FC2ブログ

僕の音楽史(124)

【大学4年生(1983〜84年)】

 就職先も決まり一息ついた83年の年末頃にもなると、翌3月に行われるライトのリサイタルで演奏する自分のフューチャー曲を決めなくてはならない時期でした。僕は結構あっさりと決めました。曲は「コンファメーション」です。

 ライトのリサイタルで演奏するフューチャー曲を決定するにあたり結構早くから決めていたことがあります。それは「ビ・バップ」から選曲しようということです。

 僕は学生ビッグバンドのギタリストとしては異端児でした。いわゆる「ジャズ」はあまり弾けませんでしたし、フレディ・グリーンのような「刻み」を売りにするギタリストでもありませんでした。むしろ、そんなのは退屈でしたし、16ビートのカッティングや歪み系の音でソロを取ることが多かったので、そういった感じで評価してくれていた人はいたかもしれませんが、けっして僕を「ジャズ・ギタリスト」とは思っていなかったと思います。最後くらいは「ジャズ」、しかもコンテポラリーなものではなく、「ビ・バップ」を弾いて、それも、がっつり弾きまくって「こいつ、ジャズも弾けるのか!」と思われてライトを終えたいと思っていました。

 それをやるための格好の研究材料として、以前もこのブログで紹介した「ブルース・フォアマン」という素晴らしいギタリストが最適でした。この時点で既に結構コピーしていましたが、さらにコピーしまくりました。

 アレンジは先輩ピアニストの寺さんがやってくれることになりました。たまたまOBとして顔を出してくれた時に「武田のフューチャー曲は俺がアレンジしてやるから」と言ってくれていたので、お言葉に甘えてお願いすることにしました。
 
 寺さんに「どんな感じにする?なんか希望ある?」と聞かれたので、こう答えました。

 「特に希望はありませんが、凝ったアレンジにしないでください。テーマはアルトとユニゾンで弾いたら、後はほとんどピアノトリオをバックに何コーラスも弾きまくりますので、所々合いの手みたいに管を入れてくれるだけで良いですから」

 素晴らしいアレンジャーでもあった寺さんを完全にバカにしてますね、今考えると....(笑)。

 でも、本当にそんな感じでアレンジは出来上がって来ました。とても嬉しかったですね。

p03511.jpg


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR