FC2ブログ

ギター購入騒動記(64)

2018年10月7日 175愛!ギター・プラネットへ

 GrecoのFAを購入以来、ES-775、TokaiのFA-GPと立て続けに購入し、もともと所有の本家ES-175と合わせて4本の「175タイプ」のギターが4本揃いました。そんなこともあって、今は「175愛」が心の中で大きくなっています。

IMG_0924.jpg


 かみさんが御茶ノ水に用事があるとのことなので、ついでにまたまた最近お気に入りのギターショップ「ギタープラネット」によることにしました。目的は2つ、近況報告(笑)とネットで見つけた楽器の試奏でした。

 いつもの店員Sさんは遅い夏休みを取っているとのことでいらっしゃいませんでしたが、代わりに店長Iさんが丁寧に応対してくれました。

 問題の楽器は下の楽器。Orville by GibsonのES-175です。

IMG_1266.jpg

 ロゴにby Gibsonと入っているのは日本製ていうことで(なしは韓国製)とても人気がある一本のようです。中古楽器ですが、見た目もビンテージ・サンバーストで美しいです。申し分なしです。

 音はというと日本製でしたが、TokaiのFAとは違って僕が勝手に名付けている日本製の特徴「鈴虫の音」ではありませんでした。代わりに「 Gibson」の音がしっかりします。この辺がさすがというか不思議というかですね。木はボディがメイプル、ネックはマホガニー、指板はローズウッドと僕の持っている本家175と同じでしたが、この前ギタプラさんで購入したES-775にそっくりでした、特に生音は。そういえば、フロント・ピックアップの位置が随分と下の方についています。アンプを通した時に多少違うのでしょうか。Gibsonの175を基準にすると、ES-775はOrvilleのこの楽器と逆にネック側についてますけどね。

 その場で買いたいくらいでした。ただ、立て続けに買うわけにもいかないので、予約はするほどではありませんでしたが、このクオリティで15万そこそこですから、すぐに売れてしまうだろうなとも思います。

 帰りにお店の出口近くにあった写真の楽器アイバニーズ、形が175に似ていたので(笑)、弾かせてもらいました。アイバニーズというメーカーに対しては、ずっとGB-10を使ってきて(現在は売却済)、個人的にはあまり評価は高くないのですが、値段も8万円代ってことで、どんな感じだろう?と軽い気持ちで試奏しました。

iba.jpg

 それが、思いの外良かったです!先入観はいけませんね。ぼくの長年使ってきたGB-10という楽器は「外れ」だったのかもしれません。もっとも、僕が買った時は10万そこそこの楽器でしたが。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR