FC2ブログ

僕の音楽史(121)

【大学4年生(1983〜84年)】

 前回にも書きましたが、この当時はもうメセニーばかり聴いていました。お気に入りは「アメリカン・ガレージ」と「ライブ(トラベルズ)」でしたが、これをきっかけに個人名義でリリースしていたアルバム「ブライト・サイズ・ライフ」「ウォーター・カラーズ」そして直近でリリースされたアルバム「80/81」なども購入し、ともかくメセニー一色だったように記憶しています。フレーズ・コピーも結構やっていましたが、当時はまだ理論的な裏付けができていなかったので、今のように色々な曲や進行に応用させることができていなかったと思います。ただ、僕が今でも使うメセニー・フレーズのほとんどがこの時のストックと言えますね。

21SYTSDHMSL.jpg images-6.jpeg 8081

 ライトもF(4)年ともなると、休むわけにはいかず、週3回の練習は必ず参加していました。そして、練習のたびにギターを担いでいくのが面倒になったので、楽器は部室に置き、もう一本自宅で練習するためのギターを購入することにしました。当時はリトナーやカールトンの全盛期でもあり、335系のセミアコを使っている人がギタリストのほとんどでしたし、僕もヤマハSA-1200を使っていましたので、その一人でした。もう一本のギターはやはりセミアコを買おうと思い、当時発売されたばかりのアイバニーズのリトナー・シグネイチャー・モデル( LR−10 )を買いました。この楽器は結局は人前で弾くこともなく、大学卒業後にすぐに売ってしまったので、あまり詳細なことは記憶にないのですが、今思うと練習用にしておくだけではもったいないような素晴らしい楽器だったのではと思います。

res_bd783972f1c2d09ba8891c1088583e90160dba3c.jpg Yamaha_SA1200S.jpg

 そして、夏休みが近づく頃ともなると、同級生は皆就職活動を始めていました。ライトの同僚も僕とピアノ女子Tさん以外は皆活動を始めていたようでしたが、僕は全くそんなことに興味がありませんでした。音楽で食っていこうなどと大それたことは考えていませんでしたし、そこまでのギターの腕前などはありませんでした。ただただ現実逃避、面倒なことを考えたくなかっただけです。それより、必修科目の英語の単位を落とし4年になっても週1回は日吉に通っていた僕の関心ごとは「4年で無事卒業できるか」でした(笑)。

 



 

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR