、あのノリですね。「ペタペタ」「ネバネバ」「クネクネ」「グリグリ」なんて言っていいのか分かりませんが、「音符」が長くて、早いパッセージを弾いても、ちっとも速く感じません。ギリギリまで後ろに引っ張る感じです。耳にこれでもかってくらいにまとわりついてきます。

 1曲目の「V」が人気の曲ですね。ジャズ研好みの曲です。僕も一時レパートリーにしてましたし、久々に今度ライブでやろうと思います。あとは、「ソフトリー」のサビからAメロに戻る時のフレーズですかね(笑)。このフレーズは皆さんがコピーしていて、この曲をやる時に必ずパクって弾いてましたね。そういえば、日本のトップギタリスト、竹中さん、布川さんのライブ動画をYoutubedeで見ましたが、やっぱりお二人とも(悪ふざけ?で)やってましたね。トップギタリストとは言っても、同世代ですから、考えてることあまり変わりません(笑)。

 これ聴かずして、コンテポラリー・ジャズ・ギターを語ることなかれ!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR