僕のレコード棚公開します!(3)

【チョップス/ジョー・パス
Chops.jpg

【ミュージシャン】
ジョー・パス(g) ニールス・ペデルセン(b)
【曲目】
A面
1.ジョーンズ嬢に会ったかい?
2.オレオ
3.ラバー・マン
4.5ポンド・ブルース
5.降っても晴れても
B面
1.クワイエット・ナイト
2.トリクロティズム
3.オールド・フォークス
4.ヤードバード組曲
5.イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ

 これは「名盤中の名盤」で、紹介の必要もないのかもしれませんね。ジョー・パスは何と言っても「バーチュオーゾ」のソロ・ギター・シリーズが有名ですが、デュオ、トリオものでも佳作はたくさんあります。

 大学1年、ジャズを聴き始めてまだ半年くらいの頃、ジャズ・ギタリストで知っているのは「ウェス、ジム・ホール、ジョー・パス」の3人位でした。そんな中、このアルバムの前に「アンダー・カレント/ジム・ホール&ビル・エヴァンス」を買いましたが、正直、全く理解できませんでした。今聴けば、こんな名盤はないのですが、当時のジャズ初心者の僕には、あまりに難しすぎました。そこで、次はジョー・パスを買おうということで、たまたまレコード・ショップにあったこれを買いました。
 
 一発で気に入りました。ジョー・パスはもちろんですが、ベースのペデルセンのプレイにぶったまげてしまいました。「ウッド・ベースってこんなに速く弾くことができる楽器なんだっけ?!」というのが率直な感想です。のちに、そんな風に弾けるのは、そう何人もいないということが分かりました。

 演奏曲も有名なスタンダードとブルースで、上級者向けの教則レコードのようです。コード・ワークなどは、オーソドックスなものばかりで、「当たり前のことをしっかり弾く」ことの大切さを改めて感じさせてくれます。演奏はどれも素晴らしいですが、特に1曲目の「ジョーンズ嬢に会ったかい?」がお勧めで、このギター・ソロは今でもそのまんま弾けます。

 日本人は、ジム・ホール派が多く、ジョー・パスの事を悪く言う人が多いのも事実です。「ちっとも目新しいことやってない」とか「テクニックはあるけど・・・」という声を耳にします。「当たり前のことをあそこまで上手に弾ける、いったい何が悪いんだ??」と僕は言いたい!

 ちなみに、僕はジム・ホールはジョー・パスと同じくらい好きです。もっとも、ジム・ホールを好きになったのは、随分後になってからですが。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR