FC2ブログ

ギター購入騒動記(67)

2018年11月3日 ギタープラネットへ(2)

 馴染みのSさんは接客中だったので、その間に他のショップを一回りするようにしました。下倉楽器だったと思いますが、この店にもL4がありました。値段を確認すると先ほどギタープラネットにあったL4と全く同じ値段でした。

 「これなら買うときに困らないな。純粋に音だけでどっちの楽器にするか決めればいいな」なんて一瞬思いましたが、買えるお金などあるわけなんてありません(笑)。

 30分ほど御茶ノ水駅近隣の楽器店を一回りして、先ほどのギタープラネットに戻ります。

 馴染みのSさんの接客は終わっていましたので、挨拶を交わし、早速本題に入ります。

 「前回Sさんがいらっしゃらなかったときに店長が接客してくれて、その時弾かせてもらったオービル・バイ・ギブソンの175がどうも気になってもう一度弾かせてもらいに来ました。でも....その前にそこのL4をまず弾かせてください!!」

 ということで、人生初のL4を試奏しました。

IMG_1354.jpg


 「おや?この前買った775よりちょっとだけ軽いかな?」

 持った感じはそう思いました。まずは生音で弾いてみます。


 「ん?これ775より俺の持っている175に近いな!」

 前回775を初めて試奏したときには「175と全く違う!」と思い、どっちが良い音!とかではなく、いたく感動して即買いしましたが、そこまでのインパクトがありませんでした。次はアンプに通して弾いてみます。

 「あー、これこれ。ギブソンの音!」

 とても良い音でしたが、でも、やっぱり775の時の感動が生まれて来ません。

 確か90年代の楽器だったと思います。大きな傷など全くない比較的綺麗な楽器でしたが、なんか弾いてる感触もあまり良くありません。

 この音や感触が残っている間に、問題のオービル・バイ・ギブソンの175を弾かせてもらうことにします。Sさんから楽器を受け取った瞬間に思いました。

IMG_1353.jpg


 「ネックを握った感覚がまるで違う。しっくり来る!」

 生音、そしてアンプに通して弾いていきます。

 正直に言います。音はギブソン系の音でしたが、生音も、アンプを通した音も、弾き心地も。手の感触も、何もかもこっちの方が上と思いました。

 「これでL4の半分以下の値段!」

 この時点で僕の中でL4は消えました。

 ただ、誤解がないように言っておきます。このL4がイマイチの楽器ということではないのだと思います。同じギブソンで175を所有しており、最近775を買ってしまっていたので、このL4の音はある程度想定内の音であり、自分の心が反応しなかっただけなのだと思います。175、775を持っていなかったら多分全然違った反応だったと思います。

 そして、もう一つ問題の「パット・マルティーノ・シグネイチャー・モデル」はどうしたかと言うと、試奏すらしませんでした。なぜかというと、自称「マルティーノ研究家」の僕が彼のシグネイチャー・モデルを持ってライブをやるというのは、あまりに「いかにも!」「カッコ悪い!」と考えたのです(笑)。この気持ち、わかりますよね?「ちあきなおみ本人の目の前でモノマネをするコロッケ」のような気持ちです(笑)。

7615_2.jpg


 一旦はオービルの楽器を置き、Sさんにこう言います。

 「少し考えさせてもらえますか?後で連絡しますね。長い間取り置きするのは申し訳ないので予約はしないでおきます。」

 
 一旦楽器を置いたのですが、いろいろSさんと話した後、帰る前にこの楽器の感触を忘れないためにもう一度長く弾かせてもらいました。


 弾いているうちにこの楽器、絶対に手放したくないと思う気持ちが強くなりました。もともとがオービル・バイ・ギブソンの175なんか新品でも中古市場でも二度とお目にかかれないと思います。

 そこでSさんの殺し文句が耳に飛び込んで来ます(笑)。

 「この値段ではないですよ。武田さん特別価格でXXXXX円ですから.....。」



 こうして、僕はダークサイドに落ちてしまいました(笑)。


 「買います。これ、ホールドしておいてください!」
 


 

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR