Pat Martino奏法研究(29)

【3-8】Vertical Movement と Horizontal Movement(2)

 Vertical Movement はひとまず置いておいて、前回お話しした「マルティーノの最大の武器」であるHorizontal Movementについて解説していきたいと思います。

 まずは、解説に行く前に下の譜面を皆さんに提示しておきます。

 この譜面はAm7一発を想定したAドリアンスケールでのフレーズです。彼の演奏からまるまるコピーしたわけではありません。12小節を8分音符で埋め尽くし、全く休符なし、まるでAドリアンスケールを使ったエチュードの様ですが、彼は本当にこんな感じで、よどみなく8や16分音符で小節を埋め尽くします。

 皆さんはまず、下のフレーズを、どこのポジションや弦を使っても良いですから、次回までに、音をさらっておいてください。ゆっくりでも良いですから、弾いてみると「確かにマルティーノっぽい!」と思っていただけると思います。

 このフレーズ、以前説明したAm7の5つのポジションを第2ポジション(オクターブ上)→第1ポジション(オクターブ上)→第5ポジション→第4ポジション→第3ポジション→第2ポジション→第1ポジションと上から順番に、まるでボールが坂道を転がるように下って行きます。

 次回からは、具体的に運指とポジション移動を細かく解説していきます。

 ご期待ください!

A DorianScale Horizontal Movement

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR