僕のレコード棚公開します!(7)

【ジャズ・オン・ア・サンデイ・アフターヌーンVol.1/ジョージ・ベンソン
George Benson
【メンバー】
ジョージ・ベンソン(g)ミッキー・タッカー(p)ジョージ・デュヴィヴィエ(b)アル・ヘアウッド(ds)

【曲目】
A面
ラブ・フォー・セール
マスカレイド・イズ・オーバー
B面
ゼア・ウィル・ネバー・ビー・アナザー・ユー
オール・ブルース

 ギタリストとしてのジョージ・ベンソンの紹介です(笑)。
 
 現在、このブログでパット・マルティーノ奏法研究なるものを僕は書いておりますが、実はベンソンのことも彼と同じくらい研究しました。マルティーノと同じくらい大好きですし、ある意味、世界で一番うまいと思ってます。あんな「たらこ」のような指をして、何であんな早いパッセージやハイポジションが弾けるのでしょう??

 大学時代に「ブリージン」や「ロスの週末」といったアルバムを聴き、いわゆるバックのサウンドはフュージョン(死後?)っぽいのに、グリグリのジャズ・ギターを弾きまくっている彼に一発でノックアウトされ、その後「ブルー・ベンソン」「ボディー・トーク」といったジャジーなサウンドにのめり込んでいきました。でも、何かアルバムとして物足りなさを感じていました。それは「彼がスタンダードを思いっきり弾いている演奏を聴いてみたい!」ということでした。そんな時、このシリーズ・アルバムが発売されました。初めて聴いたときは、もう失神しそうになってしまいました!それほど、凄いです、凄すぎます!

 何の打ち合わせもなく、その場で曲を決め、「ワン、ツー、スリー」って感じで演奏し始めてるのでしょう。ジャズの醍醐味はやっぱりこれです。ジャズ研の部室の様・・・っていうか、部室でこんなすごい演奏ができるやつらは、ジャズ研には存在しないですね(笑)。

 太字2曲の演奏が特にお勧めです。これ聴いてノックアウトされた人は、Vol2、Vol3と進んでいってください。全編スタンダードで、早いパッセージのオンパレード!もう、当分ギター弾く気はなくなってしまうでしょう。

 とにかく、ベンソンは「真っ赤に燃え上がる!」、マルティーノは「青白く燃える!」、そんな感じですか?!二人が熱くなったなったときの感じは。

 今回はちょっと熱く語ってしまいました!!

 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR