僕のレコード棚公開します!(2)

【コースト トゥ コースト/ブルース・フォアマン
Coast To Coast

【ミュージシャン】
ブルース・フォアマン(g) ディック・ハインドマン(p) ピーター・バーシェイ(b) スコット・モリス(ds)
【曲目】
A面
1.ラバー・マン
2.スロー・ボート・トゥ・チャイナ
3.ハー・ネイム
4.チェイシン・ザ・ブルース
B面
1.コモン・タッチ
2.D.S.アル―デ
3.セニョール・マウス

 ブルース・フォアマンのデビュー・リーダー・アルバムです。ブルース・フォアマンと言えば、30代くらいまでの方は、あまりご存知ないかもですね。僕ら世代(50代)の方は、知っている方も多いと思います。80年代、一大ブームを巻き起こした「リッチー・コール(アルトサックス奏者)&アルトマッドネス」というクインテットで、高速ビバップ・ラインをコールにユニゾンでぴったりとついていく相棒、そして流暢なビバップ・フレーズでソロを弾きまくっていたギタリストです。ちなみに、彼の前は「ヴィック・ジュリス」がレギュラー・メンバーでした。

 僕は大学時代はフルバンドでギターを弾いていて、レパートリーでリッチー・コールの作品を取り上げたことで、彼のレコードを聴き、ブルース・フォアマンを知りました。彼の弾く流暢なビバップラインは、まだジャズ・ギターがろくに弾けなかったフュージョン小僧の僕にとっては、最高の教材でした。コールやフォアマンのアルバムを買いままくって、ほとんどのギター・ソロをコピーして、譜面に起こしていました。今でも僕のフレーズのボキャブラリーとして、彼のフレーズはたくさん残っています。僕は、チャーリー・パーカーからではなく、フォアマンやコールを通してビバップを知ったのです。

 90年くらいに、一度自分のカルテットで来日したことがありました。確か銀座山野ホールだったと思います。もちろん見に行きましたが、空席が目立ち、少し残念な感じでしたね。でも、演奏は素晴らしいものでした。正統派ジャズ・ギタリストの演奏を見たのは、この時が初めてだったと思います。

 A面1、2曲目とB面1曲目がおすすめです。とにかく、強力なビバップ・ラインに浸ってみてください!ラバー・マンは、コルトレーン・チェンジと言われるコード進行を取り入れたアイディアが光ります。スロー・ボート・トゥ・チャイナはピアノとの火の出るようなバトルを、そして、コモン・タッチのようなミディアム・スィングも抜群です。

 「管楽器はちょっと苦手」な方は、彼のギターでビバップを学んでください! 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR