僕のレコード棚公開します!(4)

【ファイアーフライ/エミリー・レムラー
Firefly.jpg

【メンバー】
エミリー・レムラー (g) ハンク・ジョーンズ (p) モブ・マイズ (b) ジェイク・ハナ (ds)

【曲目】
A面
1.ストローリン
2.ルック・トゥ・ザ・スカイ
3.バークス・ブルース
4.ファイアーフライ
B面
1.ムービング・アロング
2.テイスト・オブ・ハニー
3.インセプション
4.イン・ア・センチメンタル・ムード

 このアルバムもご存知の方が多いと思います。エミリー・レムラーのデビュー・アルバムです。

 彼女のアルバムをどういう経緯で聴くようになったかは、記憶が定かではないのですが、確か社会人に成りたての頃、80年代中盤位の頃、ジム・ホールが最近注目のギタリストとしてレムラーの名前を挙げていて、聴いてみたいなと思った矢先に、新宿ディスクユニオンでこのジャケットを見つけ、購入したのがキッカケだったと思います。

 ジム・ホールのお気に入りということで、「ダークなサウンドで、難解なフレージング」みたいな感じでイメージしてましたが、良い意味で予想は裏切られました。明るめなトーンで、歌心あふれるフレージングの典型的なジャズ・ギター・アルバムで、とても気に入りました。その後、リーダー・アルバムをレコード屋で見かけるたびに購入していたので、十数枚は所有していると思います。大好きなギタリストの一人です。

 彼女のプレーを「女性とは思えない力強い・・・」と形容する人が結構多いですが、僕的には「女性的」に思います。音に色気や艶があります。また、8分や16分音符の力強いフレーズも弾きますが、タイムは均等でなく、所々ブレがあります。そこが、女性っぽく感じさせる部分なのかもしれません。もっとも、女性的、男性的なんてのはどうでも良くて、それが彼女の個性だと思いますし、その個性を僕は好ましく思うのであります。

 1曲目のストローリンと最後のイン・ア・センチメンタル・ムードが特に素晴らしいですね。ストローリンのミディアムテンポに乗ったゆったりとした雰囲気、そしてセンチメンタルでのプレイは、この曲を弾くときのお手本のようなプレイで、僕もこの曲を弾くときは、彼女の演奏をどうしても意識してしまいます。

 32歳の若さで亡くなってしまったのは、非常に残念です!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR