FC2ブログ

2018年10月新潟ライブ紀行(1)

 10月20日および21日の2日間、新潟でピアニスト柳隼一君とクリニック&デュオライブを敢行しました。共演者柳君や出演したフラワーポップ、ジャズ・フラッシュおよび関係者やお客様のおかげでとても楽しいプチツアーで終えることができました。

 大変ありがとうございました!

 故郷新潟市で演奏の機会が持てたのは非常に感慨深いものがありました。何十年も音楽に携わってはいますが、改めて色々なことを学びました。また、反省点もたくさんありました。平静を装いつつ、実はすごく焦っていたこともあったりしました。また、オフタイムに新潟の街を歩き、僕が高校生まで過ごしていた当時と変わらない素晴らしい新潟を感じることができました。そんなことをこのブログに書き留めて自分でも忘れない様にしていきたいと思いました。何回かに渡って忘れないうちに書いて行きますので、今回のライブに関わった方や興味のある方は読んでみてください。

 そもそも今回のライブが実現するきっかけは4年ほど前にさかのぼります。新潟のジャズ聖地「ジャズフラッシュ」のママさんとFacebook上で再会したからです。彼女とは新潟高校2年の時のクラスメイトでした。高校時代に彼女はジャズは聴いていなかったとのことですし、僕も当時はロック、フュージョンに夢中、また、僕の印象では彼女は随分と大人しい感じの子で、僕は騒がしいタイプのやんちゃなガキでしたので、どっちにしても接点がありませんでした。したがって、3年でクラスが変わって以来は約30年以上も会わずにいました。Facebookの写真と名前で明らかクラスメイトと同一人物と思ったので、メッセージで本人と確認した上で友人申請しました。

 ジャズフラッシュには実は数回出演したことがあります。僕は2000年代に音楽活動は休止していたものの新潟在住のアマチュア・ジャズ・ドラマーの叔父が新潟ジャズストリートでジャズフラッシュに出演するというのでゲストで出たり、ジャム・セッションにも参加したこともありました。彼女がその時お店にいたかどうかはわかりません。

 また、僕の90年代後半のリーダー・バンドのメンバーであった辻君(b)、西尾さん(ds)の二人が、ある時から毎年ジャズストリートに参戦し、ジャズフラッシュでの演奏が好評を博していることも知っていました。

 ジャズストリートのジャムセッションで共演した新潟ジャズ界の重要人物でもある医師&ベーシストで高校の先輩の小黒さんともFacebookで再会しました。

 また、フラッシュのママさんや西尾さん、小黒さんのFacebookによく登場するSuSuさんという新潟在住のジャズファンともFacebookで知り合いました。

 その後、2014年の秋頃から僕は音楽活動を本格的に再開し、辻君、西尾さんとも久しぶりにライブをする機会を持ち、ジャズフラッシュ関連の話で盛り上がったことで、漠然と故郷新潟で演奏したいなと思う様になりました。そして、新潟で演奏するならやはりジャズフラッシュで演奏したいなと思う様になりました。

flash.jpg


 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR