僕のレコード棚公開します!(8)

【ライブ!/ジム・ホール
FullSizeRender (2)

【メンバー】
ジム・ホール(g)ドン・トンプソン(b)テリー・クラーク(ds)
【曲目】
A面
・エンジェル・アイズ
・ラウンド・ミッドナイト
B面
スクラップル・フロム・ジ・アップル
・ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト
アイ・ヒア・ア・ラプソディー

  (今となっては)大好きなギタリストなのですが、僕は、ほとんど影響を受けていないジム・ホールのアルバムです。

 ギター・トリオの一つの方向性を示した素晴らしいアルバムです。

 僕はこのアルバムを聴くまでは、ギターが主役、そしてそれをベースとドラムがしっかりと(地味に)支えるというのが、ギタートリオってものだと思っていましたし、それで満足していました。ギターのレコードは、ギターを聴いて、コピーするために買っていたようなものですから、それで充分でした。このアルバムはまったく違います。3人が対等な立場で、色々な形でインタープレイ(対話)を繰り返し、ものすごくスリリングです。

 彼のギター、単音によるフレーズは「スイングする」、「ノリがある」という言い方はできません。全く異次元です。そして、ギター・サウンドは極端にトレブルをカットした、(言葉は悪いですが)こもった音です。したがって、このアルバムを買った学生時代には、全くピンときませんでした。もっと言っちゃうと「いったいどこが名盤なんだろう?」と思ったものです。このアルバムやジムの良さが分かるのは、ジャズを聴いて何年も経ってからで、ギターもそこそこ弾けるようになってからでした。誤解を恐れず言うと、ジム・ホールというギタリストは、ジャズ・ギター初心者に聴かせてはいけないのかな?と思ったりします。

 ライナーノーツにザ・ウェイ・ユー・・・のアドリブの譜面が載っていて、レコードを買った当時、弾いてみましたが、全く理解できませんでした。ジム・ホールは僕の持ち味とあまりにかけ離れているため、ある時から聴くだけに留め、採譜&研究することをやめることにしました。コピーして、弾いても、似ても似つかず、弾いていて楽しくなかったです。この3人のメンバーでのトリオ版は何枚か持っていて、どれも素晴らしいですね。

 あっ、一つだけ彼のギター奏法で研究したことがあります。あのベース・ラインを入れながらコード・カッティングする「ハーモナイズド・ベースライン」ってやつ。これだけは、練習しましたね。今でもたまに練習してます。デュオ演奏などでは、必ず必要なテクニックです。この技、今でこそ色々なギタリストがやりますが、ジム・ホールが、一番かっこ良いですね。ちなみに、この技でのジム・ホールは強力にスイングします。残念ながらこのアルバムで、この技の出番はありません。

 どの曲もスタンダードでお勧めですが、特に太字の2曲かなと思います。

 


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR