Pat Martino奏法研究(24)

【3-3】第2ポジション

 今回は第2ポジションです。

 下の図【第2ポジション】をご覧ください。第2ポジションは、皆さんが一番なじみがあるポジションですよね。
 このポジションでのAドリアンスケール構成音は、第1ポジションとは違い、3弦と4弦が1フレット左にずれています。したがって、1、2、5,6弦については、5フレットは人差し指、6フレット中指、7フレットは薬指、そして8フレットは小指で押さえます(中指6フレットはなしですね)。3、4弦は、4フレットは人差し指、5フレット中指、6フレットは薬指、そして7フレットは小指で押さえます(6フレット薬指はなしですね)。

 次の【第2ポジションとコードポジション】をご覧ください。
 第1ポジションと同じです。このAm7コードフォームからは第1、第2ポジションが結びつくと考えてください。

 最後に【第2ポジションとフレーズ】の図です。
 一番下の譜面「Aドリアン モチーフ」のご覧ください。第1ポジションと同じモチーフです。
 ちなみに今回の第2ポジションでは第1ポジションと同様に譜面(A) (B)の音列があり、図の番号①~⑥を番号順に弾くと(A)、黄色丸の①~⑥を番号順に弾くと(B)になります。

 同じ要領で第5ポジションまで続きます。少し、つまらなくなってる方もいらっしゃると思いますが、第5ポジションの解説の後、それぞれのポジションの機能的な連結を習得するには絶対に必要となってきますので、根気よく頑張って指に覚え込ませておいてください。
 
 次回は第3ポジションについて解説します。
第2ポジション
A ドリアンモチーフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR