僕の音楽史(3)

【小学校4年生(1971)】

●ロックやフォークを聴き始めたこと

 僕の音楽鑑賞は「ギター」ではなく、「ブラス・ロック」から始まりました。
※「ブラス・ロック」というのは「ブラス(管楽器)」をフューチャーしたロックのことで、当時はこのように呼んでました。

 この年、3つ上の兄が中学に入学し、入学祝いでラジオを買ってもらいました。兄の部屋から流れてくるラジオの音楽で、一曲すごくかっこいいと思った曲がありました。そうこうしているうちに、兄がその曲のシングル・レコードを買ってきました。その曲が、下の写真の「ゲット・イット・オン(黒い炎)/チェイス」です。数ヶ月後には、その曲の入ったアルバム「追跡(チェイス)/チェイス」を買ってきて、兄と2人で毎日聴いていました。これが、前回の記事で書いた「トラペットが欲しい」と親にねだったキッカケです。チェイスには、この後どっぷりとはまりました。翌年には、セカンド・アルバム「ギリシャの神々」も発売され、来日も果たしました。新潟の小学校4年生では、当然のことながら、来日公演に足を運ぶことはありませんでしたが、今ではYoutubeでその時の模様を観ることができます。本当に良い時代になったものです。

黒い炎 チェイス エニア

黒い炎のリンクを貼っておきますので、ぜひ聴いてみてください。

黒い炎/チェイス



 一方、時を同じくして、始めたフォーク・ギターと一緒に買ってもらった教則本の例題曲に「吉田拓郎」という名前を見つけました。曲が何だったかは、記憶にないのですが、聴いてみたいなと思っていた矢先に、これまた兄が、友達から写真のアルバム「ともだち/よしだたくろう」を借りてきました。ギブソンのフォーク・ギターの素晴らしい音と、楽しいMCで、先のチェイスと同じく、毎日のように聴いていました。

ともだち

・このレコード、音楽史を書くようになって、どうしても聴きたくなったので、最近購入しました。もう、懐かしくて、涙があふれてきました。
吉田拓郎さん、数々の名曲があるのは、皆さんもご存知かと思います。このアルバムを約40数年ぶりに聴きましたが、拓郎さんは、「コードストロークが凄く上手い」と改めて思いました。一曲目の「おろかなるひとり言」のコード・ストローク、所々やる16音符の刻み方、もう最高です。あんなストロークは絶対真似できません。
・曲間のMCも完全収録されていて、最高に面白いトークで、僕もライブの時のMCの参考になります(笑)。
・生ギター(ギブソン)の音が、最高です!!

おろかなるひとり言
※「ともだち」に収録されたものとは、別バージョンです。



 1971年はこんな感じで、「ギター」「音楽鑑賞」と僕の音楽人生のスタートの年で、すごく重要な年でした!

テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR